TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024065588
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-15
出願番号2022174529
出願日2022-10-31
発明の名称情報処理装置、情報処理方法、およびプログラム
出願人日本電気株式会社
代理人個人
主分類G06Q 50/26 20240101AFI20240508BHJP(計算;計数)
要約【課題】各種の手続きおよびサービスをオンラインで利用する時に、ユーザの情報を取得する際の通信処理を簡素化する情報処理装置、情報処理方法、およびプログラムを提供する。
【解決手段】情報処理装置100は、端末からユーザに関する必要なユーザ情報の取得要求を含む要求情報を取得すると、当該端末に、データ管理装置への接続指令を送信する接続処理部102と、端末においてデータ管理装置による当該ユーザの本人認証に成功し、接続指令に基づいた接続が行われた後に、データ管理装置により発行された情報であって、当該データ管理装置との通信に必要な接続情報を取得する取得部104と、接続情報を用いて、複数回の通信をデータ管理装置との間で行うことにより、ユーザ情報を取得する通信処理部106と、取得したユーザ情報を端末に転送する転送部108と、を備える。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
端末からユーザに関する必要なユーザ情報の取得要求を含む要求情報を取得すると、当該端末に、データ管理装置への接続指令を送信する接続処理手段と、
前記端末において前記データ管理装置による当該ユーザの本人認証に成功し、前記接続指令に基づいた接続が行われた後に、前記データ管理装置により発行された情報であって、当該データ管理装置との通信に必要な接続情報を取得する取得手段と、
前記接続情報を用いて、複数回の通信を前記データ管理装置との間で行うことにより、前記ユーザ情報を取得する通信処理手段と、
取得した前記ユーザ情報を前記端末に転送する転送手段と、を備える、情報処理装置。
続きを表示(約 1,200 文字)【請求項2】
請求項1に記載の情報処理装置において、
前記取得手段は前記要求情報、および、前記接続処理手段は前記接続情報を、企業が管理しているサーバを介して取得し、
前記転送手段は、前記ユーザ情報を、前記サーバを介して、前記端末に転送する、情報処理装置。
【請求項3】
請求項1に記載の情報処理装置において、
前記転送手段は、前記ユーザ情報を転送した後、当該ユーザ情報を保持しない、情報処理装置。
【請求項4】
請求項1に記載の情報処理装置において、
前記データ管理装置から取得される前記ユーザ情報は、当該データ管理装置が複数のデータベースから収集した情報であり、
前記通信処理手段は、前記データ管理装置との前記複数回の通信を行うことで、前記データ管理装置が収集した情報を前記ユーザ情報として取得する、情報処理装置。
【請求項5】
請求項4に記載の情報処理装置において、
前記通信処理手段は、
前記データ管理装置から発行される、前記データ管理装置への前記取得要求を識別するリクエスト識別情報を取得し、
当該取得要求された前記ユーザ情報の収集が完了した前記データ管理装置に対し、当該リクエスト識別情報を送信することで、当該リクエスト識別情報に対応する前記データ管理装置が収集した前記ユーザ情報を受信する、情報処理装置。
【請求項6】
1以上のコンピュータが、
端末からユーザに関する必要なユーザ情報の取得要求を含む要求情報を取得すると、当該端末に、データ管理装置への接続指令を送信し、
前記端末において前記データ管理装置による当該ユーザの本人認証に成功し、前記接続指令に基づいた接続が行われた後に、前記データ管理装置により発行された情報であって、当該データ管理装置との通信に必要な接続情報を取得し、
前記接続情報を用いて、複数回の通信を前記データ管理装置との間で行うことにより、前記ユーザ情報を取得し、
取得した前記ユーザ情報を前記端末に転送する、情報処理方法。
【請求項7】
端末からユーザに関する必要なユーザ情報の取得要求を含む要求情報を取得すると、当該端末に、データ管理装置への接続指令を送信する接続処理と、
前記端末において前記データ管理装置による当該ユーザの本人認証に成功し、前記接続指令に基づいた接続が行われた後に、前記データ管理装置により発行された情報であって、当該データ管理装置との通信に必要な接続情報を取得する取得処理と、
前記接続情報を用いて、複数回の通信を前記データ管理装置との間で行うことにより、前記ユーザ情報を取得する通信処理と、
取得した前記ユーザ情報を前記端末に転送する転送処理と、
をコンピュータに実行させるためのプログラム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、情報処理装置、情報処理方法、およびプログラムに関する。
続きを表示(約 2,100 文字)【背景技術】
【0002】
電子申請システムの一例が特許文献1に記載されている。特許文献1には、管理サーバと、ユーザ端末及び電子政府サーバとが通信ネットワークを介して通信可能に接続される電子申請システムにおいて、管理サーバは、電子申請のための申請書類の編集処理を行う書類編集部と、申請書類を記憶する書類記憶部と、送信時の日付を申請書類の書類提出日に設定して送信する書類送信部と、を備えることが記載されている。
【0003】
また、特許文献2には、複数の外部認証サーバ装置と連携することが可能なAPI連携装置の一例が記載されている。このAPI連携装置の連携部は、一つのAPIリクエストの認証レスポンスが認証成功を示すものである場合に、一つのAPIリクエストに含まれるユーザIDを用いてID情報記憶部を参照し、当該ユーザIDに対応する他の外部認証サーバ装置におけるユーザIDを読み出し、読み出されたユーザIDに基づいて、他の外部認証サーバ装置へAPIリクエストを送信するとともに、他の外部認証サーバ装置による認証レスポンスを受信し、受信された認証レスポンスを一つのAPIリクエストの認証レスポンスとともにAPI利用装置へ送信する。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2022-63394号公報
特開2017-142619号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
一方、近年、各種の手続きおよびサービスの利用申請を、オンラインで受け付けて、ユーザに提供することが進められている。上記利用申請処理をオンラインで実現するために、外部連携用のAPI(Application Program Interface)が提供されている。ユーザの端末、あるいは、ユーザからのサービス利用申請を代行するサービス提供者のコンピュータは、当該APIを利用してサービスの利用申請処理を行う。
【0006】
外部連携用のAPIは詳細な仕様が定められていることが多く、このため、各種の手続きおよびサービスをオンラインで利用するためのシステムへの実装は複雑であり、各装置間における通信処理も煩雑であるという問題点があった。
【0007】
本発明の目的の一例は、上述した課題を鑑み、各種の手続きおよびサービスをオンラインで利用する時に、ユーザの情報を取得する際の、システム構築の複雑さや通信処理の煩雑さという問題点を解決する情報処理装置、情報処理方法、およびプログラムを提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明の一態様によれば、
端末からユーザに関する必要なユーザ情報の取得要求を含む要求情報を取得すると、当該端末に、データ管理装置への接続指令を送信する接続処理手段と、
前記端末において前記データ管理装置による当該ユーザの本人認証に成功し、前記接続指令に基づいた接続が行われた後に、前記データ管理装置により発行された情報であって、当該データ管理装置との通信に必要な接続情報を取得する取得手段と、
前記接続情報を用いて、複数回の通信を前記データ管理装置との間で行うことにより、前記ユーザ情報を取得する通信処理手段と、
取得した前記ユーザ情報を前記端末に転送する転送手段と、を備える、情報処理装置が提供される。
【0009】
本発明の一態様によれば、
1以上のコンピュータが、
端末からユーザに関する必要なユーザ情報の取得要求を含む要求情報を取得すると、当該端末に、データ管理装置への接続指令を送信し、
前記端末において前記データ管理装置による当該ユーザの本人認証に成功し、前記接続指令に基づいた接続が行われた後に、前記データ管理装置により発行された情報であって、当該データ管理装置との通信に必要な接続情報を取得し、
前記接続情報を用いて、複数回の通信を前記データ管理装置との間で行うことにより、前記ユーザ情報を取得し、
取得した前記ユーザ情報を前記端末に転送する、情報処理方法が提供される。
【0010】
本発明の一態様によれば、
端末からユーザに関する必要なユーザ情報の取得要求を含む要求情報を取得すると、当該端末に、データ管理装置への接続指令を送信する接続処理と、
前記端末において前記データ管理装置による当該ユーザの本人認証に成功し、前記接続指令に基づいた接続が行われた後に、前記データ管理装置により発行された情報であって、当該データ管理装置との通信に必要な接続情報を取得する取得処理と、
前記接続情報を用いて、複数回の通信を前記データ管理装置との間で行うことにより、前記ユーザ情報を取得する通信処理と、
取得した前記ユーザ情報を前記端末に転送する転送処理と、
をコンピュータに実行させるためのプログラムが提供される。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

日本電気株式会社
検知装置
4日前
日本電気株式会社
液浸冷却装置
24日前
日本電気株式会社
ディスプレイアンテナ
12日前
日本電気株式会社
電子装置及び光出力方法
24日前
日本電気株式会社
アンテナ装置及びレドーム
16日前
日本電気株式会社
異常検知のための装置及び方法
5日前
日本電気株式会社
処理装置、処理方法、及びプログラム
24日前
日本電気株式会社
処理装置、処理方法、及びプログラム
16日前
日本電気株式会社
処理装置、処理方法、及びプログラム
24日前
日本電気株式会社
処理装置、処理方法、及びプログラム
3日前
日本電気株式会社
学習装置、学習方法、及び、プログラム
24日前
日本電気株式会社
要求案生成装置、方法およびプログラム
4日前
日本電気株式会社
予測システム、予測装置、及び、予測方法
3日前
日本電気株式会社
アンテナ装置およびディスプレイアンテナ
12日前
日本電気株式会社
光通信システム、光通信方法及びプログラム
4日前
日本電気株式会社
情報処理装置、情報処理方法及びプログラム
3日前
日本電気株式会社
通信装置、システム、方法、及びプログラム
5日前
日本電気株式会社
無線通信装置、方法、及び無線通信システム
13日前
日本電気株式会社
画像処理装置、画像処理方法、及び、記録媒体
12日前
日本電気株式会社
需要予測装置、需要予測方法、及びプログラム
16日前
日本電気株式会社
需要予測装置、需要予測方法、及びプログラム
16日前
日本電気株式会社
情報処理装置、情報処理方法、及びプログラム
24日前
日本電気株式会社
光空間通信装置および光空間通信装置の制御方法
24日前
日本電気株式会社
情報処理装置、情報処理方法、およびプログラム
18日前
日本電気株式会社
質問生成装置、質問生成方法、およびプログラム
10日前
日本電気株式会社
情報処理装置、情報処理方法、およびプログラム
10日前
日本電気株式会社
情報処理装置、情報処理方法、およびプログラム
10日前
日本電気株式会社
情報処理装置、情報処理方法、およびプログラム
3日前
日本電気株式会社
LDPC復号化システム及びLDPC復号化方法
23日前
日本電気株式会社
顔認証支援装置、システム、方法及びプログラム
12日前
日本電気株式会社
情報処理装置、情報処理方法、およびプログラム
3日前
日本電気株式会社
質問生成装置、質問生成方法、およびプログラム
10日前
日本電気株式会社
言語処理装置、言語処理方法、およびプログラム
20日前
日本電気株式会社
情報処理装置、情報処理方法、およびプログラム
13日前
日本電気株式会社
データ収集装置、データ収集方法、及びプログラム
17日前
日本電気株式会社
漏油検知装置、漏油検知システム及び漏油検知方法
12日前
続きを見る