TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024061692
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-07
出願番号2024030498,2020090490
出願日2024-02-29,2020-05-25
発明の名称電池配線モジュール
出願人住友電装株式会社
代理人個人,個人
主分類H01M 50/298 20210101AFI20240425BHJP(基本的電気素子)
要約【課題】部品管理を容易にすることを可能とした電池配線モジュールを提供する。
【解決手段】ケース12は、第1電線挿通部31を有する第1ケース本体21と、第2電線挿通部41を有する第2ケース本体22と、第1ケース本体21に組み付けられ第1電線挿通部31を覆う第1カバー24と、第2ケース本体22に組み付けられ第2電線挿通部41を覆う第2カバー25と、を有している。そして、第1ケース本体21と第2ケース本体22とは、別体であり、第1カバー24と第2カバー25とは、別体であるとともに、互いに同一部品である。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
二次電池に組み付けられる電池配線モジュールであって、
前記二次電池に電気的に接続される電線と、
前記電線を収容するケースと、を備え、
前記ケースは、
前記電線が通される第1電線挿通部を有する第1ケース本体と、
前記電線が通される第2電線挿通部を有する第2ケース本体と、
前記第1ケース本体に組み付けられ、前記第1電線挿通部を覆う第1カバーと、
前記第2ケース本体に組み付けられ、前記第2電線挿通部を覆う第2カバーと、
を有し、
前記第1ケース本体と前記第2ケース本体とは、別体であり、
前記第1カバーと前記第2カバーとは、別体であるとともに、互いに同一部品である、電池配線モジュール。
続きを表示(約 1,100 文字)【請求項2】
前記第1電線挿通部は、第1底壁部と、前記第1底壁部から延出する一対の第1側壁部と、前記第1側壁部において前記電線の挿通方向に沿って設けられた複数の第1被係止部と、を有し、
前記第2電線挿通部は、第2底壁部と、前記第2底壁部から延出する一対の第2側壁部と、前記第2側壁部において前記電線の挿通方向に沿って設けられた複数の第2被係止部と、を有し、
前記第1カバーは、前記複数の第1被係止部にそれぞれ係止される複数の第1係止部を有し、
前記第2カバーは、前記複数の第2被係止部にそれぞれ係止される複数の第2係止部を有し、
前記複数の第1被係止部の配置間隔と、前記複数の第2被係止部の配置間隔とが、互いに等しく設定されている、請求項1に記載の電池配線モジュール。
【請求項3】
前記第1電線挿通部は、第1底壁部と、前記第1底壁部から延出する一対の第1側壁部と、を有し、
前記第2電線挿通部は、第2底壁部と、前記第2底壁部から延出する一対の第2側壁部と、を有し、
前記一対の第1側壁部同士の間隔と、前記一対の第2側壁部同士の間隔とが、互いに等しく設定されている、請求項1又は請求項2に記載の電池配線モジュール。
【請求項4】
前記第1ケース本体は、複数の前記第1電線挿通部を有し、
前記第1カバーは、前記複数の第1電線挿通部にそれぞれ対応して複数設けられ、
前記第2ケース本体は、複数の前記第2電線挿通部を有し、
前記第2カバーは、前記複数の第2電線挿通部にそれぞれ対応して複数設けられ、
前記各第1カバー及び前記各第2カバーが全て同一形状とされている、請求項1から請求項3のいずれか1項に記載の電池配線モジュール。
【請求項5】
前記第1カバー及び前記第2カバーの各々は、対応する前記第1ケース本体または前記第2ケース本体に対する組付向きを示す目印部を有している、請求項1から請求項4のいずれか1項に記載の電池配線モジュール。
【請求項6】
前記目印部は、前記第1カバーの表面及び前記第2カバーの表面にそれぞれ設けられている、請求項5に記載の電池配線モジュール。
【請求項7】
前記ケースは、前記電線が通される複数の第3電線挿通部を有する第3ケース本体と、前記第3ケース本体に組み付けられ、前記複数の第3電線挿通部をそれぞれ覆う複数の第3カバーと、を備え、
前記複数の第3カバー同士が互いに同一形状とされている、請求項1から請求項6のいずれか1項に記載の電池配線モジュール。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、電池配線モジュールに関するものである。
続きを表示(約 1,900 文字)【背景技術】
【0002】
例えば特許文献1に開示されるように、電気自動車やハイブリッド自動車などの車両において、走行駆動用の電源として搭載される高電圧の二次電池には、電池配線モジュールが装着されている。特許文献1の電池配線モジュールは、二次電池に電気的に接続される電線と、その電線を収容するケースと、を備えている。電池配線モジュールのケースは、電線の長さ方向に沿って並ぶ複数のケース本体と、複数のケース本体の各々に対応する複数のカバーとを有している。各ケース本体は、電線が通される溝状の電線挿通部を有しており、各カバーはそれぞれ対応するケース本体の電線挿通部を覆っている。カバーは、ケース本体の電線挿通部を通る電線を保護する。このような構成によれば、例えば、二次電池が電線の長さ方向に沿って熱膨張したとき、各ケース本体及び各カバーが二次電池の熱膨張に追従して電線の長さ方向に沿って動くため、二次電池と電池配線モジュールとの間の接続信頼性が高いものとなる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2013-161566号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
特許文献1の電池配線モジュールでは、各カバーが各ケース本体に対してヒンジを介して一体に設けられている。しかしながら、設計の制約などにより各カバーを各ケース本体に一体に設けられない場合がある。その場合、各カバーがケース本体に対して別部品となるため、各カバーが互いに別形状であると部品管理が煩雑となる。近年の車両では、二次電池が大型となる傾向があり、二次電池の大型化に伴ってケース本体の数が多くなると、カバーがケース本体に対して一体でない構成では、カバーの数も多くなり、部品管理が特に煩雑となる。
【0005】
そこで、部品管理を容易にすることを可能とした電池配線モジュールを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本開示の電池配線モジュールは、二次電池に組み付けられる電池配線モジュールであって、前記二次電池に電気的に接続される電線と、前記電線を収容するケースと、を備え、前記ケースは、前記電線が通される第1電線挿通部を有する第1ケース本体と、前記電線が通される第2電線挿通部を有する第2ケース本体と、前記第1ケース本体に組み付けられ、前記第1電線挿通部を覆う第1カバーと、前記第2ケース本体に組み付けられ、前記第2電線挿通部を覆う第2カバーと、を有し、前記第1ケース本体と前記第2ケース本体とは、別体であり、前記第1カバーと前記第2カバーとは、別体であるとともに、互いに同一部品である。
【発明の効果】
【0007】
本開示によれば、部品管理を容易にすることを可能とした電池配線モジュールを提供することが可能となる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
図1は、実施形態の電池配線モジュールの斜視図である。
図2は、同形態の電池配線モジュールにおいて、第1~第3カバーを外した状態を示す平面図である。
図3は、同形態の電池配線モジュールの一部を拡大して示す拡大斜視図である。
図4は、同形態の電池配線モジュールの一部を拡大して示す拡大斜視図である。
図5は、同形態の電池配線モジュールにおける第1~第3カバーの組付態様を説明するための平面図。
【発明を実施するための形態】
【0009】
[本開示の実施形態の説明]
最初に本開示の実施態様を列記して説明する。
本開示の電池配線モジュールは、
[1]二次電池に組み付けられる電池配線モジュールであって、前記二次電池に電気的に接続される電線と、前記電線を収容するケースと、を備え、前記ケースは、前記電線が通される第1電線挿通部を有する第1ケース本体と、前記電線が通される第2電線挿通部を有する第2ケース本体と、前記第1ケース本体に組み付けられ、前記第1電線挿通部を覆う第1カバーと、前記第2ケース本体に組み付けられ、前記第2電線挿通部を覆う第2カバーと、を有し、前記第1カバーと前記第2カバーとは、互いに同一形状である。
【0010】
この構成によれば、第1カバーと第2カバーとが互いに同一形状であるため、第1カバーと第2カバーとが部品管理上、別部品の扱いとならず、その結果、部品管理を容易にすることが可能となる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

住友電装株式会社
アース端子
13日前
住友電装株式会社
レバー式コネクタ
8日前
住友電装株式会社
リードスイッチユニット
1日前
住友電装株式会社
コネクタ及びコネクタアセンブリ
14日前
トヨタ自動車株式会社
コネクタ
8日前
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタ装置
1日前
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタ装置
1日前
株式会社オートネットワーク技術研究所
給電制御装置
8日前
株式会社オートネットワーク技術研究所
車両用電源装置
9日前
株式会社オートネットワーク技術研究所
車載用電源装置
9日前
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタユニット
14日前
トヨタ自動車株式会社
車両用イルミネーションの制御装置
13日前
株式会社オートネットワーク技術研究所
経路規制部材およびワイヤハーネス
12日前
株式会社オートネットワーク技術研究所
経路規制部材およびワイヤハーネス
2日前
株式会社オートネットワーク技術研究所
車載装置、情報処理方法及びプログラム
9日前
株式会社オートネットワーク技術研究所
給電制御装置及びコンピュータプログラム
8日前
株式会社オートネットワーク技術研究所
車載制御装置、動作制御方法および通信システム
12日前
株式会社オートネットワーク技術研究所
ワイヤーハーネスおよびワイヤーハーネスの製造方法
8日前
住友電気工業株式会社
輸送システム、異常検出装置、異常検出方法、及び異常検出プログラム
6日前
住友電気工業株式会社
電池管理システム、温度測定装置及び制御方法
今日
住友電気工業株式会社
管理装置、車載システム、通信管理方法および通信管理プログラム
5日前
個人
集積回路
2日前
株式会社コロナ
操作装置
16日前
HOYA株式会社
光源装置
15日前
太陽誘電株式会社
コイル部品
8日前
太陽誘電株式会社
全固体電池
14日前
太陽誘電株式会社
コイル部品
8日前
ローム株式会社
半導体装置
1日前
東レ株式会社
ポリマー電解質および電池
9日前
TDK株式会社
アンテナ装置
2日前
オムロン株式会社
電磁継電器
1日前
三菱電機株式会社
半導体装置
6日前
日本航空電子工業株式会社
コネクタ
14日前
レボックス株式会社
光源装置
12日前
三菱電機株式会社
半導体装置
6日前
日亜化学工業株式会社
面状光源の製造方法
8日前
続きを見る