TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024019729
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-02-09
出願番号2024000148,2020548623
出願日2024-01-04,2019-03-12
発明の名称植込みデバイス、システム、及び方法
出願人バーテックス ファーマシューティカルズ インコーポレイテッド,VERTEX PHARMACEUTICALS INCORPORATED
代理人個人,個人
主分類A61M 37/00 20060101AFI20240202BHJP(医学または獣医学;衛生学)
要約【課題】植込みデバイス、システム、及び方法の提供。
【解決手段】本明細書では、膜、カプセル化チャンバ、またはリザーバを対象に挿入するように構成された植込みデバイスを含む、または採用する、皮下膜、カプセル化チャンバ、またはリザーバ植込み用のデバイス、システム、及び方法が提供されている。本明細書で提供される一態様は、細胞または治療薬を対象に送達するためのデバイスであり、そのシステムは、近位部分、遠位部分、及び細胞または治療薬を保持するように構成された開いた容積部を含む第1の細長い本体であって、開いた容積部が遠位部分の開口に至り、開口は約1cm以上の寸法を含む、第1の細長い本体、近位部分及び遠位部分を含む第2の細長い本体であって、第2の細長い本体の遠位部分が、第1の細長い本体の開いた容積部の内部に嵌合し、第1の細長い本体に対して動くような大きさである、第2の細長い本体、を含む。
【選択図】図6
特許請求の範囲【請求項1】
本明細書に記載の発明。

発明の詳細な説明【背景技術】
【0001】
関連出願の相互参照
本願は、その全体が参照により本明細書に組み込まれる、2018年3月13日に出願された米国仮出願第62/642,529号の利益を主張する。
続きを表示(約 7,000 文字)【0002】
糖尿病などの代謝異常を処置するために、生物学的産生物を送達する治療用デバイスを用いることができる。治療用デバイスは、インスリンなどの生物学的産生物を長時間与えるよう植込み式にする場合がある。生物学的産生物は、膜、カプセル化チャンバ、またはリザーバの上または中で対象に送達することができる。対象の体内への生物学的産生物の適切な送達を確実にするために、膜、カプセル化チャンバ、またはリザーバは、治療する表面に適合するよう順応性に富む。対象の体内での生物学的産生物の正確かつ精密な配置は、適切な治療に不可欠である。
【発明の概要】
【課題を解決するための手段】
【0003】
本明細書で提供される一態様は、細胞または治療薬を対象に送達するためのデバイスであり、そのシステムは、近位部分、遠位部分、及び細胞または治療薬を保持するように構成された開いた容積部を含む第1の細長い本体であって、開いた容積部が遠位部分の開口に至り、開口は約1cm以上の寸法を含む、第1の細長い本体、近位部分及び遠位部分を含む第2の細長い本体であって、第2の細長い本体の遠位部分が、第1の細長い本体の開いた容積部の内部に嵌合し、第1の細長い本体に対して動くような大きさである、第2の細長い本体、を含む。いくつかの実施形態では、第1の細長い本体は、概ね平坦であり得る。いくつかの実施形態では、システムは、約40cm

以下の容積部を含むことができる。いくつかの実施形態では、第1の細長い本体の幅と第1の細長い本体の高さの比率は、約5:1以上にすることができる。いくつかの実施形態では、第1の細長い本体は、全体にわたって概ね均一な幅及び高さを備えることができる。いくつかの実施形態では、開いた容積部は、開口の幅に概ね等しい幅を含むことができる。いくつかの実施形態では、開いた容積部は均一な幅を含むことができる。いくつかの実施形態では、第1の細長い本体は、操作者によって把持されるように設計された把持面を含むことができる。いくつかの実施形態では、第2の細長い本体は、操作者によって把持されるように設計された把持面を含むことができる。いくつかの実施形態では、第2の細長い本体の遠位部分は、細胞または治療薬と接触するように構成された表面を含むことができる。いくつかの実施形態では、第1の細長い本体はチタンを含むことができる。いくつかの実施形態では、第1の細長い本体の近位部分は、第2の細長い本体の近位部分に対して近位に配置することができる。いくつかの実施形態では、第2の細長い本体は、開いた容積部の断面積に概ね等しい断面積を備えることができる。いくつかの実施形態では、システムは、約1cm以下の平均の厚さを含むことができる。いくつかの実施形態では、システムは、約0.5cm以下の平均の厚さを含むことができる。いくつかの実施形態では、システムは、約5cm以下の平均の幅を含むことができる。いくつかの実施形態では、システムは、約30cm以下の長さを含むことができる。
【0004】
本明細書で提供される一態様は、細胞または治療薬を対象に送達するためのシステムであり、このシステムは、近位部分、遠位部分、及び細胞または治療薬を保持するように構成された開いた容積部を含む第1の細長い本体であって、開いた容積部が遠位部分の開口に至り、開口は約1cm以上の寸法を含む、第1の細長い本体、近位部分及び遠位部分を含む第2の細長い本体であって、第2の細長い本体の遠位部分が、第1の細長い本体の開いた容積部の内部に嵌合し、第1の細長い本体に対して動くような大きさである、第2の細長い本体、を含む。いくつかの実施形態では、システムは、開いた容積部の内部に膜、カプセル化チャンバ、またはリザーバをさらに含むことができ、膜、カプセル化チャンバ、またはリザーバは、細胞または治療薬を含む。いくつかの実施形態において、細胞は、膜、カプセル化チャンバ、またはリザーバの内部にカプセル化され得る。いくつかの実施形態では、細胞は、インスリン産生細胞であり得る。いくつかの実施形態では、膜、カプセル化チャンバ、またはリザーバの幅は、開いた容積部の幅の70%以上であり得る。いくつかの実施形態では、膜、カプセル化チャンバ、またはリザーバは、フレームに保持され得る。いくつかの実施形態では、フレームは、剛性または半剛性であり得る。いくつかの実施形態では、フレームは、複数の膜、カプセル化チャンバ、またはリザーバに連結するように構成されたトリプレットフレームであり得る。いくつかの実施形態では、第1の細長い本体は、概ね平坦であり得る。いくつかの実施形態では、システムは、約40cm

以下の容積部を含むことができる。いくつかの実施形態では、第1の細長い本体の幅と第1の細長い本体の高さの比率は、約5:1以上にすることができる。いくつかの実施形態では、第1の細長い本体は、全体にわたって概ね均一な幅及び高さを備えることができる。いくつかの実施形態では、開いた容積部は、開口の幅に概ね等しい幅を含むことができる。いくつかの実施形態では、開いた容積部は均一な幅を含むことができる。いくつかの実施形態では、第1の細長い本体は、操作者によって把持されるように設計された把持面を含むことができる。いくつかの実施形態では、第2の細長い本体は、操作者によって把持されるように設計された把持面を含むことができる。いくつかの実施形態では、第2の細長い本体の遠位部分は、細胞または治療薬と接触するように構成された表面を含むことができる。いくつかの実施形態では、第1の細長い本体はチタンを含むことができる。いくつかの実施形態では、第1の細長い本体の近位部分は、第2の細長い本体の近位部分に対して近位に配置することができる。いくつかの実施形態では、第2の細長い本体は、開いた容積部の断面積に概ね等しい断面積を備えることができる。いくつかの実施形態では、システムは、約1cm以下の平均の厚さを含むことができる。いくつかの実施形態では、システムは、約0.5cm以下の平均の厚さを含むことができる。いくつかの実施形態では、システムは、約5cm以下の平均の幅を含むことができる。いくつかの実施形態では、システムは、約30cm以下の長さを含むことができる。
【0005】
本明細書で提供される別の態様は、細胞または治療薬を対象に送達するための方法であって、細胞または治療薬を送達部位に向けること、細胞または治療薬を送達部位に保持することであって、細胞または治療薬は、第1の位置決め本体の開いた容積部の内部に保持される、保持すること、細胞または治療薬が送達部位に保持されている間に第1の位置決め本体を引き出すこと、及び細胞または治療薬を対象に送達することを含む方法である。いくつかの実施形態では、送達部位は、細胞または治療薬の植込み部位であり得る。いくつかの実施形態では、植込み部位は、皮下または腹膜前の植込み部位であり得る。いくつかの実施形態では、細胞または治療薬を送達部位に向けることは、細胞または治療薬を第1の位置決め本体の開いた容積部の内部に保持して、第1の位置決め本体を送達部位に向けることを含むことができる。いくつかの実施形態では、細胞または治療薬を送達部位に向けることは、細胞または治療薬を送達器具を介して第1の位置決め本体の開いた容積部に向けることを含むことができる。いくつかの実施形態では、細胞または治療薬が送達部位に保持されている間に第1の位置決め本体を引き出すことは、第1の位置決め本体を引き出す間、第2の位置決め本体を用いて細胞または治療薬の移動を防止または妨害することをさらに含み得る。いくつかの実施形態では、第2の位置決め本体は、第1の位置決め本体の開いた容積部の内部に位置決めすることができる。いくつかの実施形態では、細胞または治療薬が送達部位に保持されている間に第1の位置決め本体を引き出すことは、第1の位置決め本体の開口を介した第1の位置決め本体からの細胞または治療薬の相対的な移動を含み得る。いくつかの実施形態では、方法は、第1の位置決め本体が引き出されるときに、組織の表面の間で細胞または治療薬を圧縮することを含むことができる。いくつかの実施形態では、方法は、細胞または治療薬が保護されていない陽圧を受けることなく、細胞または治療薬を対象に送達することを可能にすることができる。いくつかの実施形態では、第1の位置決め本体はチタンを含むことができる。いくつかの実施形態では、細胞または治療薬は、膜、カプセル化チャンバ、またはリザーバに保持され得る。いくつかの実施形態では、細胞または治療薬は、膜、カプセル化チャンバ、またはリザーバにおいてカプセル化することができる。いくつかの実施形態では、細胞は、インスリン産生細胞であり得る。いくつかの実施形態では、膜、カプセル化チャンバ、またはリザーバは、フレームに保持され得る。いくつかの実施形態では、フレームは、剛性または半剛性であり得る。いくつかの実施形態では、フレームは、複数の膜、カプセル化チャンバ、またはリザーバに連結するように構成されたトリプレットフレームであり得る。
【0006】
いくつかの実施形態では、開口は、約1cm~約5cmの寸法を含むことができる。いくつかの実施形態では、開口は、少なくとも約1cmの寸法を含むことができる。いくつかの実施形態では、開口は、最大で約5cmの寸法を含むことができる。いくつかの実施形態では、開口は、約1cm~約2cm、約1cm~約3cm、約1cm~約4cm、約1cm~約5cm、約2cm~約3cm、約2cm~約4cm、約2cm~約5cm、約3cm~約4cm、約3cm~約5cm、または約4cm~約5cmの寸法を含むことができる。いくつかの実施形態では、開口は、約1cm、約2cm、約3cm、約4cm、または約5cmの寸法を含み得る。
【0007】
いくつかの実施形態では、膜、カプセル化チャンバ、またはリザーバの幅は、開いた容積部の幅よりも約70%~約95%大きくすることができる。いくつかの実施形態では、膜、カプセル化チャンバ、またはリザーバの幅は、開いた容積部の幅よりも少なくとも約70%大きくすることができる。いくつかの実施形態では、膜、カプセル化チャンバ、またはリザーバの幅は、開いた容積部の幅より最大で約95%大きくすることができる。いくつかの実施形態では、膜、カプセル化チャンバ、またはリザーバの幅は、開いた容積部の幅よりも約70%~約75%、約70%~約80%、約70%~約85%、約70%~約90%、約70%~約95%、約75%~約80%、約75%~約85%、約75%~約90%、約75%~約95%、約80%~約85%、約80%~約90%、約80%~約95%、約85%~約90%、約85%~約95%、または約90%~約95%大きくすることができる。いくつかの実施形態では、膜、カプセル化チャンバ、またはリザーバの幅は、開いた容積部の幅よりも約70%、約75%、約80%、約85%、約90%、または約95%大きくすることができる。
【0008】
いくつかの実施形態では、システムは、約15cm

~約40cm

の容積部を備えることができる。いくつかの実施形態では、システムは、少なくとも約15cm

の容積部を備えることができる。いくつかの実施形態では、システムは、最大で約40cm

の容積部を備えることができる。いくつかの実施形態では、システムは、約40cm

~約35cm

、約40cm

~約30cm

、約40cm

~約25cm

、約40cm

~約20cm

、約40cm

~約15cm

、約35cm

~約30cm

、約35cm

~約25cm

、約35cm

~約20cm

、約35cm

~約15cm

、約30cm

~約25cm

、約30cm

~約20cm

、約30cm

~約15cm

、約25cm

~約20cm

、約25cm

~約15cm

、または約20cm

~約15cm

の容積部を備えることができる。いくつかの実施形態では、システムは、約40cm

、約35cm

、約30cm

、約25cm

、約20cm

、または約15cm

の容積部を備えることができる。
【0009】
いくつかの実施形態では、第1の細長い本体の幅と第1の細長い本体の高さの比率は、約5:1~10:1であり得る。いくつかの実施形態では、第1の細長い本体の幅と第1の細長い本体の高さの比率は、少なくとも約5:1であり得る。いくつかの実施形態では、第1の細長い本体の幅と第1の細長い本体の高さの比率は、最大で約10:1であり得る。いくつかの実施形態では、第1の細長い本体の幅と第1の細長い本体の高さの比率は、約5:1~5.5:1、約5:1~6:1、約5:1~約6.5:1、約5:1~約7:1、約5:1~約7.5:1、約5:1~約8:1、約5:1~約9:1、約5:1~約10:1、約5.5:1~約6:1、約5.5:1~約6.5:1、約5.5:1~約7:1、約5.5:1~約7.5:1、約5.5:1~約8:1、約5.5:1~約9:1、約5.5:1~約10:1、約6:1~約6.5:1、約6:1~約7:1、約6:1~約7.5:1、約6:1~約8:1、約6:1~約9:1、約6:1~約10:1、約6.5:1~約7:1、約6.5:1~約7.5:1、約6.5:1~約8:1、約6.5:1~約9:1、約6.5:1~約10:1、約7:1~約7.5:1、約7:1~約8:1、約7:1~約9:1、約7:1~約10:1、約7.5:1~約8:1、約7.5:1~約9:1、約7.5:1~約10:1、約8:1~約9:1、約8:1~約10:1、または約9:1~約10:1であり得る。いくつかの実施形態では、第1の細長い本体の幅と第1の細長い本体の高さの比率は、約5:1、約5.5:1、約6:1、約6.5:1、約7:1、約7.5:1、約8:1、約9:1、または約10:1であり得る。
【0010】
いくつかの実施形態では、平均の厚さは、約0.2cm~約1cmであり得る。いくつかの実施形態では、平均の厚さは少なくとも約0.2cmであり得る。いくつかの実施形態では、平均の厚さは最大で約1cmであり得る。いくつかの実施形態では、平均の厚さは、約0.2cm~約0.3cm、約0.2cm~約0.4cm、約0.2cm~約0.5cm、約0.2cm~約0.6cm、約0.2cm~約0.7cm、0.2cm~約0.8cm、約0.2cm~約0.9cm、約0.2cm~約1cm、約0.3cm~約0.4cm、約0.3cm~約0.5cm、約0.3cm~約0.6cm、約0.3cm~約0.7cm、約0.3cm~約0.8cm、約0.3cm~約0.9cm、約0.3cm~約1cm、約0.4cm~約0.5cm、約0.4cm~約0.6cm、約0.4cm~約0.7cm、約0.4cm~約0.8cm、約0.4cm~約0.9cm、約0.4cm~約1cm、約0.5cm~約0.6cm、約0.5cm~約0.7cm、約0.5cm~約0.8cm、約0.5cm~約0.9cm、約0.5cm~約1cm、約0.6cm~約0.7cm、約0.6cm~約0.8cm、約0.6cm~約0.9cm、約0.6cm~約1cm、約0.7cm~約0.8cm、約0.7cm~約0.9cm、約0.7cm~約1cm、約0.8cm~約0.9cm、約0.8cm~約1cm、または約0.9cm~約1cmであり得る。いくつかの実施形態では、平均の厚さは、約0.2cm、約0.3cm、約0.4cm、約0.5cm、約0.6cm、約0.7cm、約0.8cm、約0.9cm、または約1cmである。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイートを見る
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
帽子
2か月前
個人
逆流防止用具
8日前
個人
X線用貼付剤
1か月前
個人
段差昇降装置
8日前
個人
ケース
3か月前
個人
エアリフター
12日前
個人
シミ皮膚改善剤
1か月前
個人
肩甲骨下制器具
2か月前
個人
足指活性パッド
3か月前
個人
注射器用カバー
4か月前
個人
透析装置の洗浄方法
2か月前
個人
透析装置の洗浄方法
2か月前
株式会社コーセー
組成物
4日前
株式会社東亜産業
温熱具
4日前
個人
全身麻酔用枕
3か月前
個人
歯科用ハンドピース
3か月前
個人
歯科用ハンドピース
3か月前
個人
除菌・消臭液
3か月前
個人
歯科補綴装置
4か月前
個人
湯たんぽ保温カバー
4か月前
個人
アーシング青竹踏台
1か月前
個人
電動式孫の手
6日前
個人
マジカルフェイシャル
3か月前
個人
接続装置
3か月前
株式会社カネカ
チューブ体
4か月前
株式会社コロナ
サウナ装置
1か月前
個人
座椅子型排泄介護装置
2か月前
個人
光脱毛器
26日前
株式会社ダリヤ
毛髪化粧料
2か月前
株式会社ダリヤ
毛髪化粧料
2か月前
株式会社ファンケル
洗浄料
2か月前
株式会社ニデック
眼科装置
2か月前
個人
湯水エアシャワー装置
4か月前
個人
排泄信号事前検出装置
3か月前
個人
医療用チューブ保護具
1か月前
個人
ツボ刺激機能付き座具
3か月前
続きを見る