TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024080630
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-06-13
出願番号2023196905
出願日2023-11-20
発明の名称アルミナ粒子およびそれを用いた樹脂組成物
出願人住友化学株式会社
代理人個人,個人
主分類C01F 7/027 20220101AFI20240606BHJP(無機化学)
要約【課題】樹脂組成物用フィラーとして使用されるアルミナ粒子であって、低誘電損失の樹脂組成物を形成できるアルミナ粒子を提供する。
【解決手段】累積粒度分布の微粒側から個数の累積50%の粒径D50が30.0μm超55.0μm以下で、α化率が60.0%以上であり、アルミナ粒子の外縁の長さL1に対する、アルミナ粒子内部の境界線の合計長さL2の比(L2/L1)が1.0%以上90.0%以下である、アルミナ粒子。
【選択図】なし
特許請求の範囲【請求項1】
累積粒度分布の微粒側から個数の累積50%の粒径D50が30.0μm超55.0μm以下で、
α化率が60.0%以上であり、
アルミナ粒子の外縁の長さL1に対する、アルミナ粒子内部の境界線の合計長さL2の比(L2/L1)が1.0%以上90.0%以下である、アルミナ粒子。
続きを表示(約 380 文字)【請求項2】
粒子内欠陥率が20.0%未満である、請求項1に記載のアルミナ粒子。
【請求項3】
真円度が0.85以上である、請求項1に記載のアルミナ粒子。
【請求項4】
下記の式(1)を満たす、請求項1に記載のアルミナ粒子。
3.00≦D50×SA×AD≦25.00 (1)
ここで、D50は、前記粒径D50(μm)であり、
SAは、アルミナ粒子の比表面積(m

/g)であり、
ADは、アルミナ粒子の見かけ密度(g/cm

)である。
【請求項5】
水分量が62ppm未満である、請求項1に記載のアルミナ粒子。
【請求項6】
樹脂と、請求項1~5のいずれか1項に記載のアルミナ粒子とを含む樹脂組成物。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、アルミナ粒子およびそれを用いた樹脂組成物に関する。
続きを表示(約 1,400 文字)【背景技術】
【0002】
電子部品に通電することにより発生する熱は、ヒートシンクを介して放熱される。放熱効率を向上する目的で、電子部品とヒートシンクとの間を放熱材料で充填する技術が知られている。
放熱材料の1つとして、樹脂と無機粒子とを含む樹脂組成物があり、無機粒子としてはアルミナ粒子が利用できることが知られている(例えば特許文献1)。
【0003】
特許文献1には、樹脂中に高充填したときの流動性を改善することができるアルミナ粒子として、α相含有率が40%以下であり、平均円形度が0.95以上であり、平均粒径が100μm以下のアルミナ粒子が開示されている。アルミナ粒子を製造する方法としては、電融アルミナの粉砕物を火炎溶融法で溶融し、炉内に水を噴霧して急冷する手法が開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
国際公開第2009/133904号
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
放熱材料として使用される樹脂組成物は、電子部品の近傍に配置されるため、誘電損失が低いことが望まれる。そのため、低誘電損失の樹脂組成物を形成することができるアルミナ粒子が求められている。
また近年、電子機器の小型化およびIC高集積化により、電子部品とヒートシンクとの間の隙間が狭くなっている。電子部品とヒートシンクとの間に配置される樹脂組成物は、その狭い隙間に成形可能であること(つまり、優れた成形性を有すること)求められている。そのためには、アルミナ粒子と樹脂との混合物の粘度を低く抑えることが望ましく、混合物の粘度を低下させることのできるアルミナ粒子が求められている。
【0006】
それらの要求を満たすために、樹脂との混合物の粘度を低下させることができ、かつ低誘電損失の樹脂組成物を形成することができるアルミナ粒子が求められている。
しかしながら、特許文献1に記載されたアルミナ粒子は、低誘電損失の樹脂組成物を形成することについて検討されていない。
【0007】
このような状況を鑑みて、本発明の一実施形態は、樹脂組成物用フィラーとして使用されるアルミナ粒子であって、樹脂との混合物の粘度を低下させることができ、かつ低誘電損失の樹脂組成物を形成できるアルミナ粒子を提供することを目的とする。さらに、本発明の別の実施形態は、そのようなアルミナ粒子を用いた樹脂組成物を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明の態様1は、
累積粒度分布の微粒側から個数の累積50%の粒径D50が30.0μm超55.0μm以下で、
α化率が60.0%以上であり、
アルミナ粒子の外縁の長さL1に対する、アルミナ粒子内部の境界線の合計長さL2の比(L2/L1)が1.0%以上90.0%以下である、アルミナ粒子である。
【0009】
本発明の態様2は、
粒子内欠陥率が20.0%未満である、態様1に記載のアルミナ粒子である。
【0010】
本発明の態様3は、
真円度が0.85以上である、態様1または2に記載のアルミナ粒子である。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
金属イオン生成方法
13日前
住友化学株式会社
アルミナ粉末および樹脂組成物
7日前
株式会社燃焼合成
窒化物の製造方法
8日前
キヤノン株式会社
水素発生装置
15日前
キヤノン株式会社
水素発生装置
15日前
キヤノン株式会社
水素発生装置
15日前
株式会社ケミコート
硫化リチウムの製造方法
15日前
キヤノン株式会社
水素発生装置
15日前
木村化工機株式会社
水酸化ナトリウム水溶液の蒸発濃縮装置
9日前
株式会社レゾナック
チタン酸カルシウム粉末
7日前
キヤノン株式会社
水素発生装置及び反応ケース
15日前
日揮触媒化成株式会社
粒子、及び該粒子の製造方法
9日前
個人
環境応答性を有する極小細孔磁性コロイド本体及びその調製方法
9日前
三菱ケミカル株式会社
金属酸化物、酸素透過膜及び酸素分離装置
8日前
株式会社荏原製作所
ガス生成装置
14日前
株式会社荏原製作所
ガス生成装置
14日前
株式会社レゾナック
ジルコン酸化合物粉末及びその製造方法
7日前
南海化学株式会社
ホウ素含有塩基性塩化アルミニウム
14日前
株式会社レゾナック
ジルコン酸化合物粉末及びその製造方法
7日前
東海カーボン株式会社
黒鉛材料及び黒鉛材料の製造方法
13日前
個人
アルミニウム金属による窒化アルミニウム粉体を製造する方法
13日前
国立大学法人東京工業大学
4元系酸カルコゲン化物および電子素子
12日前
東ソー株式会社
疎水性ゼオライト、及びその製造方法
19日前
日揮触媒化成株式会社
結晶性ベーマイトスラリーおよびその製造方法
8日前
大阪ガスケミカル株式会社
分子篩炭素及びその製造方法、並びにガス分離装置
9日前
タキロンシーアイ株式会社
表面改質酸化チタン、表面改質酸化チタンの製造方法、分散液、組成物、化粧料
9日前
日本イットリウム株式会社
希土類酸化物粉末
8日前
バイオテク,インコーポレーテッド
水素発生システム
26日前
株式会社イノアック技術研究所
エアロゲル及びエアロゲル複合体の製造方法並びに該製造時における廃液の再生方法
15日前
古河機械金属株式会社
窒化リチウム製造装置および窒化リチウムの製造方法
26日前
株式会社荏原製作所
ガス生成装置
14日前
三慶株式会社
二酸化塩素吸着による亜塩素酸水製造法
26日前
住友化学株式会社
金属複合化合物粉末及びリチウム二次電池用正極活物質の製造方法
20日前
株式会社アマテラ
二酸化塩素含有水の製造方法、二酸化塩素含有水の噴霧方法、および二酸化塩素含有水噴霧キット
14日前
株式会社ダイセル
温度感受性プローブ
5日前
住友化学株式会社
リチウム金属複合酸化物、リチウム二次電池用正極活物質、リチウム二次電池用正極及びリチウム二次電池
13日前
続きを見る