TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024068349
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-20
出願番号2022178725
出願日2022-11-08
発明の名称定着装置、及び、画像形成装置
出願人株式会社リコー
代理人個人
主分類G03G 15/20 20060101AFI20240513BHJP(写真;映画;光波以外の波を使用する類似技術;電子写真;ホログラフイ)
要約【課題】定着ベルトのスリップを検知したときに、装置をなるべく停止することなく定着ベルトのスリップを解消する。
【解決手段】「ベルト空駆動モード(制御モード)」は、実行開始後に最初に第1、第2温度センサ41、42(第1スリップ検知手段)によって定着ベルト21のスリップが検知されたときに、接離機構60によって離間状態にあった加圧ローラ31(加圧回転体)を定着ベルト21に所定時間Rだけ当接させた後に、加圧ローラ31を再び離間状態にして、その後、第2温度センサ42(第2スリップ検知手段)によって定着ベルト21のスリップが検知されなかったときにはベルト空駆動モードを終了して、第2温度センサ42(第2スリップ検知手段)によって定着ベルト21のスリップが検知されたときには、離間状態にあった加圧ローラ31を所定時間Rだけ当接状態にした後に離間状態に戻す動作を繰り返す。
【選択図】図5
特許請求の範囲【請求項1】
加熱手段によって加熱されて、所定の走行方向に走行しながらシート上のトナー像を加熱して定着する定着ベルトと、
前記定着ベルトの内周面に摺接するニップ形成部材と、
前記定着ベルトを介して前記ニップ形成部材に圧接することでシートが搬送される定着ニップを形成する加圧回転体と、
前記定着ベルトに対して前記加圧回転体を相対的に接離する接離機構と、
を備え、
前記接離機構によって前記加圧回転体が前記定着ベルトに対して離間している状態で、前記加熱手段によって前記定着ベルトを加熱しながら前記定着ベルトを走行させる制御モードが、所定のタイミングで実行開始され、
前記制御モードは、
実行開始後に最初に第1スリップ検知手段によって前記定着ベルトのスリップが検知されたときに、前記接離機構によって離間状態にあった前記加圧回転体を前記定着ベルトに所定時間だけ当接させた後に、前記加圧回転体を再び離間状態にして、
その後、第2スリップ検知手段によって前記定着ベルトのスリップが検知されなかったときには前記制御モードを終了して、前記第2スリップ検知手段によって前記定着ベルトのスリップが検知されたときには、離間状態にあった前記加圧回転体を前記所定時間だけ当接状態にした後に離間状態に戻す動作を繰り返すことを特徴とする定着装置。
続きを表示(約 1,000 文字)【請求項2】
前記定着ベルトの表面温度を検知する第1温度センサと、
前記第1温度センサに対して前記走行方向の下流側であって、前記定着ニップに対して前記走行方向の上流側で、前記定着ベルトの表面温度を検知する第2温度センサと、
を備え、
前記第1スリップ検知手段は、前記第1温度センサで検知された第1温度と、前記第1温度が検知されてから所定の時間が経過した後に前記第2温度センサで検知された第2温度と、の温度差が所定値を超えたときに、前記定着ベルトがスリップしたものとして検知し、
前記第2スリップ検知手段は、そのときに前記第2温度センサで検知された第2温度と、前記第1スリップ検知手段によってスリップを検知したときに前記第2温度センサで検知された第2温度と、の温度差が所定の値を超えなかったときに、前記定着ベルトがスリップしたものとして検知することを特徴とする請求項1に記載の定着装置。
【請求項3】
前記第2スリップ検知手段によってスリップが検知されて前記加圧回転体を当接状態にした後に離間状態に戻す動作が繰り返された回数が所定回数を超えた場合に、前記制御モードの後におこなわれる予定の印刷動作を中止して、
その中止回数が所定の回数に達している場合には、当該定着装置のメンテナンスを促す表示がされて、前記中止回数が前記所定の回数に達していない場合には、当該定着装置が設置された画像形成装置本体の主電源をオフ・オンした後に前記制御モードが再び実行されることを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の定着装置。
【請求項4】
前記第1スリップ検知手段又は前記第2スリップ検知手段によって前記定着ベルトのスリップが検知されなくなったときに、前記所定回数と前記中止回数とがリセットされることを特徴とする請求項3に記載の定着装置。
【請求項5】
前記第1温度センサと前記第2温度センサとは、幅方向の同じ位置に設置されたことを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の定着装置。
【請求項6】
前記加熱手段としてのヒータが内設されて、前記定着ベルトの内周面に当接する加熱ローラを備え、
前記第1温度センサは、前記定着ベルトを介して前記加熱ローラに対向する位置に配置されたことを特徴とする請求項1又は請求項2に記載の定着装置。
【請求項7】
請求項1又は請求項2に記載の定着装置を備えたことを特徴とする画像形成装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
この発明は、シート上のトナー像を加熱して定着する定着装置と、それを備えた複写機、プリンタ、ファクシミリ、又は、それらの複合機等の画像形成装置と、に関するものである。
続きを表示(約 2,300 文字)【背景技術】
【0002】
従来から、複写機やプリンタ等の画像形成装置に設置された定着装置において、定着ベルトの内周面に当接するニップ形成部材に対して、定着ベルトを介して加圧回転体(加圧ローラ)を圧接させて、シートが搬送される定着ニップを形成したものが知られている(例えば、特許文献1参照。)。
【0003】
一方、特許文献1には、定着ベルトの表面温度を検知する温度センサと、加圧ローラの表面温度を検知する温度センサと、を設けて、2つの温度センサの温度差が大きい場合に、定着ベルトにスリップが生じたものとして、定着ベルトの加熱を停止する技術が開示されている。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
特許文献1の技術は、定着ベルトのスリップを検知することができても、一様に装置を一旦駆動停止して、定着ベルトのスリップが生じないようなメンテナンスを別途おこなう必要があるため、装置の生産性が低下してしまっていた。
【0005】
この発明は、上述のような課題を解決するためになされたもので、定着ベルトのスリップを検知したときに、装置をなるべく停止することなく定着ベルトのスリップを解消することができる、定着装置、及び、画像形成装置を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0006】
この発明における定着装置は、加熱手段によって加熱されて、所定の走行方向に走行しながらシート上のトナー像を加熱して定着する定着ベルトと、前記定着ベルトの内周面に摺接するニップ形成部材と、前記定着ベルトを介して前記ニップ形成部材に圧接することでシートが搬送される定着ニップを形成する加圧回転体と、前記定着ベルトに対して前記加圧回転体を相対的に接離する接離機構と、を備え、前記接離機構によって前記加圧回転体が前記定着ベルトに対して離間している状態で、前記加熱手段によって前記定着ベルトを加熱しながら前記定着ベルトを走行させる制御モードが、所定のタイミングで実行開始され、前記制御モードは、実行開始後に最初に第1スリップ検知手段によって前記定着ベルトのスリップが検知されたときに、前記接離機構によって離間状態にあった前記加圧回転体を前記定着ベルトに所定時間だけ当接させた後に、前記加圧回転体を再び離間状態にして、その後、第2スリップ検知手段によって前記定着ベルトのスリップが検知されなかったときには前記制御モードを終了して、前記第2スリップ検知手段によって前記定着ベルトのスリップが検知されたときには、離間状態にあった前記加圧回転体を前記所定時間だけ当接状態にした後に離間状態に戻す動作を繰り返すものである。
【発明の効果】
【0007】
本発明によれば、定着ベルトのスリップを検知したときに、装置をなるべく停止することなく定着ベルトのスリップを解消することができる、定着装置、及び、画像形成装置を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
この発明の実施の形態における画像形成装置を示す全体構成図である。
定着装置を示す構成図である。
加圧ローラが離間した状態の定着装置を示す図である。
ベルト空駆動モード時の定着装置の動作を示す図である。
ベルト空駆動モード時の制御を示すフローチャートである。
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下、この発明を実施するための形態について、図面を参照して詳細に説明する。なお、各図中、同一又は相当する部分には同一の符号を付しており、その重複説明は適宜に簡略化ないし省略する。
【0010】
まず、図1にて、画像形成装置1における全体の構成・動作について説明する。
図1において、1はコピー機能とプリンタ機能とを有する複合機としての画像形成装置、2は入力画像情報に基づいたレーザ光を発する書込み部、3は原稿Dを原稿読込部4に搬送する原稿搬送部、4は原稿Dの画像情報を読み込む原稿読込部、7は用紙等のシートPが収容される給紙部、を示す。
また、9はシートPの搬送タイミングを調整するレジストローラ(タイミングローラ)、11Y、11M、11C、11BKは各色(イエロー、マゼンタ、シアン、ブラック)のトナー像が形成される感光体ドラム、12は各感光体ドラム11Y、11M、11C、11BK上を帯電する帯電部、を示す。
また、13は各感光体ドラム11Y、11M、11C、11BK上に形成される静電潜像を現像する現像部、14は各感光体ドラム11Y、11M、11C、11BK上に形成されたトナー像をシートP上に重ねて転写する1次転写バイアスローラ、15は各感光体ドラム11Y、11M、11C、11BK上の未転写トナーを回収するクリーニング部、を示す。
また、16は中間転写ベルト17を清掃する中間転写ベルトクリーニング部、17は複数色のトナー像が重ねて転写される中間転写ベルト、18は中間転写ベルト17上のカラートナー像をシートP上に転写するための2次転写バイアスローラ、20はシートP上のトナー像(未定着画像)を定着する定着装置、を示す。
また、65は印刷動作(画像形成動作)に関わる情報が表示されたり操作をおこなったりするための操作表示パネル、を示す。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社リコー
投影装置
8日前
株式会社リコー
塗布装置
8日前
株式会社リコー
画像形成装置
2日前
株式会社リコー
画像形成装置
7日前
株式会社リコー
画像形成装置
6日前
株式会社リコー
液滴吐出装置
6日前
株式会社リコー
画像形成装置
6日前
株式会社リコー
画像形成装置
3日前
株式会社リコー
画像形成装置
10日前
株式会社リコー
画像形成装置
14日前
株式会社リコー
構造物の製造方法
7日前
株式会社リコー
液体を吐出する装置
10日前
株式会社リコー
搬送装置、印刷装置
6日前
株式会社リコー
ポンプ及び粉体充填装置
8日前
株式会社リコー
搬送装置及び画像形成装置
8日前
株式会社リコー
定着装置及び画像形成装置
2日前
株式会社リコー
履帯式走行体及び走行装置
2日前
株式会社リコー
加圧装置及び画像形成装置
6日前
株式会社リコー
定着装置及び画像形成装置
6日前
株式会社リコー
パルスバルブ及び塗布装置
3日前
株式会社リコー
履帯式走行体及び走行装置
2日前
株式会社リコー
定着装置および画像形成装置
8日前
株式会社リコー
照明装置および画像投射装置
3日前
株式会社リコー
検査システムおよび検査方法
7日前
株式会社リコー
測距システム及びプログラム
2日前
株式会社リコー
立体造形装置及び立体造形方法
3日前
株式会社リコー
画像形成方法及び画像形成装置
3日前
株式会社リコー
画像処理装置およびプログラム
8日前
株式会社リコー
画像読取装置及び画像形成装置
6日前
株式会社リコー
着脱ユニット及び画像形成装置
13日前
株式会社リコー
シート給送装置及び画像形成装置
3日前
株式会社リコー
シート搬送装置及び画像形成装置
3日前
株式会社リコー
シート搬送装置及び画像形成装置
2日前
株式会社リコー
表示装置、プログラム、表示方法
10日前
株式会社リコー
液体吐出装置および液体吐出方法
13日前
株式会社リコー
画像形成装置及び清掃具付き装置
8日前
続きを見る