TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024003452
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-01-15
出願番号2022102607
出願日2022-06-27
発明の名称工程管理システム
出願人株式会社コルク
代理人個人,個人
主分類G06Q 10/0631 20230101AFI20240105BHJP(計算;計数)
要約【課題】現実の状況に則して、工程の進捗状況を簡便に把握できる工程管理システムの提供を目的とする。
【解決手段】上記課題を解決する本願発明は、工程の進捗を管理する工程管理システムXであって、工程Pを記録する記録手段11と、工程Pの進捗を評価する評価手段12と、表示手段13と、を備え、記録手段11は、工程Pの開始時期321と、終了時期322と、前記工程の全体に対する進捗度合R1と、を格納し、評価手段12は、任意の時期を取得する時期設定手段121と、進捗率を計算する計算手段122と、を有し、計算手段122は、開始時期321から終了時期322までの期間に対する開始時期321から任意の時期323までの期間の割合である期間経過度合R2を算出し、進捗度合R1を、前記期間経過度合R2で除した進捗率Rを算出し、表示手段13は、進捗率Rを表示処理し、表示処理結果を送信する。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
工程の進捗を管理する工程管理システムであって、
前記工程管理システムは、前記工程を記録する記録手段と、前記工程の進捗を評価する評価手段と、情報を表示処理する表示手段と、を備え、
前記記録手段は、前記工程の開始時期と、前記工程の終了時期と、前記工程の全体に対する進捗度合と、を格納し、
前記評価手段は、任意の時期を取得する時期設定手段と、進捗率を計算する計算手段と、を有し、
前記計算手段は、前記開始時期から前記終了時期までの期間に対する前記開始時期から前記任意の時期までの期間の割合である期間経過度合を算出し、
前記進捗度合を、前記期間経過度合で除した進捗率を算出し、
前記表示手段は、前記進捗率を表示処理し、表示処理結果を送信する工程管理システム。
続きを表示(約 1,300 文字)【請求項2】
前記表示手段は、進捗を表示する進捗表示領域を表示処理し、
前記進捗表示領域は、時期を表す時間軸と、
前記時間軸において、前記開始時期に対応する位置から前記終了時期に対応する位置まで延びる帯状体を、前記時間軸と平行になるように表示する表示処理と、を行う請求項1に記載の工程管理システム。
【請求項3】
前記表示手段は、前記帯状体に二以上の色彩を配分する表示処理と、
前記配分を、前記進捗度合に応じて変更する表示処理と、を行う請求項2に記載の工程管理システム。
【請求項4】
前記表示手段は、前記時間軸から垂直に延びるスライド軸を表示処理し、
前記時期設定手段は、前記スライド軸が操作されることで、前記任意の時期を取得する請求項2に記載の工程管理システム。
【請求項5】
前記記録手段は、3次元オブジェクトを前記工程と紐づけて格納し、
前記表示手段は、前記3次元オブジェクトを表示するモデル表示領域を表示処理し、
前記3次元オブジェクトは、前記工程と紐づけられた前記進捗率に対応した色彩を付して表示処理される請求項1~4の何れかに記載の工程管理システム。
【請求項6】
前記表示手段は、前記3次元オブジェクトを透過して表示する請求項5に記載の工程管理システム。
【請求項7】
工程の進捗を管理する管理プログラムであって、
前記管理プログラムは、情報処理装置を、前記工程を記録する記録手段と、前記工程の進捗を評価する評価手段と、情報を表示処理する表示手段として機能させ、
前記記録手段は、前記工程の開始時期と、前記工程の終了時期と、前記工程の全体に対する進捗度合と、を格納し、
前記評価手段は、任意の時期を取得する時期設定手段と、進捗率を計算する計算手段と、を有し、
前記計算手段は、前記開始時期から前記終了時期までの期間に対する前記開始時期から前記任意の時期までの期間の割合である期間経過度合を算出し、
前記進捗度合を、前記期間経過度合で除した進捗率を算出し、
前記表示手段は、前記進捗率を表示処理し、表示処理結果を送信する管理プログラム。
【請求項8】
工程の進捗を管理する管理方法であって、
工程管理システムが、前記工程を記録する記録ステップと、前記工程の進捗を評価する評価ステップと、情報を表示処理する表示ステップと、を実行し、
前記記録ステップにおいて、前記工程の開始時期と、前記工程の終了時期と、前記工程の全体に対する進捗度合と、を格納し、
前記評価ステップは、任意の時期を取得する時期設定ステップと、進捗率を計算する計算ステップと、を有し、
前記計算ステップにおいては、前記開始時期から前記終了時期までの期間に対する前記開始時期から前記任意の時期までの期間の割合である期間経過度合を算出し、
前記進捗度合を、前記期間経過度合で除した進捗率を算出し、
前記表示ステップにおいて、前記進捗率を表示処理し、表示処理結果を送信する、
前記工程の進捗を管理する管理方法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、建設等の施工現場において工程の進捗把握を容易にするためのシステムに関する。
続きを表示(約 1,500 文字)【背景技術】
【0002】
大規模建設現場においての施工計画ないし施工計画を遂行するにあたっての工程管理は非常に重要であり、工程の先後関係の把握や、各工程の進捗状況等を的確に把握しなければ、建設の遂行が滞ってしまう。このような問題点を解決するために、例えば特許文献1には、工程通りに作業できていない作業項目を3Dの形状データと共に表示することで管理者に工程を把握させることができる工程管理システムが記載されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2001―262829号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
特許文献1に記載の発明等では、建設工事の工程の進捗状況を管理する手段として、全体の工程の中でどれだけ当該工程が進んでいるかを割合で把握する方法が利用されていた。
【0005】
しかしながら、実際の進捗状況を的確に把握するにあたっては、現実の時間に比して実際の工程がどれだけ進んでいるのかを把握し、それに応じて作業等を分配することの方が好ましい。
【0006】
本発明は、上記の課題に鑑み、現実の状況に則して、工程の進捗状況を簡便に把握することができる工程管理システムの提供を目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
上記課題を解決する本願発明は、工程の進捗を管理する工程管理システムであって、前記工程管理システムは、前記工程を記録する記録手段と、前記工程の進捗を評価する評価手段と、情報を表示処理する表示手段と、を備え、前記記録手段は、前記工程の開始時期と、前記工程の終了時期と、前記工程の全体に対する進捗度合と、を格納し、前記評価手段は、任意の時期を取得する時期設定手段と、進捗率を計算する計算手段と、を有し、前記計算手段は、前記開始時期から前記終了時期までの期間に対する前記開始時期から前記任意の時期までの期間の割合である期間経過度合を算出し、前記進捗度合を、前記期間経過度合で除した進捗率を算出し、前記表示手段は、前記進捗率を表示処理し、表示処理結果を送信する工程管理システムである。
このような構成によって、現実の状況に則した進捗状況を簡便に把握することができる。
【0008】
本発明の好ましい形態では、前記表示手段は、進捗を表示する進捗表示領域を表示処理し、前記進捗表示領域は、時期を表す時間軸と、前記時期軸において、前記開始時期に対応する位置から前記終了時期に対応する位置まで延びる帯状体を、前記時期軸と平行になるように表示する表示と、を行う。
このような構成によって、進捗状況の視覚的な把握が容易にできるようになる。
【0009】
本発明の好ましい形態では、前記表示手段は、前記帯状体に二以上の色彩を配分する表示処理と、前記配分を、前記進捗度合に応じて変更する表示処理と、を行う。
このような構成によって、進捗状況の視覚的な把握が容易にできるようになる。
【0010】
本発明の好ましい形態では、前記表示手段は、前記時間軸から垂直に延びるスライド軸を表示処理し、前記時期設定手段は、前記スライド軸が操作されることで、前記任意の時期を取得する。
このような構成によって、使用者は直感的な操作によって、過去又は未来の進捗率を把握してそれに応じた対応をすることができる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
乗降調査装置
2日前
個人
自動販売機
9日前
個人
リユース統合システム
22日前
日本精機株式会社
投影装置
2日前
個人
コメント配信システム
1か月前
日本精機株式会社
投影システム
3日前
個人
広告提供方法
1か月前
個人
コンピュータシステム
1か月前
個人
釣PAID降水確率ポイント
1か月前
個人
情報処理装置及びプログラム
27日前
小林クリエイト株式会社
RFタグ
9日前
株式会社SUBARU
車両
10日前
個人
チラシ掲載位置表示システム
20日前
個人
モノづくり知識情報システム
28日前
株式会社SUBARU
車両
1か月前
17LIVE株式会社
サーバ
2日前
株式会社協同印刷
防災・災害マウス
15日前
太陽誘電株式会社
触覚生成装置
13日前
株式会社ゼロボード
価格決定システム
1日前
ユニパルス株式会社
プログラム、方法
1か月前
株式会社イトーキ
分析装置
13日前
株式会社フォーバル
仕訳システム
21日前
株式会社アジラ
姿勢推定システム
今日
中国電力株式会社
ゲームシステム
28日前
株式会社カクシン
管理装置
1か月前
株式会社カネカ
異常推定システム
21日前
オムロン株式会社
操作制御システム
1か月前
株式会社mov
情報処理装置
1か月前
個人
ディスプレイ・セットシステム
1か月前
個人
オーダーメイド品販売システム
1か月前
トヨタ自動車株式会社
ワーク保持装置
1か月前
日本信号株式会社
自転車貸出システム
3日前
TDK株式会社
検出装置
1か月前
個人
ブロックチェーンと既存網との接続方法
22日前
小林クリエイト株式会社
あて先表示システム
9日前
TDK株式会社
検出装置
1か月前
続きを見る