TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2023156954
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-10-25
出願番号2022076320
出願日2022-04-13
発明の名称注射器用カバー
出願人個人
代理人
主分類A61M 5/32 20060101AFI20231018BHJP(医学または獣医学;衛生学)
要約【課題】 従来技術は、注射器におけるスプリングホルダーにコイルスプリングの保持が解除されてしまうことを防止するもので、本発明のような、一般に使用されている注射器に着脱自在に取り付け、特に子供が注射する時の恐怖心を少なくするためのものではない。
【解決手段】 注射器本体に着脱自在に取り付けるもので、少なくとも注射針全体を隠すべく、筒状のカバー本体に圧縮スプリングを設けてなることを特徴とする。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
注射器本体に着脱自在に取り付けるもので、少なくとも注射針全体を隠すべく、筒状のカバー本体に圧縮スプリングを設けてなることを特徴とする注射器用カバー。
続きを表示(約 340 文字)【請求項2】
前記カバー本体が不透明であることを特徴とする請求項1記載の注射器用カバー。
【請求項3】
前記カバー本体の表面にキャラクター等のデザインを表示してなることを特徴とする請求項1又は2記載の注射器用カバー。
【請求項4】
前記カバー本体の先端面に注射針が挿通する孔を穿設した先端カバーを設けたことを特徴とする請求項1、2又は3記載の注射器用カバー。
【請求項5】
前記先端カバーに、注射時に、適宜皮膚を押圧する突起部を設けたことを特徴とする請求項1、2、3又は4記載の注射器用カバー。
【請求項6】
全体が円筒状のジャバラ形状体で、先端面に前記と同様な先端カバーを設けてなることを特徴とする注射器用カバー。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、注射器の少なくとも注射針全体を隠すべくカバー本体にキャラクター等を表示し、特に子供が注射する時の恐怖心を少なくする注射器用カバーに関するものである。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
従来技術としては、スプリングホルダーによってコイルスプリングを圧縮状態で保持したまま投与操作可能であり、投与終了後にさらに注射筒を押し込み操作するとスプリングホルダーによるコイルスプリングの保持が解除される注射器において、投与操作中に不慮にスプリングホルダーによるコイルスプリングの保持が解除されてしまうことを防止するものがある。(特許文献1参照)
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2019-5399号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
前記従来技術は、注射器におけるスプリングホルダーにコイルスプリングの保持が解除されてしまうことを防止するもので、本発明のような、一般に使用されている注射器に着脱自在に取り付け、特に子供が注射する時の恐怖心を少なくするためのものではない。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本発明は、注射器本体に着脱自在に取り付けるもので、少なくとも注射針全体を隠すべく、筒状のカバー本体に圧縮スプリングを設けてなること。前記カバー本体が不透明であること。前記カバー本体の表面にキャラクター等のデザインを表示してなること。前記カバー本体の先端面に注射針が挿通する孔を穿設した先端カバーを設けたこと。前記先端カバーに、注射時に、適宜皮膚を押圧する突起部を設けたこと。全体が円筒状のジャバラ形状体で、先端面に前記と同様な先端カバーを設けてなることを特徴とする。
【発明の効果】
【0006】
1)、一般に使用されている注射器に着脱自在に取り付けられるもので、少なくとも注射針全体を隠す筒状のカバー本体に圧縮スプリング設けることにより、特に子供が注射する時の恐怖心を少なくすることができる。
2)、カバー本体を不透明にすることにより中の注射針が見えないから、より安心できる。
3)、カバー本体に、キャラクター等を表示することにより、より楽しく安心して注射を打つことができる。
4)、先端カバーに設けた突起部により、その痛みにまぎれて注射針が皮膚に入り込み痛みを和らげる効果がある。
5)、全体をジャバラ状にすることにより、長さ調整がし易くなる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
本発明の第1実施例を示す注射器用カバーの正面図。
本発明の第1実施例を示す注射器用カバーの使用状態図1。
本発明の第1実施例を示す注射器用カバーの使用状態図2。
本発明の第2実施例を示す注射器用カバーの正面図。
本発明の第2実施例を示す注射器用カバーの側面図。
本発明の第3実施例を示す注射器用カバーの正面図。
【発明を実施するための形態】
【0008】
まず、第1実施例の注射器用カバーについて説明する。
1は、注射器用カバーである。
2は、少なくとも注射針全体を隠すべく、筒状のカバー本体である。
なお、必要に応じてキャラクター等のデザインDを表示してある。(この実施例の場合、ハート模様)
3は、カバー本体2の後部に一体的に設けてあるコイル状の圧縮スプリングである。(図1)
【0009】
上記注射器用カバー1について使用例を説明する。
まず、注射器Tにおける外筒T1に対して、注射針T2の先端より注射器用カバー1を挿入する。
この時、注射針T2全体はカバー本体2内にある。
この状態で、例えば、子供(図示せず)の腕の皮膚Hにカバー本体2の先端面を押し当てる。(図2)
【0010】
この状態で、押し子T3を押し、筋肉注射を行るものである。
この時、注射針T2は見えず、恐怖心を少なくできるものである。(図3)
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
エアリフター
12日前
個人
逆流防止用具
8日前
個人
X線用貼付剤
1か月前
個人
段差昇降装置
8日前
個人
肩甲骨下制器具
2か月前
個人
シミ皮膚改善剤
1か月前
個人
アーシング青竹踏台
1か月前
株式会社東亜産業
温熱具
4日前
個人
電動式孫の手
6日前
個人
透析装置の洗浄方法
2か月前
株式会社コーセー
組成物
4日前
個人
光脱毛器
26日前
株式会社コロナ
サウナ装置
1か月前
個人
医療用チューブ保護具
1か月前
株式会社ダリヤ
酸性染毛料
20日前
大正製薬株式会社
外用組成物
1か月前
株式会社ニデック
OCT装置
1か月前
オンキヨー株式会社
電子機器
4日前
オンキヨー株式会社
電子機器
4日前
株式会社ダリヤ
洗浄剤組成物
1か月前
株式会社ノエビア
皮膚外用剤
26日前
オンキヨー株式会社
電子機器
4日前
オンキヨー株式会社
電子機器
4日前
株式会社マンダム
染毛料組成物
26日前
株式会社 資生堂
化粧料
26日前
日本精機株式会社
空気除菌装置
2か月前
BOYLE株式会社
油脂
4日前
個人
階段昇降補助する移動装置
8日前
有限会社石丸研究所
嗅覚増強薬
12日前
個人
歯科インプラント固定装置
6日前
株式会社マンダム
整髪剤組成物
1か月前
学校法人近畿大学
生体材料
1か月前
株式会社ニデック
自覚式検眼装置
18日前
リアラン株式会社
美容器具
1か月前
株式会社トプコン
眼科装置
28日前
共栄化学工業株式会社
皮膚外用剤
1か月前
続きを見る