TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024071807
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-27
出願番号2022182232
出願日2022-11-15
発明の名称捺染方法
出願人コニカミノルタ株式会社
代理人弁理士法人光陽国際特許事務所
主分類D06P 5/30 20060101AFI20240520BHJP(繊維または類似のものの処理;洗濯;他に分類されない可とう性材料)
要約【課題】布帛の風合いとベルトクリーニング性を両立する捺染方法を提供することである。
【解決手段】本発明の捺染方法は、処理液1及び処理液2を、布帛上で連続して付与する捺染方法であって、前記処理液1が、樹脂と溶剤を含有し、前記処理液2が、顔料と溶剤を含有し、前記樹脂のカチオン価Xが、4.5~10.0mmol/gの範囲内であることを特徴とする。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
処理液1及び処理液2を、布帛上で連続して付与する捺染方法であって、
前記処理液1が、樹脂と溶剤を含有し、
前記処理液2が、顔料と溶剤を含有し、
前記樹脂のカチオン価Xが、4.5~10.0mmol/gの範囲内である
ことを特徴とする捺染方法。
続きを表示(約 630 文字)【請求項2】
前記処理液2が、アニオン性の樹脂を更に含有する
ことを特徴とする請求項1に記載の捺染方法。
【請求項3】
前記処理液1が含有する前記樹脂のカチオン価Xと、前記処理液2が含有する前記樹脂のアニオン価Yとが、以下の関係式(1)を満たす
ことを特徴とする請求項2に記載の捺染方法。
関係式(1) Y<X/100
【請求項4】
前記処理液2が含有する前記樹脂のガラス転移温度が、0℃以下である
ことを特徴とする請求項2に記載の捺染方法。
【請求項5】
前記処理液2における前記樹脂の含有量が、5~15質量%である
ことを特徴とする請求項1に記載の捺染方法。
【請求項6】
前記処理液1が含有する前記溶剤が、沸点が200℃以上の溶剤である
ことを特徴とする請求項1に記載の捺染方法。
【請求項7】
前記処理液1の付与量が、前記布帛の保水量よりも小さい
ことを特徴とする請求項1に記載の捺染方法。
【請求項8】
前記布帛を担持していた搬送ベルトを、ブレード又はブラシにより洗浄する工程を有する
ことを特徴とする請求項1に記載の捺染方法。
【請求項9】
前記搬送ベルトを洗浄する工程において、前記搬送ベルトに洗浄液を吹きかける
ことを特徴とする請求項8に記載の捺染方法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、捺染方法に関する。より詳しくは、本発明は、布帛の風合いとベルトクリーニング性を両立する捺染方法に関する。
続きを表示(約 1,100 文字)【背景技術】
【0002】
布帛を染色する捺染において、色材に顔料を用いる技術が知られている。顔料を用いる捺染は、染料を用いる場合と比べて耐光性や耐水性に優れているが、布帛の風合いが損なわれやすい。これに対し、顔料を用いる捺染であっても、特許文献1に記載の方法のように、前処理液とインクを連続して付与すれば、すなわちウェット・オン・ウェットで付与すれば、布帛の風合いが損なわれにくいことが分かった。しかし、この方法では、布帛の風合いが損なわれにくい一方で、捺染に用いる搬送ベルトのクリーニング性が悪化するという問題があることも明らかになった。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2005-320656号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
本発明は、上記問題・状況に鑑みてなされたものである。本発明の解決課題は、布帛の風合いとベルトクリーニング性を両立する捺染方法を提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本発明者は、上記課題を解決すべく、上記課題の原因等について検討した。その結果、カチオン価Xが4.5~10.0mmol/gの範囲内である樹脂を用いることによって、ウェット・オン・ウェットでもベルトクリーニング性が悪化しないことを見いだし、本発明に至った。
すなわち、本発明に係る上記課題は、以下の手段により解決される。
【0006】
1.処理液1及び処理液2を、布帛上で連続して付与する捺染方法であって、
前記処理液1が、樹脂と溶剤を含有し、
前記処理液2が、顔料と溶剤を含有し、
前記樹脂のカチオン価Xが、4.5~10.0mmol/gの範囲内である
ことを特徴とする捺染方法。
【0007】
2.前記処理液2が、アニオン性の樹脂を更に含有する
ことを特徴とする第1項に記載の捺染方法。
【0008】
3.前記処理液1が含有する前記樹脂のカチオン価Xと、前記処理液2が含有する前記樹脂のアニオン価Yとが、以下の関係式(1)を満たす
ことを特徴とする第2項に記載の捺染方法。
関係式(1) Y<X/100
【0009】
4.前記処理液2が含有する前記樹脂のガラス転移温度が、0℃以下である
ことを特徴とする第2項に記載の捺染方法。
【0010】
5.前記処理液2における前記樹脂の含有量が、5~15質量%である
ことを特徴とする第1項に記載の捺染方法。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

東レ株式会社
人工皮革
1か月前
キヤノン電子株式会社
強化繊維不織布
1か月前
株式会社槌屋
加飾用表皮材
10日前
株式会社日進産業
柔軟性遮熱素材
1か月前
花王株式会社
洗濯方法
23日前
株式会社abien
衣類用アイロン
1か月前
花王株式会社
洗濯方法
23日前
アキレス株式会社
表皮一体発泡成形用の表皮材
5日前
個人
洗濯物干し具
1か月前
シャープ株式会社
洗濯機
17日前
エレファンテック株式会社
脱色装置、脱色方法
5日前
東芝ライフスタイル株式会社
洗濯機
1か月前
東芝ライフスタイル株式会社
洗濯機
6日前
増岡窯業原料株式会社
炭素繊維の調整方法
1か月前
株式会社トクヤマ
抗ウイルス性シート
1か月前
理想科学工業株式会社
捺染物の製造方法
1か月前
株式会社プレックス
リネン設備
1か月前
シヤチハタ株式会社
布の被筆記面又は被捺印面への下塗り剤
16日前
理想科学工業株式会社
捺染物の製造方法
1か月前
セイコーエプソン株式会社
脱色方法及び洗浄機
13日前
リンナイ株式会社
衣類乾燥装置
1か月前
パナソニックIPマネジメント株式会社
除湿装置
10日前
パナソニックIPマネジメント株式会社
除湿装置
10日前
パナソニックIPマネジメント株式会社
除湿装置
10日前
東芝ライフスタイル株式会社
衣類処理装置
10日前
東芝ライフスタイル株式会社
衣類処理装置
6日前
竹本油脂株式会社
弾性繊維用処理剤及び弾性繊維
5日前
株式会社エフアンドエイノンウーブンズ
加工性に優れた粘弾性体
9日前
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯乾燥機
6日前
コニカミノルタ株式会社
捺染方法
20日前
SANEI株式会社
バスポンプ装置
25日前
TOPPANホールディングス株式会社
発泡壁紙の製造方法
13日前
日本バイリーン株式会社
布帛切片と細胞培養担体、および、その製造方法
11日前
東芝ライフスタイル株式会社
衣類処理装置
11日前
東洋アルミエコープロダクツ株式会社
乾燥フィルター用カバー
5日前
日華化学株式会社
合成樹脂レザー
3日前
続きを見る