TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024057375
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-24
出願番号2022164072
出願日2022-10-12
発明の名称コネクタ
出願人矢崎総業株式会社
代理人弁理士法人栄光事務所
主分類H01R 31/08 20060101AFI20240417BHJP(基本的電気素子)
要約【課題】分別解体が容易なコネクタを提供すること。
【解決手段】コネクタ1は、複数のタブ部18,21が延出した端子部12,14と接点部16とを有する端子金具2と、複数のタブ部が収容される複数の収容室31,32を有するハウジング3と、収容室に収容されて複数のタブ部に接続される相手側端子4に電線5が取り付けられた複数の端子付き電線9と、を備える。端子金具2は、タブ連設部17,19の一端から途中位置までに位置するタブ部の各々が有する第1係止部24と、途中位置からタブ連設部の他端までに位置するタブ部の各々が有する第2係止部25と、を有する。第1係止部24は、第2係止部25と比べて、タブ部を収容室に保持する保持力が相対的に大きい。相手側端子4は、筒状の箱部41と、箱部41の他端側の側壁に設けられてタブ部が通過可能な広さを有する開口部44と、を有する。
【選択図】図9
特許請求の範囲【請求項1】
複数のタブ部が間隔をあけて所定方向に並ぶようにタブ連設部から延出した端子部と、前記タブ連設部に繋がり且つ外部端子に接続されることになる接点部と、を備え、前記端子部及び前記接点部が一繋がりの導体板から構成される、端子金具と、
前記複数の前記タブ部が収容される複数の収容室を有し、前記端子金具が収容される、ハウジングと、
前記収容室に収容されて前記複数の前記タブ部の各々に電気的に接続される相手側端子と、前記相手側端子が取り付けられる電線と、を有する複数の端子付き電線と、
を備える、コネクタであって、
前記端子金具は、
前記所定方向における前記タブ連設部の一端から途中位置までに位置する少なくとも一つの前記タブ部の各々が有する第1係止部と、前記途中位置から前記所定方向における前記タブ連設部の他端までに位置する少なくとも一つの前記タブ部の各々が有する第2係止部と、を有し、
前記第1係止部によって前記タブ部を前記収容室に保持する保持力は、前記第2係止部によって前記タブ部を前記収容室に保持する保持力よりも大きく、
前記相手側端子は、
前記タブ部が挿入される筒状の箱部と、前記箱部の前記他端側の側壁に設けられて前記タブ部が前記所定方向に通過可能な広さを有する開口部と、を有する、
コネクタ。
続きを表示(約 410 文字)【請求項2】
請求項1に記載のコネクタにおいて、
前記第1係止部は、
前記タブ部から前記導体板の板面方向に突出し且つ前記導体板の厚さ方向に延びる突起形状を有し、
前記第2係止部は、
前記タブ部から前記導体板の板面方向に突出し且つ前記導体板の厚さ方向に延びる突起形状を有し、
前記第1係止部の前記厚さ方向における厚さが、前記第2係止部の前記厚さ方向における厚さよりも大きい、
コネクタ。
【請求項3】
請求項2に記載のコネクタにおいて、
前記第1係止部を有する前記タブ部の数が、前記第2係止部を有する前記タブ部の数よりも多い、
コネクタ。
【請求項4】
請求項1に記載のコネクタにおいて、
前記端子金具は、
前記第1係止部及び前記第2係止部の何れも有さない前記タブ部を有する、
コネクタ。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、複数のタブ部が配置された端子金具と、端子金具を収容するハウジングと、複数のタブ部に電気的に接続される複数の端子付き電線と、を備えるコネクタに関する。
続きを表示(約 2,200 文字)【背景技術】
【0002】
従来から、相手側端子と電気的に接続される複数のタブ部を有する端子金具が提案されている。このような端子金具は、一般に一繋がりの導体板を加工して製造されることから、複数の回路を接続するジョイント端子や、複数の回路を接地接続するアース端子として、用いられる。
【0003】
従来のハウジングユニットの一つは、この種の端子金具をハウジングの収容室に収容するとともに、アース端子として用いている。具体的には、端子金具の一部が所定のアースポイント(例えば、自動車の車体フレーム)に電気的に接続され、複数のタブ部に接続される相手側端子に繋がる複数の回路を、一括して接地接続するようになっている(例えば、特許文献1を参照。)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2013-073911号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
ところで、上述した従来のコネクタが用いられた自動車を解体するとき、一般に、コネクタが車体フレーム等に固定された状態のまま、作業者等が端子付き電線をハウジングから離れる向きに強く引くことで、相手側端子をハウジング内に保持するための部品(例えば、いわゆるランス)が破壊されて、端子付き電線がハウジングから引き抜かれる。このように端子付き電線を取り除くと、車体フレーム等には、端子金具とハウジングとが残ることになる。適正な分別解体を図る観点では、金属製の端子金具と樹脂製のハウジングとが、車体フレーム等に混在して残ることは望ましくない。そのため、上述したように端子付き電線を取り除いた後、別途、ハウジングを端子金具から取り外すことが好ましい。しかし、ハウジングを取り外す工程は、解体作業の作業性を損なう要因になり得る。
【0006】
本発明の目的の一つは、分別解体が容易なコネクタの提供である。
【課題を解決するための手段】
【0007】
前述した目的を達成するために、本発明に係るコネクタは、下記を特徴としている。
【0008】
複数のタブ部が間隔をあけて所定方向に並ぶようにタブ連設部から延出した端子部と、前記タブ連設部に繋がり且つ外部端子に接続されることになる接点部と、を備え、前記端子部及び前記接点部が一繋がりの導体板から構成される、端子金具と、
前記複数の前記タブ部が収容される複数の収容室を有し、前記端子金具が収容されるハウジングと、
前記収容室に収容されて前記複数の前記タブ部の各々に電気的に接続される相手側端子と、前記相手側端子が取り付けられる電線と、を有する複数の端子付き電線と、
を備える、コネクタであって、
前記端子金具は、
前記所定方向における前記タブ連設部の一端から途中位置までに位置する少なくとも一つの前記タブ部の各々が有する第1係止部と、前記途中位置から前記所定方向における前記タブ連設部の他端までに位置する少なくとも一つの前記タブ部の各々が有する第2係止部と、を有し、
前記第1係止部によって前記タブ部を前記収容室に保持する保持力は、前記第2係止部によって前記タブ部を前記収容室に保持する保持力よりも大きく、
前記相手側端子は、
前記タブ部が挿入される筒状の箱部と、前記箱部の前記他端側の側壁に設けられて前記タブ部が前記所定方向に通過可能な広さを有する開口部と、を有する、
コネクタであること。
【発明の効果】
【0009】
本発明のコネクタによれば、コネクタが用いられた自動車等の解体作業を行う際、作業者等が端子付き電線をハウジングから離れる向きに引くと、相手側端子を介してハウジングに、その向きの外力が及ぶ。このとき、タブ連設部の一端側の第1係止部による保持力が、他端側の第2係止部による保持力よりも大きいことから、相対的に保持力が劣る第2係止部が、第1係止部よりも先にハウジングから分離し易い。更に、相手側端子の箱部の他端側の側壁には、タブ部が通過可能な広さの開口部が設けられている。そのため、タブ部の第1係止部がハウジングに固定された状態で、タブ部の第2係止部がハウジングから分離するとともに、タブ部が相手側端子の開口部に入り込むことで、ハウジング全体が傾くことになる。そして、このようにハウジング全体が傾きながら、タブ連設部の他端側から一端側に向けてタブ部が順にハウジングから分離して、最終的に全てのタブ部がハウジングから分離することになる。このように複数のタブ部が順に分離することで、複数のタブ部を同時にハウジングから分離する場合に比べて小さな外力で、端子金具とハウジングとを分離できる。よって、従来のコネクタのようにハウジングのランスが破壊するよりも先に、端子金具とハウジングとを分離できる。その結果、作業者等が従来とおりに端子付き電線を引くだけで、端子金具とハウジングとを分離できる。したがって、本構成のコネクタは、分別解体が容易である。
【0010】
以上、本発明について簡潔に説明した。更に、以下に説明される発明を実施するための形態を添付の図面を参照して通読することにより、本発明の詳細は更に明確化されるであろう。
【図面の簡単な説明】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

矢崎総業株式会社
センサ
4日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
12日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
4日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
15日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
12日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
4日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
4日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
4日前
矢崎総業株式会社
係合構造
4日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
12日前
矢崎総業株式会社
電気接続箱
10日前
矢崎総業株式会社
カプラ装置
8日前
矢崎総業株式会社
カプラ装置
8日前
矢崎総業株式会社
積層導電体
5日前
矢崎総業株式会社
電気接続箱
10日前
矢崎総業株式会社
電気接続箱
10日前
矢崎総業株式会社
カプラ装置
8日前
矢崎総業株式会社
カプラ装置
8日前
矢崎総業株式会社
カプラ装置
8日前
矢崎総業株式会社
電気接続箱
10日前
矢崎総業株式会社
電気接続箱
10日前
矢崎総業株式会社
電気接続箱
10日前
矢崎総業株式会社
電気接続箱
10日前
矢崎総業株式会社
電気接続箱
10日前
矢崎総業株式会社
積層導電体
5日前
矢崎総業株式会社
防水端子台
4日前
矢崎総業株式会社
防水端子台
4日前
矢崎総業株式会社
コネクタ装置
4日前
矢崎総業株式会社
ダンパー構造
5日前
矢崎総業株式会社
バッテリ端子
2日前
矢崎総業株式会社
端子付き電線
4日前
矢崎総業株式会社
抵抗値測定回路
2日前
矢崎総業株式会社
充電インレット
4日前
矢崎総業株式会社
充電インレット
4日前
矢崎総業株式会社
車両用表示装置
9日前
矢崎総業株式会社
ワイヤハーネス
5日前
続きを見る