TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024048041
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-08
出願番号2022153871
出願日2022-09-27
発明の名称情報読取システム
出願人大王製紙株式会社
代理人個人,個人
主分類G06K 7/10 20060101AFI20240401BHJP(計算;計数)
要約【課題】複数の無線タグの読取の所要時間を短縮でき、消費電力を抑制できる情報読取システムを提供する
【解決手段】情報読取システム1は、所定の読取領域23内に配置されるRFIDタグ6から情報を読み取るRFIDリーダ3と、RFIDリーダ3の動作を制御する制御装置4と、を備え、制御装置4は、RFIDリーダ3が新たなRFIDタグ6から情報を読み取らない期間を示す所定の待機時間を経過した後に、RFIDリーダ3の動作を停止する。
【選択図】図9
特許請求の範囲【請求項1】
所定の読取領域内に配置される無線タグから情報を読み取る読取装置と、
前記読取装置の動作を制御する制御装置と、
を備え、
前記制御装置は、前記読取装置が新たな無線タグから情報を読み取らない期間を示す所定の待機時間を経過した後に、前記読取装置の動作を停止する、
情報読取システム。
続きを表示(約 340 文字)【請求項2】
前記制御装置は、前記待機時間を変更可能である、
請求項1に記載の情報読取システム。
【請求項3】
複数の前記無線タグがそれぞれ貼付される複数の物品が前記読取領域に纏めて配置され、
前記制御装置は、前記複数の無線タグからの読取動作中に前記待機時間を経過した後に、前記読取装置の動作を停止する、
請求項1または2に記載の情報読取システム。
【請求項4】
複数の前記無線タグがそれぞれ貼付された複数の物品が前記読取領域を順次通過され、
前記制御装置は、前記複数の無線タグからの読取動作中に前記待機時間を経過した後に、前記読取装置の動作を停止する、
請求項1または2に記載の情報読取システム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、情報読取システムに関する。
続きを表示(約 1,200 文字)【背景技術】
【0002】
近年、RFID(Radio Frequency Identification)タグなどの無線タグを用いて物品の管理を行う技術が知られている。
【0003】
例えば特許文献1には、POSシステムにおいて、カウンタにRFIDリーダを設置し、RFIDリーダのアンテナの読取範囲にRFIDタグ付きの物品を通過させることによってタグ情報を読み取る構成が開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2018-136862号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
従来の無線タグからの情報読取システムでは、RFIDリーダによるタグ情報の読み取りを自動停止するためには、指定枚数読み取り後に停止させるか、または、タグ読取の時間間隔を指定する手法が挙げられる。
【0006】
指定枚数を設定する手法では、読み取りに時間がかかるタグが有る場合には、電波を発砲する時間が長くなり消費電力が上がる傾向がある。また、何らかのトラブルにより読み取れないタグがある場合には、停止トリガに到達しないため、電波を発砲する時間がさらに長くなり、消費電力がさらに上がる状況が生じ得る。
【0007】
また、タグ読取の時間間隔を指定する手法では、指定時間より早いタイミングで新しいタグを読み取ることができる場合でも、新たなタグを読み取るまでに所定時間待機する必要があるため、電波を発砲する時間が長くなり消費電力が上がる傾向がある。
【0008】
本開示は、複数の無線タグの読取の所要時間を短縮でき、消費電力を抑制できる情報読取システムを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0009】
本発明の実施形態の一観点に係る情報読取システムは、所定の読取領域内に配置される無線タグから情報を読み取る読取装置と、前記読取装置の動作を制御する制御装置と、を備え、前記制御装置は、前記読取装置が新たな無線タグから情報を読み取らない期間を示す所定の待機時間を経過した後に、前記読取装置の動作を停止する。
【0010】
この態様によれば、タグ情報読取制御の終了判定には上記の待機時間の情報のみを用いるので、読取装置は、情報を読み取っていないタグがある間では、待機時間より早いタイミングで新たな無線タグを順次読み取ることが可能となる。これにより、新たなタグを読み取るまでに所定時間待機する必要がないので、電波を発砲する合計時間を短縮化することが可能となる。この結果、この態様の情報読取システムは、複数の無線タグの読取の所要時間を短縮でき、タグ情報読取制御に要する消費電力を抑制できる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

大王製紙株式会社
包装用紙
4日前
大王製紙株式会社
粘着テープ用原紙
4日前
大王製紙株式会社
ティシュペーパー収納体
14日前
大王製紙株式会社
マスク、及びマスクの製造方法
19日前
大王製紙株式会社
古紙パルプ原料の製造方法及び製造装置
今日
大王製紙株式会社
バリア紙、産業用材、包装材及び積層体
26日前
個人
乗降調査装置
1か月前
個人
管理装置
19日前
個人
プロジェクター
14日前
個人
自動販売機
1か月前
個人
リユース統合システム
1か月前
個人
コメント配信システム
2か月前
日本精機株式会社
投影装置
1か月前
日本精機株式会社
投影システム
1か月前
個人
広告提供方法
2か月前
キヤノン電子株式会社
周辺機器
6日前
個人
モノづくり知識情報システム
2か月前
小林クリエイト株式会社
RFタグ
1か月前
個人
情報処理装置及びプログラム
2か月前
株式会社SUBARU
車両
1か月前
個人
チラシ掲載位置表示システム
1か月前
個人
求人マッチングサーバ
6日前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
5日前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
5日前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
5日前
株式会社協同印刷
防災・災害マウス
1か月前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
5日前
17LIVE株式会社
サーバ
1か月前
アスエネ株式会社
水管理の方法
6日前
株式会社ワコム
電子ペン
1日前
トヨタ自動車株式会社
検査装置
19日前
株式会社ゼロボード
価格決定システム
1か月前
太陽誘電株式会社
触覚生成装置
1か月前
株式会社アジラ
姿勢推定システム
1か月前
CKD株式会社
遠隔支援システム
6日前
中国電力株式会社
ゲームシステム
2か月前
続きを見る