TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024055840
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-18
出願番号2023173973
出願日2023-10-06
発明の名称農業用ツール
出願人株式会社クボタ
代理人個人,個人,個人,個人,個人,個人
主分類A01G 9/12 20060101AFI20240411BHJP(農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業)
要約【課題】対象農作物と支持構造とを結び付け/捩じり付けることおよび/または対象農作物を支持構造に固定または取り付けることができる安価かつ高信頼性ツールを提供する。
【解決手段】モータとモータによって駆動される第1の駆動ギアと、モータによって駆動される第2の駆動ギアと、外周部に沿って複数の開口部を有するメインギアとを備え、複数の開口部は第1の開口部および第2の開口部を含、メインギアは第1の受け空間を規定する第1の受け部と第2の受け空間を規定する第2の受け部とを有し、第1の開口部は第1の受け空間に対応しかつこれに取り付けられており、第2の開口部は第2の受け空間に対応しかつこれに取り付けられている農業用ツール。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
対象農作物と支持構造とを互いに結び付け/捩じり付けるための農業用ツールであって、
モータと、
前記モータによって駆動される第1の駆動ギアと、
前記モータによって駆動される第2の駆動ギアと、
外周部に沿って複数の開口部を有するメインギアと
を備え、
前記複数の開口部は第1の開口部および第2の開口部を含み、
前記メインギアは、第1の受け空間を規定する第1の受け部を有し、
前記メインギアは、第2の受け空間を規定する第2の受け部を有し、
前記第1の開口部は、前記第1の受け空間に対応し且つこれに取り付けられており、
前記第2の開口部は、前記第2の受け空間に対応し且つこれに取り付けられており、
前記第1の駆動ギアおよび前記第2の駆動ギアは、前記メインギアの外周部と係合して前記メインギアを駆動する、
農業用ツール。
続きを表示(約 1,800 文字)【請求項2】
前記メインギアを支持し、ベース部を有するフレームと、
前記フレームおよび前記モータが取り付けられる装着アセンブリと、
をさらに備え、
前記装着アセンブリは、ベースプレートと、前記フレームの前記ベース部を収容する第1凹部と、前記モータを収容する第2凹部とを有し、
前記ベースプレートはロボットアームに装着可能である、
請求項1に記載の農業用ツール。
【請求項3】
前記モータはモータシャフトを有し、
前記フレームの前記ベース部は、前記モータシャフトがこれを通って延びるモータシャフト穴を有する、
請求項2に記載の農業用ツール。
【請求項4】
前記メインギアを支持するフレームをさらに備え、
前記フレームは、前記メインギアを収容するメインギアフレーム部と、前記第1の駆動ギアを収容する第1の駆動ギアフレーム部と、前記第2の駆動ギアを収容する第2の駆動ギアフレーム部とを有する、
請求項1に記載の農業用ツール。
【請求項5】
前記メインギアを支持するフレームをさらに備え、
前記フレームは前記メインギアを収容するメインギアフレーム部を有し、かつ底部溝部および頂部溝部のうちの少なくとも一方を有し、
前記メインギアは、前記メインギアの底面に取り付けられて前記メインギアフレーム部の前記底部溝部内に延びる底部トラック部と、前記メインギアの上面に取り付けられ前記メインギアフレーム部の前記頂部溝部内に延びる頂部トラック部とのうちの少なくとも一方を有する、
請求項1に記載の農業用ツール。
【請求項6】
前記メインギアを支持するフレームをさらに備え、
前記メインギアはチャネルを有し、
前記フレームは前記メインギアを収容するメインギアフレーム部を有し、かつ前記メインギアの前記チャネル内で摺動するトラックを有する、
請求項1に記載の農業用ツール。
【請求項7】
モータプーリと、
前記モータプーリによって駆動されるベルトと、
前記ベルトによって駆動される第1の駆動プーリと、
前記ベルトによって駆動される第2の駆動プーリと、
前記第1の駆動プーリが取り付けられた第1の駆動シャフトであって、前記第1の駆動プーリが前記ベルトによって駆動されるとき回転する、第1の駆動シャフトと、
前記第2の駆動プーリが取り付けられた第2の駆動シャフトであって、前記第2の駆動プーリが前記ベルトによって駆動されるとき回転する、前記第2の駆動シャフトと、
をさらに備え、
前記モータは、前記モータプーリが取り付けられるモータシャフトを有し、前記モータが駆動されるとき前記モータプーリは回転し、
前記第1の駆動ギアは前記第1の駆動シャフトに取り付けられることにより、前記第1の駆動ギアは前記第1の駆動シャフトが回転するとき回転し、
前記第2の駆動ギアは前記第2の駆動シャフトに取り付けられることにより、前記第2の駆動ギアは前記第2の駆動シャフトが回転するとき回転する、
請求項1に記載の農業用ツール。
【請求項8】
前記メインギアを支持するフレームと、
前記フレームを介して前記第1の駆動シャフトを回転可能に支持する第1の駆動シャフトベアリングと、
前記フレームを介して前記第2の駆動シャフトを回転可能に支持する第2の駆動シャフトベアリングと、
をさらに備える、請求項7に記載の農業用ツール。
【請求項9】
前記メインギアを支持するフレームと、
前記フレームに取り付けられたテンショナと、
をさらに備え、
前記フレームは、前記フレームの底面を通って延びる長細穴を有し、
前記テンショナは前記長細穴内を摺動することにより、前記ベルトに与えられる張力の量を調節する、
請求項7に記載の農業用ツール。
【請求項10】
前記メインギアを支持するフレームと、
前記フレームに取り付けられたカバーと、
をさらに備え、
前記カバーは、前記ベルト、前記第1の駆動プーリ、および前記第2の駆動プーリを囲む、
請求項7に記載の農業用ツール。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
1.発明の分野
本発明は、ツールおよび農業プロセスに関する。より具体的には、本発明は、対象農作物と支持構造とを結び付け/捩じり付け、かつ/または対象農作物を支持構造に固定または取り付けることができる農業用ツールに関する。
続きを表示(約 1,900 文字)【背景技術】
【0002】
2.関連技術の説明
従来、対象農作物と支持構造とを結び付けまたは捩じり付け、そして対象農作物を支持構造に固定することを含む作業は、高コストかつ時間がかかる手作業であった。例えば、対象農作物が葡萄の枝(grape vine cane)であって、かつ支持構造がブドウ園に見られるようなワイヤートレリスである場合、葡萄の枝をワイヤートレリスに結び付けまたは捩じり付け、葡萄の枝をワイヤートレリスにテープで固定する作業は、人がブドウ園内を歩いてこれらの作業を手動で行うことを必要とする。さらに、葡萄の枝をワイヤートレリスに結び付けまたは捩じり付け、葡萄の枝をテープでワイヤートレリスに固定または取り付ける技法は人によって異なり、このことは葡萄の枝がワイヤートレリスに対して確実に固定されていることの信頼性および一貫性を損ない得る。このような信頼性および一貫性の欠如は望ましくない。なぜなら、葡萄の枝がワイヤートレリスに確実に固定されていることは、葡萄の木の健康と生育および葡萄の木から産する葡萄の品質にとって重要であるためである。
【0003】
上記の理由のため、安価かつ高信頼性に、対象農作物と支持構造とを結び付け/捩じり付けること、および/または対象農作物を支持構造に固定または取り付けることができるツールが必要である。
【発明の概要】
【0004】
本発明の好ましい実施形態は、対象農作物と支持構造とを結び付け/捩じり付けること、および/または対象農作物を支持構造に固定または取り付けることができる農業用ツールに関する。
【0005】
本発明の好ましい実施形態による農業用ツールは、モータと、前記モータによって駆動される第1の駆動ギアと、前記モータによって駆動される第2の駆動ギアと、外周部に沿って複数の開口部を有するメインギアと、を備える。前記複数の開口部は第1の開口部および第2の開口部を含み、前記メインギアは、第1の受け空間を規定する第1の受け部と、第2の受け空間を規定する第2の受け部とを有する。前記第1の開口部は、前記第1の受け空間に対応し且つこれに取り付けられており、前記第2の開口部は、前記第2の受け空間に対応し且つこれに取り付けられている。前記第1の駆動ギアおよび前記第2の駆動ギアは、前記メインギアの外周部と係合して前記メインギアを駆動する。
【0006】
本発明の好ましい実施形態において、前記農業用ツールは、前記メインギアを支持しベース部を有するフレームと、前記フレームおよび前記モータが取り付けられる装着アセンブリと、をさらに備える。前記装着アセンブリは、ベースプレートと、前記フレームの前記ベース部を収容する第1凹部と、前記モータを収容する第2凹部とを有し得る。前記ベースプレートはロボットアームに装着可能であり得る。
【0007】
本発明の好ましい実施形態において、前記モータはモータシャフトを有し得る。前記フレームの前記ベース部は、前記モータシャフトがこれを通って延びるモータシャフト穴を有し得る。
【0008】
本発明の好ましい実施形態において、前記農業用ツールは、前記メインギアを支持するフレームをさらに備える。前記フレームは、前記メインギアを収容するメインギアフレーム部と、前記第1の駆動ギアを収容する第1の駆動ギアフレーム部と、前記第2の駆動ギアを収容する第2の駆動ギアフレーム部とを有し得る。
【0009】
本発明の好ましい実施形態において、前記農業用ツールは、前記メインギアを支持するフレームをさらに備える。前記フレームは前記メインギアを収容するメインギアフレーム部を有し、かつ底部溝部および頂部溝部のうちの少なくとも一方を有し得る。前記メインギアは、前記メインギアの底面に取り付けられて前記メインギアフレーム部の前記底部溝部内に延びる底部トラック部と、前記メインギアの上面に取り付けられ前記メインギアフレーム部の前記頂部溝部内に延びる頂部トラック部とのうちの少なくとも一方を有し得る。
【0010】
本発明の好ましい実施形態において、前記農業用ツールは、前記メインギアを支持するフレームをさらに備える。前記メインギアはチャネルを有し得る。前記フレームは前記メインギアを収容するメインギアフレーム部を有し、かつ前記メインギアの前記チャネル内で摺動するトラックを有し得る。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社クボタ
作業車
11日前
株式会社クボタ
作業車
19日前
株式会社クボタ
作業車
12日前
株式会社クボタ
作業車
13日前
株式会社クボタ
浄化槽
1か月前
株式会社クボタ
田植機
1か月前
株式会社クボタ
作業車
2日前
株式会社クボタ
作業車
19日前
株式会社クボタ
作業車
19日前
株式会社クボタ
作業車
3日前
株式会社クボタ
作業車
11日前
株式会社クボタ
作業車
3日前
株式会社クボタ
作業車
3日前
株式会社クボタ
作業車
3日前
株式会社クボタ
作業車
19日前
株式会社クボタ
作業機
2日前
株式会社クボタ
作業機
2日前
株式会社クボタ
作業車
2日前
株式会社クボタ
作業車
2日前
株式会社クボタ
作業車
12日前
株式会社クボタ
作業車両
13日前
株式会社クボタ
エンジン
1か月前
株式会社クボタ
走行車両
3日前
株式会社クボタ
検査装置
11日前
株式会社クボタ
エンジン
1か月前
株式会社クボタ
検査装置
11日前
株式会社クボタ
電動作業車
3日前
株式会社クボタケミックス
排水集合管
10日前
株式会社クボタ
電動作業車
25日前
株式会社クボタ
多目的車両
3日前
株式会社クボタ
農業用ツール
1か月前
株式会社クボタ
故障診断装置
1か月前
株式会社クボタ
農業用ツール
1か月前
株式会社クボタケミックス
管路の耐震構造
1か月前
株式会社クボタ
農業用クリップ
1か月前
株式会社クボタ
故障診断支援装置
4日前
続きを見る