TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024046701
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-03
出願番号2024027037,2022119134
出願日2024-02-27,2022-07-27
発明の名称システム、プログラム、方法、情報処理装置
出願人株式会社SHIFT
代理人IPTech弁理士法人
主分類G06Q 50/26 20240101AFI20240327BHJP(計算;計数)
要約【課題】ふるさと納税の利便性を向上させる。
【解決手段】システムは、ふるさと納税に係る寄付の決済情報を取得する手段と、決済情報に基づき、寄付を実施した者へ、寄付した金額に基づく額の金銭を貸し付ける手段と、寄付した翌年において、税金の控除が開始される月から、貸し付けた金銭を所定回数で分割した金額の金銭を、寄付を実施した者の給与から返済させる手段とを具備する。
【選択図】図13
特許請求の範囲【請求項1】
ふるさと納税に係る寄付の決済情報を取得する手段と、
前記決済情報に基づき、前記寄付を実施した者へ、寄付した金額に基づく額の金銭を貸し付ける手段と、
寄付した翌年において、税金の控除が開始される月から、貸し付けた前記金銭を所定回数で分割した金額の金銭を、前記寄付を実施した者の給与から返済させる手段と
を具備するシステム。
続きを表示(約 790 文字)【請求項2】
前記返済させる手段は、貸し付けた前記金銭を12分割した金額の金銭を、前記寄付を実施した者の毎月の給与から返済させる請求項1記載のシステム。
【請求項3】
前記返済させる手段は、寄付した金銭の合計額と貸し付けた金銭の合計額とが同額である場合、控除される税金に応じた金額の金銭を、前記寄付を実施した者の給与から返済させる請求項2記載のシステム。
【請求項4】
ふるさと納税に係る寄付を決済する手段を具備する請求項1記載のシステム。
【請求項5】
前記寄付を実施した者が所属する会社から、前記決済する手段を管理する主体に対し、前記決済情報に基づく金銭を支払う手段を具備し、
前記貸し付ける手段は、前記寄付を実施した者へ、前記決済情報に基づいて支払った金銭と対応する金額の金銭を貸し付ける、請求項4記載のシステム。
【請求項6】
ふるさと納税に係る寄付に基づいて貸し付けた金銭の額を給与明細に表示する手段を具備する請求項1記載のシステム。
【請求項7】
貸し付けた金銭の返済額を給与明細に表示する手段を具備する請求項1記載のシステム。
【請求項8】
前記表示する手段は、控除前の税額、控除後の税額、返済額を表示する請求項7記載のシステム。
【請求項9】
ふるさと納税の募集に関する情報を表示する手段であり、所定の自治体のふるさと納税の募集に関する情報を、他の自治体の情報より優位に表示する手段を具備する請求項1記載のシステム。
【請求項10】
前記表示する手段は、依頼を受け付けた自治体のふるさと納税の募集に関する情報を、他の自治体の情報より優位に表示する請求項9記載のシステム。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、システム、プログラム、方法、情報処理装置に関する。
続きを表示(約 2,000 文字)【背景技術】
【0002】
ふるさと納税に係る寄付の受け付け、及び寄付の決済をインターネット上で行うサービスが展開されている(特許文献1参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2018-067246号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
特許文献1では、ふるさと納税に係る寄付を行ったユーザは、寄付金に基づく金額が住民税や所得税から控除されるが、まずは寄付金を所定の自治体へ納める必要がある。そのため、まずは元手となるお金が必須であり、この元手のお金がないことを理由にふるさと納税を断念する人もいる。このため、利便性に欠ける側面がある。
【0005】
本開示の目的は、ふるさと納税の利便性を向上させることである。
【課題を解決するための手段】
【0006】
システムは、ふるさと納税に係る寄付の決済情報を取得する手段と、決済情報に基づき、決済した金銭の引き落としまでに、寄付を実施した者へ、寄付した金額に基づく額の金銭を貸し付ける手段と、寄付した翌年において、税金の控除が開始される月から、貸し付けた金銭を所定回数で分割した金額の金銭を、寄付を実施した者の給与から返済させる手段とを具備する。
【発明の効果】
【0007】
本開示によれば、ふるさと納税の利便性を向上させることができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
システム1の全体構成の例を示すブロック図である。
図1に示す端末装置10の構成例を表すブロック図である。
第1サーバ20の機能的な構成の例を示す図である。
第2サーバ30の機能的な構成の例を示す図である。
第3サーバ40の機能的な構成の例を示す図である。
ユーザ情報テーブル2021のデータ構造を示す図である。
募集情報テーブル2022のデータ構造を示す図である。
詳細情報テーブル2023のデータ構造を示す図である。
決済情報テーブル2024のデータ構造を示す図である。
社員情報テーブル4021のデータ構造を示す図である。
給与情報テーブル4022のデータ構造を示す図である。
貸付情報テーブル4023のデータ構造を示す図である。
本実施形態に係るシステム1の構成の例を表す模式図である。
会社の社員がふるさと納税の寄付を実施する際の第1サーバ20、第2サーバ30、第3サーバ40の動作の例を説明する図である。
会社がふるさと納税に係る金銭を社員に貸し付ける際の第1サーバ20、第3サーバ40の動作の例を説明する図である。
社員に提示される給与明細の例を示す模式図である。
ふるさと納税に係る金銭を社員に返済させる際の第3サーバ40の動作の例を示すフローチャートである。
社員に提示される給与明細の例を示す模式図である。
本実施形態に係るシステム1の構成のその他の例を表す模式図である。
会社の社員がふるさと納税の寄付を実施する際の第1サーバ20、第3サーバ40の動作の例を説明する図である。
社員に提示される決済フォームの例を示す模式図である。
会社がふるさと納税に係る金銭を社員に貸し付ける際の第3サーバ40の動作のその他の例を示すフローチャートである。
コンピュータ90の基本的なハードウェア構成を示すブロック図である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下、図面を参照しつつ、本開示の実施形態について説明する。以下の説明では、同一の部品には同一の符号を付してある。それらの名称および機能も同じである。したがって、それらについての詳細な説明は繰り返さない。
【0010】
<概略>
本実施形態に係るシステムは、給与の支給元(例えば、会社等)に属するユーザが、ふるさと納税を行う支援をする。会社員としてのユーザは、会社と関連付けられている、ふるさと納税についての仲介サイト(ふるさと納税ポータルサイト)を通じて、ふるさと納税に係る寄付を実施する。システムは、ユーザが寄付をすると、当該ユーザに、寄付した金額に基づく金銭を会社から貸し付ける。システムは、寄付した翌年の、税金が控除されるタイミングで貸し付けた金銭を、会社から支給される給与から返済させる。これにより、社員としてのユーザは、会社から借り受けた金銭で、ふるさと納税に係る寄付の支払いを行い、借り受けた金銭は、税金の控除分から返済されるようになる。このため、ユーザは、ふるさと納税をするために現金を準備する必要がなくなり、ふるさと納税をより便利に利用することが可能となる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
乗降調査装置
5日前
個人
自動販売機
12日前
個人
コメント配信システム
1か月前
個人
リユース統合システム
25日前
日本精機株式会社
投影装置
5日前
個人
広告提供方法
1か月前
日本精機株式会社
投影システム
6日前
株式会社SUBARU
車両
1か月前
個人
コンピュータシステム
1か月前
小林クリエイト株式会社
RFタグ
12日前
個人
チラシ掲載位置表示システム
23日前
個人
情報処理装置及びプログラム
1か月前
株式会社SUBARU
車両
13日前
個人
釣PAID降水確率ポイント
1か月前
個人
モノづくり知識情報システム
1か月前
17LIVE株式会社
サーバ
5日前
株式会社協同印刷
防災・災害マウス
18日前
ユニパルス株式会社
プログラム、方法
1か月前
太陽誘電株式会社
触覚生成装置
16日前
株式会社ゼロボード
価格決定システム
4日前
株式会社フォーバル
仕訳システム
24日前
株式会社アジラ
姿勢推定システム
3日前
中国電力株式会社
ゲームシステム
1か月前
株式会社カクシン
管理装置
1か月前
株式会社カネカ
異常推定システム
24日前
株式会社イトーキ
分析装置
16日前
個人
ディスプレイ・セットシステム
1か月前
オムロン株式会社
操作制御システム
1か月前
ユビ電株式会社
情報処理装置
1か月前
個人
オーダーメイド品販売システム
1か月前
株式会社mov
情報処理装置
1か月前
TDK株式会社
検出装置
1か月前
TDK株式会社
検出装置
1か月前
小林クリエイト株式会社
あて先表示システム
12日前
トヨタ自動車株式会社
ワーク保持装置
1か月前
日本信号株式会社
自転車貸出システム
6日前
続きを見る