TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2023156986
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-10-25
出願番号2023043662
出願日2023-03-18
発明の名称RFタグ読取装置
出願人個人
代理人
主分類G06K 7/10 20060101AFI20231018BHJP(計算;計数)
要約【課題】上部に開口を有するRFタグ読取装置においてパッシブ型のRFタグの読取漏れや誤読取を抑える。
【解決手段】収容部103は、上部に開口110があり、RFタグ301が取り付けられた物品300を内部に収容する。側板125は、電波を吸収する電波吸収層を含んでおり、側部アンテナ161が内面に設置されている。他の3つの側板126,127,128は、電波吸収層を含んでおり、側部アンテナ161が設置されていない。他の3つの側板126,127,128の上端は側部アンテナ161の上縁より高い。側部アンテナ161から送信された電波が開口110から収容部103の外部に漏れても、その電波の強度は小さい。収容部103の外部に漏れた電波によって外部のRFタグが動作したとしても、そのRFタグから送信された応答電波を側部アンテナ161が受信したときに、判別部212はそのRFタグが外部にあると判別することができる。
【選択図】図8
特許請求の範囲【請求項1】
パッシブ型のRFタグが取り付けられた物品を出し入れ可能な開口が上部にあり、当該物品を内部に収容する収容部と制御部とを有し、当該開口が開いた状態で当該収容部の内部に収容されている当該物品に取り付けられたRFタグから情報を読み取るRFタグ読取装置であって、
前記収容部が、
前記RFタグと交信するための電波を放射するとともに前記RFタグから送信される応答電波を受信する側部アンテナと、
電波を吸収する電波吸収層を含んでおり、前記側部アンテナが内面に設置されている一方の側板と、当該一方の側板と対向する他方の側板を含む他の複数の側板であって電波吸収層を含んでおり、前記側部アンテナが設置されていない当該各側板とから成る側部であって、当該収容部の内部に収容された前記物品を取り囲む側部と、
電波吸収層を含む底部と、
を備え、
前記制御部が、
前記側部アンテナに電波を放射させ、前記側部アンテナが前記RFタグから送信される応答電波を受信したときに当該応答電波からRSSIまたは当該応答電波の強度を取得する送受信部と、
前記送受信部によって取得されたRSSIまたは応答電波の強度に基づいて、当該RSSIまたは応答電波の強度が取得されたRFタグが前記収容部の内部にあるかまたは外部にあるかを判別する判別部と、
を備え、
前記他の複数の側板の上端が前記側部アンテナの上縁より高いことによって、前記側部アンテナから送信された電波であって前記開口から前記他の複数の側板の上端を超えて前記収容部の外部に漏れる当該電波の強度が、当該電波によって動作したRFタグから送信される応答電波を前記側部アンテナが受信したときに当該RFタグが外部にあると前記判別部が判別可能であるレベルに低下する、
RFタグ読取装置。
続きを表示(約 790 文字)【請求項2】
前記収容部が、前記一方の側板と前記他方の側板との間に位置する収容制限部であって、前記側部アンテナから放射された電波が上下に広がりながら伝搬する空間である前記一方の側板と当該収容制限部の間の空間と、前記物品を収容可能な収容空間である当該収容制限部と前記他方の側板の間の空間とに当該収容部の内部を分ける当該収容制限部を備える請求項1に記載のRFタグ読取装置。
【請求項3】
前記開口が、前記物品が入った買物カゴを出し入れ可能であり、
前記収容空間が、前記買物カゴの一部または全部を収容可能であり、
前記側部が、前記収容空間に収容された前記買物カゴの中の物品を取り囲む、
請求項2に記載のRFタグ読取装置。
【請求項4】
パッシブ型のRFタグが取り付けられた物品を出し入れ可能な開口が上部にあり、当該物品を内部に収容する収容部を有し、当該開口が開いた状態で当該収容部の内部に収容されている当該物品に取り付けられたRFタグから情報を読み取るRFタグ読取装置が設置されている部屋であって、
前記収容部が、
前記RFタグと交信するための電波を放射するとともに前記RFタグから送信される応答電波を受信する側部アンテナと、
電波を吸収する電波吸収層を含んでおり、前記側部アンテナが内面に設置されている一方の側板と、当該一方の側板と対向する他方の側板を含む他の複数の側板であって電波吸収層を含んでおり、前記側部アンテナが設置されていない当該各側板とから成る側部であって、当該収容部の内部に収容された前記物品を取り囲む側部と、
電波吸収層を含む底部と、
を備え、
当該部屋の壁が電波吸収層を有しており、前記他方の側板が当該壁に面するように前記RFタグ読取装置が設置されている部屋。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、パッシブ型のRF(Radio Frequency)タグから情報を読み取るRFタグ読取装置およびそれが設置されている部屋に関する。
続きを表示(約 2,300 文字)【背景技術】
【0002】
特許文献1には、物品に付されたRFタグから情報を読み取る据置式の読取装置であって、RFタグと交信するための電波を放射するアンテナと、そのアンテナを収容し、物品を囲み、該物品よりも広い開口が上向きに形成されたシールド部と、を備え、そのシールド部が上向きに開口した状態で、RFタグから情報を読み取る読取装置が記載されている。
特許文献1に記載の読取装置において、アンテナから放射される電波は読取装置の外部では上方にのみ放射される。シールド部によって電波は読取装置の周囲に広がることが抑制され、他の機器に対する電波の影響を低減させることができる。また、シールド部によって読取装置の周囲にある他の機器からの電波が読取装置の内部に進入することも抑制され、電波の干渉に起因する読取精度の低下を低減させることができる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2018-190255号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
特許文献1に記載のRFタグは、パッシブ型である。パッシブ型のRFタグには、周波数860~960MHzのUHF(Ultra High Frequency)帯の電波を用いるものがある。このRFタグは、アパレルの棚卸しや物流の入出荷検品、製造業の固定資産管理等に使用される。読取装置は通信範囲内にある複数のRFタグを一括で読み取ることができる。
【0005】
特許文献1には、読取装置は衣料品などの商品を販売する店舗において用いられると記載されている。しかし、店舗には通常天井がある。一方、市販されているRFID(Radio Frequency IDentifier)リーダーは約10m以下の距離でこのRFタグから情報を読み取ることができる。このRFタグと特許文献1に記載の読取装置とを天井がある店舗で用いれば、天井における電波の反射に起因して、読取装置がその外部にあるRFタグから情報を誤って読み取るおそれがある。
【0006】
この他にもRFタグの読取漏れや誤読取を生じる原因が複数あるが、特許文献1にはこれらの原因について何ら記載されていない。従って、特許文献1にはこれらの原因に起因するRFタグの読取漏れや誤読取を抑える手段も記載されていない。
【0007】
本発明の目的は、上部に開口を有するRFタグ読取装置であって、パッシブ型のRFタグの読取漏れや誤読取をできる限り抑えることができるRFタグ読取装置およびそれが設置されている部屋を提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0008】
上記目的を達成するために、本発明のRFタグ読取装置は、
パッシブ型のRFタグが取り付けられた物品を出し入れ可能な開口が上部にあり、当該物品を内部に収容する収容部と制御部とを有し、当該開口が開いた状態で当該収容部の内部に収容されている当該物品に取り付けられたRFタグから情報を読み取るRFタグ読取装置であって、
前記収容部が、
前記RFタグと交信するための電波を放射するとともに前記RFタグから送信される応答電波を受信する側部アンテナと、
電波を吸収する電波吸収層を含んでおり、前記側部アンテナが内面に設置されている一方の側板と、当該一方の側板と対向する他方の側板を含む他の複数の側板であって電波吸収層を含んでおり、前記側部アンテナが設置されていない当該各側板とから成る側部であって、当該収容部の内部に収容された前記物品を取り囲む側部と、
電波吸収層を含む底部と、
を備え、
前記制御部が、
前記側部アンテナに電波を放射させ、前記側部アンテナが前記RFタグから送信される応答電波を受信したときに当該応答電波からRSSIまたは当該応答電波の強度を取得する送受信部と、
前記送受信部によって取得されたRSSIまたは応答電波の強度に基づいて、当該RSSIまたは応答電波の強度が取得されたRFタグが前記収容部の内部にあるかまたは外部にあるかを判別する判別部と、
を備え、
前記他の複数の側板の上端が前記側部アンテナの上縁より高いことによって、前記側部アンテナから送信された電波であって前記開口から前記他の複数の側板の上端を超えて前記収容部の外部に漏れる当該電波の強度が、当該電波によって動作したRFタグから送信される応答電波を前記側部アンテナが受信したときに当該RFタグが外部にあると前記判別部が判別可能であるレベルに低下する。
【0009】
好ましくは、本発明のRFタグ読取装置は、
前記収容部が、前記一方の側板と前記他方の側板との間に位置する収容制限部であって、前記側部アンテナから放射された電波が上下に広がりながら伝搬する空間である前記一方の側板と当該収容制限部の間の空間と、前記物品を収容可能な収容空間である当該収容制限部と前記他方の側板の間の空間とに当該収容部の内部を分ける当該収容制限部を備える。
【0010】
好ましくは、本発明のRFタグ読取装置は、
前記開口が、前記物品が入った買物カゴを出し入れ可能であり、
前記収容空間が、前記買物カゴの一部または全部を収容可能であり、
前記側部が、前記収容空間に収容された前記買物カゴの中の物品を取り囲む。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
GPSロガー
26日前
個人
自国主食備蓄目的飛行機
21日前
個人
7の倍数の判別用具
26日前
学校法人東京農業大学
評価方法
18日前
花王株式会社
肌状態推定方法
18日前
個人
収納管理システム
18日前
株式会社ワコム
電子ペン
13日前
オムロン株式会社
操作制御システム
26日前
ユビ電株式会社
情報処理装置
4日前
オムロン株式会社
操作制御システム
26日前
株式会社mov
情報処理装置
18日前
個人
契約支援システム及びプログラム
8日前
株式会社九門
避難安全性能評価システム
4日前
ノヅック株式会社
調達代行依頼システム
5日前
ノヅック株式会社
調達部門評価システム
5日前
第一工業株式会社
携帯情報機器用スタンド
26日前
第一工業株式会社
携帯情報機器用スタンド
26日前
個人
取引システム、取引方法及び取引プログラム
27日前
トヨタ自動車株式会社
情報処理装置
1か月前
株式会社野村総合研究所
ポイントシステム
6日前
コベルコ建機株式会社
作業管理装置
18日前
トヨタ自動車株式会社
給電システム
20日前
株式会社ユピテル
情報処理装置及びプログラム等
26日前
NGB株式会社
評価装置
8日前
国立研究開発法人産業技術総合研究所
演算処理装置
28日前
AICRO株式会社
個人情報匿名化システム
26日前
株式会社デンソー
電子制御装置
27日前
株式会社デンソー
電子制御装置
1か月前
福島印刷株式会社
連絡先管理システム
18日前
大和ハウス工業株式会社
判定システム
18日前
ローム株式会社
半導体装置、システム
1か月前
個人
非接触生体認証決済装置および決済方法
8日前
株式会社エレックス
運転管理システム
12日前
アスエネ株式会社
温室効果ガス排出量管理方法
26日前
株式会社日立製作所
計算機システム
19日前
クェスタ株式会社
コミュニケーションシステム
8日前
続きを見る