TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024061059
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-07
出願番号2022168743
出願日2022-10-21
発明の名称窓用空気調和機
出願人株式会社コロナ
代理人
主分類F24F 13/20 20060101AFI20240425BHJP(加熱;レンジ;換気)
要約【課題】結露耐力に優れる窓用空気調和機を提供する。
【解決手段】冷凍サイクルを備える本体と、本体の正面側に配置された室内吸込口12と、室内吹出口13と、室内吹出口13から吹き出させる室内ファン31と、を備え、室内吸込口12から隣接する室内吹出口13側を第1方向とするとき、正面視で室内吸込口12の全面のうち少なくとも第1方向側の面を覆う位置に垂直に配置された前パネル80と、前パネル80と室内吸込口12の間の風路81とを備え、前パネル80は、正面壁82と、正面壁82の第1方向の端部を基点とし本体の室内吸込口12と室内吹出口13を区画する外装部17を到着点として立設させた案内壁83と、正面壁82の第1方向の反対方向および上下方向の侵入口84とを備え、案内壁83は、到着点側に開口部85を備える。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
圧縮機、凝縮器、減圧装置、蒸発器を冷媒配管で連通させ冷媒が流動する冷凍サイクルを備える本体と、
前記本体の正面側に配置された室内吸込口と、
前記室内吸込口に隣接して前記本体の正面側に垂直に配置された室内吹出口と、
前記室内吸込口から空気を吸込み前記蒸発器を介して前記室内吹出口から吹き出させる室内ファンと、
を備え、
前記室内吸込口から隣接する前記室内吹出口側を第1方向とするとき、
正面視で前記室内吸込口の全面のうち少なくとも前記第1方向側の面を覆う位置に垂直に配置された前パネルと、
前記前パネルと前記室内吸込口の間の風路と、
をさらに備え、
前記前パネルは、
正面視で前記室内吸込口を覆う面を形成する正面壁と、
前記正面壁の前記第1方向の端部を基点とし前記本体の前記室内吸込口と前記室内吹出口を区画する外装部を到着点として立設させた案内壁と、
前記正面壁の前記第1方向の反対方向および上下方向の端部と前記本体の間に開口した空気の侵入口と、
を備え、
前記案内壁は、前記到着点側に開口部を備えることを特徴とする窓用空気調和機。
続きを表示(約 86 文字)【請求項2】
前記外装部は、前記案内壁より前記風路側に前記本体の外側に向けて突出する凸部を備える
ことを特徴とする請求項1に記載の窓用空気調和機。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、家庭用の窓用空気調和機に関する。より詳しくは熱交換器と室内ファンとを収納する風路を介して連通する室内吸込口及び室内吹出口を有する空気調和機に関するもので、室内吸込口の正面に設けられる前パネル(化粧板)の結露を抑制する技術に関するものである。
続きを表示(約 2,000 文字)【背景技術】
【0002】
従来から、この種の窓用空気調和機は、室内空気を吸い込むための室内吸込口と、温度調節された空気を室内に吹き出すための室内吹出口とが器具の正面に設けられており、その室内吹出口には吹き出される空気の向きを変更するための風向変更部が設けられている。
風向変更部としては、室内における所望の領域に向かって室内吹出口から吹き出された空気を送り出すために、室内吹出口から吹き出される空気の流れを左右方向に変更する風向変更部が用いられている。
また、室内吸込口の外側には、他社製品との差別化を図り外観をより良く見せるための前パネル(化粧板)が設けられている。(例えば、特許文献1参照。)
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
意匠登録752986号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、特許文献1に示す窓用空気調和機では、図9に示すように、冷房運転時に室内吹出口113の風向変更部191を左側の室内吸込口の方向に向けた場合、室内吸込口112の正面に設けられた前パネル180と室内吸込口112との間の風路181に温度調節された冷たい空気の一部が浸入しショートサーキットが発生するとともに、前パネル180の後側(本体側)の面が冷やされ、その結果、前パネル180の前側(正面側)の面に空気中の水分が凝縮して結露水が付着することがあった。
【0005】
室内吹出口113からの冷風を遮るために、図10に示すように、前パネル180の室内吹出口113側の端部182cから本体側に向けて立設させた案内壁183を設けた場合でも、室内吹出口113からの冷風が案内壁183の外側の面183aを掠めて通過し、その結果、案内壁183の外側の面183aが冷やされ、侵入口184から流入した空気が案内壁183の風路側の面183bに流れ、風路側の面183bに空気中の水分が凝縮して結露水が付着することがあり、結露水が滴下して室内を汚す虞があって問題となっていた。
【0006】
本発明はかかる背景を鑑みてなされたものであり、室内吹出口の風向変更部を室内吸込口側に向けた場合でも、結露耐力に優れる窓用空気調和機を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明は上記目的を達成するためになされたものであり、請求項1では、圧縮機、凝縮器、減圧装置、蒸発器を冷媒配管で連通させ冷媒が流動する冷凍サイクルを備える本体と、前記本体の正面側に配置された室内吸込口と、前記室内吸込口に隣接して前記本体の正面側に垂直に配置された室内吹出口と、前記室内吸込口から空気を吸込み前記蒸発器を介して前記室内吹出口から吹き出させる室内ファンと、を備え、前記室内吸込口から隣接する前記室内吹出口側を第1方向とするとき、正面視で前記室内吸込口の全面のうち少なくとも前記第1方向側の面を覆う位置に垂直に配置された前パネルと、前記前パネルと前記室内吸込口の間の風路と、をさらに備え、前記前パネルは、正面視で前記室内吸込口を覆う面を形成する正面壁と、前記正面壁の前記第1方向の端部を基点とし前記本体の前記室内吸込口と前記室内吹出口を区画する外装部を到着点として立設させた案内壁と、前記正面壁の前記第1方向の反対方向および上下方向の端部と前記本体の間に開口した空気の侵入口と、を備え、前記案内壁は、前記到着点側に開口部を備えることを特徴とした。
【0008】
請求項2では、前記外装部は、前記案内壁より前記風路側に前記本体の外側に向けて突出する凸部を備えることを特徴とした。
【発明の効果】
【0009】
この本発明によれば、室内吹出口の風向変更部を室内吸込口側に向けた場合でも結露耐力に優れ、ショートサーキットによる運転性能の低下を防ぐことができ、ランニングコストの悪化を防ぐことができる窓用空気調和機を提供できるものである。
【図面の簡単な説明】
【0010】
本発明の第1の実施形態を説明する窓用空気調和機の斜視図
本発明の第1の実施形態を説明する窓用空気調和機の正面図
本発明の第1の実施形態を説明する窓用空気調和機の右側面図
本発明の第1の実施形態を説明するA-A平面概略断面図
本発明の第1の実施形態の冷凍サイクルを説明する図
本発明の第1の実施形態の機能構成を示す概略的な機能ブロック図
本発明の第1の実施形態の運転状態を説明する断面図
本発明の第2の実施形態の運転状態を説明する断面図
従来技術を説明する断面図
従来技術の変更案を説明する断面図
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社コロナ
空調装置
今日
株式会社コロナ
空調装置
26日前
株式会社コロナ
空調装置
1か月前
株式会社コロナ
空気調和機
26日前
個人
空気調和システム
11日前
個人
換気装置
14日前
シャープ株式会社
撮像装置
18日前
個人
オイルヒーター熱交換S型装置
27日前
株式会社シルファー
換気装置
18日前
個人
オイルヒーター熱交換U型装置
27日前
シャープ株式会社
空気調和機
19日前
株式会社パロマ
給湯器
21日前
個人
オイルヒーター熱交換直接装置
27日前
個人
オイルヒーター熱交換縦型装置
27日前
個人
オイルヒーター熱交換横型装置
27日前
株式会社パロマ
オーブン
11日前
個人
冷凍/空調機
11日前
株式会社パロマ
オーブン
25日前
個人
オイルヒーター熱交換縦横型装置
27日前
タイム技研株式会社
電動三路シャッター
27日前
株式会社パロマ
ガスオーブン
11日前
株式会社ノーリツ
貯湯給湯システム
13日前
株式会社ノーリツ
貯湯給湯システム
7日前
リンナイ株式会社
給湯装置
14日前
株式会社竹中工務店
緊急排気システム
27日前
リンナイ株式会社
排気アダプタ
27日前
リンナイ株式会社
排気アダプタ
27日前
株式会社ノーリツ
マルチ給湯システム
4日前
蘇州貝昂智能科技股フン有限公司
加湿器
14日前
大和ハウス工業株式会社
除塵装置
14日前
株式会社竹中工務店
地中熱利用システム
28日前
蘇州貝昂智能科技股フン有限公司
加湿器
1か月前
日本電気硝子株式会社
調理器用トッププレート
21日前
シャープ株式会社
報知装置
4日前
三浦工業株式会社
温水製造システム
21日前
三浦工業株式会社
給水加温システム
21日前
続きを見る