TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2023168831
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-11-29
出願番号2022080168
出願日2022-05-16
発明の名称配達管理システム
出願人個人
代理人個人
主分類G06Q 10/08 20230101AFI20231121BHJP(計算;計数)
要約【課題】配達者の労働環境の改善に貢献するとともに、入居者のプライバシー保護や集合住宅内での犯罪防止の観点から、集合住宅内部での配達者の移動を整える配達管理システムを提供する。
【解決手段】エレベータが設けられた集合住宅MDにて配送品を配達する配達者の携帯情報端末500によりエレベータを操作可能とする配達管理システム1100であって、配達管理装置900は、配送品と集合住宅の入居者住戸DUとの紐付け情報に基づき、配達者が使用するエレベータ及び当該エレベータの乗降階が特定されたエレベータ配達経路を設定する経路設定部910と、エレベータ配達経路により特定されたエレベータを配達者の携帯情報端末から操作可能にするための操作制御信号を生成する操作設定部920と、を備える。
【選択図】図32
特許請求の範囲【請求項1】
エレベータが設けられた集合住宅にて配送品を配達する配達者の携帯情報端末により前記エレベータを操作可能とする配達管理システムであって、
前記配送品と前記集合住宅の入居者住戸との紐付け情報に基づき、前記配達者が使用する前記エレベータおよび当該エレベータの乗降階が特定されたエレベータ配達経路を設定する経路設定部と、
前記エレベータ配達経路により特定された前記エレベータを前記配達者の携帯情報端末から操作可能にするための操作制御信号を生成する操作設定部と、
を備えることを特徴とする配達管理システム。
続きを表示(約 680 文字)【請求項2】
前記配達者の配達経路の進捗を管理する進捗管理部をさらに備える、請求項1に記載の配達管理システム。
【請求項3】
前記進捗管理部は、外部からの信号を入力して前記配達者の現在地情報を生成する、請求項2に記載の配達管理システム。
【請求項4】
前記外部からの信号は、前記配達者の前記携帯情報端末からの情報を含む、請求項3に記載の配達管理システム。
【請求項5】
前記外部からの信号は、前記エレベータの乗りかごに設けられた認識手段からの情報を含む、請求項3に記載の配達管理システム。
【請求項6】
前記操作設定部は、前記配達者の現在地情報に基づき、前記配達者の現在地よりも配達経路において先に位置する前記エレベータを操作可能とするための操作制御信号を生成する、請求項3に記載の配達管理システム。
【請求項7】
前記操作設定部は、
前記経路設定部からの情報に基づき、前記配達者が使用する複数の前記エレベータを特定し、特定された複数の前記エレベータについて、前記配達者の前記携帯情報端末に任意選択可能に一覧表示するための操作制御信号を生成する一覧表示設定部と、
前記配達者が前記一覧表示に操作入力することにより選択された1つの前記エレベータに対応する複数の前記エレベータ配達経路に基づいて、前記配達者の携帯情報端末に複数の操作入力画面を順次表示させるための操作制御信号を生成する順次表示設定部と、
を備える、請求項1に記載の配達管理システム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、エレベータを備える集合住宅に配送品を配達する配達者における集合住宅内の移動を整えるシステムに関する。
続きを表示(約 5,600 文字)【背景技術】
【0002】
特許文献1には、集合住宅内の複数の住戸に配送品を配達する際に、宅配業者の負担を軽減でき、加えて受け取る居住者が不安やストレスを感じることのない集合住宅インターホンシステムを提供することを課題として、来訪者が居住者を呼び出すための集合玄関機と、個々の住戸に設置されて呼び出しに応答するための居室親機と、前記集合玄関機と前記居室親機との間の通信を制御する制御機とを備えた集合住宅インターホンシステムであって、宅配業者の個人認証情報が登録された業者情報登録部を有すると共に、前記集合玄関機を操作した宅配業者が登録された宅配業者であるか認証する認証部と、前記居室親機に対して宅配業者が来た旨の通知をする宅配通知制御装置とを有し、前記宅配通知制御装置は、前記認証部が前記集合玄関機を操作した人物が宅配業者であると認証したら、複数の配達先住戸の一括入力を可能とする配達先入力画面を前記集合玄関機の表示部に表示し、当該配達先入力画面から入力された住戸の前記居室親機に、宅配業者が来た旨を通知することを特徴とする集合住宅インターホンシステムが開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2020-127177号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
上記の特許文献1に開示される集合住宅インターホンシステムでは、宅配業者の顔認証情報が登録されたサーバを有し、集合玄関機は集合玄関機を操作した宅配業者が登録された宅配業者であるかサーバの判定結果に基づき認証し、居室親機に対して宅配業者が来た旨の通知を行う。しかしながら、特許文献1に開示されるシステムでは、集合住宅の内部に入った宅配業者の行動は全く規制されず、集合住宅内を自由に移動することができるため、プライバシー保護や犯罪防止の観点から、改善の余地がある。また、近時、集合住宅の規模は大型化する傾向があるため、集合住宅内での配達者の1回の配達時間が長くなり、配達業務の負荷増大の一因となっている。さらに、タワーマンションと呼ばれるような高層住宅では、エレベータの待ち時間が長く、宅配業者の配達効率の低下をもたらしている。
【0005】
そこで、本発明は、宅配業者を含む配達担当者(本明細書において「配達者」と略記する場合がある。)の労働環境の改善に貢献するとともに、入居者のプライバシー保護や集合住宅内での犯罪防止の観点から、集合住宅内部での配達者の移動を整える配達管理システムを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明が提供する配達管理システムは、次の態様を含む。
[1]エレベータが設けられた集合住宅にて配送品を配達する配達者の携帯情報端末によりエレベータを操作可能とする配達管理システムであって、配送品と集合住宅の入居者住戸との紐付け情報に基づき、配達者が使用するエレベータおよび当該エレベータの乗降階が特定されたエレベータ配達経路を設定する経路設定部と、エレベータ配達経路により特定されたエレベータを配達者の携帯情報端末から操作可能にするための操作制御信号を生成する操作設定部と、を備えることを特徴とする配達管理システム。
[2]配達者の配達経路の進捗を管理する進捗管理部をさらに備える、上記[1]に記載の配達管理システム。
[3]進捗管理部は、外部からの信号を入力して配達者の現在地情報を生成する、上記[2]に記載の配達管理システム。
[4]外部からの信号は、配達者の携帯情報端末からの情報を含む、上記[3]に記載の配達管理システム。
[5]外部からの信号は、エレベータの乗りかごに設けられた認識手段からの情報を含む、上記[3]に記載の配達管理システム。
[6]操作設定部は、配達者の現在地情報に基づき、配達者の現在地よりも配達経路において先に位置するエレベータを操作可能とするための操作制御信号を生成する、上記[3]に記載の配達管理システム。
[7]前記操作設定部は、経路設定部からの情報に基づき、配達者が使用する複数のエレベータを特定し、特定された複数のエレベータについて、配達者の携帯情報端末に任意選択可能に一覧表示するための操作制御信号を生成する一覧表示設定部と、配達者が一覧表示に操作入力することにより選択された1つのエレベータに対応する複数のエレベータ配達経路に基づいて、配達者の携帯情報端末に複数の操作入力画面を順次表示させるための操作制御信号を生成する順次表示設定部と、を備える、請求項1に記載の配達管理システム。
【発明の効果】
【0007】
本発明に係る配達管理システムによれば、配達者の配達経路にあるエレベータの遠隔操作機能が、配達者の携帯情報端末にタイムリーに提示される。このため、配達者にとって、エレベータ待ちの時間や、経路確認のための時間が節約され、配達時間が短縮され、配達者の労働環境が改善する。また、配達者のエレベータの遠隔操作機能が限定的に付与されることは、入居者のプライバシー保護や集合住宅内での犯罪防止の観点からも有益である。
【図面の簡単な説明】
【0008】
本発明の一実施形態に係る入退館管理システムの機能を説明するブロック図である。
本発明の一実施形態に係る入退館管理システムの制御装置が備える来訪者登録部、来訪者判定部、指定受取判定部および受取指示部が実行する処理のフロー図である。
本発明の一実施形態に係る入退館管理システムの制御装置が備える来訪者登録部、来訪者判定部、指定受取判定部および受取指示部が実行する処理の説明図である。
来訪者登録部の処理が開始される前の待ち状態においてタッチパネルディスプレイに表示される画像の一例を示す図である。
来訪者登録部の処理が終了し、来訪者判定部の処理が開始される前の状態においてタッチパネルディスプレイに表示される画像の一例を示す図である。
指定方法受信部の処理が終了し、指定受取方法として置配スペースへの置配を指示するためにタッチパネルディスプレイに表示される画像の一例を示す図である。
指定方法受信部の処理が終了し、指定受取方法として玄関前への置配を指示するためにタッチパネルディスプレイに表示される画像の一例を示す図である。
指定方法受信部の処理が終了し、指定受取方法として対面での宅配を指示するためにタッチパネルディスプレイに表示される画像の一例を示す図である。
配達者が操作入力部への入力を完了した後に表示される画面を示す図である。
本発明の一実施形態に係る入退館管理システムが置配スペースへの置配の際に実行する処理の説明図である。
配送品登録部の処理の一例として配送品の画像認識が行われているときにタッチパネルディスプレイに表示される画像の一例を示す図である。
配送品登録部による配送品の登録処理が終了して、配達者の携帯情報端末に登録内容を表示させるウェブサイトのURLを示す識別コードがタッチパネルディスプレイに表示された状態を示す図である。
図12に示される識別コードが示すURLのウェブサイトに基づく表示画像の例であり、(a)には宅配する住戸番号が一覧で示され、(b)には玄関前置配する住戸番号が一覧で示され、(c)には置配スペースに置配する配送品の受取人の住戸番号が一覧で示されている。
配送品登録部の処理の一例として配送品に貼付される識別コードの生成が行われているときにタッチパネルディスプレイに表示される画像の一例を示す図である。
配送品に貼付される識別コードと配送品との関係を示す図であって、(a)はURLの表示画像の一例であり、(b)は識別コードが表示されたシールの例である。
置配入室制御部の処理により配送品が置配スペースに入庫可能となったことを配達者の携帯情報端末に通知する表示画像の一例を示す図である。
置配入室制御部の処理により配送品が置配スペースに入庫完了したことを配達者の携帯情報端末に通知する表示画像の一例を示す図である。
入居者用アプリにおける管理者登録の操作画面(管理者登録画面)の一例を示す図である。
入居者用アプリにおける利用者登録の操作画面(利用者登録画面)の一例を示す図である。
入居者用アプリにおける配送品の受取方法を指定するための操作画面(受取指定画面)の一例を示す図である。
入居者用アプリにおける来訪履歴を表示する画面(来訪履歴画面)を示す図である。
入居者用アプリにおける来訪者の訪問を表示する画面(訪問対応画面)を示す図である。
入居者用アプリにおける配達通知および受取状態を表示する画面(配達通知画面)を示す図である。
本発明の一実施形態に係る入退館管理システムが置配スペースからの受取の際に実行する処理の説明図である。
入居者用アプリの配達通知画面において全ての配送品が受取完了した状態を示す図である。
入居者用アプリにおけるスマートロックの動作状態を表示する画面(スマートロック画面)を示す図である。
入居者用アプリにおける共有スペースの予約の操作画面(共有スペース予約画面)の一例を示す図である。
入居者用アプリにおけるカレンダーの操作画面(カレンダー画面)を示す図である。
入居者用アプリにおける管理室からのテキストベースでの通知を表示する画面(管理室テキスト通知画面)を示す図である。
入居者用アプリにおける従来掲示板に掲示していた情報を表示する画面(掲示画面)を示す図である。
入居者用アプリにおける管理室が受け取ったチラシ広告を表示する画面(チラシ広告画面)を示す図である。
本発明の一実施形態に係る配達管理システムの機能を説明するブロック図である。
本実施形態に係る配達管理システムにおいて配達者が複数の配送品について操作入力部への入力を完了した後に表示される図である。
配送品登録部による配送品の登録処理が終了し、さらに配達管理装置の処理が終了して、配達者の携帯情報端末に登録内容および配達経路を表示させるウェブサイトのURLを示す識別コードがタッチパネルディスプレイに表示された状態を示す図である。
本実施形態において配達管理部が実行する処理の説明図である。
配達管理部が生成する配達経路の一例を示す図である。
図34の識別コードが示すURLのウェブサイトに表示される画面であって、配達経路の概略を示す図である。
置配入室制御部の処理が実行前であって、配送品が置配スペースに入庫可能となっていないことを配達者の携帯情報端末に通知する表示画像の一例を示す図である。
置配入室制御部の処理により配送品が置配スペースに入庫可能となったことを配達者の携帯情報端末に通知する表示画像の一例を示す図である。
置配入室制御部の処理により配送品が置配スペースに入庫完了したことを配達者の携帯情報端末に通知する表示画像の一例を示す図である。
置配スペースへの置配作業が完了して、集合住宅の各棟への配達を行う前の状態で、配達者の携帯情報端末に表示される画面の一例を示す図である。
A棟の1番目のエレベータを用いた配達経路に沿って配達者が配送品を配達する際に配達者の携帯情報端末に表示されるエレベータ操作画面の一例である。
図42における住戸番号503の表示の右横に位置する「完了」のボタン画像がタッチされた後の配送者の携帯情報端末に表示される画面の一例を示す図である。
図43に示される表示画面の「1」のボタン画像にタッチした配達者がA棟の1番目のエレベータの乗りかごに乗ったと、進捗管理部が判断したのち、配達者の携帯情報端末に表示される画面の一例を示す図である。
図44に示される表示画面の「完了」のボタン画像にタッチしたと、操作設定部920が判断したのち、配達者の携帯情報端末に表示される画面の一例を示す図である。
図45と同等の画面においてD棟のエレベータのボタン画像をタッチすることにより表示される画面の一例を示す図である。
配達経路において最後の配達先である住戸番号1421の入居者住戸に玄関前置配が終了して、配達者が「完了」のボタン画像にタッチしたことにより表示される画面の一例を示す図である。
配達者が図47の表示画面において「1」のボタン画像をタッチした後に表示される画面の一例を示す図である。
配達者が図48の表示画面において「完了」のボタン画像をタッチした後に表示される画面の一例を示す図である。
本発明の一実施形態の他の例に係る配達管理システムの機能を説明するブロック図である。
図50に示されるブロック図に基づき配達管理部が生成する配達経路の他の一例を示す図である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下、図面を参照しつつ本発明の実施形態について説明する。
【0010】
(第1実施形態)
図1は、本発明の一実施形態に係る入退館管理システムの機能を説明するブロック図である。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
GPSロガー
26日前
個人
自国主食備蓄目的飛行機
21日前
学校法人東京農業大学
評価方法
18日前
個人
7の倍数の判別用具
26日前
個人
収納管理システム
18日前
花王株式会社
肌状態推定方法
18日前
株式会社ワコム
電子ペン
13日前
株式会社mov
情報処理装置
18日前
オムロン株式会社
操作制御システム
26日前
ユビ電株式会社
情報処理装置
4日前
オムロン株式会社
操作制御システム
26日前
個人
契約支援システム及びプログラム
8日前
ノヅック株式会社
調達代行依頼システム
5日前
株式会社九門
避難安全性能評価システム
4日前
ノヅック株式会社
調達部門評価システム
5日前
株式会社ユピテル
情報処理装置及びプログラム等
26日前
トヨタ自動車株式会社
給電システム
20日前
NGB株式会社
評価装置
8日前
コベルコ建機株式会社
作業管理装置
18日前
個人
取引システム、取引方法及び取引プログラム
27日前
第一工業株式会社
携帯情報機器用スタンド
26日前
株式会社野村総合研究所
ポイントシステム
6日前
第一工業株式会社
携帯情報機器用スタンド
26日前
大和ハウス工業株式会社
判定システム
18日前
個人
非接触生体認証決済装置および決済方法
8日前
株式会社デンソー
電子制御装置
27日前
福島印刷株式会社
連絡先管理システム
18日前
株式会社エレックス
運転管理システム
12日前
国立研究開発法人産業技術総合研究所
演算処理装置
28日前
AICRO株式会社
個人情報匿名化システム
26日前
アスエネ株式会社
温室効果ガス排出量管理方法
26日前
株式会社日立製作所
計算機システム
19日前
アスエネ株式会社
温室効果ガス排出量管理方法
26日前
アスエネ株式会社
温室効果ガス排出量管理方法
26日前
クェスタ株式会社
コミュニケーションシステム
8日前
アスエネ株式会社
温室効果ガス排出量管理方法
26日前
続きを見る