TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024058590
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-25
出願番号2023143327
出願日2023-09-05
発明の名称シリカの製造方法及び化粧品の製造方法
出願人ジカンテクノ株式会社,個人
代理人個人
主分類C01B 33/18 20060101AFI20240418BHJP(無機化学)
要約【課題】本発明は、製造時間を短縮可能であって、不純物を除去することによる純度の高いシリカ、シリカの製造方法及び化粧品の特性に合った粒子の形状や大きさを調整したシリカを混入した化粧品を提供することにある。
【解決手段】 植物性原料(9)を粉砕する粉砕工程(S41)と、前記粉砕工程で得られた前記植物性原料を水洗いする洗浄工程(S42)と、前記洗浄工程の後に前記植物性原料を網目状の脱水容器15に収納し、回転式の脱水装置によって回転をし、前記植物性原料に含まれる水分を脱水する脱水工程(S43)と、前記植物性原料を焼成する焼成工程(S44)と、前記焼成工程で得られたシリカを微粉砕をする微粉砕工程(S45)と、を含むことを特徴とする。
【選択図】図5
特許請求の範囲【請求項1】
植物性原料を水溶液の中に浸漬し、攪拌しすすぎ洗いを行う洗浄工程と、
前記洗浄工程の後に前記植物性原料を脱水容器に収納し、回転式の脱水装置によって回転をし、前記植物性原料に含まれる水分を脱水する脱水工程と、
前記脱水工程から得られた前記植物性原料を焼成する焼成工程と、
を含むことを特徴とするシリカの製造方法。
続きを表示(約 750 文字)【請求項2】
前記脱水装置の回転する回転数は、300rpmから3000rpmであることを特徴とする請求項1に記載のシリカの製造方法。
【請求項3】
植物性原料を水溶液の中に浸漬し、攪拌しすすぎ洗いを行う洗浄工程と、
前記洗浄工程の後に前記植物性原料を脱水容器に収納し、回転式の脱水装置によって回転をし、前記植物性原料に含まれる水分を脱水する脱水工程と、
前記脱水工程から得られた前記植物性原料を焼成する焼成工程と、
前記焼成工程よって得られたシリカを微粉砕する微粉砕工程と、
その微粉砕工程によって得られたシリカを溶融し球状化したシリカを添加したことを特徴とする化粧品の製造方法。
【請求項4】
前記微粉砕工程によって5から10μmの粒子径であって、形状が不定型なブロック状の前記シリカであって、前記シリカの表面に不規則に凹凸が形成されている前記シリカを添加したことを特徴とする請求項3に記載の化粧品の製造方法。
【請求項5】
前記シリカが、クレータ状の表面に不規則に0.05μmから0.5μmの凹凸が形成されているシリカを添加したことを特徴とする請求項4に記載の化粧品の製造方法。
【請求項6】
前記植物性原料を載置する複数の収容容器と、
その収容容器を搬送する金属製の網状の搬送ベルトを備えた連続炉と、
複数の区画を設け、区画毎に燃焼する温度を変更可能にし、前記植物性原料を燃焼するヒータ部と、を備え、
連続炉内の燃焼時のガスを炉内から外部へ放出する排気口と、を備えた製造装置によって焼成する前記焼成工程を含むことを特徴とする請求項1に記載のシリカの製造方法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、植物性原料から効率よく製造するシリカの製造方法及に関するものである。
続きを表示(約 1,500 文字)【背景技術】
【0002】
従来から微粒二酸化ケイ素としてのシリカは一般的な粉体と比べた場合、吸水性が低い。これを利用して、アイシャドーやファンデーションといった化粧品において湿気による固形化を防ぐ役割として使用されるほか、安定化などの目的でクリームや乳液に使用されている。また、二酸化ケイ素は、純度の高いシリコンを使用した電池材料の負極材にも使用されてきている。
【0003】
このシリカのうち、結晶性シリカは有害性物質であることが知られているが、非結晶シリカは、有害物質に指定されておらず、化粧品、食品(サプリメントを含む)、建築用資材、あるいは農業用肥料並びに飼料(家畜用及び愛がん動物用)の用途に利用し得るものである。
【0004】
例えば、特許文献1には、籾殻あるいは稲わらが、無酸素雰囲気中にて、撹拌しながら炭化される炭化装置によって炭化された、非晶質シリカを豊富に含む籾殻炭あるいは稲わら炭であって、前記炭化装置にて、籾殻あるいは稲わらを炭化する温度範囲は、500℃~700℃である籾殻炭あるいは稲わら炭とする。
【0005】
更に前記籾殻炭あるいは稲わら炭を30~100℃の範囲にイオン交換水にて撹拌して、前記籾殻炭あるいは稲わら炭に含まれる非晶質シリカをイオン交換水に溶かして抽出することを特徴とする非晶質シリカの製造方法の発明が挙げられる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0006】
特開2014-181144号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
しかしながら、従来の製造方法では、セルロース等の有機物を燃焼し、非結晶のシリカを抽出するために必要があるが、植物に含まれる不純物として金属イオンが残るために純度を上げることが困難であった。また製造工程に時間を掛ければ掛ければコストが掛かってしまうためできる限り短時間でコストの掛からない製法によって量産する必要がある。
また、樹脂製のマイクロビーズからシリカに代替えの需要が多くなってきている。そのため、ファンデーションや乳液等の化粧品の用途に合わせたシリカの開発が盛んに行われてきている。
【0008】
本発明は、上記の課題を解決するためになされたものであり、製造時間を短縮可能であって、不純物を除去することによる純度又は白色度の高いシリカの製造装置、シリカの製造方法及び化粧品の特性に合った粒子の形状や大きさを調整したシリカを混入した化粧品を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0009】
植物性原料を酸の溶液に浸漬する浸漬工程と、
前記植物性原料を水の中に浸漬し、攪拌しすすぎ洗いを行う洗浄工程と、
前記浸漬工程の後に前記植物性原料を脱水容器に収納し、回転式の脱水装置によって回転をし、前記植物性原料に含まれる水分を脱水する脱水工程と、
前記脱水工程から得られた前記植物性原料を焼成する焼成工程と、
を含むことを特徴とする。
【発明の効果】
【0010】
以上の特徴によって、従来のように溶液に浸漬した場合や水洗い時に必要な乾燥をする時間が短縮され、製造効率が向上すると同時にセルロース等の分解も促進され、不純物の除去も可能である。更に化粧品材料としても最適な純白度を増したシリカを製造することが可能である。
【図面の簡単な説明】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

東ソー株式会社
ゼオライト成形体
1か月前
古河機械金属株式会社
硫化リン組成物
1か月前
住友精化株式会社
高純度一酸化窒素の製造方法
1か月前
TDK株式会社
複合粒子
1か月前
大和ハウス工業株式会社
生成物製造装置
10日前
三菱電機株式会社
水素製造システム
26日前
株式会社フクハラ
CO2分離方法及び植物育成方法
26日前
フタムラ化学株式会社
活性炭及び活性炭フィルター体
6日前
オルガノ株式会社
SnS2の製造方法及び利用方法
12日前
パナソニックIPマネジメント株式会社
水素生成装置
1か月前
戸田工業株式会社
非晶質アルミノケイ酸塩粒子粉末及びその製造方法
4日前
フタムラ化学株式会社
活性炭及び浄水用フィルター並びに浄水器
6日前
株式会社豊田中央研究所
ケミカルルーピング燃焼システム
3日前
林化成株式会社
タルク粉末、樹脂物性向上剤、樹脂組成物
27日前
住友化学株式会社
アルミナ粒子およびそれを用いた樹脂組成物
10日前
住友化学株式会社
アルミナ粒子およびそれを用いた樹脂組成物
10日前
住友化学株式会社
アルミナ粒子およびそれを用いた樹脂組成物
10日前
住友化学株式会社
アルミナ粒子およびそれを用いた樹脂組成物
10日前
太平洋セメント株式会社
窒化ガリウムの製造方法
13日前
日本精線株式会社
水素吸蔵材料
16日前
国立大学法人静岡大学
還元型酸化グラフェン及びその製造方法
20日前
公立大学法人大阪
無機塩化物及びその製造方法。
1か月前
住友化学株式会社
アルミナ粒子およびそれを用いた樹脂組成物
10日前
国立大学法人 岡山大学
新規酸化ヨウ素組成物
1か月前
大学共同利用機関法人自然科学研究機構
多孔質炭素材料の製造方法
1か月前
住友化学株式会社
水溶液及びリチウム二次電池用正極活物質の製造方法
1か月前
学校法人日本大学
二酸化炭素の固定化方法
13日前
森田化学工業株式会社
コア/シェル型粒子およびその製造方法ならびに中空粒子の製造方法
10日前
住友化学株式会社
リチウム金属複合酸化物の製造方法
23日前
三菱マテリアル株式会社
炭素および水素の製造方法
16日前
artience株式会社
炭素材料、炭素材料分散組成物、合材スラリー、電極膜、二次電池、および車両
18日前
江蘇聯瑞新材料股ふん有限公司
低放射性アルミナ粉末およびその製造方法
23日前
清水建設株式会社
海水中のマグネシウム回収システム及び水酸化マグネシウムの製造方法
1か月前
DIC株式会社
複合粒子の製造方法
26日前
UBE株式会社
チタン酸リチウム粉末、それを用いた電極、及び蓄電デバイス
10日前
トヨタ自動車株式会社
酸化グラフェン及びガス分離膜
18日前
続きを見る