TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024053163
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-15
出願番号2022159240
出願日2022-10-03
発明の名称二酸化炭素発生装置
出願人株式会社ショウワ
代理人個人,個人
主分類C01B 32/50 20170101AFI20240408BHJP(無機化学)
要約【課題】手軽に二酸化炭素を発生させることができる二酸化炭素発生装置を提供する。
【解決手段】第2本体部21を人の手Hを使って握りしめる前、第1本体部20の下方が閉止されるように、第1本体部20内に第2本体部21が収納されると共に、該第1本体部20内に、重曹水4とクエン酸水5とが収納される。そして、第2本体部21を人の手Hを使って握りしめる際、第1本体部20内と第2本体部21内とを連通させるため、第1本体部20内から第2本体部21を引っ張り出し、これによって、該第1本体部20内に収納されていた重曹水4とクエン酸水5とを、第2本体部21内に移動させ、その後、該第2本体部21を人の手Hを使って握りしめる。これにより、重曹水4とクエン酸水5とを反応させて、二酸化炭素を発生させる。
【選択図】図2



特許請求の範囲【請求項1】
有底で上方が開放された本体部内に収納された重曹とクエン酸とを反応させるにあたって、該本体部に外部から圧力を加えることにより、前記重曹と前記クエン酸とを反応させ、これによって、二酸化炭素を発生させてなる二酸化炭素発生装置。
続きを表示(約 840 文字)【請求項2】
前記本体部は、
硬質樹脂により形成された第1本体部と、
伸縮可能な軟質樹脂により形成された第2本体部と、を有し、
前記第2本体部内には、前記重曹と前記クエン酸とが収納され、該第2本体部に外部から圧力を加えることにより、前記重曹と前記クエン酸とを反応させ、これによって、二酸化炭素を発生させてなる請求項1に記載の二酸化炭素発生装置。
【請求項3】
前記第1本体部は、上方側に位置し、上方及び下方が開放され、
前記第2本体部は、下方側に位置し、有底で上方が開放され、
前記第1本体部内と第2本体部内とは連通されるように、前記第1本体部と前記第2本体部とは連結されてなり、
前記第2本体部に外部から圧力を加える前、前記第1本体部の下方が閉止されるように、前記第1本体部内に前記第2本体部が収納されると共に、該第1本体部内に、前記重曹と前記クエン酸とが収納され、
前記第2本体部に外部から圧力を加える際、前記第1本体部内と前記第2本体部内とを連通させるため、前記第1本体部内から前記第2本体部を引っ張り出し、これによって、該第1本体部内に収納されていた前記重曹と前記クエン酸とを、前記第2本体部内に移動させ、その後、該第2本体部に外部から圧力を加えることにより、前記重曹と前記クエン酸とを反応させ、これによって、二酸化炭素を発生させてなる請求項2に記載の二酸化炭素発生装置。
【請求項4】
前記クエン酸は、前記第2本体部に外部から圧力を加えた際、破断される部材で覆われてなる請求項2又は3に記載の二酸化炭素発生装置。
【請求項5】
前記本体部には、前記上方の開放を開閉する蓋部が着脱自在に設けられ、
前記蓋部には、何も設けられないか、又は、消火器用チューブが設けられるか、或いは、流体を注入できる注入部材が設けられてなる請求項1に記載の二酸化炭素発生装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、二酸化炭素発生装置に関する。
続きを表示(約 2,100 文字)【背景技術】
【0002】
従来、二酸化炭素発生装置として、例えば、特許文献1に記載のものが知られている。この特許文献1に記載の発明は、二酸化炭素を含むガスおよびキャリアガスが切り替え可能に導入されるガス導入管とガス排出管とを有し、内部にリチウム複合酸化物を含む二酸化炭素吸収材が充填された反応器と、反応器内の二酸化炭素吸収材に二酸化炭素を反応させて生成された二酸化炭素放出性物質を加熱するためのヒーターと、反応器内の二酸化炭素放出性物質に水蒸気を供給するための水蒸気供給手段と、水蒸気供給手段から反応器内への水蒸気の供給量調節および間欠的な供給を行うための制御手段とを備えるものである。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2008-237115号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、上記のような二酸化炭素発生装置は、二酸化炭素を発生させようとすると、大掛かりな装置が必要となるため、手軽に二酸化炭素を発生することができるものではないという問題があった。
【0005】
そこで、本発明は、上記問題に鑑み、手軽に二酸化炭素を発生させることができる二酸化炭素発生装置を提供することを目的としている。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上記本発明の目的は、以下の手段によって達成される。なお、括弧内は、後述する実施形態の参照符号を付したものであるが、本発明はこれに限定されるものではない。
【0007】
請求項1に係る二酸化炭素発生装置は、有底で上方が開放された本体部(2)内に収納された重曹(重曹水4)とクエン酸(クエン酸水5)とを反応させるにあたって、該本体部(2)に外部から圧力を加える(例えば、図2(b)に示すように、人の手(H)を使って、第2本体部(21)を握りしめる)ことにより、前記重曹(重曹水4)と前記クエン酸(クエン酸水5)とを反応させ、これによって、二酸化炭素を発生させてなることを特徴としている。
【0008】
請求項2に係る二酸化炭素発生装置は、上記請求項1に記載の二酸化炭素発生装置において、前記本体部(2)は、
硬質樹脂により形成された第1本体部(20)と、
伸縮可能な軟質樹脂により形成された第2本体部(21)と、を有し、
前記第2本体部(21)内には、前記重曹(重曹水4)と前記クエン酸(クエン酸水5)とが収納され、該第2本体部(21)に外部から圧力を加える(例えば、図2(b)に示すように、人の手(H)を使って、第2本体部(21)を握りしめる)ことにより、前記重曹(重曹水4)と前記クエン酸(クエン酸水5)とを反応させ、これによって、二酸化炭素を発生させてなることを特徴としている。
【0009】
請求項3に係る二酸化炭素発生装置は、上記請求項2に記載の二酸化炭素発生装置において、前記第1本体部(20)は、上方側に位置し、上方及び下方が開放され、
前記第2本体部(21)は、下方側に位置し、有底で上方が開放され、
前記第1本体部(20)内と第2本体部(21)内とは連通されるように、前記第1本体部(20)と前記第2本体部(21)とは連結されてなり、
前記第2本体部(21)に外部から圧力を加える(例えば、図2(b)に示すように、人の手(H)を使って、第2本体部(21)を握りしめる)前、前記第1本体部(20)の下方が閉止されるように、前記第1本体部(20)内に前記第2本体部(21)が収納されると共に、該第1本体部(20)内に、前記重曹(重曹水4)と前記クエン酸(クエン酸水5)とが収納され、
前記第2本体部(21)に外部から圧力を加える(例えば、図2(b)に示すように、人の手(H)を使って、第2本体部(21)を握りしめる)際、前記第1本体部(20)内と前記第2本体部(21)内とを連通させるため、前記第1本体部(20)内から前記第2本体部(21)を引っ張り出し、これによって、該第1本体部(20)内に収納されていた前記重曹(重曹水4)と前記クエン酸(クエン酸水5)とを、前記第2本体部(21)内に移動させ、その後、該第2本体部(21)に外部から圧力を加える(例えば、図2(b)に示すように、人の手(H)を使って、第2本体部(21)を握りしめる)ことにより、前記重曹(重曹水4)と前記クエン酸(クエン酸水5)とを反応させ、これによって、二酸化炭素を発生させてなることを特徴としている。
【0010】
請求項4に係る二酸化炭素発生装置は、上記請求項2又は3に記載の二酸化炭素発生装置において、前記クエン酸(クエン酸水5)は、前記第2本体部(21)に外部から圧力を加えた(例えば、図2(b)に示すように、人の手(H)を使って、第2本体部(21)を握りしめる)際、破断される部材(5a)で覆われてなることを特徴としている。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

東ソー株式会社
ゼオライト成形体
9日前
古河機械金属株式会社
硫化リン組成物
2日前
住友精化株式会社
高純度一酸化窒素の製造方法
1日前
TDK株式会社
複合粒子
3日前
パナソニックIPマネジメント株式会社
水素生成装置
9日前
東レ株式会社
グラフェン分散液、組成物およびそれを用いた形成物
18日前
株式会社神戸製鋼所
炭酸カルシウムの製造方法
1か月前
日本製紙株式会社
炭素材料及びその製造方法、並びにそれらの応用
12日前
住友重機械工業株式会社
水素化装置、及び水素化方法
11日前
ジカンテクノ株式会社
シリカの製造方法及び化粧品の製造方法
1か月前
JFEケミカル株式会社
炭素質材料および炭素質材料の製造方法
1か月前
住友金属鉱山株式会社
硫酸ニッケル水溶液の製造方法
1か月前
三井金属鉱業株式会社
NiO膜及びNiO分散液
1か月前
国立大学法人神戸大学
誘電体材料の製造方法
15日前
公立大学法人大阪
無機塩化物及びその製造方法。
8日前
東邦チタニウム株式会社
四塩化チタンの製造方法
10日前
国立大学法人 岡山大学
新規酸化ヨウ素組成物
10日前
株式会社タクマ
二酸化炭素の固体炭素化設備、及び二酸化炭素の固体炭素化方法
1か月前
太平洋セメント株式会社
噴霧乾燥装置又は噴霧熱分解装置
11日前
大学共同利用機関法人自然科学研究機構
多孔質炭素材料の製造方法
2日前
住友化学株式会社
水溶液及びリチウム二次電池用正極活物質の製造方法
9日前
清水建設株式会社
海水中のマグネシウム回収システム及び水酸化マグネシウムの製造方法
2日前
国立研究開発法人産業技術総合研究所
伝熱シートおよび伝熱シートの製造方法
15日前
ジカンテクノ株式会社
シリカの製造装置、シリカの製造方法及びシリカを使用した化粧品の製造方法
1か月前
クニミネ工業株式会社
非カルシウム型スメクタイトの製造方法
11日前
日揮触媒化成株式会社
シリカ微粒子分散液、その製造方法及びシリカ微粒子分散液を含む研磨用砥粒分散液
25日前
白石工業株式会社
炭酸カルシウムの製造方法、炭酸カルシウムおよび抄紙用填料
1か月前
三菱ケミカル株式会社
アンモニア水の製造方法
24日前
東ソ-・エスジ-エム株式会社
ゼオライトの製造方法およびゼオライト
18日前
第一工業製薬株式会社
カーボンナノチューブ分散液、並びにそれを用いた電池電極用組成物及び電池
8日前
個人
アルミン酸ソーダ含有溶液と、該アルミン酸ソーダ含有溶液から粉末体を製造する方法、またはそのための装置
8日前
第一工業製薬株式会社
カーボンナノチューブ分散液、並びにそれを用いた電池電極用組成物及び電池
8日前
古河機械金属株式会社
硫化リン組成物の製造方法、硫化物系無機固体電解質材料の製造方法および硫化リン組成物の評価方法
2日前
学校法人常翔学園
二酸化バナジウム薄膜の製造方法及び二酸化バナジウム薄膜形成用原料溶液
1か月前
ポーラ化成工業株式会社
粉体粒子表面の改質方法
1か月前
ネクシオン リミテッド
金属イオン電池用電気活性材料
15日前
続きを見る