TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024077885
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-06-10
出願番号2022190099
出願日2022-11-29
発明の名称演算回路及び演算処理方法
出願人富士通株式会社
代理人弁理士法人真田特許事務所,個人
主分類G06F 9/50 20060101AFI20240603BHJP(計算;計数)
要約【課題】プロセッサの演算回路全体の実行性能を向上させる。
【解決手段】プロセッサ11の演算回路であって、レジスタ116の使用率とリザベーションステーション114の使用率とリオーダバッファ117の使用率とロードバッファ118の使用率と演算器115の使用率とメモリユニット119の使用率との少なくともいずれかが閾値以下となった場合に、プロセッサ11で実行される各スレッドのリソース占有時間を計算し、計算したリソース占有時間が長い上位N個(Nは自然数)のスレッドを、使用率が閾値以下となったレジスタ116とリザベーションステーション114とリオーダバッファ117とロードバッファ118と演算器115とメモリユニット119との少なくともいずれかに対応するコアに、マイグレーションする指示を発行する観測部111を備える。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
レジスタとリザベーションステーションとリオーダバッファとロードバッファと演算器とメモリユニットとを備えるプロセッサの演算回路であって、
前記レジスタの使用率と前記リザベーションステーションの使用率と前記リオーダバッファの使用率と前記ロードバッファの使用率と前記演算器の使用率と前記メモリユニットの使用率との少なくともいずれかが閾値以下となった場合に、前記プロセッサで実行される各スレッドのリソース占有時間を計算し、
計算した前記リソース占有時間が長い上位N個(Nは自然数)のスレッドを、使用率が前記閾値以下となった前記レジスタと前記リザベーションステーションと前記リオーダバッファと前記ロードバッファと前記演算器と前記メモリユニットとの少なくともいずれかに対応するコアに、マイグレーションする指示を発行する、
観測部を備える、演算回路。
続きを表示(約 580 文字)【請求項2】
前記プロセッサは、Simultaneous Multi Threading(SMT)機能を有する、
請求項1に記載の演算回路。
【請求項3】
前記リソース占有時間は、現在のクロック数からスレッドの投入時のクロック数を減算することにより計算される、
請求項1又は2に記載の演算回路。
【請求項4】
レジスタとリザベーションステーションとリオーダバッファとロードバッファと演算器とメモリユニットとを備えるプロセッサにおける演算処理方法であって、
前記レジスタの使用率と前記リザベーションステーションの使用率と前記リオーダバッファの使用率と前記ロードバッファの使用率と前記演算器の使用率と前記メモリユニットの使用率との少なくともいずれかが閾値以下となった場合に、前記プロセッサで実行される各スレッドのリソース占有時間を計算し、
計算した前記リソース占有時間が長い上位N個(Nは自然数)のスレッドを、使用率が前記閾値以下となった前記レジスタと前記リザベーションステーションと前記リオーダバッファと前記ロードバッファと前記演算器と前記メモリユニットとの少なくともいずれかに対応するコアに、マイグレーションする指示を発行する、
処理をコンピュータが実行する、演算処理方法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、演算回路及び演算処理方法に関する。
続きを表示(約 1,300 文字)【背景技術】
【0002】
近年のCentral Processing Unit(CPU)の命令パイプラインは、Out-of-Order(OoO)の実行によって依存関係のない命令を並行して実行できるため、従来のin-order方式に比べて高い効率を発揮している。
【0003】
OoO方式では、命令がフェッチされ最終的にコミットされるまでは演算器やメモリユニットへの投入は順不同であるが、コミットで命令発行順に整列され、使用していたハードウェアリソースが開放される。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2017-174194号公報
米国公開公報第2019/0265777号
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
データの依存関係により命令の連鎖が長い場合、コミットまでの時間が長くなり、使用するハードウェアリソースが多くなることで、あるリソースが枯渇すると後続の命令が投入できず命令パイプラインの効率が低下してしまうおそれがある。
【0006】
特に、Simultaneous Multi Threading(SMT)機能を有するプロセッサでは、複数のスレッドが1つのコアを共有するため、ハードウェアリソースの枯渇の可能性がより高くなる傾向にある。
【0007】
1つの側面では、プロセッサの演算回路全体の実行性能を向上させることを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0008】
1つの側面では、演算回路は、レジスタとリザベーションステーションとリオーダバッファとロードバッファと演算器とメモリユニットとを備えるプロセッサの演算回路であって、前記レジスタの使用率と前記リザベーションステーションの使用率と前記リオーダバッファの使用率と前記ロードバッファの使用率と前記演算器の使用率と前記メモリユニットの使用率との少なくともいずれかが閾値以下となった場合に、前記プロセッサで実行される各スレッドのリソース占有時間を計算し、計算した前記リソース占有時間が長い上位N個(Nは自然数)のスレッドを、使用率が前記閾値以下となった前記レジスタと前記リザベーションステーションと前記リオーダバッファと前記ロードバッファと前記演算器と前記メモリユニットとの少なくともいずれかに対応するコアに、マイグレーションする指示を発行する観測部を備える。
【発明の効果】
【0009】
1つの側面では、プロセッサの演算回路全体の実行性能を向上させることができる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
実施形態における情報処理装置のハードウェア構成例を模式的に示すブロック図である。
図1に示したCPUのハードウェア構成例を模式的に示すブロック図である。
実施形態におけるスレッド管理情報を例示するテーブルである。
実施形態における使用率情報を例示するテーブルである。
実施形態におけるマイグレーション処理を説明するフローチャートである。
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
情報検索装置
7日前
個人
ドットパターン
6日前
個人
ノートPC寝台
9日前
個人
環境情報処理装置
27日前
個人
外食予約システム
27日前
個人
求人支援システム
1か月前
個人
電子文書の閲覧用電子機器
13日前
個人
海外在住支援システム
27日前
個人
サービス提供システム
20日前
ニデック株式会社
冷却装置
21日前
キヤノン電子株式会社
携帯情報端末
8日前
株式会社ワコム
電子ペン
1か月前
個人
施術スタッフ育成システム
14日前
シャープ株式会社
情報出力装置
1か月前
大和製衡株式会社
組合せ計数装置
9日前
東洋電装株式会社
操作装置
1か月前
東洋電装株式会社
操作装置
1か月前
東洋電装株式会社
操作装置
1か月前
日本信号株式会社
料金精算システム
1か月前
株式会社広島銀行
本人確認システム
8日前
株式会社SUBARU
操作制御装置
20日前
株式会社SUBARU
画像処理装置
14日前
ブラザー工業株式会社
印刷制御装置
9日前
有限会社カツミ工業
管理装置
9日前
株式会社ゼロワン
ケア支援システム
8日前
株式会社ゼロワン
ケア支援システム
8日前
株式会社カロニマ
情報発信システム
1か月前
学校法人修道学園
農地集約システム
20日前
旭精工株式会社
管理装置および管理システム
20日前
トヨタ車体株式会社
管理システム
7日前
ローム株式会社
電源制御集積回路
27日前
株式会社ビズベース
検査システム
8日前
株式会社デンソー
表示装置
16日前
株式会社mov
情報処理システム
1か月前
株式会社京南
洗車システム
13日前
株式会社京南
洗車システム
13日前
続きを見る