TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024051489
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-11
出願番号2022157686
出願日2022-09-30
発明の名称広告枠管理装置、広告枠管理方法、及び、記録媒体
出願人日本電気株式会社
代理人個人,個人,個人
主分類G06Q 30/0241 20230101AFI20240404BHJP(計算;計数)
要約【課題】広告枠を様々な形態で管理、販売することにより、販売の促進及び効率化を図る。
【解決手段】広告枠管理装置において、作成手段は、ユーザの入力に基づき、複数種類の広告枠を含む広告枠情報を放送番組毎に作成する。送信手段は、所定種類の広告枠について販売情報を作成し、販売先の装置へ送信する。調整手段は、販売状況に基づいて、広告枠情報を調整する。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
ユーザの入力に基づき、複数種類の広告枠を含む広告枠情報を放送番組毎に作成する作成手段と、
所定種類の広告枠について販売情報を作成し、販売先の装置へ送信する送信手段と、
販売状況に基づいて、前記広告枠情報を調整する調整手段と、
を備える広告枠管理装置。
続きを表示(約 1,000 文字)【請求項2】
前記所定種類の広告枠は、複数の広告会社を販売の対象とする公開枠を含み、
前記送信手段は、前記公開枠に対応する販売情報を、複数の広告会社が参加する取引システムへ送信する請求項1に記載の広告枠管理装置。
【請求項3】
前記所定種類の広告枠は、特定の広告会社を販売の対象とするプライベート枠を含み、
前記送信手段は、前記プライベート枠に対応する販売情報を、前記特定の広告会社の装置へ送信する請求項1に記載の広告枠管理装置。
【請求項4】
前記販売情報は、対応する広告枠の価格と、当該広告枠に対応する放送番組に関する番組情報と、を含む請求項1に記載の広告枠管理装置。
【請求項5】
前記複数種類の広告枠は、タイム枠及びスポット枠を含む通常枠と、特定の広告会社を販売の対象とするプライベート枠と、多数の広告会社を販売の対象とする公開枠とを含み、
前記調整手段は、前記通常枠において未販売の時間を、前記プライベート枠又は前記公開枠に移動する請求項1に記載の広告枠管理装置。
【請求項6】
ある番組に対応する広告枠の販売終了時に、前記通常枠及び前記プライベート枠において未販売の時間を前記公開枠に移動する終了処理手段を備える請求項5に記載の広告枠管理装置。
【請求項7】
販売が終了した複数の番組の広告枠情報と、前記広告枠情報の販売実績情報とに基づいて、広告枠情報に含まれる複数種類の広告枠の配分と各広告枠の販売価格との関係を学習したモデルを用いて、広告枠の販売価格が高くなる広告枠の配分を提案する提案手段を備える請求項1に記載の広告枠管理装置。
【請求項8】
ユーザの入力に基づき、複数種類の広告枠を含む広告枠情報を放送番組毎に作成し、
所定種類の広告枠について販売情報を作成し、販売先の装置へ送信し、
販売状況に基づいて、前記広告枠情報を調整する広告枠管理方法。
【請求項9】
ユーザの入力に基づき、複数種類の広告枠を含む広告枠情報を放送番組毎に作成し、
所定種類の広告枠について販売情報を作成し、販売先の装置へ送信し、
販売状況に基づいて、前記広告枠情報を調整する処理をコンピュータに実行させるプログラムを記録した記録媒体。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、放送番組における広告枠の管理・販売手法に関する。
続きを表示(約 1,200 文字)【背景技術】
【0002】
テレビ番組中に流れる広告の取引を支援する装置が提案されている。例えば、特許文献1は、広告枠提供者と広告枠利用者との間で、テレビコマーシャル用の広告枠の取引を支援する装置を開示している。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2020-77226号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
広告枠を販売する放送局は、広告枠を購入する広告主や代理店の特性やニーズなどを考慮し、様々な形態で広告枠を管理し、販売することが好ましい。
【0005】
本開示の1つの目的は、広告枠を様々な形態で管理、販売することにより、販売の促進及び効率化を図ることにある。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本開示の1つの観点では、広告枠管理装置は、
ユーザの入力に基づき、複数種類の広告枠を含む広告枠情報を放送番組毎に作成する作成手段と、
所定種類の広告枠について販売情報を作成し、販売先の装置へ送信する送信手段と、
販売状況に基づいて、前記広告枠情報を調整する調整手段と、
を備える。
【0007】
本開示の他の観点では、広告枠管理方法は、
ユーザの入力に基づき、複数種類の広告枠を含む広告枠情報を放送番組毎に作成し、
所定種類の広告枠について販売情報を作成し、販売先の装置へ送信し、
販売状況に基づいて、前記広告枠情報を調整する。
【0008】
本開示の他の観点では、記録媒体は、
ユーザの入力に基づき、複数種類の広告枠を含む広告枠情報を放送番組毎に作成し、
所定種類の広告枠について販売情報を作成し、販売先の装置へ送信し、
販売状況に基づいて、前記広告枠情報を調整する処理をコンピュータに実行させるプログラムを記録する。
【発明の効果】
【0009】
本開示によれば、広告枠を様々な形態で管理、販売することにより、販売の促進及び効率化を図ることができる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
第1実施形態に係る広告枠取引システムの概略構成を示す。
放送局の端末装置のハードウェア構成を示すブロック図である。
放送局の端末装置の機能構成を示すブロック図である。
広告枠情報の一例を示す。
広告枠情報の調整の例を示す。
広告枠の販売終了処理の例を示す。
公開枠の販売情報の一例を示す。
広告枠販売処理のフローチャートである。
第2実施形態に係る広告枠管理装置の構成を示すブロック図である。
第2実施形態による広告枠管理方法のフローチャートである。
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

日本電気株式会社
情報処理装置
1日前
日本電気株式会社
光増幅器及び光増幅方法
10日前
日本電気株式会社
光学装置および調整方法
11日前
日本電気株式会社
媒体搬送機構及びプリンタ
1日前
日本電気株式会社
送受波装置および送受波方法
2日前
日本電気株式会社
学習装置、学習方法、及び、記録媒体
3日前
日本電気株式会社
計測装置、計測システム及び計測方法
10日前
日本電気株式会社
サーバ、制御方法、およびプログラム
11日前
日本電気株式会社
学習装置、学習方法およびプログラム
3日前
日本電気株式会社
学習装置、学習方法およびプログラム
3日前
日本電気株式会社
制御装置、制御方法、およびプログラム
11日前
日本電気株式会社
制御装置、制御方法、およびプログラム
11日前
日本電気株式会社
電子処方箋システム、電子処方箋管理方法
4日前
日本電気株式会社
情報処理装置、情報処理方法、プログラム
10日前
日本電気株式会社
情報処理装置、情報処理方法、プログラム
8日前
日本電気株式会社
光通信装置、光通信システム及び光通信方法
5日前
日本電気株式会社
情報処理システム、情報処理方法、プログラム
8日前
日本電気株式会社
情報処理装置、情報処理方法、及びプログラム
3日前
日本電気株式会社
情報処理装置、情報処理方法、及び、記録媒体
10日前
日本電気株式会社
情報処理装置、情報処理方法、およびプログラム
10日前
日本電気株式会社
光制御装置、光伝送装置、および信号光設定方法
4日前
日本電気株式会社
学習装置、パラメータ調整方法、及び、記録媒体
4日前
日本電気株式会社
制御装置、通信システム、制御方法、及びプログラム
11日前
日本電気株式会社
最適化システム、最適化方法および最適化プログラム
8日前
日本電気株式会社
特徴量抽出装置、情報処理装置、方法、及びプログラム
1日前
日本電気株式会社
量子鍵配送システム、量子鍵配送方法およびプログラム
8日前
日本電気株式会社
光変調器、光送信器及び光変調器のバイアス電圧調整方法
3日前
日本電気株式会社
光空間通信装置、光空間通信装置の制御方法およびプログラム
9日前
日本電気株式会社
半導体基板及びその設計方法、ならびに半導体基板の製造装置
10日前
日本電気株式会社
情報処理システム、情報処理装置、情報処理方法、プログラム
4日前
日本電気株式会社
歩容計測装置、推定システム、歩容計測方法、およびプログラム
4日前
日本電気株式会社
情報処理装置、情報処理システム、情報処理方法、およびプログラム
9日前
日本電気株式会社
学習装置、データ拡張システム、推定装置、学習方法、およびプログラム
11日前
日本電気株式会社
情報処理サーバ、情報処理システム、情報処理方法及びコンピュータプログラム
2日前
日本電気株式会社
情報提供制御装置、提供装置、情報提供制御方法、及び、情報提供制御プログラム
9日前
日本電気株式会社
無線アクセスシステム、集中制御局、信号処理方法、及び、コンピュータプログラム
11日前
続きを見る