TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024069959
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-22
出願番号2022180278
出願日2022-11-10
発明の名称変圧器取替工法
出願人中国電力株式会社
代理人個人
主分類H02B 5/00 20060101AFI20240515BHJP(電力の発電,変換,配電)
要約【課題】変電所等の構内に設置された変圧器を、短期間で取り替えることが可能な変圧器取替工法を提供する。
【解決手段】変圧器引留鉄構が設置され、変圧器引留鉄構に隣接するように構内に設置された変圧器を取り替える変圧器取替工法は、構内の取替対象である第1の変圧器の近傍かつ変圧器引留鉄構の近傍であり、基礎工事がなされている空きスペースに、新たな第2の変圧器を設置するステップと、変圧器引留鉄構に対して第2の変圧器を設置するための所定の改造工事を行い、変圧器引留鉄構に配置されている主回路からのリード線を設置するための型取りを行うステップと、リード線の型取りに沿って、第2の変圧器に前記リード線を接続するステップと、主回路から第1の変圧器を切り離し、第1の変圧器を撤去するステップと、を含む。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
変圧器引留鉄構が設置され、前記変圧器引留鉄構に隣接するように構内に設置された変圧器を取り替える変圧器取替工法であって、
前記構内の取替対象である第1の変圧器の近傍かつ前記変圧器引留鉄構の近傍であり、基礎工事がなされている空きスペースに、新たな第2の変圧器を設置するステップと、
前記変圧器引留鉄構に対して前記第2の変圧器を設置するための所定の改造工事を行い、前記変圧器引留鉄構に配置されている主回路からのリード線を設置するための型取りを行うステップと、
前記リード線の型取りに沿って、前記第2の変圧器に前記リード線を接続するステップと、
前記主回路から前記第1の変圧器を切り離し、前記第1の変圧器を撤去するステップと、
を含む工程を行うことを特徴とする変圧器取替工法。
続きを表示(約 500 文字)【請求項2】
前記第2の変圧器を設置するステップにおいて、前記第2の変圧器を、前記変圧器引留鉄構に隣接する前記第1の変圧器に対向するように、前記変圧器引留鉄構に隣接する位置に設置する、
ことを特徴とする請求項1に記載の変圧器取替工法。
【請求項3】
前記変圧器引留鉄構に対して所定の改造工事を行うステップにおいて、前記変圧器引留鉄構に設置されている碍子を、前記第2の変圧器に対応するように変更する、
ことを特徴とする請求項1に記載の変圧器取替工法。
【請求項4】
前記第2の変圧器を設置するステップの前工程において、
前記第1の変圧器の2次側に基礎工事がなされて設置されている装置を移設し、前記空きスペースを確保するステップを行う、
ことを特徴とする請求項1から3のいずれか1項に記載の変圧器取替工法。
【請求項5】
前記装置を移設するステップにおいて、前記装置は、前記構内に設置された分路リアクトル、中性点リアクトルのいずれかまたは両方を含む、
ことを特徴とする請求項4に記載の変圧器取替工法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、変電所等の構内に設置された変圧器を取り替える変圧器取替工法に関する。
続きを表示(約 1,500 文字)【背景技術】
【0002】
1次変電所等に設置されている変圧器は、交流電力を変圧する装置である。このような変圧器は、数メートル~数十メートル規模の大きさであり、通常、変電所等の構内施設に、基礎工事がなされてその上に設置されている。
【0003】
変圧器は、故障時または経年等により取り替える必要がある場合、変圧器を取り替える工事のための期間を確保し、変圧器をその期間停止する必要がある。しかし、そのような停止期間の確保が困難な場合、構内の新たなスペースに基礎工事を行い、新たな変圧器を設置した上で、古い変圧器を撤去する工事を行う、というような運用をしている。
【0004】
このような設備に対して機器等の取替工事を行う技術として、新たな基礎を設置することなく機器(スイッチギア)の取替を可能にする工法が知られている(例えば、特許文献1参照。)。特許文献1に記載のスイッチギア取替工法は、基礎の余剰スペースに新設のスイッチギアの配変二次箱と所内GPTを設置して、既設のスイッチギアと並列に変圧器に接続し、既設のスイッチギアの配電線箱等を基礎から撤去し、新設のスイッチギアの配電線箱等を基礎に設置して変圧器に接続し、既設のスイッチギアの配変二次箱と所内GPT箱を基礎から撤去する、というものである。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開2021-097482号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
ところで、変圧器そのものを取り替える場合は、特許文献1に記載のスイッチギア取替工法を適用することはできず、短期間で変圧器を取り替えることが可能な工法が求められていた。
【0007】
そこで本発明は、短期間で変圧器を取り替えることが可能な変圧器取替工法を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0008】
上記の課題を解決するために、請求項1の発明は、変圧器引留鉄構が設置され、前記変圧器引留鉄構に隣接するように構内に設置された変圧器を取り替える変圧器取替工法であって、前記構内の取替対象である第1の変圧器の近傍かつ前記変圧器引留鉄構の近傍であり、基礎工事がなされている空きスペースに、新たな第2の変圧器を設置するステップと、前記変圧器引留鉄構に対して前記第2の変圧器を設置するための所定の改造工事を行い、前記変圧器引留鉄構に配置されている主回路からのリード線を設置するための型取りを行うステップと、前記リード線の型取りに沿って、前記第2の変圧器に前記リード線を接続するステップと、前記主回路から前記第1の変圧器を切り離し、前記第1の変圧器を撤去するステップと、を含む工程を行うことを特徴とする変圧器取替工法である。
【0009】
請求項2の発明は、請求項1に記載の変圧器取替工法における、前記第2の変圧器を設置するステップにおいて、前記第2の変圧器を、前記変圧器引留鉄構に隣接する前記第1の変圧器に対向するように、前記変圧器引留鉄構に隣接する位置に設置する、ことを特徴とする。
【0010】
請求項3の発明は、請求項1に記載の変圧器取替工法における、前記変圧器引留鉄構に対して所定の改造工事を行うステップにおいて、前記変圧器引留鉄構に設置されている碍子を、前記第2の変圧器に対応するように変更する、ことを特徴とする。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
電気推進システム
7日前
個人
モーターの構造
13日前
個人
ブラシレスモータ
21日前
竹内工業株式会社
固定具
18日前
個人
バッテリ用交流電流供給回路
7日前
株式会社村田製作所
電力変換装置
14日前
株式会社村田製作所
電力変換装置
14日前
株式会社GSユアサ
無停電電源システム
19日前
大和電器株式会社
配線器具
4日前
大和電器株式会社
配線器具
4日前
株式会社ARKS
電源自動切替装置
21日前
未来工業株式会社
配線ボックス装置
6日前
トヨタ自動車株式会社
モータ
17日前
個人
基板使用によるコイル巻線との接続法
24日前
ニチコン株式会社
スイッチング電源
4日前
株式会社ダイヘン
電圧調整装置
17日前
株式会社ミツバ
回転電機
11日前
住友金属鉱山株式会社
発電装置
11日前
株式会社ダイヘン
電圧調整装置
24日前
株式会社TMEIC
充電システム
11日前
住友電気工業株式会社
半導体装置
18日前
トライス株式会社
銅黒鉛質ブラシ
6日前
株式会社アイシン
電源装置
13日前
株式会社アイシン
電源装置
13日前
株式会社アイシン
電源装置
13日前
株式会社アイシン
電源装置
13日前
コアレスモータ株式会社
発電装置
4日前
株式会社明電舎
盤構造
13日前
株式会社日立製作所
電力変換器
24日前
株式会社日立製作所
電力変換装置
24日前
株式会社カーメイト
携帯端末用充電器
7日前
関西電力株式会社
電力の管理システム
18日前
日産自動車株式会社
車両用電動ユニット
4日前
株式会社アイシン
電源モジュール
13日前
日本精機株式会社
表示装置
18日前
株式会社アイシン
車両用駆動装置
13日前
続きを見る