TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024069020
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-21
出願番号2022179775
出願日2022-11-09
発明の名称駆動装置
出願人株式会社ミツバ
代理人個人,個人,個人
主分類H02K 5/00 20060101AFI20240514BHJP(電力の発電,変換,配電)
要約【課題】2つのアクチュエータの位置決めを容易化する。
【解決手段】駆動装置1は、ケース3と、ケース3に平行に収納される複数のモータ2と、モータの相対位置を決めるホルダ10と、を備え、モータはいずれもホルダに取り付けられている、ことを特徴とする。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
ケースと、
前記ケースに軸線が互いに平行に収納される複数のモータと、
複数の前記モータの相対位置を決めるホルダと、
を備え、
複数の前記モータは、いずれも前記ホルダに取り付けられている、
ことを特徴とする駆動装置。
続きを表示(約 1,000 文字)【請求項2】
前記ホルダは、ベース部と、複数の前記モータにそれぞれ対応するように前記ベース部に設けられた複数の嵌合部と、を備え、
前記嵌合部は、前記モータに設けられる位置決め嵌合部と嵌合する、
ことを特徴とする請求項1記載の駆動装置。
【請求項3】
前記位置決め嵌合部は、前記モータに設けられた位置決め凸部であって、
前記嵌合部は、前記モータの位置決め凸部が内周面に嵌められる嵌合孔を有する、
ことを特徴とする請求項2記載の駆動装置。
【請求項4】
前記ホルダにおいて、
複数の前記嵌合部のうちの少なくとも1つの第1嵌合部は、前記嵌合孔の内周面の少なくとも3箇所に径方向内向きに突出し、複数の前記モータのうちの第1モータの第1位置決め凸部が圧入される第1圧入部を有し、
複数の前記嵌合部のうちの前記第1嵌合部とは異なる第2嵌合部は、前記嵌合孔の内周面の2箇所に径方向内向きに突出し、複数の前記モータのうちの第2モータの第2位置決め凸部が圧入される第2圧入部を有する、
ことを特徴とする請求項3記載の駆動装置。
【請求項5】
前記ホルダにおいて、
前記第1圧入部は、前記第1嵌合部の周方向に等間隔に配置され、
前記第2圧入部は、前記第2嵌合部の周方向に等間隔に配置される、
ことを特徴とする請求項4記載の駆動装置。
【請求項6】
前記ホルダにおいて、
前記第1圧入部は、前記第1嵌合部から前記第2嵌合部に向かう方向に対向する2箇所およびこの2箇所に交差する方向の2箇所に配置され、
前記第2圧入部は、前記第1嵌合部から前記第2嵌合部に向かう方向と交差する方向に対向する2箇所に配置される、
ことを特徴とする請求項5記載の駆動装置。
【請求項7】
前記ホルダは、前記ホルダから前記モータが脱落することを防止する複数の抜け止め部を備える、
ことを特徴とする請求項1記載の駆動装置。
【請求項8】
前記抜け止め部は、前記モータと係合する弾性変形可能な係合片である、
ことを特徴とする請求項7記載の駆動装置。
【請求項9】
前記モータの前記位置決め凸部は、軸受ホルダである、
ことを特徴とする請求項3記載の駆動装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は駆動装置に関する。
続きを表示(約 3,800 文字)【背景技術】
【0002】
特許文献1に記載されるように、作動駆動力を発生させるアクチュエータとしてモータを備える構成が知られている。この例におけるモータを、1つのギアに2個並列に組付けることがある。
また、ある部品に2つのモータ等のアクチュエータを並列に組み付ける場合がある。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
国際公開第2018/124270号
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
2つのモータ等のアクチュエータを並列に組み付けて、ネジ等で固定する場合などのネジ止めの際に、これらの位置あわせをおこなうことが必要となる。
このような装置では、2つのモータ等のアクチュエータを精度良くネジ等で固定するために、ネジ固定する時の治具や位置決めピンで組付け位置の精度を出すような構成が必要となる。部品が小さい場合、治具で保持するためのスペースが狭く困難を生じ、また、ピン等の治具を使うと部品点数が増えるのでコストが増大する。
【0005】
本発明は、上記の事情に鑑みてなされたもので、2つのアクチュエータを精度よく位置決め可能とするという目的を達成しようとするものである。
【課題を解決するための手段】
【0006】
(1)本発明の一態様にかかる駆動装置は、
ケースと、
前記ケースに軸線が互いに平行に収納される複数のモータと、
複数の前記モータの相対位置を決めるホルダと、
を備え、
複数の前記モータは、いずれも前記ホルダに取り付けられている、
ことにより上記課題を解決した。
(2)本発明の駆動装置は、上記(1)において、
前記ホルダは、ベース部と、複数の前記モータにそれぞれ対応するように前記ベース部に設けられた複数の嵌合部と、を備え、
前記嵌合部は、前記モータに設けられる位置決め嵌合部と嵌合する、
ことができる。
(3)本発明の駆動装置は、上記(2)において、
前記位置決め嵌合部は、前記モータに設けられた位置決め凸部であって、
前記嵌合部は、前記モータの位置決め凸部が内周面に嵌められる嵌合孔を有する、
ことができる。
(4)本発明の駆動装置は、上記(3)において、
前記ホルダにおいて、
複数の前記嵌合部のうちの少なくとも1つの第1嵌合部は、前記嵌合孔の内周面の少なくとも3箇所に径方向内向きに突出し、複数の前記モータのうちの第1モータの第1位置決め凸部が圧入される第1圧入部を有し、
複数の前記嵌合部のうちの前記第1嵌合部とは異なる第2嵌合部は、前記嵌合孔の内周面の2箇所に径方向内向きに突出し、複数の前記モータのうちの第2モータの第2位置決め凸部が圧入される第2圧入部を有する、
ことができる。
(5)本発明の駆動装置は、上記(4)において、
前記ホルダにおいて、
前記第1圧入部は、前記第1嵌合部の周方向に等間隔に配置され、
前記第2圧入部は、前記第2嵌合部の周方向に等間隔に配置される、
ことができる。
(6)本発明の駆動装置は、上記(5)において、
前記ホルダにおいて、
前記第1圧入部は、前記第1嵌合部から前記第2嵌合部に向かう方向に対向する2箇所およびこの2箇所に交差する方向の2箇所に配置され、
前記第2圧入部は、前記第1嵌合部から前記第2嵌合部に向かう方向と交差する方向に対向する2箇所に配置される、
ことができる。
(7)本発明の駆動装置は、上記(1)において、
前記ホルダは、前記ホルダから前記モータが脱落することを防止する複数の抜け止め部を備える、
ことができる。
(8)本発明の駆動装置は、上記(7)において、
前記ホルダにおいて、
前記抜け止め部は、前記モータと係合する弾性変形可能な係合片である、
ことができる。
(9)本発明の駆動装置は、上記(3)において、
前記モータの前記位置決め凸部は、軸受ホルダである、
ことができる。
【0007】
(1)本発明の一態様の駆動装置は、上記(1)の構成を有することにより、ホルダに複数のモータを挿入するだけで、複数のモータをケースに組み付けることなく、ケースの外方において、モータとホルダとだけで、複数のモータの相対位置を規定して、複数のモータの位置決めをおこなうことが可能となる。したがって、ケースおよびピンなどの専用の治具を用いることなく、複数のモータの位置決めを容易におこなうことが可能となる。さらに、ホルダにより位置決めされた状態で複数のモータをケースに挿入することができる。しかも、あらかじめ相対位置決めをおこなった複数のモータを、そのままホルダとともにケースに挿入してネジ止め等の作業をおこなうことができるので、モータの組み付けに関する作業時間を短縮して作業性を向上し、製造コストを削減することが可能となる。
このとき、ホルダがケースに固定されないので、ネジ止めによるモータの固定時に、ケースに対するモータの位置決めに対してホルダが干渉してしまうことがない。
さらに、ホルダに複数のモータを挿入するだけで、複数のモータをケースの内部に組み付けなることなく、ケースの外方で、複数のモータの給電端子に対するリード線(配線、ハーネス)のハンダ付けなどの組み付け作業を取り回しよくおこなうことができる。また、ケースの内部に複数のモータを収納しないで位置決めおよびハンダ付け作業を終了できるので、ケースの外方で、ハンダ付けの終了した複数のモータとホルダとに対してエアブロー等の処理をおこなうことが容易となる。
これにより、ケース内にハンダ屑がはいってしまうことや、複数のモータおよびモータの駆動軸に取り付けられたギアなどにハンダ屑が噛み込まれてしまうことを防止できる。したがって、作業時間を短縮して作業性を向上し、製造コストを削減することが可能となる。
【0008】
(2)本発明の駆動装置は、上記(1)において、上記(2)の構成を有することにより、嵌合部にそれぞれ複数のモータの位置決め嵌合を差し込んで嵌合することだけで、ベース部に形成された嵌合部の相対位置に対応した相対位置および相対姿勢となるように、複数のモータの位置決めをおこなうことが容易に可能となる。
したがって、あらかじめ、ベース部における複数の嵌合部を、ケースに収納する複数のモータの収納位置に合わせて形成することで、複数のモータの位置決めをおこなうことが容易に可能となる。また、複数のモータをケースの内部に組み付けることなく、ケースに収納した状態である複数のモータの相対位置に、ケースの外方で位置決めをおこなうことができる。しかも、あらかじめケースの外方で相対位置決めをおこなった複数のモータを、そのままホルダとともにケースに挿入してネジ止め等の作業をおこなうことができる。
【0009】
(3)本発明の駆動装置は、上記(2)において、上記(3)の構成を有することにより、位置決め凸部を嵌合孔に嵌合することで、複数のモータの位置決めをおこなうことが容易に可能となる。したがって、ケース外方で、あらかじめ複数のモータの位置決めをおこなうことが容易に可能となる。ケース外方で位置決めした複数のモータを、ホルダとともに、ケースの内部に組み付けることで、組み付け作業の作業性を向上することができる。
【0010】
(4)本発明の駆動装置は、上記(3)において、上記(4)の構成を有することにより、第1圧入部を有する第1嵌合部に圧入される第1モータの位置を基準として、第2圧入部を有する第2嵌合部に圧入される第2モータの位置を精度よく位置決めすることが可能となる。しかも、これらのモータの高精度の位置決めを、モータをケースの内部に組み付けていない状態であるケースの外方で、ケースに収納した状態のモータどうしの相対位置に位置決めすることができる。しかも、あらかじめ相対位置決めをおこなったこれらのモータを、そのままホルダとともにケースに挿入してネジ止め等の作業をおこなうことで、第1圧入部を有する第1嵌合部に圧入される第1モータをケースにネジ止めし、その後、第2圧入部を有する第2嵌合部に圧入される第2モータの位置調整をおこなうことが容易に可能となる。
さらに、第2圧入部を有する第2嵌合部に圧入される第2モータは、第2圧入部が2箇所に形成されているため、モータの圧入姿勢の微調整を可能とすることができる。このため、後でネジ止めする第2モータでは、ケースに対するモータの位置決めにおける調整方向を一方向のみとして、作業性を向上することができる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社ミツバ
回転電機
2日前
株式会社ミツバ
制御装置
15日前
株式会社ミツバ
回転電機
19日前
株式会社ミツバ
駆動装置
25日前
株式会社ミツバ
駆動装置
25日前
株式会社ミツバ
回転電機
29日前
株式会社ミツバ
回転電機
1か月前
株式会社ミツバ
ファン装置
18日前
株式会社ミツバ
モータ装置
1か月前
株式会社ミツバ
制御駆動システム
24日前
株式会社ミツバ
ロータ、及び、電動モータ
16日前
株式会社コロナ
送風装置
19日前
個人
共振を用いた整流回路
25日前
個人
スイッチング電源回路
29日前
個人
モーターの構造
4日前
個人
ブラシレスモータ
12日前
竹内工業株式会社
固定具
9日前
ニチコン株式会社
電源装置
1か月前
ニデック株式会社
モータ
1か月前
中国電力株式会社
給電装置
1か月前
株式会社GSユアサ
無停電電源システム
10日前
株式会社発明ラボックス
送受電システム
26日前
株式会社GSユアサ
無停電電源システム
26日前
株式会社村田製作所
電力変換装置
5日前
株式会社村田製作所
電力変換装置
5日前
中国電力株式会社
変圧器取替工法
24日前
トヨタ自動車株式会社
モータ
8日前
株式会社豊田自動織機
電動機
19日前
株式会社豊田自動織機
電動機
19日前
株式会社ARKS
電源自動切替装置
12日前
トヨタ自動車株式会社
ステータコア
22日前
個人
基板使用によるコイル巻線との接続法
15日前
トヨタ自動車株式会社
故障検出回路
26日前
トヨタ自動車株式会社
故障検出回路
26日前
トヨタ自動車株式会社
剥離装置
25日前
株式会社ダイヘン
電圧調整装置
8日前
続きを見る