TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024062515
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-10
出願番号2022170390
出願日2022-10-25
発明の名称情報処理プログラム、情報処理方法および情報処理装置
出願人富士通株式会社
代理人弁理士法人扶桑国際特許事務所
主分類G06F 8/36 20180101AFI20240501BHJP(計算;計数)
要約【課題】サンプルプログラムからのソフトウェア部品の作成を効率化する。
【解決手段】コンピュータは、複数のサンプルプログラムを2以上のクラスタに分類した分類結果であって、クラスタ数が異なる複数のレベルの分類結果を示すクラスタデータと、複数のサンプルプログラムそれぞれの実行性能を示す性能データとを取得する。コンピュータは、複数のレベルそれぞれにおける2以上のクラスタそれぞれに対して、クラスタに属する2以上のサンプルプログラムの再利用性に関する指標値と、2以上のサンプルプログラムの実行性能とに基づいて、第1の評価値を算出し、レベルに対して、2以上のクラスタに対応する2以上の第1の評価値に基づいて第2の評価値を算出する。コンピュータは、複数のレベルに対応する複数の第2の評価値に基づいて、複数のレベルのうちの何れかのレベルの分類結果を選択する。
【選択図】図6
特許請求の範囲【請求項1】
複数のサンプルプログラムを2以上のクラスタに分類した分類結果であって、クラスタ数が異なる複数のレベルの分類結果を示すクラスタデータと、前記複数のサンプルプログラムそれぞれの実行性能を示す性能データとを取得し、
前記複数のレベルそれぞれにおける前記2以上のクラスタそれぞれに対して、当該クラスタに属する2以上のサンプルプログラムの再利用性に関する指標値と、前記2以上のサンプルプログラムの前記実行性能とに基づいて、第1の評価値を算出し、当該レベルに対して、前記2以上のクラスタに対応する2以上の第1の評価値に基づいて第2の評価値を算出し、
前記複数のレベルに対応する複数の第2の評価値に基づいて、前記複数のレベルのうちの何れかのレベルの前記分類結果を選択する、
処理をコンピュータに実行させる情報処理プログラム。
続きを表示(約 1,100 文字)【請求項2】
前記複数のレベルは、異なるクラスタを統合することを繰り返す階層的クラスタリングによって生成される複数の階層である、
請求項1記載の情報処理プログラム。
【請求項3】
前記複数のサンプルプログラムそれぞれの前記実行性能は、当該サンプルプログラムを用いて訓練される機械学習モデルの予測精度である、
請求項1記載の情報処理プログラム。
【請求項4】
前記2以上のクラスタそれぞれに対する前記第1の評価値は、当該クラスタのサンプルプログラム数を示す第1の指標値と、当該クラスタに属する前記2以上のサンプルプログラムの記述に関する特徴量の分散に応じた凝集度を示す第2の指標値と、当該クラスタの前記実行性能の平均を示す第3の指標値と、当該クラスタの前記実行性能の分散を示す第4の指標値とに基づいて算出される、
請求項1記載の情報処理プログラム。
【請求項5】
複数のサンプルプログラムを2以上のクラスタに分類した分類結果であって、クラスタ数が異なる複数のレベルの分類結果を示すクラスタデータと、前記複数のサンプルプログラムそれぞれの実行性能を示す性能データとを取得し、
前記複数のレベルそれぞれにおける前記2以上のクラスタそれぞれに対して、当該クラスタに属する2以上のサンプルプログラムの再利用性に関する指標値と、前記2以上のサンプルプログラムの前記実行性能とに基づいて、第1の評価値を算出し、当該レベルに対して、前記2以上のクラスタに対応する2以上の第1の評価値に基づいて第2の評価値を算出し、
前記複数のレベルに対応する複数の第2の評価値に基づいて、前記複数のレベルのうちの何れかのレベルの前記分類結果を選択する、
処理をコンピュータが実行する情報処理方法。
【請求項6】
複数のサンプルプログラムを2以上のクラスタに分類した分類結果であって、クラスタ数が異なる複数のレベルの分類結果を示すクラスタデータと、前記複数のサンプルプログラムそれぞれの実行性能を示す性能データとを記憶する記憶部と、
前記複数のレベルそれぞれにおける前記2以上のクラスタそれぞれに対して、当該クラスタに属する2以上のサンプルプログラムの再利用性に関する指標値と、前記2以上のサンプルプログラムの前記実行性能とに基づいて、第1の評価値を算出し、当該レベルに対して、前記2以上のクラスタに対応する2以上の第1の評価値に基づいて第2の評価値を算出し、前記複数のレベルに対応する複数の第2の評価値に基づいて、前記複数のレベルのうちの何れかのレベルの前記分類結果を選択する処理部と、
を有する情報処理装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は情報処理プログラム、情報処理方法および情報処理装置に関する。
続きを表示(約 2,000 文字)【背景技術】
【0002】
情報処理装置は、再利用可能なプログラムをソフトウェア部品として保存しておくことがある。ソフトウェア開発の開発者は、保存されたソフトウェア部品を利用することでプログラミングを効率的に行うことができる。ソフトウェア部品は、様々な既存プログラムをサンプルプログラムとして収集し、収集されたサンプルプログラムを分析することによって作成されることがある。情報処理装置は、このようなサンプルプログラムからのソフトウェア部品の作成を支援することがある。
【0003】
例えば、複数のクラスを含むソースコードを分析して、他のクラスから比較的独立したクラス群をコンポーネントとして識別するコンポーネント識別方法が提案されている。提案のコンポーネント識別方法は、他のクラスの呼び出しの有無を示す特徴量を各クラスに対して付与し、特徴量に基づいてクラス間の類似度を定義する。コンポーネント識別方法は、1以上のクラスをそれぞれ含む複数のクラスタを、類似度に基づいて段階的に統合していく階層的クラスタリングを実行する。これにより、複数のクラスについてツリー型の階層構造を示す樹形図(デンドログラム)が生成される。
【先行技術文献】
【非特許文献】
【0004】
Jian Feng Cui and Heung Seok Chae, "Applying agglomerative hierarchical clustering algorithms to component identification for legacy systems", Information and Software Technology, Volume 53, Issue 6, pages 601-614, June 2011
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
上記の非特許文献1に記載されたクラスタリング方法のように、情報処理装置は、サンプルプログラムの集合から、クラスタ数が異なる複数のレベルの分類結果を生成することがある。あるレベルの1つのクラスタから1つのソフトウェア部品が作成され得る。
【0006】
しかし、収集されるサンプルプログラムが多いと、クラスタ数が異なる多数のレベルの分類結果が生成され得る。例えば、階層的クラスタリングでは、階層の深い樹形図が生成される。この場合、何れのレベルのクラスタがソフトウェア部品に適しているかを人手で判断することは負担が大きい。そこで、1つの側面では、本発明は、サンプルプログラムからのソフトウェア部品の作成を効率化することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
1つの態様では、以下の処理をコンピュータに実行させる情報処理プログラムが提供される。複数のサンプルプログラムを2以上のクラスタに分類した分類結果であって、クラスタ数が異なる複数のレベルの分類結果を示すクラスタデータと、複数のサンプルプログラムそれぞれの実行性能を示す性能データとを取得する。複数のレベルそれぞれにおける2以上のクラスタそれぞれに対して、クラスタに属する2以上のサンプルプログラムの再利用性に関する指標値と、2以上のサンプルプログラムの実行性能とに基づいて、第1の評価値を算出し、レベルに対して、2以上のクラスタに対応する2以上の第1の評価値に基づいて第2の評価値を算出する。複数のレベルに対応する複数の第2の評価値に基づいて、複数のレベルのうちの何れかのレベルの分類結果を選択する。
【0008】
また、1つの態様では、コンピュータが実行する情報処理方法が提供される。また、1つの態様では、記憶部と処理部とを有する情報処理装置が提供される。
【発明の効果】
【0009】
1つの側面では、サンプルプログラムからのソフトウェア部品の作成が効率化される。
【図面の簡単な説明】
【0010】
第1の実施の形態の情報処理装置を説明するための図である。
第2の実施の形態の情報処理装置のハードウェア例を示す図である。
機械学習スクリプトとモデル精度の例を示す図である。
機械学習スクリプトの分割例を示す図である。
サンプルプログラムの特徴量の例を示す図である。
階層的クラスタリングとクラスタ評価値の例を示す図である。
クラスタサイズと凝集度のトレードオフの例を示す図である。
モデル精度の平均と分散のトレードオフの例を示す図である。
情報処理装置の機能例を示すブロック図である。
クラスタリングの手順例を示すフローチャートである。
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

富士通株式会社
アバター制御
24日前
富士通株式会社
画像処理方法
5日前
富士通株式会社
基板連結構造
20日前
富士通株式会社
キャッシュメモリ
1か月前
富士通株式会社
光信号パワー利得
16日前
富士通株式会社
増幅装置及び増幅方法
6日前
富士通株式会社
演算装置および演算方法
10日前
富士通株式会社
物体検出システム及び方法
11日前
富士通株式会社
演算回路及び演算処理方法
6日前
富士通株式会社
電子装置及び改竄検知方法
3日前
富士通株式会社
生成プログラムおよび生成方法
1か月前
富士通株式会社
情報処理装置および情報処理方法
27日前
富士通株式会社
光伝送システムでの異常の位置特定
23日前
富士通株式会社
業務管理プログラム、装置、及び方法
1か月前
富士通株式会社
半導体装置及び半導体装置の製造方法
20日前
富士通株式会社
病変検出方法および病変検出プログラム
6日前
富士通株式会社
情報処理方法および情報処理プログラム
5日前
富士通株式会社
移相量調整装置、及び、移相量調整方法
13日前
富士通株式会社
スイッチング電源、増幅装置及び通信装置
5日前
富士通株式会社
3次元人体動的着装モデル推定装置及び方法
24日前
富士通株式会社
クエリ実行方法およびクエリ実行プログラム
13日前
富士通株式会社
車両経路選択問題及びその変形例の経路生成
3日前
富士通株式会社
物品数量を検出する装置と方法及び電子機器
10日前
富士通株式会社
物品数量を検出する装置と方法及び電子機器
10日前
富士通株式会社
自動化されたカスタム特徴エンジニアリング
20日前
富士通株式会社
制御プログラム,制御方法及び情報処理装置
1か月前
富士通株式会社
働きかけ表示方法、働きかけ表示プログラム
6日前
富士通株式会社
生成プログラム、生成方法および情報処理装置
1か月前
富士通株式会社
生成プログラム、生成方法および情報処理装置
1か月前
富士通株式会社
予測プログラム、情報処理装置および予測方法
1か月前
富士通株式会社
探索プログラム、探索システム、及び探索方法
1か月前
富士通株式会社
データ処理装置、プログラム及びデータ処理方法
9日前
富士通株式会社
データ処理装置、プログラム及びデータ処理方法
6日前
富士通株式会社
光ノード装置、光通信システム、及び波長変換回路
6日前
富士通株式会社
カスタム特徴量エンジニアリングのための単位予測
19日前
富士通株式会社
表示プログラム及び表示方法、並びに情報処理装置
1か月前
続きを見る