TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024047725
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-08
出願番号2022153384
出願日2022-09-27
発明の名称コネクタ
出願人矢崎総業株式会社
代理人弁理士法人虎ノ門知的財産事務所
主分類H01R 13/56 20060101AFI20240401BHJP(基本的電気素子)
要約【課題】ハウジングに対する電線の振れを抑制すること。
【解決手段】端子金具10と、ハウジング20と、ハウジングの電線引出部22の内周面22cと電線Weの外周面We0との間の筒状の隙間を塞ぐ環状の防水部材30と、電線引出部における電線引出口22a側の端部に組み付けて、電線引出口から引き出させる電線を挿通させる環状のリアホルダ40と、を備え、リアホルダは、電線引出部における電線引出口側の端部の内方に差し込んで、電線引出部の内周面に同軸上で環状の隙間を空けて対向配置させる外周壁41と、挿通させた電線の外周面に同軸上で環状の隙間を空けて対向配置させる内周壁42と、外周壁から突出させ、かつ、電線引出部の内周面に当接させる外方リブ43と、内周壁から突出させ、かつ、電線の外周面に当接させる内方リブ44と、を有し、外方リブは、外周壁の周方向に3つ以上設け、内方リブは、内周壁の周方向に3つ以上設けること。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
電線の端末に取り付けられた端子金具と、
前記端子金具を前記電線の端末と共に収容する端子収容部、及び、前記端子収容部の前記電線を電線引出口まで案内して筒外に引き出させる筒状の電線引出部を有するハウジングと、
前記電線引出部の内周面と前記電線の外周面との間の筒状の隙間を塞ぐ環状の防水部材と、
前記電線引出部における前記電線引出口側の端部に組み付けて、前記電線引出口から引き出させる前記電線を挿通させる環状のリアホルダと、
を備え、
前記リアホルダは、前記電線引出部における前記電線引出口側の前記端部の内方に差し込んで、前記電線引出部の前記内周面に同軸上で環状の隙間を空けて対向配置させる外周壁と、挿通させた前記電線の前記外周面に同軸上で環状の隙間を空けて対向配置させる内周壁と、前記外周壁から突出させ、かつ、前記電線引出部の前記内周面に当接させる外方リブと、前記内周壁から突出させ、かつ、前記電線の前記外周面に当接させる内方リブと、を有し、
前記外方リブは、前記外周壁の周方向に3つ以上設け、
前記内方リブは、前記内周壁の周方向に3つ以上設けることを特徴としたコネクタ。
続きを表示(約 710 文字)【請求項2】
前記防水部材と前記リアホルダは、円環状に成形され、
前記リアホルダは、前記外方リブと前記内方リブを径方向で並ばせぬよう互いに周方向にずらして配置することを特徴とした請求項1に記載のコネクタ。
【請求項3】
前記防水部材と前記リアホルダは、円環状に成形され、
前記リアホルダは、前記外方リブと前記内方リブを同数有し、かつ、前記外方リブと前記内方リブをそれぞれに周方向で等間隔に配置し、かつ、前記外方リブと前記内方リブを径方向で並ばせぬよう互いに周方向にずらして配置し、
前記内方リブは、前記リアホルダにおける軸心と1つの前記外方リブとを径方向で繋ぐ仮想線を基準線とした場合、周方向で隣り合う2つの前記外方リブに関わる2本の前記基準線の成す角度の半分の角度だけ前記基準線から周方向にずらして配置することを特徴とした請求項1に記載のコネクタ。
【請求項4】
前記防水部材は、弾性変形可能な合成ゴムで成形され、
前記リアホルダは、前記防水部材よりも硬質な合成樹脂材料で成形されることを特徴とした請求項1、2又は3に記載のコネクタ。
【請求項5】
前記防水部材は、弾性変形可能な合成ゴムで成形され、
前記リアホルダは、前記防水部材よりも硬質な合成樹脂材料で成形され、
前記防水部材と前記リアホルダは、それぞれに形作られた個別の部品を互いに組み付けて一体化させた1つの組み立て部品として構成され、又は、一体成形により一体化させた一体成形部品として形成されることを特徴とした請求項1、2又は3に記載のコネクタ。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、コネクタに関する。
続きを表示(約 2,300 文字)【背景技術】
【0002】
従来、コネクタにおいては、電線の端末に取り付けられた端子金具がハウジングの中に収容され、その電線がハウジングの筒状の電線引出部の中を通って外に引き出される。このコネクタは、その電線引出部の内周面と電線の外周面との間の筒状の隙間を埋める環状の防水部材と、その電線引出部の開口(電線引出口)に組み付けて、この開口から防水部材を抜け出させないための環状のリアホルダと、を備えている。例えば、この種のコネクタについては、下記の特許文献1から3に開示されている。特許文献1のコネクタは、リアホルダの電線挿通孔を電線外径よりわずかに大きい内径に形成し、このリアホルダの内周壁によってリアホルダに対する電線の振れを抑制している。また、特許文献2及び3のコネクタは、リアホルダの内周壁に突起部を設け、この突起部を電線の外周面に当接させることによって、リアホルダに対する電線の振れを抑制している。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2016-122524号公報
特開2022-045094号公報
特開2022-045095号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
ところで、このコネクタにおいては、ハウジングの電線引出部とリアホルダとに各々設けたロック機構の係止部同士を引っ掛け合うによって、その電線引出部にリアホルダを保持させる。一般に、そのロック機構は、電線引出部とリアホルダとの間での組付け作業性と保持力とを比較考量して、それぞれの係止部の間に遊びを設けている。このため、このコネクタにおいては、電線引出部とリアホルダとの間でガタ付きが生じるので、リアホルダに対する電線の振れを抑制することができたとしても、電線引出部に対する電線の振れを抑制することができない。よって、このコネクタにおいては、外に引き出された電線への外部入力が防水部材側に伝わる可能性がある。
【0005】
そこで、本発明は、ハウジングに対する電線の振れを抑制し得るコネクタを提供することを、その目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明は、電線の端末に取り付けられた端子金具と、前記端子金具を前記電線の端末と共に収容する端子収容部、及び、前記端子収容部の前記電線を電線引出口まで案内して筒外に引き出させる筒状の電線引出部を有するハウジングと、前記電線引出部の内周面と前記電線の外周面との間の筒状の隙間を塞ぐ環状の防水部材と、前記電線引出部における前記電線引出口側の端部に組み付けて、前記電線引出口から引き出させる前記電線を挿通させる環状のリアホルダと、を備え、前記リアホルダは、前記電線引出部における前記電線引出口側の前記端部の内方に差し込んで、前記電線引出部の前記内周面に同軸上で環状の隙間を空けて対向配置させる外周壁と、挿通させた前記電線の前記外周面に同軸上で環状の隙間を空けて対向配置させる内周壁と、前記外周壁から突出させ、かつ、前記電線引出部の前記内周面に当接させる外方リブと、前記内周壁から突出させ、かつ、前記電線の前記外周面に当接させる内方リブと、を有し、前記外方リブは、前記外周壁の周方向に3つ以上設け、前記内方リブは、前記内周壁の周方向に3つ以上設けることを特徴する。
【発明の効果】
【0007】
本発明に係るコネクタにおいては、複数の外方リブによって、電線引出部の電線引出口側の端部に対するリアホルダの径方向への位置ずれを抑止することができる。そして、このコネクタにおいては、複数の内方リブによって、リアホルダに対する電線の径方向への位置ずれを抑止することができる。このため、このコネクタにおいては、電線引出部の電線引出口側の端部に対する電線の径方向への位置ずれを抑止することができる。従って、このコネクタは、例えば、電線引出部の外で電線に外部入力が作用したとしても、この電線引出部に対する電線の振れを抑制することができるので、その外部入力の電線から防水部材や端子金具への伝達を抑止することができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
図1は、実施形態のコネクタを示す斜視図である。
図2は、実施形態のコネクタを電線引出口側から見た平面図である。
図3は、図2のA部拡大図である。
図4は、実施形態のコネクタを示す分解斜視図である。
図5は、図2のX-X線断面図である。
図6は、実施形態の防水部材及びリアホルダを示す斜視図である。
図7は、図5のB部拡大図である。
図8は、変形例のコネクタを電線引出口側から見た平面図である。
図9は、図8のA部拡大図である。
図10は、図8のX-X線断面図である。
図11は、図8のY-Y線断面図である。
図12は、変形例の防水部材及びリアホルダを示す斜視図である。
図13は、図10のB部拡大図である。
図14は、図11のC部拡大図である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下に、本発明に係るコネクタの実施形態を図面に基づいて詳細に説明する。尚、この実施形態によりこの発明が限定されるものではない。
【0010】
[実施形態]
本発明に係るコネクタの実施形態の1つを図1から図7に基づいて説明する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

矢崎総業株式会社
端子
13日前
矢崎総業株式会社
端子台
11日前
矢崎総業株式会社
収容箱
11日前
矢崎総業株式会社
端子台
11日前
矢崎総業株式会社
端子台
11日前
矢崎総業株式会社
ケース
4日前
矢崎総業株式会社
収容箱
13日前
矢崎総業株式会社
固定構造
8日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
12日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
5日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
4日前
矢崎総業株式会社
圧着端子
今日
矢崎総業株式会社
端子構造
12日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
11日前
矢崎総業株式会社
クランプ
今日
矢崎総業株式会社
配線基板
13日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
13日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
7日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
11日前
矢崎総業株式会社
電子装置
11日前
矢崎総業株式会社
固定構造
8日前
矢崎総業株式会社
コネクタ
11日前
矢崎総業株式会社
電気接続箱
今日
矢崎総業株式会社
電子ミラー
19日前
矢崎総業株式会社
樹脂成形品
11日前
矢崎総業株式会社
回転センサ
11日前
矢崎総業株式会社
電気接続箱
今日
矢崎総業株式会社
電気接続箱
今日
矢崎総業株式会社
電気接続箱
今日
矢崎総業株式会社
グロメット
4日前
矢崎総業株式会社
無線通信装置
11日前
矢崎総業株式会社
嵌合コネクタ
11日前
矢崎総業株式会社
電源制御回路
11日前
矢崎総業株式会社
車載アンテナ
18日前
矢崎総業株式会社
端子接続構造
11日前
矢崎総業株式会社
端子付き電線
7日前
続きを見る