TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2023161527
公報種別公開特許公報(A)
公開日2023-11-07
出願番号2022071990
出願日2022-04-25
発明の名称搬送装置
出願人日本スピードショア株式会社
代理人個人
主分類E02D 29/12 20060101AFI20231030BHJP(水工;基礎;土砂の移送)
要約【課題】開所や立坑・マンホール等での作業における各種危険を伴わずに、開所や立坑・マンホールなどに各種器具を搬送・設置することが可能な搬送装置を提供すること。
【解決手段】開所や立坑・マンホールなどに各種器具を設置する際に使用する搬送装置において、円孔と円孔と連続する長孔を備えた平板状であり、且つ、周縁を立ち上げた板材であり、しかもその底面に円孔と連続する形状の凹溝を備えたマウントと、長手方向長さが、長孔の長手方向長さより短いが円孔の直径よりも長い係止棒と、該係止棒を先端に備えた、その直径が円孔の直径よりも小さい円柱状の棒体と、棒体上部に連設された円孔を通過できない形状の第二棒体であって、この第二棒体下端と係止棒上端との距離を板材の上下方向厚さよりも長く構成した第二棒体とにより成る吊下具とにより構成した。
【選択図】 図1
特許請求の範囲【請求項1】
開所や立坑・マンホールなどに各種器具を設置する際に使用する搬送装置であって、
円孔(11)と円孔(11)と連続する長孔(12)を備えた平板状の板材(13)であるマウント(10)と、
長手方向長さが、長孔(12)の長手方向長さより短いが円孔(11)の直径よりも長い係止棒(23)と、該係止棒(23)を先端に備えた、その直径が円孔(11)の直径よりも小さい円柱状の棒体(21)と、により成る吊下具(20)と、
により成る搬送装置。
続きを表示(約 630 文字)【請求項2】
棒体(21)上部に円孔(11)を通過できない形状の第二棒体(22)を連設すると共に、第二棒体(22)下端と係止棒(23)上端との距離を板材(13)の上下方向厚さよりも長く構成した請求項1に記載の搬送装置。
【請求項3】
マウント(10)底面に、円孔(11)と連続する形状の凹溝(16)を備えた請求項1又は請求項2に記載の搬送装置。
【請求項4】
マウント(10)の周縁を立ち上げた請求項1又は請求項2に記載の搬送装置。
【請求項5】
開所や立坑・マンホールなどに各種器具を設置する際に使用する搬送装置であって、
円孔(11)と円孔(11)と連続する長孔(12)を備えた平板状であり、且つ、周縁を立ち上げた板材(13)であり、しかもその底面に円孔(11)と連続する形状の凹溝(16)を備えたマウント(10)と、
長手方向長さが、長孔(12)の長手方向長さより短いが円孔(11)の直径よりも長い係止棒(23)と、該係止棒(23)を先端に備えた、その直径が円孔(11)の直径よりも小さい円柱状の棒体(21)と、棒体(21)上部に連設された円孔(11)を通過できない形状の第二棒体(22)であって、この第二棒体(22)下端と係止棒(23)上端との距離を板材(13)の上下方向厚さよりも長く構成した第二棒体(22)と、により成る吊下具(20)と、
により成る搬送装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は開所や立坑・マンホールなどに各種器具を設置する際に使用する搬送装置、殊に狭小なマンホールなどに各種器具を設置する際に使用する搬送装置に関する。
続きを表示(約 1,200 文字)【背景技術】
【0002】
例えば、上下水管等の管渠内に水量センサー等を設置する際や、管敷設工事における勾配設定のためにレーザー装置を管渠内に設置する際など、開所や立坑・マンホールなどに各種器具を設置する際において、マンホール等が狭小な場合には、ロープに前記各種器具を吊り下げて管渠内に設置していた。あるいは、作業者が開所や立坑・マンホール内に立ち入って、前記各種装置等を管渠内に設置していた。
【0003】
特許文献1には立坑を通して地下の坑内へセグメント等の資材を搬入するための装置であって、一対の平行なガイドレールを垂直方向及び水平歩行に敷設した吊持搬送装置が開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開平6-58100号公報
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
上記の通り、マンホール等が狭小な場合には、ロープに前記各種器具を吊り下げて管渠内に設置していたが、かかる作業は地上にいる作業者が手作業で行うものであり難易度が高いものである。殊にレーザー装置を設置する際などには正確な位置決めが必要であり、地上の作業者がロープを操り、管渠内に正確に設置する作業などは殊更に難易度が高いものである。
【0006】
また、地盤を掘削してできた開所や立坑・マンホールや各種管渠内には二酸化炭素や硫化水素などのガスが溜まることがあり、上記マンホール等の内部での作業のために立ち入った作業員が、酸素欠乏症やガス中毒の症状に陥ることがある。その他マンホール等での作業には落下物による危険や足場の悪さなど様々な危険が伴う。
【0007】
そこで本発明は開所や立坑・マンホール等での作業における前記設置作業の難易度や危険を伴わずに、開所や立坑・マンホールなどに各種器具を搬送・設置することが可能な搬送装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0008】
上記の目的を達成する本発明の構成は以下の通りである。
【0009】
(1) 請求項1に記載の搬送装置は、円孔と円孔と連続する長孔を備えた平板状の板材であるマウントと、長手方向長さが長孔の長手方向長さより短いが円孔の直径よりも長い係止棒と、該係止棒を先端に備えたその直径が円孔の直径よりも小さい円柱状の棒体とにより成る吊下具と、により構成される。
【0010】
(2) 請求項2に記載の搬送装置は、請求項1記載の発明において、棒体上部に円孔を通過できない形状の第二棒体を連設すると共に、第二棒体下端と係止棒上端との距離を板材のの上下方向厚さよりも長く構成した。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
簡易構築物の引き抜き抵抗杭
9日前
株式会社大林組
土留め壁
5日前
日立建機株式会社
作業機械
15日前
株式会社大林組
土留め構造
5日前
株式会社クボタ
鋼管連結装置
1日前
株式会社大林組
土留め壁の設計方法
5日前
日本車輌製造株式会社
杭打機の表示システム
15日前
株式会社小松製作所
作業機械
3日前
日立建機株式会社
作業機械
1日前
ベルテクス株式会社
取水装置
5日前
鹿島建設株式会社
凍結システムおよび地盤沈下抑制方法
10日前
個人
土留用杭、土留壁構造体、及び、土留構造の構築方法
5日前
日本車輌製造株式会社
建設機械の油圧配管接続方法
1日前
コベルコ建機株式会社
作業表面表示システム
15日前
日立建機株式会社
ホイールローダ
1日前
東京インキ株式会社
セル構造体用接続具、接続構造、及び接続方法
9日前
株式会社クボタ
作業車両及び作業車両の制御方法
5日前
株式会社青山海事
捨石均し用重錘
10日前
株式会社安藤・間
パイルキャップのせん断強度算定方法
1日前
株式会社アスカ
カプセル型センサ埋設工法及びその埋設システム
5日前
株式会社クボタ
作業車両、及び、作業車両の速度制御方法
1日前
株式会社フジタ
既存杭の杭頭構造、及び既存杭と新設杭の杭頭構造
10日前
ジェコス株式会社
杭施工支援システムを備えたバイブロハンマ杭打機
15日前
株式会社長谷工コーポレーション
既存杭の撤去工法
5日前
株式会社パスコ
推定装置、推定方法及び制御プログラム
9日前
日新産業株式会社
植生マットおよび植生袋
10日前
岸和田ステンレス株式会社
マンホール蓋および蓋枠
15日前
株式会社小松製作所
作業機械システムおよび作業機械の制御方法
9日前
JFEスチール株式会社
流路切り替え装置および流路切り替え方法
15日前
安全自動車株式会社
自動車用ピットの構築方法
5日前
豊国工業株式会社
ライニング構造及びライニングプレート
15日前
三谷セキサン株式会社
杭穴内に充填された未固結試料の採取装置
15日前
株式会社技研製作所
後退自走装置および杭圧入機の後退自走方法
5日前
日本製鉄株式会社
杭頭補強工法、鋼管杭、および鋼管杭の設計方法
10日前
ジェコス株式会社
杭打ち下げ用治具
9日前
中国長江三峡集団有限公司
杭基礎引き下げ力の予測方法、装置及び電子機器
3日前
続きを見る