TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024062828
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-10
出願番号2022170927
出願日2022-10-25
発明の名称クライアント装置、クライアント装置の制御方法、及び、サーバ装置
出願人横河電機株式会社
代理人個人,個人,個人
主分類G06F 16/587 20190101AFI20240501BHJP(計算;計数)
要約【課題】一定の地理的範囲にわたって撮影された撮影画像から所望の撮影画像をより効率的に検索可能とする。
【解決手段】サーバ装置と通信可能なクライアント装置であって、移動体が撮影しながら移動した地域を含む地図を表示部に表示させ、前記移動体の移動の軌跡に含まれる区間の指定を、前記地図に対する操作によりユーザから受け付け、前記指定された前記区間において前記移動体により撮影された撮影画像を前記サーバ装置に対して要求し、前記指定された前記区間において撮影された前記撮影画像を前記サーバ装置から受信する、制御部を備える。
【選択図】図4
特許請求の範囲【請求項1】
サーバ装置と通信可能なクライアント装置であって、
移動体が撮影しながら移動した地域を含む地図を表示部に表示させ、
前記移動体の移動の軌跡に含まれる区間の指定を、前記地図に対する操作によりユーザから受け付け、
前記指定された前記区間において前記移動体により撮影された撮影画像を前記サーバ装置に対して要求し、
前記指定された前記区間において撮影された前記撮影画像を前記サーバ装置から受信する、
制御部を備える、クライアント装置。
続きを表示(約 1,500 文字)【請求項2】
前記制御部は、前記移動体の移動の最新の前記軌跡を前記地図上に表示させる、請求項1に記載のクライアント装置。
【請求項3】
前記制御部は、
前記地図における領域の選択操作を前記地図に対する前記操作として前記ユーザから受け付け、
前記移動体の移動の前記軌跡のうち、前記選択操作がなされた前記領域に含まれる部分を、前記ユーザにより指定された前記区間として取得する、
請求項1に記載のクライアント装置。
【請求項4】
前記制御部は、前記領域の前記選択操作がなされたことに応じて、当該領域を通過した前記移動体の移動の前記軌跡を前記地図上に表示させる、請求項3に記載のクライアント装置。
【請求項5】
前記制御部は、
前記指定された前記区間に対応する時間的範囲を前記サーバ装置から取得し、
前記サーバ装置から取得した前記時間的範囲に含まれるユーザにより指定された時間的範囲を前記サーバ装置へ送信して、前記指定された前記時間的範囲において前記移動体により撮影された前記撮影画像を前記サーバ装置に対して要求する、
請求項1に記載のクライアント装置。
【請求項6】
前記制御部は、
前記軌跡を前記移動体が移動した時刻の範囲に対応する棒状画像を前記表示部に表示させ、
前記ユーザにより前記区間が指定された場合、当該指定された前記区間に対応する時間的範囲を示す画像を前記棒状画像上に表示させる、
請求項5に記載のクライアント装置。
【請求項7】
前記制御部は、前記棒状画像における前記区間に対応する前記時間的範囲を示す画像に対して、前記ユーザにより予め定められた操作がなされたことに応じて、前記区間において前記移動体により撮影された前記撮影画像を前記サーバ装置に対して要求する、請求項6に記載のクライアント装置。
【請求項8】
前記制御部は、前記移動体が撮影した前記撮影画像のサムネイル画像を、前記棒状画像に対応付けて、前記表示部に表示させる、請求項6に記載のクライアント装置。
【請求項9】
サーバ装置と通信可能な、制御部を備えるクライアント装置の制御方法であって、
前記制御部が、
移動体が撮影しながら移動した地域を含む地図を表示部に表示させることと、
前記移動体の移動の軌跡に含まれる区間の指定を、前記地図に対する操作によりユーザから受け付けることと、
前記指定された前記区間において前記移動体により撮影された撮影画像を前記サーバ装置に対して要求することと、
前記指定された前記区間において撮影された前記撮影画像を前記サーバ装置から受信することと、
を含む、クライアント装置の制御方法。
【請求項10】
クライアント装置と通信可能なサーバ装置であって、
前記クライアント装置から、移動体の移動の軌跡に含まれる区間を示す位置情報を通信部により受信し、
前記移動体の位置と時刻とを対応付けて記憶する第1データベースを参照して、前記クライアント装置から受信した前記位置情報により示される前記区間を前記移動体が通過した時間的範囲を取得し、
前記時間的範囲に前記移動体により撮影された撮影画像を、前記移動体により撮影された撮影画像と時刻とを対応付けて記憶する第2データベースから取得し、
取得した前記時間的範囲に前記移動体により撮影された前記撮影画像を前記通信部により前記クライアント装置へ送信する、
制御部を備える、サーバ装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、クライアント装置、クライアント装置の制御方法、及び、サーバ装置に関する。
続きを表示(約 1,000 文字)【背景技術】
【0002】
特許文献1には、画像の検索に関する技術が記載されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2019-195180号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかし、従来の構成は、移動体等により一定の地理的範囲にわたって撮影された撮影画像から所望の撮影画像を効率的に検索するという点において改善の余地があった。
【0005】
そこで、本開示は、一定の地理的範囲にわたって撮影された撮影画像から所望の撮影画像をより効率的に検索可能とすることを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
幾つかの実施形態に係るクライアント装置は、
(1)サーバ装置と通信可能なクライアント装置であって、
移動体が撮影しながら移動した地域を含む地図を表示部に表示させ、
前記移動体の移動の軌跡に含まれる区間の指定を、前記地図に対する操作によりユーザから受け付け、
前記指定された前記区間において前記移動体により撮影された撮影画像を前記サーバ装置に対して要求し、
前記指定された前記区間において撮影された前記撮影画像を前記サーバ装置から受信する、
制御部を備える。
【0007】
したがって、ユーザは、地図に対する操作により移動体の移動の軌跡に含まれる区間を指定するだけで、その区間において移動体により撮影された撮影画像をクライアント装置にダウンロードさせることができる。したがって、ユーザは、一定の地理的範囲にわたって撮影された撮影画像から所望の撮影画像をより効率的に検索することができる。
【0008】
(2)(1)のクライアント装置において、前記制御部は、前記移動体の移動の最新の前記軌跡を前記地図上に表示させてもよい。
【0009】
したがって、ユーザは、移動体の移動の最新の軌跡を地図上で確認することが可能である。
【0010】
(3)(1)又は(2)のクライアント装置において、
前記制御部は、
前記地図における領域の選択操作を前記地図に対する前記操作として前記ユーザから受け付け、
前記移動体の移動の前記軌跡のうち、前記選択操作がなされた前記領域に含まれる部分を、前記ユーザにより指定された前記区間として取得してもよい。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
環境情報処理装置
6日前
個人
求人支援システム
23日前
個人
外食予約システム
6日前
ニデック株式会社
冷却装置
今日
個人
海外在住支援システム
6日前
シャープ株式会社
情報出力装置
21日前
株式会社ワコム
電子ペン
9日前
東洋電装株式会社
操作装置
9日前
東洋電装株式会社
操作装置
9日前
東洋電装株式会社
操作装置
9日前
日本信号株式会社
料金精算システム
19日前
株式会社カロニマ
情報発信システム
13日前
トヨタ紡織株式会社
検査装置
1か月前
株式会社アジラ
異常行動検出システム
1か月前
株式会社mov
情報処理システム
29日前
個人
AI営業システム
1か月前
個人
特許審査支援ボットおよびボットシステム
20日前
個人
スマートフォンにおける使用料金削減方法
20日前
シーアンドアールエム株式会社
広告装置
16日前
ローム株式会社
電源制御集積回路
6日前
株式会社and.d
商品の推奨方法
8日前
トヨタ自動車株式会社
文字抽出方法
16日前
富士フイルム株式会社
タッチセンサ
16日前
シャープ株式会社
ウェアラブル機器
23日前
個人
取引システム、取引方法及び取引プログラム
7日前
株式会社豊田自動織機
物体検出装置
6日前
三浦工業株式会社
薬品発注システム
1日前
トヨタ自動車株式会社
文字認識装置
1か月前
個人
文書処理プログラム及び情報処理装置
2日前
株式会社日建設計
CO2排出量推定システム
6日前
トヨタ自動車株式会社
文字列識別方法
16日前
株式会社日立製作所
設計支援装置
28日前
トヨタ自動車株式会社
文字列識別方法
16日前
株式会社クボタ
漏水箇所推定システム
26日前
株式会社カネカ
生産計画立案システム
16日前
NKKスイッチズ株式会社
タッチパネル
15日前
続きを見る