TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024060643
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-07
出願番号2022168027
出願日2022-10-20
発明の名称ペットケア補助具
出願人個人
代理人個人
主分類A01K 13/00 20060101AFI20240425BHJP(農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業)
要約【課題】ペットケアの際に、ペットの落ち着きが無くなるのを防止し、スムーズにペットケアを行うことが可能なペットケア補助具を提供すること。
【解決手段】ペットケア補助具1は、ペットケアの際に、ペットPの首に巻き付け、ペットPの顔を囲い、弾性変形可能な板状体であり、ペットPの首に巻き付けられる内縁101と、内縁101に対向しペットPの鼻側に配置される外縁102と、内縁101及び外縁102の両端部にそれぞれ連なる一対の側縁103と、を有する本体10と、本体10の一方の面における一方の側縁近傍と、本体10の他方の面における他方の側縁近傍とに、それぞれ設けられ、本体10の両端部を互いに連結可能な固定部20と、を備え、本体10は、不透明な素材で形成されていることを特徴とする。
【選択図】図2

特許請求の範囲【請求項1】
ペットケアの際に、ペットの首に巻き付け、ペットの顔を囲うペットケア補助具であって、
弾性変形可能な板状体であり、ペットの首に巻き付けられる内縁と、前記内縁に対向しペットの鼻側に配置される外縁と、前記内縁及び前記外縁の両端部にそれぞれ連なる一対の側縁と、を有する本体と、
前記本体の一方の面における一方の側縁近傍と、前記本体の他方の面における他方の側縁近傍とに、それぞれ設けられ、前記本体の両端部を互いに連結可能な固定部と、を備え、
前記本体は、不透明な素材で形成されていることを特徴とするペットケア補助具。
続きを表示(約 270 文字)【請求項2】
前記本体は、厚さが3mm以上の弾性変形可能な弾性部材が、防水性又は撥水性を有するシートで覆われていることを特徴とする請求項1に記載のペットケア補助具。
【請求項3】
前記本体は、前記弾性部材と前記シートが糸部材によって縫い付けられている縫い目を有し、
前記縫い目は、
前記外縁、前記内縁及び一対の前記側縁に沿って延びる縁縫い目と、
前記縁縫い目の内側において、前記外縁及び/又は前記内縁に沿って延びる補助縫い目と、を有することを特徴とする請求項2に記載のペットケア補助具。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、ペットケアの際に、ペットの首に巻き付けるペットケア補助具に関する。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
従来、犬や猫等のペットを洗ったり、トリミングしたり、爪を切ったり、医療措置を施す等のペットケアの際、ペットの頭部をラッパ形状のカラーで囲んでいた。
【0003】
例えば、特許文献1には、ドーナツ形円板に係止手段を備えた動物用首枷において、網状材で構成した本体の外周縁に、適宜形状の握りを着脱自在に突設した、ペット用網カラーが提案されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
実公平6-47255号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
ここで、ペットは、ペットケアの際、ペットケアを行う人が持つ器具(例えば、シャワーヘッドやハサミや爪切り等)が視界に入ると落ち着きが無くなり、当該器具に顔を近づけたり、体を舐めたりし、ペットケアがスムーズに行えない場合がある。このような場合、特許文献1のペット用網カラーをペットに装着しても、網状材で構成した本体を介して、上記器具が視界に入るため、ペットの落ち着きが無くなり、ペットケアがスムーズに行えないという問題がある。
【0006】
本発明は、ペットケアの際に、ペットの落ち着きが無くなるのを防止し、スムーズにペットケアを行うことが可能なペットケア補助具を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
(1 ペットケアの際に、ペットの首に巻き付け、ペットの顔を囲うペットケア補助具であって、
弾性変形可能な板状体であり、ペットの首に巻き付けられる内縁と、前記内縁に対向しペットの鼻側に配置される外縁と、前記内縁及び前記外縁の両端部にそれぞれ連なる一対の側縁と、を有する本体と、
前記本体の一方の面における一方の側縁近傍と、前記本体の他方の面における他方の側縁近傍とに、それぞれ設けられ、前記本体の両端部を互いに連結可能な固定部と、を備え、
前記本体は、不透明な素材で形成されていることを特徴とするペットケア補助具。
【0008】
(1)の発明によれば、ペットケアの際に、ペットの首に巻き付け、ペットの顔を囲うペットケア補助具は、本体と、固定部と、を備える。
本体は、弾性変形可能な板状体であり、ペットの首に巻き付けられる内縁と、内縁に対向しペットの鼻側に配置される外縁と、内縁及び外縁の両端部にそれぞれ連なる一対の側縁と、を有する。
固定部は、本体の一方の面における一方の側縁近傍と、本体の他方の面における他方の側縁近傍とに、それぞれ設けられ、本体の両端部を互いに連結可能である。
そして、本体は、不透明な素材で形成されている。
【0009】
これにより、ペットケアの際に、本体の外縁をペットの鼻側に配置し、本体の内縁をペットの首に巻き付け、固定部により本体の両端部を互いに連結することで、本体によりペットの顔を囲うことができる。そして、このペットの顔を囲うペットケア補助具の本体を不透明な素材で形成したので、ペットの背中側への視界を遮ることができる。このため、ペットケアの際に、ペットの背中側において、ペットケアを行う器具(例えば、シャワーヘッドや爪切り等)をペットに近づけても、ペットが視認できないので、落ち着きが無くなるのを防止することができる。
したがって、ペットケアの際に、ペットの落ち着きが無くなるのを防止し、スムーズにペットケアを行うことが可能なペットケア補助具を提供できる。
【0010】
(2) 前記本体は、厚さが3mm以上の弾性変形可能な弾性部材が、防水性又は撥水性を有するシートで覆われていることを特徴とする(1)に記載のペットケア補助具。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
植木鉢
23日前
個人
防護柵
今日
個人
イカ釣り用ヤエン
10日前
個人
動物用ケージ
8日前
個人
害虫の防止方法
14日前
井関農機株式会社
作業車両
今日
井関農機株式会社
作業車両
22日前
個人
産卵床及び卵保護方法
17日前
井関農機株式会社
収穫作業車両
3日前
井関農機株式会社
歩行型管理機
7日前
井関農機株式会社
歩行型管理機
10日前
株式会社マツバラ
消毒剤
28日前
井関農機株式会社
作業車両
10日前
井関農機株式会社
作業車両
15日前
株式会社環緑
育苗用ポット
22日前
株式会社シマノ
釣竿
16日前
松山株式会社
農作業機
今日
井関農機株式会社
水田作業機
27日前
松山株式会社
農作業機
22日前
みのる産業株式会社
苗箱並べ機
23日前
株式会社石垣
海洋生物の餌料生成装置
14日前
株式会社アテックス
歩行型斜面草刈機
22日前
株式会社アテックス
歩行型斜面草刈機
22日前
井関農機株式会社
歩行型管理機
8日前
個人
穴堀具
今日
株式会社アテックス
歩行型斜面草刈機
3日前
イワフジ工業株式会社
伐採作業機
21日前
株式会社竹中工務店
忌避システム
23日前
株式会社クボタ
作業車
3日前
株式会社クボタ
作業車
3日前
株式会社クボタ
作業車
7日前
株式会社クボタ
作業車
7日前
パイロットインキ株式会社
変色性プランター
23日前
日本植生株式会社
緑化用具
8日前
トヨタ自動車株式会社
植物生育システム
10日前
株式会社クボタ
コンバイン
14日前
続きを見る