TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024070840
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-23
出願番号2023191191
出願日2023-11-08
発明の名称3次元人体動的着装モデル推定装置及び方法
出願人富士通株式会社
代理人個人,個人
主分類G06T 13/40 20110101AFI20240516BHJP(計算;計数)
要約【課題】本発明は、3次元人体動的着装モデル推定装置及び方法を提供する。
【解決手段】かかる方法は、第一モデルを用いて2次元人体画像に基づいて3次元人体静的着装モデル及びそれにマッチした第二モデルのパラメータを出力し;出力された第二モデルのパラメータに基づいて第二モデルにおける人体骨骼位置を調整し、人体骨骼位置を調整した第二モデルと、第一モデル化ユニットから出力された3次元人体静的着装モデルとの重ね合わせを行い、人体骨骼位置を調整した第二モデルにおける骨骼を3次元人体静的着装モデルにバインドし、人体骨骼が組み立てられた3次元静的着装モデルを出力し;及び、人体骨骼位置が時間とともに変化するパラメータシーケンス、及び人体骨骼が組み立てられた3次元静的着装モデルに基づいて、3次元人体動的着装モデルを得ることを含む。
【選択図】図10
特許請求の範囲【請求項1】
3次元人体動的着装モデルを推定する装置であって、
第一モデルを用いて、入力される2次元人体画像に基づいて、3次元人体静的着装モデル及び前記3次元人体静的着装モデルにマッチした第二モデルのパラメータを出力する第一モデル化ユニットであって、前記第一モデルは人体表面を暗黙的に表し、かつ第二モデルを先験的モデルとして使用するモデルであり、前記第二モデルは人体骨骼を含むパラメータ化モデルである、第一モデル化ユニット;
前記第一モデル化ユニットから出力される前記第二モデルのパラメータに基づいて、第二モデルにおける人体骨骼位置を調整し、人体骨骼位置を調整した第二モデルと、前記第一モデル化ユニットから出力される前記3次元人体静的着装モデルと、を重ね合わせ、人体骨骼位置を調整した第二モデルにおける骨骼を前記3次元人体静的着装モデルにバインドし、人体骨骼が組み立てられた3次元静的着装モデルを出力する第二モデル化ユニット;及び
人体骨骼位置が時間とともに変化するパラメータシーケンス、及び前記人体骨骼が組み立てられた3次元静的着装モデルに基づいて、3次元人体動的着装モデルを取得する動的ユニットを含む、装置。
続きを表示(約 1,300 文字)【請求項2】
請求項1に記載の装置であって、
前記第二モデルのパラメータは、前記第一モデルから出力される前記第二モデルにおける人体の体型情報及び姿勢情報を含む、装置。
【請求項3】
請求項2に記載の装置であって、
前記第二モデル化ユニットは前記姿勢情報に基づいて、前記第二モデルにおける人体骨骼の初期位置を前記姿勢情報に対応する位置に調整し、前記人体骨骼位置を調整した第二モデルを得る、装置。
【請求項4】
請求項1に記載の装置であって、
人体の姿勢変化を含むビデオから、前記人体骨骼位置が時間とともに変化するパラメータシーケンスを抽出するシーケンス抽出ユニットをさらに含む、装置。
【請求項5】
請求項1に記載の装置であって、
前記動的ユニットは前記人体骨骼位置が時間とともに変化するパラメータシーケンスに基づいて、前記人体骨骼が組み立てられた3次元静的着装モデルにおける各骨骼点の位置を変更し、前記パラメータシーケンスにおける人体骨骼位置変化に対応する姿勢変化を有する3次元人体動的着装モデルを得る、装置。
【請求項6】
請求項1に記載の3次元人体動的着装モデル推定装置を含む電子機器。
【請求項7】
3次元人体動的着装モデルを推定する方法であって、
第一モデルを用いて、入力される2次元人体画像に基づいて、3次元人体静的着装モデル及び前記3次元人体静的着装モデルにマッチした第二モデルのパラメータを出力し、前記第一モデルは人体表面を暗黙的に表し、かつ第二モデルを先験的モデルとして使用するモデルであり、前記第二モデルは人体骨骼を含むパラメータ化モデルであり;
出力される前記第二モデルのパラメータに基づいて、第二モデルにおける人体骨骼位置を調整し、人体骨骼位置を調整した第二モデルと、前記第一モデル化ユニットから出力される前記3次元人体静的着装モデルと、を重ね合わせ、人体骨骼位置を調整した第二モデルにおける骨骼を前記3次元人体静的着装モデルにバインドし、人体骨骼が組み立てられた3次元静的着装モデルを出力し;及び
人体骨骼位置が時間とともに変化するパラメータシーケンス、及び前記人体骨骼が組み立てられた3次元静的着装モデルに基づいて、3次元人体動的着装モデルを取得することを含む、方法。
【請求項8】
請求項7に記載の方法であって、
前記第二モデルのパラメータは、前記第一モデルから出力される前記第二モデルにおける人体の体型情報及び姿勢情報を含む、方法。
【請求項9】
請求項8に記載の方法であって、
前記姿勢情報に基づいて、前記第二モデルにおける人体骨骼の初期位置を前記姿勢情報に対応する位置に調整し、前記人体骨骼位置を調整した第二モデルを得る、方法。
【請求項10】
請求項7に記載の方法であって、
人体の姿勢変化を含むビデオから、前記人体骨骼位置が時間とともに変化するパラメータシーケンスを抽出することをさらに含む、方法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、情報技術の分野に関する。
続きを表示(約 2,000 文字)【背景技術】
【0002】
近年、3次元(3D)人体モデルが人気の研究テーマになっている。3次元人体モデルは様々な場面、例えば、仮想現実、映画の特殊効果及びエンターテイメントに適用できる。3次元人体モデルを構築する従来の方法では通常、3次元コンピュータグラフィックソフトウェアの使用が必要であり、また、正確な3次元モデルを生成するには、高価な3次元スキャン装置も必要である。
【0003】
今のところ、1枚のカラーピクチャ(画像)を用いて3次元人体モデルを構築する既存の方法によって構築される人体着装モデルは、ほとんど、静的人体着装(着衣/ドレッシング)モデルであり、このようなモデルは、一般に、人体の服飾の細部、例えば、髪型やアクセサリーの復元に重点を置いている。
【0004】
なお、上述の背景技術についての紹介は、本発明の技術案を明確かつ完全に説明し、また、当業者がそれを理解しやすいためのものである。これらの技術案は、本発明の背景技術に記述されているため、当業者にとって周知であると解釈してはならない。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかしながら、上述の既存の3次元人体モデルの構築方法によって構築されるのは静的人体着装モデルであり、3次元構造の着衣人体を動的に表現できない。よって、このような静的モデルの適用範囲が限定され、かつ、高価な3次元スキャン装置が必要となるため、モデルを構築するコストは高くなる恐れがある。
【0006】
上述の問題のうちの少なくとも1つを解決するために、本発明の実施例は、高精度な動的3次元人体動的ドレッシングモデルを簡単かつ低コストで構築可能な3次元人体動的着装モデル推定装置及び方法の提供を課題とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明の実施例の第一側面によれば、3次元人体動的着装モデル推定装置が提供され、前記装置は、
第一モデルを用いて、入力される2次元人体画像に基づいて、3次元人体静的着装モデル及び前記3次元人体静的着装モデルにマッチした第二モデルのパラメータを出力する第一モデル化ユニットであって、そのうち、前記第一モデルは人体表面を暗黙的に表し(implicitly represent)、かつ第二モデルを先験的モデルとして使用するモデルであり、前記第二モデルは人体骨骼(骨格)を含むパラメータ化モデルである、第一モデル化ユニット;
前記第一モデル化ユニットから出力される前記第二モデルのパラメータに基づいて、第二モデルにおける人体骨骼位置を調整し、人体骨骼位置を調整した第二モデルと、前記第一モデル化ユニットから出力される前記3次元人体静的着装モデルと、を重ね合わせ(overlap)、人体骨骼位置を調整した第二モデルにおける骨骼を前記3次元人体静的着装モデルにバインドし、人体骨骼が組み立てられた(assembling)3次元静的着装モデルを出力する第二モデル化ユニット;及び
人体骨骼位置が時間とともに変化するパラメータシーケンス、及び前記人体骨骼が組み立てられた3次元静的着装モデルに基づいて、3次元人体動的着装モデルを取得する動的ユニットを含む。
【0008】
本発明の実施例の第二側面によれば、電子機器が提供され、前記電子機器は本発明の実施例の第一側面に記載の装置を含む。
【0009】
本発明の実施例の第三側面によれば、3次元人体動的着装モデル推定方法が提供され、前記方法は、
第一モデルを用いて、入力される2次元人体画像に基づいて、3次元人体静的着装モデル及び前記3次元人体静的着装モデルにマッチした第二モデルのパラメータを出力し、そのうち、前記第一モデルは人体表面を暗黙的に表し、かつ第二モデルを先験的モデルとして使用するモデルであり、前記第二モデルは人体骨骼を含むパラメータ化モデルであり;
出力される前記第二モデルのパラメータに基づいて、第二モデルにおける人体骨骼位置を調整し、人体骨骼位置を調整した第二モデルと、前記第一モデル化ユニットから出力される前記3次元人体静的着装モデルと、を重ね合わせ、人体骨骼位置を調整した第二モデルにおける骨骼を前記3次元人体静的着装モデルにバインドし、人体骨骼が組み立てられた3次元静的着装モデルを出力し;及び
人体骨骼位置が時間とともに変化するパラメータシーケンス、及び前記人体骨骼が組み立てられた3次元静的着装モデルに基づいて、3次元人体動的着装モデルを取得することを含む。
【発明の効果】
【0010】
本発明の実施例の有利な効果は少なくとも次のとおりである。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

富士通株式会社
画像処理方法
2日前
富士通株式会社
増幅装置及び増幅方法
3日前
富士通株式会社
演算回路及び演算処理方法
3日前
富士通株式会社
情報処理方法および情報処理プログラム
2日前
富士通株式会社
病変検出方法および病変検出プログラム
3日前
富士通株式会社
スイッチング電源、増幅装置及び通信装置
2日前
富士通株式会社
働きかけ表示方法、働きかけ表示プログラム
3日前
富士通株式会社
物品数量を検出する装置と方法及び電子機器
7日前
富士通株式会社
物品数量を検出する装置と方法及び電子機器
7日前
富士通株式会社
データ処理装置、プログラム及びデータ処理方法
3日前
富士通株式会社
データ処理装置、プログラム及びデータ処理方法
6日前
富士通株式会社
光ノード装置、光通信システム、及び波長変換回路
3日前
富士通株式会社
情報処理プログラム、情報処理方法及び情報処理装置
6日前
富士通株式会社
情報処理プログラム、情報処理方法及び情報処理装置
7日前
富士通株式会社
機械学習プログラム,機械学習方法および情報処理装置
3日前
富士通株式会社
情報処理プログラム、情報処理方法、および情報処理装置
3日前
富士通株式会社
情報処理プログラム、情報処理方法、および情報処理装置
3日前
富士通株式会社
情報処理プログラム、情報処理方法、および情報処理装置
3日前
富士通株式会社
情報処理プログラム、情報処理方法、および情報処理装置
3日前
富士通株式会社
対象検出プログラム、装置、及び機械学習モデル生成方法
6日前
富士通株式会社
時間インターリーブ型デジタルアナログ変換器の不整合誤差校正方法及び装置
3日前
個人
管理装置
1か月前
個人
暗号化記憶媒体
21日前
個人
プロジェクター
1か月前
個人
求人支援システム
10日前
キヤノン電子株式会社
周辺機器
29日前
個人
求人マッチングサーバ
29日前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
28日前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
28日前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
28日前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
28日前
シャープ株式会社
情報出力装置
8日前
株式会社ワコム
電子ペン
24日前
アスエネ株式会社
水管理の方法
29日前
トヨタ自動車株式会社
検査装置
1か月前
株式会社ワコム
電子ペン
22日前
続きを見る