TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024068307
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-20
出願番号2022178648
出願日2022-11-08
発明の名称照明装置、表示装置及び照明システム
出願人シャープ株式会社
代理人個人,個人
主分類H05B 47/165 20200101AFI20240513BHJP(他に分類されない電気技術)
要約【課題】照明光の色温度に適した色温度を有する画面を表示装置に表示させることができる照明装置、表示装置及び照明システムを提供する。
【解決手段】照明装置は、照明光を発する発光部と、通信部と、前記照明光の色を変更し、前記通信部に、前記照明光の変更後の色を示す情報を、画面を表示し前記照明光の変更後の色に基づいて前記画面の色を変更する表示装置へ送信させる制御部と、を備える。
【選択図】図2


特許請求の範囲【請求項1】
照明光を発する発光部と、
通信部と、
前記照明光の色を変更し、前記通信部に、前記照明光の変更後の色を示す情報を、画面を表示し前記照明光の変更後の色に基づいて前記画面の色を変更する表示装置へ送信させる制御部と、
を備える照明装置。
続きを表示(約 760 文字)【請求項2】
前記照明装置は、部屋の主照明である
請求項1に記載の照明装置。
【請求項3】
前記照明光の色を変更する操作を受け付ける操作部を備え、
前記制御部は、前記操作にしたがって前記照明光の色を変更する
請求項1又は2に記載の照明装置。
【請求項4】
前記制御部は、時刻に基づいて前記照明光の色を変更する
請求項1又は2に記載の照明装置。
【請求項5】
前記制御部は、前記照明光の色温度を変更し、
前記情報は、前記照明光の変更後の色温度を示し、
前記表示装置は、前記照明光の変更後の色温度に基づいて前記画面の色温度を変更する
請求項1又は2に記載の照明装置。
【請求項6】
前記表示装置は、前記画面の色温度を、前記照明光の変更後の色温度と同じ色温度に変更する
請求項5に記載の照明装置。
【請求項7】
前記表示装置は、前記画面の色温度を、前記照明光の変更後の色温度より高い色温度に変更する
請求項5に記載の照明装置。
【請求項8】
前記表示装置は、前記画面の色を徐々に変更する
請求項1又は2に記載の照明装置。
【請求項9】
前記制御部は、前記通信部に、前記情報を、他の照明光を発し前記照明光の変更後の色の色に基づいて前記他の照明光の色を変更する他の照明装置へ送信させる
請求項1又は2に記載の照明装置。
【請求項10】
前記表示装置は、前記表示装置が表示している作業の内容に基づいて前記画面の色を変更する
請求項1又は2に記載の照明装置。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、照明装置、表示装置及び照明システムに関する。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
特許文献1は、自動画質調整装置に関する。当該自動画質調整装置においては、赤色、緑色及び青色の光センサが、外光の強さに応じた赤色検出信号、緑色検出信号及び青色検出信号を得、得た赤色検出信号、緑色検出信号及び青色検出信号をインターフェース回路に供給する。インターフェース回路は、供給された赤色検出信号、緑色検出信号及び青色検出信号の大きさの割合により外光の色温度を検出し、検出した外光の色温度に見合った赤色映像信号、緑色映像信号及び青色映像信号が得られるような色温度制御信号を色温度設定回路に供給し、色温度設定回路を構成する利得制御増幅器の利得を制御し、カラー陰極線管に供給される赤色映像信号、緑色映像信号及び青色映像信号のレベルを制御する(段落0005,0012及び0013)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開平5-292536号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
特許文献1に開示された自動画質調整装置においては、外光の色温度を検出するために、赤色、緑色及び青色の光センサ及びインターフェース回路が必要になる。このため、自動画質調整装置のコストが高くなる。
【0005】
また、当該自動画質調整装置においては、赤色、緑色及び青色の光センサに入射する外光が、照明光から直接的に入射する光以外の光を含む可能性がある。このため、照明光の色温度を正確に検出することができない可能性がある。このため、赤色映像信号、緑色映像信号及び青色映像信号のレベルを照明光の色温度に適したレベルに制御することができない可能性がある。
【0006】
本開示は、これらの問題に鑑みてなされた。本開示の一態様は、照明光の色温度に適した色温度を有する画面を表示装置に表示させることができる照明装置、表示装置及び照明システムを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本開示の第1の態様の照明装置は、照明光を発する発光部と、通信部と、前記照明光の色を変更し、前記通信部に、前記照明光の変更後の色を示す情報を、画面を表示し前記照明光の変更後の色に基づいて前記画面の色を変更する表示装置へ送信させる制御部と、を備える。
【0008】
本開示の第2の態様の表示装置は、画面を表示する表示部と、照明光を発し前記照明光の色を変更する照明装置から前記照明光の変更後の色を示す情報を受信する通信部と、前記照明光の変更後の色に基づいて前記画面の色を変更する制御部と、を備える。
【0009】
本開示の第3の態様の照明システムは、本開示の第1の態様の照明装置と、本開示の第2の態様の表示装置と、を備える。
【図面の簡単な説明】
【0010】
第1実施形態の照明システムを模式的に図示する図である。
第1実施形態の照明システムのブロック図である。
第1実施形態の照明システムに備えられる第1の照明装置及び第1の表示装置により行われる連係処理の流れを示すフローチャートである。
第1実施形態の照明システムに備えられる第1の表示装置により行われる第1の画面の変更後の色温度の決定の流れを示すフローチャートである。
第1実施形態の照明システムに備えられる第1の照明装置、第3の表示装置及び第4の表示装置により行われる連係処理の流れを示すフローチャートである。
第1実施形態の照明システムに備えられる第1の照明装置及び第2の照明装置により行われる連係処理の流れを示すフローチャートである。
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

シャープ株式会社
冷蔵庫
6日前
シャープ株式会社
冷蔵庫
7日前
シャープ株式会社
冷蔵庫
6日前
シャープ株式会社
冷蔵庫
6日前
シャープ株式会社
冷蔵庫
6日前
シャープ株式会社
撮像装置
7日前
シャープ株式会社
冷却装置
3日前
シャープ株式会社
免震構造体
10日前
シャープ株式会社
空気調和機
8日前
シャープ株式会社
空気調和機
2日前
シャープ株式会社
画像形成装置
3日前
シャープ株式会社
情報出力装置
8日前
シャープ株式会社
画像送信装置
7日前
シャープ株式会社
画像形成装置
3日前
シャープ株式会社
ウェアラブル機器
10日前
シャープ株式会社
コンテンツ推薦装置
10日前
シャープ株式会社
給紙装置及び画像形成装置
8日前
シャープ株式会社
製氷ユニットおよび冷蔵庫
8日前
シャープ株式会社
動画像符号化装置、復号装置
7日前
シャープ株式会社
ユーザ装置、基地局、及び方法
2日前
シャープ株式会社
ユーザ装置、基地局、及び方法
2日前
シャープ株式会社
棚、冷蔵庫、および棚の製造方法
6日前
シャープ株式会社
空気環境報知装置および空気調和機
2日前
シャープ株式会社
クラウドサービスへの接続確認方法
7日前
シャープ株式会社
UE(User Equipment)
1日前
シャープ株式会社
動画像復号装置および動画像符号化装置
6日前
シャープ株式会社
UE(User Equipment)
1日前
シャープ株式会社
管理システム、管理方法及びサーバ装置
3日前
シャープ株式会社
画像形成装置及びテストシートの読取方法
3日前
シャープ株式会社
タッチディスプレイ及びタッチ位置検出方法
10日前
シャープ株式会社
表示システム、表示方法、及び表示プログラム
2日前
シャープ株式会社
読み取りシステム、読み取り方法、およびシート
7日前
シャープ株式会社
入力検出装置、入力検出方法、及び入力検出プログラム
2日前
シャープ株式会社
ディスプレイ取付システム、及びディスプレイ取付方法
10日前
シャープ株式会社
クリーニング装置、プロセスユニットおよび画像形成装置
6日前
シャープ株式会社
アクセスポイント装置、ステーション装置および通信方法
8日前
続きを見る