TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024051521
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-11
出願番号2022157734
出願日2022-09-30
発明の名称振動デバイス及びこれを備えるICカード
出願人TDK株式会社
代理人個人,個人
主分類G10K 9/122 20060101AFI20240404BHJP(楽器;音響)
要約【課題】部品点数が少なく簡単な構造で十分な振動を得ることが可能な振動デバイスを提供する。
【解決手段】振動デバイス1は、コイルパターン110と、コイルパターン110に生じる誘導起電力を直流電圧に変換する直流生成回路120と、直流電圧に基づいて所定の周波数を有する駆動信号Sを生成する駆動回路130と、駆動信号Sに応じて変位する圧電素子140とを備える。駆動信号Sは、略垂直な立ち上がり波形を有する。これにより、部品点数が少なく簡単な構造で十分な振動を得ることができる。
【選択図】図4
特許請求の範囲【請求項1】
コイルと、
前記コイルに生じる誘導起電力を直流電圧に変換する直流生成回路と、
前記直流電圧に基づいて所定の周波数を有する駆動信号を生成する駆動回路と、
前記駆動信号に応じて変位する圧電素子と、を備え、
前記駆動信号は、略垂直な立ち上がり波形を有する、振動デバイス。
続きを表示(約 770 文字)【請求項2】
前記直流生成回路は、前記コイルに接続されたダイオードブリッジを含む整流回路と、前記整流回路に接続され、前記直流電圧を安定化させる電圧レギュレータを含む、請求項1に記載の振動デバイス。
【請求項3】
前記所定の周波数は、可聴周波数より低い、請求項1に記載の振動デバイス。
【請求項4】
前記コイルの長手方向と、前記圧電素子の長手方向が一致している、請求項1に記載の振動デバイス。
【請求項5】
前記コイルが形成された基材をさらに備え、前記直流生成回路、駆動回路及び圧電素子は、前記コイルの軸方向から見て、前記コイルの開口領域と重なる位置に配置されている、請求項1乃至4のいずれか一項に記載の振動デバイス。
【請求項6】
前記コイルと重なる磁性体をさらに備え、
前記磁性体は、前記コイルの開口領域と重なる貫通孔を有し、
前記圧電素子は、前記コイルの軸方向から見て、前記磁性体の貫通孔と重なる位置に配置されている、請求項5に記載の振動デバイス。
【請求項7】
請求項6に記載の振動デバイスと、
前記磁性体を介して前記基材と重なるメタルプレートと、を備え、
前記圧電素子は、接着層を介して前記メタルプレートに接着される、ICカード。
【請求項8】
前記コイルと結合するICモジュールをさらに備える、請求項7に記載のICカード。
【請求項9】
前記コイルは、アンテナコイルと、前記アンテナコイルに接続又は電磁界結合され、前記ICモジュールと電磁界結合するカップリングコイルとを含み、
前記直流生成回路は、前記カップリングコイルの電圧に基づいて活性化される、請求項8に記載のICカード。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、振動デバイス及びこれを備えるICカードに関する。
続きを表示(約 1,100 文字)【背景技術】
【0002】
特許文献1には、コイルに生じる誘導起電力を蓄えるキャパシタと、キャパシタに蓄えられた電力によって駆動する振動用モーターとを備えた非接触型ICカードが開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2014-132404号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、特許文献1に記載されたICカードは、誘導起電力を蓄えるキャパシタを用いていることから、部品点数が多いという問題があった。また、振動用モーターの代わりに圧電素子を用いた場合には、十分な振動が得られないという問題もあった。
【0005】
したがって、本開示は、部品点数が少なく簡単な構造で十分な振動を得ることが可能な振動デバイス及びこれを備えたICカードを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本開示の一実施態様による振動デバイスは、コイルと、コイルに生じる誘導起電力を直流電圧に変換する直流生成回路と、直流電圧に基づいて所定の周波数を有する駆動信号を生成する駆動回路と、駆動信号に応じて変位する圧電素子とを備え、駆動信号は、略垂直な立ち上がり波形を有する。
【発明の効果】
【0007】
本開示によれば、部品点数が少なく簡単な構造で十分な振動を得ることが可能な振動デバイス及びこれを備えたICカードを提供することが可能となる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
図1は、本開示の一実施形態による振動デバイスを備えるICカード3の外観を示す略斜視図である。
図2は、ICカード3の構造を説明するための略分解斜視図である。
図3は、ICカード3の構造を説明するための略断面図である。
図4は、基材20の一方の表面21に形成された導体パターンの略平面図である。
図5は、ICモジュール50を裏面側から見た略斜視図である。
図6は、直流生成回路120及び駆動回路130の回路図である。
図7は、ICカード3とカードリーダー6が通信を行う状態を示す模式図である。
図8は、駆動回路130から圧電素子140に印加される駆動信号Sの波形図である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下、添付図面を参照しながら、本開示の実施形態について詳細に説明する。
【0010】
図1は、本開示の一実施形態による振動デバイスを備えるICカード3の外観を示す略斜視図である。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

TDK株式会社
複合粒子
8日前
TDK株式会社
ガスセンサ
13日前
TDK株式会社
ガスセンサ
13日前
TDK株式会社
電磁波センサ
今日
TDK株式会社
電磁波センサ
7日前
TDK株式会社
フィルタ回路
8日前
TDK株式会社
積層型電子部品
8日前
TDK株式会社
生体信号計測装置
2日前
TDK株式会社
固体電解コンデンサ
7日前
TDK株式会社
電池及び電池の製造方法
8日前
TDK株式会社
含フッ素化合物および造影剤
8日前
TDK株式会社
コイル部品及びコイル部品の製造方法
13日前
TDK株式会社
固体電解コンデンサ及び固体電解コンデンサの製造方法
7日前
TDK株式会社
酸化マグネシウム組成物粉末、樹脂組成物、樹脂組成物シート、積層基板及び反応性樹脂組成物
8日前
日本放送協会
距離可視化装置およびそのプログラム
10日前
アルス株式会社
ペダル式入力装置
17日前
清水建設株式会社
音低減・増幅装置
15日前
カシオ計算機株式会社
鍵盤楽器
13日前
住友理工株式会社
防音放熱カバー
13日前
岐阜プラスチック工業株式会社
遮音パネル及び遮音壁用ユニット
16日前
シナプティクス インコーポレイテッド
半適応性ビームフォーマ
15日前
カシオ計算機株式会社
鍵盤装置及び鍵盤楽器
13日前
株式会社スクウェア・エニックス
音声生成プログラム及び音声生成システム
9日前
ブラザー工業株式会社
カラオケ装置、カラオケ再生方法及びカラオケ用プログラム
9日前
日産自動車株式会社
車両の情報提示方法及び情報提示装置
13日前
ヤマハ株式会社
表示方法、情報処理装置、およびプログラム
20日前
キヤノン株式会社
情報処理装置、情報処理方法、及びプログラム
3日前
ヤマハ株式会社
楽音合成方法、楽音合成システムおよびプログラム
20日前
ローランド株式会社
自動演奏装置、自動演奏プログラム及び自動演奏方法
21日前
日本毛織株式会社
複合吸音材
15日前
日本毛織株式会社
積層吸音材
15日前
鹿島建設株式会社
室内空間音響特性評価装置、室内空間音響特性評価方法及びプログラム
14日前
日本電信電話株式会社
対話システム、発話生成方法、およびプログラム
7日前
株式会社デンソーテン
評価装置、評価方法、音響システムおよび評価用信号生成方法
1日前
カシオ計算機株式会社
ケース及び鍵盤楽器
20日前
株式会社イノアックコーポレーション
遮音材
20日前
続きを見る