TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024051084
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-10
出願番号2024027630,2023060835
出願日2024-02-27,2018-03-14
発明の名称店舗装置、店舗システム、店舗管理方法、プログラム
出願人日本電気株式会社
代理人個人,個人
主分類G06Q 30/015 20230101AFI20240403BHJP(計算;計数)
要約【課題】店舗に来店した人物に対するより高度なサービスを提供する。
【解決手段】複数の表示装置のうち、店舗内で検出された処理対象人物が当該店舗内で取得した商品を示す販売管理情報を表示する表示装置を特定する表示装置特定部と、特定された前記表示装置に前記販売管理情報を表示するタイミングを判定する表示タイミング判定部と、を備える店舗装置。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
人物のモーションをセンシングするモーションセンサから得られた情報に基づいて、表示装置に表示を要求するジェスチャを検出し、複数の表示装置のうち、前記ジェスチャによって前記表示が要求された前記表示装置を、店舗内で検出された処理対象人物が当該店舗内で取得した商品を示す販売管理情報を表示する表示装置として特定する表示装置特定部と、
前記モーションセンサから得られた情報に基づいて前記表示装置に表示を要求するジェスチャを検出した場合に、前記ジェスチャによって前記表示が要求された前記特定された前記表示装置に前記販売管理情報を表示するタイミングであると判定する表示タイミング判定部と、
前記表示装置により表示された前記販売管理情報の変更指示を検出した場合、前記変更指示に基づいて前記販売管理情報を変更するように制御する制御部と、
を備える店舗装置。
続きを表示(約 1,600 文字)【請求項2】
前記複数の表示装置のいずれかから所定範囲内に位置する人物を、前記処理対象人物として特定する人物特定部と、
を備える請求項1に記載の店舗装置。
【請求項3】
前記人物特定部は、前記所定範囲内に位置する人物のうち、前記表示装置に最も近い人物を前記処理対象人物として特定する請求項2に記載の店舗装置。
【請求項4】
前記変更指示は、前記販売管理情報が示す商品の変更、前記販売管理情報が示す商品の数量の変更、前記販売管理情報が示す商品の削除を示す変更の何れか一つまたは複数である
請求項1に記載の店舗装置。
【請求項5】
前記制御部は、前記処理対象人物が前記特定された前記表示装置から所定距離離れた場合に前記販売管理情報の表示を消去する
請求項1に記載の店舗装置。
【請求項6】
前記制御部は、販売管理情報のうち前記人物が位置に関連する商品についての情報のみを含む販売管理情報の前記表示装置への表示を制御する
請求項1に記載の店舗装置。
【請求項7】
人物のモーションをセンシングするモーションセンサから得られた情報に基づいて、表示装置に表示を要求するジェスチャを検出し、複数の表示装置のうち、前記ジェスチャによって前記表示が要求された前記表示装置を、店舗内で検出された処理対象人物が当該店舗内で取得した商品を示す販売管理情報を表示する表示装置として特定する表示装置特定部と、
前記モーションセンサから得られた情報に基づいて前記表示装置に表示を要求するジェスチャを検出した場合に、前記ジェスチャによって前記表示が要求された前記特定された前記表示装置に前記販売管理情報を表示するタイミングであると判定する表示タイミング判定部と、
前記表示装置により表示された前記販売管理情報の変更指示が前記表示装置に入力された場合、前記変更指示に基づいて前記販売管理情報を変更するように制御する制御部と、
を備える店舗システム。
【請求項8】
人物のモーションをセンシングするモーションセンサから得られた情報に基づいて、表示装置に表示を要求するジェスチャを検出し、複数の表示装置のうち、前記ジェスチャによって前記表示が要求された前記表示装置を、店舗内で検出された処理対象人物が当該店舗内で取得した商品を示す販売管理情報を表示する表示装置として特定し、
前記モーションセンサから得られた情報に基づいて前記表示装置に表示を要求するジェスチャを検出した場合に、前記ジェスチャによって前記表示が要求された前記特定された前記表示装置に前記販売管理情報を表示するタイミングであると判定し、
前記表示装置により表示された前記販売管理情報の変更指示を検出した場合、前記変更指示に基づいて前記販売管理情報を変更するように制御する
店舗管理方法。
【請求項9】
人物のモーションをセンシングするモーションセンサから得られた情報に基づいて、表示装置に表示を要求するジェスチャを検出し、複数の表示装置のうち、前記ジェスチャによって前記表示が要求された前記表示装置を、店舗内で検出された処理対象人物が当該店舗内で取得した商品を示す販売管理情報を表示する表示装置として特定し、
前記モーションセンサから得られた情報に基づいて前記表示装置に表示を要求するジェスチャを検出した場合に、前記ジェスチャによって前記表示が要求された前記特定された前記表示装置に前記販売管理情報を表示するタイミングであると判定し、
前記表示装置により表示された前記販売管理情報の変更指示を検出した場合、前記変更指示に基づいて前記販売管理情報を変更するように制御する
処理を実行させるプログラム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、店舗装置、店舗システム、店舗管理方法、プログラムに関する。
続きを表示(約 2,100 文字)【背景技術】
【0002】
店舗において来店者が購入を希望する商品の自動決済を管理する技術が求められている。特許文献1には関連する技術として無人店舗に関する技術が開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開平11-25337号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
上述のような商品の自動決済を行う店舗においては来店者等の人物は手に取った商品を袋やカゴに入れて店舗内を歩き回る。自動決済が行われるため店舗に備わるコンピュータサーバ装置は来店者ごとに来店者が手に取った商品を、店舗内の各種センサから得られた情報に基づいて検出し、管理する。来店者は取得した商品の一覧をコンピュータサーバ装置と通信する携帯端末で表示させることも可能となる。しかしながら、コンピュータサーバ装置が管理する自身が手に取った商品などの情報を確認することができない。
【0005】
そこでこの発明は、上述の課題を解決することのできる店舗装置、店舗システム、店舗管理方法、プログラムを提供することを目的としている。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明の第1の態様によれば、店舗装置は、人物のモーションをセンシングするモーションセンサから得られた情報に基づいて、表示装置に表示を要求するジェスチャを検出し、複数の表示装置のうち、前記ジェスチャによって前記表示が要求された前記表示装置を、店舗内で検出された処理対象人物が当該店舗内で取得した商品を示す販売管理情報を表示する表示装置として特定する表示装置特定部と、前記モーションセンサから得られた情報に基づいて前記表示装置に表示を要求するジェスチャを検出した場合に、前記ジェスチャによって前記表示が要求された前記特定された前記表示装置に前記販売管理情報を表示するタイミングであると判定する表示タイミング判定部と、前記処理対象人物が前記特定された前記表示装置から所定距離離れた場合に前記販売管理情報の表示を消去する制御部と、を備える。
【0007】
本発明の第2の態様によれば、店舗管理システムは、人物のモーションをセンシングするモーションセンサから得られた情報に基づいて、表示装置に表示を要求するジェスチャを検出し、複数の表示装置のうち、前記ジェスチャによって前記表示が要求された前記表示装置を、店舗内で検出された処理対象人物が当該店舗内で取得した商品を示す販売管理情報を表示する表示装置として特定する表示装置特定部と、前記モーションセンサから得られた情報に基づいて前記表示装置に表示を要求するジェスチャを検出した場合に、前記ジェスチャによって前記表示が要求された前記特定された前記表示装置に前記販売管理情報を表示するタイミングであると判定する表示タイミング判定部と、前記処理対象人物が前記特定された前記表示装置から所定距離離れた場合に前記販売管理情報の表示を消去する制御部と、を備える。
【0008】
本発明の第3の態様によれば、店舗管理方法は、人物のモーションをセンシングするモーションセンサから得られた情報に基づいて、表示装置に表示を要求するジェスチャを検出し、複数の表示装置のうち、前記ジェスチャによって前記表示が要求された前記表示装置を、店舗内で検出された処理対象人物が当該店舗内で取得した商品を示す販売管理情報を表示する表示装置として特定し、前記モーションセンサから得られた情報に基づいて前記表示装置に表示を要求するジェスチャを検出した場合に、前記ジェスチャによって前記表示が要求された前記特定された前記表示装置に前記販売管理情報を表示するタイミングであると判定し、前記処理対象人物が前記特定された前記表示装置から所定距離離れた場合に前記販売管理情報の表示を消去する。
【0009】
本発明の第4の態様によれば、プログラムは、店舗装置のコンピュータに、人物のモーションをセンシングするモーションセンサから得られた情報に基づいて、表示装置に表示を要求するジェスチャを検出し、複数の表示装置のうち、前記ジェスチャによって前記表示が要求された前記表示装置を、店舗内で検出された処理対象人物が当該店舗内で取得した商品を示す販売管理情報を表示する表示装置として特定し、前記モーションセンサから得られた情報に基づいて前記表示装置に表示を要求するジェスチャを検出した場合に、前記ジェスチャによって前記表示が要求された前記特定された前記表示装置に前記販売管理情報を表示するタイミングであると判定し、前記処理対象人物が前記特定された前記表示装置から所定距離離れた場合に前記販売管理情報の表示を消去する、処理を実行させる。
【発明の効果】
【0010】
本発明によれば、店舗に来店した人物は自身が手に取った商品名の一覧を少なくとも含む販売管理情報を店舗内の各表示装置で閲覧しながら商品購入を行うことができる。
【図面の簡単な説明】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
乗降調査装置
1か月前
個人
暗号化記憶媒体
2日前
個人
プロジェクター
18日前
個人
管理装置
23日前
個人
自動販売機
1か月前
個人
リユース統合システム
1か月前
日本精機株式会社
投影装置
1か月前
キヤノン電子株式会社
周辺機器
10日前
日本精機株式会社
投影システム
1か月前
株式会社SUBARU
車両
1か月前
小林クリエイト株式会社
RFタグ
1か月前
個人
チラシ掲載位置表示システム
1か月前
個人
求人マッチングサーバ
10日前
株式会社協同印刷
防災・災害マウス
1か月前
17LIVE株式会社
サーバ
1か月前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
9日前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
9日前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
9日前
カゴメ株式会社
営農支援プログラム
9日前
株式会社ワコム
電子ペン
3日前
太陽誘電株式会社
触覚生成装置
1か月前
トヨタ自動車株式会社
検査装置
23日前
アスエネ株式会社
水管理の方法
10日前
株式会社ワコム
電子ペン
5日前
株式会社ゼロボード
価格決定システム
1か月前
株式会社フォーバル
仕訳システム
1か月前
大日本印刷株式会社
作業台
8日前
株式会社寺岡精工
システム
5日前
株式会社NGA
画像投稿システム
23日前
株式会社アジラ
姿勢推定システム
1か月前
CKD株式会社
遠隔支援システム
10日前
株式会社カネカ
異常推定システム
1か月前
株式会社イトーキ
分析装置
1か月前
個人
ポイント増量アプリ「太陽光銭サー」
17日前
BH株式会社
商品販売システム
10日前
個人
ブロックチェーンと既存網との接続方法
1か月前
続きを見る