TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024048092
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-08
出願番号2022153955
出願日2022-09-27
発明の名称アンテナ装置および無線通信機器
出願人シャープ株式会社
代理人個人,個人,個人,個人
主分類H01Q 1/52 20060101AFI20240401BHJP(基本的電気素子)
要約【課題】隣り合うアンテナを別々にアンテナ給電する場合であっても、隣り合うアンテナが相互にアンテナ特性を改善することが可能なアンテナ装置および無線通信機器を提供する。
【解決手段】第1の周波数f1で動作する先端ショート型のアンテナである第1のアンテナ10と、第1のアンテナ10に近接して配置された第2のアンテナ20と、を備え、第2のアンテナ20は、第1の周波数f1よりも低周波数である第2の周波数f2で動作し、第2のアンテナ20は、第1のアンテナ10の先端ショート部11側に給電点を有し、第2のアンテナ20は、第1のアンテナ10の先端ショート部11側とは反対側の端部22が開放となっており、第2のアンテナ20は、第1の周波数f1の波長λ1の略1/2の長さを有する。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
第1の周波数f

で動作する先端ショート型のアンテナである第1のアンテナと、
前記第1のアンテナに近接して配置された第2のアンテナと、を備え、
前記第2のアンテナは、前記第1の周波数f

よりも低周波数である第2の周波数f

で動作し、
前記第2のアンテナは、前記第1のアンテナの先端ショート部側に給電点を有し、
前記第2のアンテナは、前記第1のアンテナの先端ショート部側とは反対側の端部が開放となっており、
前記第2のアンテナは、前記第1の周波数f

の波長λ

の略1/2の長さを有することを特徴とするアンテナ装置。
続きを表示(約 930 文字)【請求項2】
前記第2のアンテナは、前記第1のアンテナの先端ショート部側とは反対側の端部が、第2のスリット側に配置されており、
前記第1のアンテナは、前記第1のアンテナの先端ショート部側とは反対側の端部が、第3のスリット側に配置されていることを特徴とする請求項1に記載のアンテナ装置。
【請求項3】
前記第1のアンテナの給電部に、前記第2の周波数f

においてローインピーダンスとなるフィルタである第1のフィルタを備えることを特徴とする請求項1に記載のアンテナ装置。
【請求項4】
前記第2のアンテナの給電部に、前記第1の周波数f

においてハイインピーダンスとなるフィルタである第2のフィルタを備えることを特徴とする請求項1に記載のアンテナ装置。
【請求項5】
前記第2のアンテナは、前記第2の周波数f

と異なる周波数である第3の周波数f

で動作可能であり、
前記第1のアンテナの給電部に、前記第3の周波数f

においてハイインピーダンスとなるフィルタである第3のフィルタを備えることを特徴とする請求項1に記載のアンテナ装置。
【請求項6】
アンテナ装置を備える無線通信機器であって、
前記アンテナ装置は、
第1の周波数f

で動作する先端ショート型のアンテナである第1のアンテナと、
前記第1のアンテナに近接して配置された第2のアンテナと、を備え、
前記第2のアンテナは、前記第1の周波数f

よりも低周波数である第2の周波数f

で動作し、
前記第2のアンテナは、前記第1のアンテナの先端ショート部側に給電点を有し、
前記第2のアンテナは、前記第1のアンテナの先端ショート部側とは反対側の端部が開放となっており、
前記第2のアンテナは、前記第1の周波数f

の波長λ

の略1/2の長さを有することを特徴とする無線通信機器。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、アンテナ装置および無線通信機器に関する。
続きを表示(約 1,300 文字)【背景技術】
【0002】
近年のモバイル端末では、様々なアンテナが搭載されている。例えば、特許文献1には、フレームの内部で給電点に接続される第1の金属片と、隙間を介して第1の金属片と結合給電される第2の金属片を用いる技術により、広帯域なアンテナを実現する技術が開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特表2021-524166号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
近年のモバイル端末は、4G用アンテナ、GPS(Global Positioning System)アンテナ、Bluetooth(登録商標)アンテナ、Wi-Fi(登録商標)アンテナ、5G用アンテナなど複数のシステムのアンテナを提供することが要望されている。異なるシステムに用いられる複数のアンテナが容量結合により接続されることは望ましくない。
【0005】
本発明はこのような事情を鑑みてなされたものであり、隣り合うアンテナを別々にアンテナ給電する場合であっても、隣り合うアンテナが相互にアンテナ特性を改善することが可能なアンテナ装置および無線通信機器を提供することを課題とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上述した課題を解決するための本発明に係るアンテナ装置および無線通信機器は、次のとおりである。
【0007】
(1)すなわち、本発明の一態様は、第1の周波数f

で動作する先端ショート型のアンテナである第1のアンテナと、前記第1のアンテナに近接して配置された第2のアンテナと、を備え、前記第2のアンテナは、前記第1の周波数f

よりも低周波数である第2の周波数f

で動作し、前記第2のアンテナは、前記第1のアンテナの先端ショート部側に給電点を有し、前記第2のアンテナは、前記第1のアンテナの先端ショート部側とは反対側の端部が開放となっており、前記第2のアンテナは、前記第1の周波数f

の波長λ

の略1/2の長さを有することを特徴とするアンテナ装置である。
【0008】
(2)また、本発明の他の一態様は、上述したアンテナ装置であって、前記第2のアンテナは、前記第1のアンテナの先端ショート部側とは反対側の端部が、第2のスリット側に配置されており、前記第1のアンテナは、前記第1のアンテナの先端ショート部側とは反対側の端部が、第3のスリット側に配置されている。
【0009】
(3)また、本発明の他の一態様は、上述したアンテナ装置であって、前記第1のアンテナの給電部に、前記第2の周波数f

においてローインピーダンスとなるフィルタである第1のフィルタを備える。
【0010】
(4)また、本発明の他の一態様は、上述したアンテナ装置であって、前記第2のアンテナの給電部に、前記第1の周波数f

においてハイインピーダンスとなるフィルタである第2のフィルタを備える。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

シャープ株式会社
装置
5日前
シャープ株式会社
画像形成装置
5日前
シャープ株式会社
受信装置、受信方法、及びプログラム
5日前
シャープ株式会社
受信装置、受信方法、及びプログラム
6日前
シャープ株式会社
照明装置、表示装置及び照明システム
6日前
シャープ株式会社
画像形成装置および画像形成装置の制御方法
3日前
シャープ株式会社
拡張二重通信を用いた通信ネットワーク及び方法
9日前
シャープ株式会社
画像形成装置
5日前
シャープ株式会社
情報処理装置および情報処理装置の制御方法
2日前
シャープ株式会社
タイプ2のコンフィギュアードグラントをサポートするためのネットワーク制御リピータ(NCR)手順
4日前
シャープ株式会社
タイプ1のコンフィギュアードグラントをサポートするためのネットワーク制御リピータ(NCR)手順
4日前
シャープ株式会社
コンフィギュアードグラントを有する準静的UL送信のためのネットワーク制御リピータ(NCR)サイド情報及び構成
4日前
トヨタ自動車株式会社
電池
12日前
電気興業株式会社
反射板装置
12日前
太陽誘電株式会社
全固体電池
10日前
東京パーツ工業株式会社
コイル装置
1か月前
株式会社GSユアサ
蓄電装置
6日前
株式会社GSユアサ
蓄電素子
1か月前
トヨタ自動車株式会社
コイル
2日前
太陽誘電株式会社
全固体電池
5日前
三菱電機株式会社
静止誘導器
10日前
トヨタ自動車株式会社
コイル線
2日前
トヨタ自動車株式会社
コイル線
2日前
キヤノン株式会社
液滴吐出装置
1か月前
トヨタ自動車株式会社
コイル線
2日前
東レ株式会社
固体電解質用補強シート
6日前
株式会社村田製作所
コイル部品
11日前
NTN株式会社
圧粉磁心
1か月前
中国電力株式会社
直線スリーブ
4日前
住友電気工業株式会社
半導体装置
3日前
ローム株式会社
半導体装置
9日前
ローム株式会社
半導体装置
2日前
太陽社電気株式会社
チップ抵抗器
25日前
ローム株式会社
半導体装置
6日前
トヨタ自動車株式会社
収容ケース
3日前
トヨタ紡織株式会社
加湿器
1か月前
続きを見る