TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024065615
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-15
出願番号2022174571
出願日2022-10-31
発明の名称運行管理システム
出願人株式会社デンソー
代理人名古屋国際弁理士法人
主分類H02J 7/00 20060101AFI20240508BHJP(電力の発電,変換,配電)
要約【課題】電気自動車を使用する場合に、電力システムや電気自動車等の利用対象を含む全体の視点で、電力エネルギーの利用の最適化を図る技術を提供すること。
【解決手段】運行管理システム1は、電力の供給状態が日中に変動する電力システム11を複数の集配車両13が利用する場合に、複数の集配車両13の運行状態を管理する。運行管理システム1は、第1の巡回ルート設定部61と第1の帰着設定部63とを備える。第1の巡回ルート設定部61は、各集配車両13が、各集配車両13に充給電装置15が配置された配置地点と1又は複数の巡回地点とを巡回するように、各巡回ルートを設定する。第1の帰着設定部23は、各巡回ルートを設定する場合に、電力の供給状態の変動を考慮して、各集配車両13が、電力の供給状態が所定の基準よりも電力の供給に余裕のある時間帯に充給電装置15の配置地点に帰着するように、各巡回ルートを設定する。
【選択図】図9
特許請求の範囲【請求項1】
電力の供給状態が日中に変動する電力システム(11)を複数の電気自動車(13)が利用する場合に、前記複数の電気自動車の運行状態を管理する運行管理システム(1)であって、
各前記電気自動車が、当該各電気自動車に少なくとも充電が可能な充電装置(15)が配置された配置地点と1又は複数の巡回地点とを巡回するように、各巡回ルートを設定するように構成された第1の巡回ルート設定部(61)と、
前記第1の巡回ルート設定部によって前記各巡回ルートを設定する場合に、前記電力の供給状態の変動を考慮して、前記各電気自動車が、前記電力の供給状態が所定の基準よりも前記電力の供給に余裕のある時間帯に前記充電装置の前記配置地点に帰着するように、前記各巡回ルートを設定するように構成された第1の帰着設定部(63)と、
を備えた運行管理システム。
続きを表示(約 2,000 文字)【請求項2】
電力の供給状態が日中に変動する電力システム(11)を複数の電気自動車(13)が利用する場合に、前記複数の電気自動車の運行状態を管理する運行管理システム(1)であって、
各前記電気自動車が、当該各電気自動車への充電及び前記各電気自動車からの給電が可能な充給電装置(15)が配置された配置地点と1又は複数の巡回地点とを巡回するように、各巡回ルートを設定するように構成された第2の巡回ルート設定部(21)と、
前記第2の巡回ルート設定部によって前記各巡回ルートを設定する場合に、前記電力の供給状態の変動を考慮して、前記各電気自動車の一部の車両が、前記電力の供給状態が所定の基準よりも前記電力の供給に余裕のある時間帯に前記充給電装置の前記配置地点に帰着するように、且つ、前記各電気自動車の前記一部以外の他の車両が、前記電力の供給状態が所定の基準よりも前記電力の供給に余裕の無い時間帯に前記充給電装置の前記配置地点に帰着するように、前記各巡回ルートを設定するように構成された第2の帰着設定部(23)と、
前記各電気自動車が前記充給電装置の前記配置地点に帰着する時間帯に応じて、前記充給電装置から前記各電気自動車への充電と前記各電気自動車から前記充給電装置への給電との状態を調節するように構成された充給電調節部(25)と、
を備えた運行管理システム。
【請求項3】
電力の供給状態が日中に変動する電力システム(11)を電気自動車(13)が利用する場合に、前記電気自動車の運行状態を管理する運行管理システム(1)であって、
前記電気自動車が、当該電気自動車に少なくとも充電が可能な充電装置(15)が配置された配置地点と複数の巡回地点とを巡回するように、巡回ルートを設定するように構成された第3の巡回ルート設定部(71)と、
前記第3の巡回ルート設定部によって前記巡回ルートを設定する場合に、前記電力の供給状態の変動を考慮して、前記電気自動車が、前記電力の供給状態が所定の基準よりも前記電力の供給に余裕のある時間帯に前記充電装置の前記配置地点に帰着するように、前記巡回ルートを設定するように構成された第3の帰着設定部(73)と、
を備えた運行管理システム。
【請求項4】
請求項1から請求項3のいずれか1項に記載の運行管理システムであって、
前記電力の供給状態の予測と、荷物の集配に関する情報を示す集配データと、前記電気自動車の状態に関する情報を示す車両データとに基づいて、前記巡回ルートを設定するように構成された、
運行管理システム。
【請求項5】
請求項1から請求項3のいずれか1項に記載の運行管理システムであって、
前記巡回ルートに、前記電気自動車への充電及び前記電気自動車からの給電が可能な充給電装置が設定されている場合に、
前記電力の供給状態の予測に応じて、前記充給電装置から前記電気自動車への充電又は前記電気自動車から前記充給電装置への給電を行うように構成された、
運行管理システム。
【請求項6】
請求項1から請求項3のいずれか1項に記載の運行管理システムであって、
前記巡回ルートに、前記電気自動車への充電及び前記電気自動車からの給電が可能な充給電装置が設定されている場合に、
前記日中における、前記充給電装置から前記電気自動車への充電又は前記電気自動車から前記充給電装置への給電の状態の予測に応じて、前記日中より前の夜間に、予め前記電気自動車に充電する状態を調整するように構成された、
運行管理システム。
【請求項7】
請求項6に記載の運行管理システムであって、
前記電力の供給状態が所定の基準より余裕がないときに、前記日中に前記電気自動車から前記充給電装置に給電することが予測される場合は、前記日中より前の夜間に、予め前記電気自動車に対する充電量を、前記給電が予測されない場合に比べて多くするように構成された、
運行管理システム。
【請求項8】
請求項6に記載の運行管理システムであって、
前記電力の供給状態が所定の基準より余裕があるときに、前記日中に前記充給電装置から前記電気自動車に充電することが予測される場合は、前記日中より前の夜間に、予め前記電気自動車に対する充電量を、前記充電が予測されない場合に比べて少なくするように構成された、
運行管理システム。
【請求項9】
請求項1から請求項3のいずれか1項に記載の運行管理システムであって、
前記電力の供給状態が前記所定の基準より余裕がある場合とは、前記電力の価格が所定の基準の価格より安い場合である、
運行管理システム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、電気自動車の運行を管理する技術に関する。
続きを表示(約 1,300 文字)【背景技術】
【0002】
近年、電気自動車の普及に伴い、業務用途や集配用途での利用が広がっている。また、電気自動車は電池が重要な要素であるので、電池に関する各種の技術が提案されている。
例えば、集配に用いられる電気自動車の電池の残容量の予測に基づいて、集配の途中で充電する技術が知られている。また、集配の途中で充電する場合には、電池の劣化の点では好ましくないので、電池の劣化を抑制する技術も提案されている(例えば、下記特許文献1参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2022-118505号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、発明者の詳細な検討の結果、従来の技術について、下記のような課題が見出された。
電気自動車の充電には大きな電力利用量が必要であるため、電力システムの電力供給網に対する負荷が大きい。また、温室効果ガス削減のために、自然エネルギーの活用も必要とされるなか、電力システムにおける電力需給の変動量が従来に無いほど拡大している。
【0005】
そのため、電力システムから給電される電気自動車が集配等で利用される場合には、都市や地域等の全体の視点で、即ち、電力システムや電力システムの利用対象を含む全体の視点で電力エネルギーの利用を最適化する対策が望まれる。
【0006】
本開示の一局面は、電気自動車を使用する場合に、電力システムや電気自動車等の利用対象を含む全体の視点で、電力エネルギーの利用の最適化を図る技術を提供することを目的としている。
【課題を解決するための手段】
【0007】
(1)本開示の一態様は、電力の供給状態が日中に変動する電力システム(11)を複数の電気自動車(13)が利用する場合に、複数の電気自動車の運行状態を管理する運行管理システム(1)に関するものである。
【0008】
この運行管理システムは、第1の巡回ルート設定部(61)と第1の帰着設定部(63)とを備える。
第1の巡回ルート設定部は、各電気自動車が、各電気自動車に少なくとも充電が可能な充電装置(15)が配置された配置地点と1又は複数の巡回地点とを巡回するように、各巡回ルートを設定するように構成されている。
【0009】
第1の帰着設定部は、第1の巡回ルート設定部によって各巡回ルートを設定する場合に、電力の供給状態の変動を考慮して、各電気自動車が、電力の供給状態が所定の基準よりも電力の供給に余裕のある時間帯に充電装置の配置地点に帰着するように、各巡回ルートを設定するように構成されている。
【0010】
このような構成により、本開示では、電気自動車を使用する場合に、電力システムや電気自動車等の利用対象を含む全体の視点で電力エネルギーの利用の最適化を図ることができる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社デンソー
固定子
27日前
株式会社デンソー
構造体
1か月前
株式会社デンソー
回転電機
1か月前
株式会社デンソーテン
表示装置
13日前
株式会社デンソー
転舵装置
8日前
株式会社デンソー
制御装置
1か月前
株式会社デンソー
測距装置
8日前
株式会社デンソー
回転電機
7日前
株式会社デンソー
回転電機
7日前
株式会社デンソー
表示装置
1か月前
株式会社デンソー
駆動装置
22日前
株式会社デンソー
電子機器
1か月前
株式会社デンソー
表示装置
20日前
株式会社デンソー
報知装置
27日前
株式会社デンソーウェーブ
決済端末
27日前
株式会社デンソー
電源装置
16日前
株式会社デンソー
制御装置
16日前
株式会社デンソー
吸引装置
28日前
株式会社デンソー
半導体装置
14日前
株式会社デンソー
半導体装置
10日前
株式会社デンソー
半導体装置
1か月前
株式会社デンソー
膜分離装置
20日前
株式会社デンソー
半導体装置
1か月前
株式会社デンソー
半導体装置
16日前
株式会社デンソー
電動圧縮機
1か月前
株式会社デンソー
半導体装置
28日前
株式会社デンソー
半導体装置
17日前
株式会社デンソー
電動圧縮機
1か月前
株式会社デンソー
回転体装置
3日前
株式会社デンソー
半導体装置
10日前
株式会社デンソー
ペダル装置
2日前
株式会社デンソー
コンパイラ
1か月前
株式会社デンソー
回転体装置
3日前
株式会社デンソー
電動圧縮機
1か月前
株式会社デンソー
位置検出装置
8日前
株式会社デンソー
位置検出装置
16日前
続きを見る