TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024057864
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-25
出願番号2022164827
出願日2022-10-13
発明の名称通信制御方法
出願人京セラ株式会社
代理人弁理士法人キュリーズ
主分類H04W 12/06 20210101AFI20240418BHJP(電気通信技術)
要約【課題】コアネットワークに対する影響を与えることなく、ネットワークノードを認証することが可能な通信制御方法を提供する。
【解決手段】一態様に係る通信制御方法は、セルラ通信システムで用いる通信制御方法である。前記通信制御方法は、基地局が、ネットワークノードに割り当てたネットワークノード識別子を運用管理装置へ送信するステップを有する。また、前記通信制御方法は、ネットワークノードが、ネットワークノード識別子を運用管理装置へ送信するステップを有する。更に、前記通信制御方法は、運用管理装置が、基地局から受信したネットワークノード識別子とネットワークノードから受信したネットワークノード識別子とに基づいて、ネットワークノードの認証を行うステップを有する。
【選択図】図10
特許請求の範囲【請求項1】
セルラ通信システムで用いられる通信制御方法であって、
基地局が、ネットワークノードに割り当てたネットワークノード識別子を運用管理装置へ送信するステップと、
前記ネットワークノードが、前記ネットワークノード識別子を前記運用管理装置へ送信するステップと、
前記運用管理装置が、前記基地局から受信した前記ネットワークノード識別子と前記ネットワークノードから受信した前記ネットワークノード識別子とに基づいて、前記ネットワークノードの認証を行うステップ、を含む
通信制御方法。
続きを表示(約 1,000 文字)【請求項2】
前記認証を行うステップは、前記運用管理装置が、前記基地局から受信した前記ネットワークノード識別子と前記ネットワークノードから受信した前記ネットワークノード識別子とが一致すれば、前記ネットワークノードを認証すると判定し、前記基地局から受信した前記ネットワークノード識別子と前記ネットワークノードから受信した前記ネットワークノード識別子とが一致しなければ、前記ネットワークノードを認証しないと判定するステップを含む
請求項1記載の通信制御方法。
【請求項3】
前記ネットワークノードが送信するステップは、前記ネットワークノードが、前記ネットワークノード識別子とセルグローバル識別子とを前記運用管理装置へ送信するステップを含み、
前記運用管理装置が、前記セルグローバル識別子に含まれる前記基地局の識別子に基づいて、認証結果を前記基地局へ送信するステップ、を更に有する
請求項2記載の通信制御方法。
【請求項4】
前記基地局が、前記ネットワークノードを認証する前記認証結果を受信したことに応じて、前記ネットワークノードに対する設定を行うステップ、を更に有する
請求項3記載の通信制御方法。
【請求項5】
前記ネットワークノード識別子と前記セルグローバル識別子とを前記運用管理装置へ送信するステップは、前記ネットワークノードが、前記ネットワークノード識別子と前記セルグローバル識別子とともに、認証付加情報を前記運用管理装置へ送信するステップを含み、
前記判定するステップは、前記認証付加情報に基づいて前記判定を行うステップを含み、
前記認証付加情報は、前記ネットワークノードの加入者識別子又はベンダ固有識別子である
請求項3記載の通信制御方法。
【請求項6】
前記ネットワークノードは中継ノードであり、前記ネットワークノード識別子はC-RNTIであり、前記基地局はドナーノードである
請求項1記載の通信制御方法。
【請求項7】
前記ネットワークノードは無線信号の増幅及び送信を制御するネットワーク制御リピータ(NCR)であり、前記ネットワークノード識別子はC-RNTIである
請求項1記載の通信制御方法。
【請求項8】
前記ネットワークノードは無線信号の反射及び/又は透過を制御する反射板(RIS)であり、前記ネットワークノード識別子はC-RNTIである
請求項1記載の通信制御方法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、セルラ通信システムに用いる通信制御方法に関する。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
セルラ通信システムの標準化プロジェクトである3GPP(Third Generation Partnership Project)(登録商標。以下同じ。)において、IAB(Integrated Access and Backhaul)ノードと呼ばれる新たな中継ノードの導入が検討されている(例えば、非特許文献1参照)。1又は複数の中継ノードが、基地局とユーザ装置との間の通信に介在し、この通信に対する中継を行う。
【先行技術文献】
【非特許文献】
【0003】
3GPP TS 38.300 V17.2.0(2022-09)
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
本開示は、コアネットワークに対する影響を与えることなく、ネットワークノードを認証することが可能な通信制御方法を提供する。
【課題を解決するための手段】
【0005】
第1の態様に係る通信制御方法は、セルラ通信システムで用いる通信制御方法である。前記通信制御方法は、基地局が、ネットワークノードに割り当てたネットワークノード識別子を運用管理装置へ送信するステップを有する。また、前記通信制御方法は、ネットワークノードが、ネットワークノード識別子を運用管理装置へ送信するステップを有する。更に、前記通信制御方法は、運用管理装置が、基地局から受信したネットワークノード識別子とネットワークノードから受信したネットワークノード識別子とに基づいて、ネットワークノードの認証を行うステップを有する。
【図面の簡単な説明】
【0006】
図1は、一実施形態に係るセルラ通信システムの構成例を示す図である。
図2は、IABノードと親ノード(Parent nodes)と子ノード(Child nodes)との関係を示す図である。
図3は、一実施形態に係るgNB(基地局)の構成例を示す図である。
図4は、一実施形態に係るIABノード(中継ノード)の構成例を示す図である。
図5は、一実施形態に係るUE(ユーザ装置)の構成例を示す図である。
図6は、IAB-MTのRRC接続及びNAS接続に関するプロトコルスタックの例を示す図である。
図7は、F1-Uプロトコルに関するプロトコルスタックの例を示す図である。
図8は、F1-Cプロトコルに関するプロトコルスタックの例を示す図である。
図9は、第1実施形態に係るOAM(運用管理装置)の構成例を表す図である。
図10は、第1実施形態に係る動作例を表す図である。
【発明を実施するための形態】
【0007】
図面を参照しながら、実施形態に係るセルラ通信システムについて説明する。図面の記載において、同一又は類似の部分には同一又は類似の符号を付している。
【0008】
[第1実施形態]
【0009】
(セルラ通信システムの構成)
一実施形態に係るセルラ通信システムの構成例について説明する。一実施形態に係るセルラ通信システム1は3GPPの5Gシステムである。具体的には、セルラ通信システム1における無線アクセス方式は、5Gの無線アクセス方式であるNR(New Radio)である。但し、セルラ通信システム1には、LTE(Long Term Evolution)が少なくとも部分的に適用されてもよい。また、セルラ通信システム1は、6Gなど、将来のセルラ通信システムも適用されてよい。
【0010】
図1は、一実施形態に係るセルラ通信システム1の構成例を示す図である。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

京セラ株式会社
試料保持具
24日前
京セラ株式会社
試料保持具
18日前
京セラ株式会社
表示システム
13日前
京セラ株式会社
光学装置及び撮像装置
1か月前
京セラ株式会社
光学装置及び撮像装置
1か月前
京セラ株式会社
光学装置及び撮像装置
1か月前
京セラ株式会社
分析装置および分析方法
1か月前
京セラ株式会社
積層セラミックコンデンサ
17日前
京セラ株式会社
半導体基板およびその製造方法
4日前
京セラ株式会社
情報処理装置及び情報処理方法
7日前
京セラ株式会社
梱包用隙間部材、梱包体及び部材
1か月前
京セラ株式会社
観察システム、処理装置及び観察方法
今日
京セラ株式会社
通信制御方法、ユーザ装置、及び基地局
14日前
京セラ株式会社
通信制御方法、基地局、及びユーザ装置
14日前
京セラ株式会社
電子機器、提供デバイス及び提供システム
今日
京セラ株式会社
積層セラミック電子部品およびその製造方法
21日前
京セラ株式会社
電子機器、電子機器の制御方法、及びプログラム
1か月前
京セラ株式会社
電子機器、電子機器の制御方法、及びプログラム
1か月前
京セラ株式会社
肌状態分析システム、測定装置、肌状態分析アプリ
4日前
京セラ株式会社
表示装置、ペン入力システム、方法、及びプログラム
今日
京セラ株式会社
予測装置、予測方法、制御プログラム、および記録媒体
13日前
京セラ株式会社
放熱部材
1か月前
京セラ株式会社
通信制御方法
13日前
京セラ株式会社
予測システム
1か月前
京セラ株式会社
空中像表示装置
13日前
京セラ株式会社
薄膜回路基板、電子部品実装用パッケージ、および電子モジュール
27日前
京セラ株式会社
情報処理装置、電力需給調整システム、情報処理方法、及びプログラム
11日前
京セラ株式会社
摺動部材および人工関節
1か月前
京セラ株式会社
推定システム、および制御方法
1か月前
京セラ株式会社
走査装置及び走査装置の製造方法
1か月前
京セラ株式会社
電力供給装置、集合住宅及び引込盤
1か月前
京セラ株式会社
電力供給システムおよび電力供給方法
24日前
京セラ株式会社
発光素子搭載用パッケージおよび発光装置
13日前
京セラ株式会社
監視システム、監視方法、及びプログラム
1か月前
京セラ株式会社
ウェアラブル端末装置、プログラムおよび表示方法
13日前
京セラ株式会社
通信方法、ユーザ装置、プログラム、及びプロセッサ
3日前
続きを見る