TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024058525
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-25
出願番号2022182926
出願日2022-10-14
発明の名称立体型緩速濾過
出願人個人
代理人
主分類C02F 3/06 20230101AFI20240418BHJP(水,廃水,下水または汚泥の処理)
要約【課題】広くない土地で緩速濾過ができ、作業効率が格段に上がる、立体型緩速濾過を提供する。
【解決手段】濾過面を立体化して濾過池面積を狭くて済むようにし、濾過面の洗浄は濾過池の排水弁を開閉するだけで洗浄出来るようにする。すなわち、片端密閉した素焼筒(長さ10メータの筒の外側を相対的に大きな砂粒で、内側を相対的に小さな砂粒で、厚みの中層に補強用ステンレスのかご型鉄筋を入れて接着材を使い焼結したもの)を濾過地に密閉端を下にして縦横に並べ、筒の外側から内側へ原水が通る間に筒外面にできた生物膜により狭雑物が除去されて濾過池上面に流出するようにした立体型緩速濾過とする。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
片端を密閉した素焼筒を濾過地に密閉端を下にして縦横に並べ、筒の外側から内側へ原水が通る間に筒外面にできた生物膜により狭雑物が除去されて濾過池上面に流出するようにした立体型緩速濾過

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
続きを表示(約 1,000 文字)【背景技術】
【0002】
浄水場の濾過池には急速濾過池と緩速濾過池があり、急速濾過は水中の狭雑物を除去するため、原水に凝集剤を入れてフロックを形成し、沈殿池で沈殿させ、その残りを濾過池の砂層で濾過する方法であり、緩速濾過は沈殿池が不要で濾過池砂層の表面に生物膜(藻の1種)を形成させ、それを原水がゆっくりと通ることにより水中の狭雑物を除去する方法である。濾過水は急速濾過による水より緩速濾過による水の方がおいしい
【発明の開示】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
緩速濾過は濾過速度が遅いので、廣い濾過面積を必要とし、濾過面が目詰りすれば砂層上部の砂掻き・砂運搬・洗浄・砂運搬・砂敷きをしなければならない。それで濾過面を立体化して濾過池面積を狭くて済むようにし、濾過面の洗浄は濾過池の排水弁を開閉するだけで洗浄出来るようにする。
【課題を解決するための手段】
【0004】
片端密閉した素焼筒(長さ10メータの筒の外側を相対的に大きな砂粒で、内側を相対的に小さな砂粒で、厚みの中層に補強用ステンレスのかご型鉄筋を入れて接着材を使い焼結したもの)を濾過地に密閉端を下にして縦横に並べ、筒の外側から内側へ原水が通る間に筒外面にできた生物膜により狭雑物が除去されて濾過池上面に流出するようにした立体型緩速濾過とする
南極の厚い氷の下の暗い所にも藻類がいたと言われているが、生物ろ過膜が光の届かない所でも成長するよう養生し、どおしてもろ過膜の成長に光が必要であれば、水族館で使われている透明耐圧プラスチックスを濾過地の底に敷き薄明りを素焼き筒の外面に与える
【発明の効果】
【0005】
緩速濾過が広くない土地ででき、作業効率が格段に上がる
【発明を実施するための最良の形態】
【0006】
素焼筒をどのように作るかで性能は決まる
【 実施例】
【0007】
なし
【産業上の利用可能性】
【0008】
日本国内はもちろん世界中に普及するであろう
【図面の簡単な説明】
【0009】
は図2のA矢視図
は素焼筒の正面図
は図2のB矢視図
【図面における記号の説明】
【】
1:素焼筒本体
2:フランジ
3:ゴムパッキン用溝
4:つり上げ用穴
5:位置決め用突起

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社オメガ
水質浄化装置
16日前
株式会社環境機器
磁気処理装置
19日前
栗田工業株式会社
純水製造装置
26日前
三浦工業株式会社
水処理システム
1か月前
トヨタ自動車株式会社
海藻資源化システム
26日前
株式会社発明工房
浄水器及び浄水器の運転方法
1日前
株式会社OKAMURA
防汚装置及び防汚方法
29日前
株式会社環境機器
磁気処理装置の取付方法
19日前
栗田工業株式会社
水回収装置及び水回収方法
21日前
東芝ライテック株式会社
液体処理装置
14日前
水ing株式会社
薬剤添加装置および薬剤添加方法
1か月前
株式会社クボタ
電解水生成装置
今日
水道機工株式会社
マイクロプラスチックの処理方法
28日前
株式会社クボタ
電解水生成装置
今日
大成建設株式会社
循環式濾過システム
6日前
キョーラク株式会社
水質浄化システム
9日前
水ing株式会社
食品飲料排水の脱色方法
29日前
株式会社テックコーポレーション
電解水生成装置
27日前
アクアス株式会社
リン含有排水の処理方法
9日前
水ing株式会社
脱水システムの運転制御方法および脱水システム
13日前
株式会社村上開明堂
油処理担体及び油処理方法
28日前
三菱ケミカル株式会社
液体処理装置及び廃水処理方法
今日
太平洋セメント株式会社
有機汚泥処理装置の制御方法
27日前
メタウォーター株式会社
添加システム及び処理システム
20日前
株式会社ディーピーエス
有価金属回収装置及び有価金属回収装置の運転方法
2日前
JFEエンジニアリング株式会社
有機性排水の処理方法及び有機性排水の処理装置
22日前
西日本高速道路エンジニアリング関西株式会社
スカム除去装置
6日前
ニッコー株式会社
排水処理装置及び排水処理装置の製造方法
2日前
メタウォーター株式会社
気体供給システム及び発電システム
20日前
メタウォーター株式会社
水処理システム、制御装置及び水処理方法
9日前
太平洋セメント株式会社
廃液の処理方法
26日前
太平洋セメント株式会社
廃液の処理方法
26日前
日本メクトロン株式会社
過酸化水素分解システム、過酸化水素分解装置および過酸化水素の分解方法
28日前
国立研究開発法人土木研究所
下水処理水中のアンモニア性窒素とレボフロキサシンの低減方法及び装置
20日前
ユニチカ株式会社
フィルタ部材及び該フィルタ部材を含む浄水カートリッジ
19日前
水ing株式会社
排水処理方法及び排水処理装置
28日前
続きを見る