TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024046693
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-04-03
出願番号2024024169,2022043011
出願日2024-02-21,2022-03-17
発明の名称遊技機
出願人サミー株式会社
代理人
主分類A63F 5/04 20060101AFI20240327BHJP(スポーツ;ゲーム;娯楽)
要約【課題】有利区間移行時の遊技状態に応じてその後の遊技での期待値を異ならせる。
【解決手段】特別役に当選していない非内部中と、特別役の当選を持ち越している内部中とを有する。非内部中において通常区間から有利区間に移行する場合を有する。内部中において通常区間から有利区間に移行する場合を有する。内部中において通常区間から有利区間に移行したときの当該有利区間における遊技媒体の付与数の期待値は、非内部中において通常区間から有利区間に移行したときの当該有利区間における遊技媒体の付与数の期待値より高い。具体的には、図中、(b)において、朝一以外(RT1、かつ、通常モード1)で有利区間に移行した場合には、必ず天国B準備モードに移行する。これに対し、朝一で有利区間に移行した場合は、ほとんどが通常Aモードに移行する。
【選択図】図233
特許請求の範囲【請求項1】
特別役に当選していない非内部中と、特別役の当選を持ち越している内部中とを有し、
非内部中において通常区間から有利区間に移行する場合を有し、
内部中において通常区間から有利区間に移行する場合を有し、
内部中において通常区間から有利区間に移行したときの当該有利区間における遊技媒体の付与数の期待値は、非内部中において通常区間から有利区間に移行したときの当該有利区間における遊技媒体の付与数の期待値より高い
ことを特徴とする遊技機。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、遊技機に関するものである。
続きを表示(約 8,100 文字)【背景技術】
【0002】
従来より、遊技機の1つとして、スロットマシンが知られている(たとえば、特許文献1参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2015-016110号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
本発明が解決しようとする課題は、遊技機としての性能を向上させることである。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本発明は、以下の解決手段によって上述の課題を解決する(かっこ書きで、対応する実施形態の構成を示す。)。なお、本発明は、後述する当初発明1~当初発明15のうち、当初発明9に相当する。
本発明(第17実施形態)は、
特別役に当選していない非内部中と、特別役の当選を持ち越している内部中とを有し、
非内部中において通常区間から有利区間に移行する場合を有し、
内部中において通常区間から有利区間に移行する場合を有し、
内部中において通常区間から有利区間に移行したときの当該有利区間における遊技媒体の付与数の期待値は、非内部中において通常区間から有利区間に移行したときの当該有利区間における遊技媒体の付与数の期待値より高い(図233(b)において、朝一以外(RT1、かつ、通常モード1)で有利区間に移行した場合には、必ず天国B準備モードに移行する)
ことを特徴とする。
【発明の効果】
【0006】
本発明によれば、遊技機としての性能を向上させることができる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
第1実施形態における遊技機の一例であるスロットマシンの制御の概略を示すブロック図である。
第1実施形態におけるリールの図柄配列を示す図である。
第1実施形態において、(A)は表示窓と各リールの位置関係と有効ラインを示す図であり、(B)は図柄位置の称呼を示す図である。
第1実施形態における役等の種類、図柄組合せ、払出し枚数等を示す図(1)である。
第1実施形態における役等の種類、図柄組合せ、払出し枚数等を示す図(2)である。
第1実施形態における条件装置及び当選役等を示す図(1)である。
第1実施形態における条件装置及び当選役等を示す図(2)である。
第1実施形態における条件装置及び当選役等を示す図(3)である。
第1実施形態における条件装置及び当選役等を示す図(4)である。
第1実施形態における置数表を示す図である。
第1実施形態における遊技状態の遷移図である。
第1実施形態における遊技状態の変動条件を示す図である。
第1実施形態において、(1)は小役A1条件装置作動時の左第一停止時、小役B1条件装置作動時の左第一停止時、及び小役C1条件装置作動時の左第一停止時に表示窓内に停止表示可能となる左リールの図柄を示す図であり、(2)は小役C1条件装置作動時において中第一停止後の左第二停止時に表示窓内に停止表示可能となる左リールの図柄を示す図である。
第1実施形態において、小役A1条件装置~小役C2条件装置作動時に停止表示可能となる図柄組合せを示す図である。
第1実施形態において、小役D1条件装置~小役F2条件装置作動時に停止表示可能となる図柄組合せを示す図である。
第1実施形態において、小役A1条件装置~小役F2条件装置作動時に停止表示可能となる図柄組合せのうち、中リールの図柄のみが「PB=1」配置である図柄組合せを示す図である。
第1実施形態において、小役A1条件装置~小役F2条件装置作動時に停止表示可能となる図柄組合せのうち、右リールの図柄のみが「PB=1」配置である図柄組合せを示す図である。
第1実施形態において、小役A1条件装置~小役F2条件装置作動時に停止表示可能となる図柄組合せのうち、左リールの図柄のみが「PB=1」配置である図柄組合せを示す図である。
第1実施形態において、(1)は小役01入賞時の停止出目を示す図であり、(2)は小役02入賞時の停止出目を示す図であり、(3)は小役03入賞時の停止出目を示す図である。
第1実施形態において、(1)は小役04入賞時の停止出目を示す図であり、(2)は小役05入賞時の停止出目を示す図であり、(3)は小役06入賞時の停止出目を示す図である。
第2実施形態におけるリールの図柄配列を示す図である。
第2実施形態における役等の種類、図柄組合せ、払出し枚数等を示す図(1)である。
第2実施形態における役等の種類、図柄組合せ、払出し枚数等を示す図(2)である。
第2実施形態における置数表を示す図である。
第2実施形態における遊技状態の遷移図である。
第2実施形態における遊技状態の変動条件を示す図である。
第2実施形態において、(1)は小役A1条件装置作動時の左第一停止時、小役B1条件装置作動時の左第一停止時、及び小役C1条件装置作動時の左第一停止時に表示窓内に停止表示可能となる左リールの図柄を示す図であり、(2)は小役C1条件装置作動時において中第一停止後の左第二停止時に表示窓内に停止表示可能となる左リールの図柄を示す図である。
第1実施形態及び第2実施形態の変形例におけるリールの図柄配列を示す図である。
第1実施形態及び第2実施形態の変形例において、(1)は小役A1条件装置作動時の左第一停止時、小役B1条件装置作動時の左第一停止時、及び小役C1条件装置作動時の左第一停止時に表示窓内に停止表示可能となる左リールの図柄を示す図であり、(2)は小役C1条件装置作動時において中第一停止後の左第二停止時に表示窓内に停止表示可能となる左リールの図柄を示す図である。
第1実施形態及び第2実施形態の変形例において、(1)は小役01入賞時の停止出目を示す図であり、(2)は小役02入賞時の停止出目を示す図であり、(3)は小役03入賞時の停止出目を示す図である。
第1実施形態及び第2実施形態の変形例において、(1)は小役04入賞時の停止出目を示す図であり、(2)は小役05入賞時の停止出目を示す図であり、(3)は小役06入賞時の停止出目を示す図である。
第3実施形態におけるメインCPU、ROM、RWMの構成を説明する図である。
第3実施形態におけるRWMの使用領域に記憶されるデータのアドレス、ラベル名、バイト数、及び名称を示す図である。
第3実施形態におけるRWMの使用領域外に記憶されるデータのアドレス、ラベル名、バイト数、及び名称を示す図である。
第3実施形態におけるRWMの使用領域外に記憶されるデータのアドレス、ラベル名、バイト数、及び名称を示す図であって、図34に続く図である。
(A)は、第3実施形態における表示基板上の各種LEDを示す図であり、(B)は、第3実施形態における管理情報表示LEDを示す図である。
第3実施形態におけるデジット1~9とセグメントA~G及びPとの関係を示す図である。
第3実施形態における出力ポート2~7から出力される信号を示す図である。
第3実施形態におけるデジットとセグメントとの関係を示す図である。
(A)は、第3実施形態におけるLED表示カウンタ1(_CT_LED_DSP1)と出力ポート3から出力される信号との関係を示す図であり、(B)は、第3実施形態におけるLED表示カウンタ2(_SC_LED_DSP2)と出力ポート6から出力される信号との関係を示す図であり、(C)は、第3実施形態におけるLED表示要求フラグ(_FL_LED_DSP )を示す図である。
第3実施形態におけるプログラム開始処理(M_PRG_START )を示すフローチャートである。
第3実施形態における電源復帰処理(M_POWER_ON)を示すフローチャートである。
第3実施形態における復帰不可能エラー処理(C_ERROR_STOP)を示すフローチャートである。
第3実施形態における初期化処理(M_INI_SET )を示すフローチャートである。
第3実施形態における設定変更確認処理(M_RANK_CTL)を示すフローチャートである。
第3実施形態におけるメイン処理(M_MAIN)を示すフローチャートである。
第3実施形態における割込み処理(I_INTR)を示すフローチャートである。
第3実施形態における電源断処理(I_POWER_DOWN)を示すフローチャートである。
第3実施形態におけるRWMチェックサムセット処理(S_SUM_SET )を示すフローチャートである。
第3実施形態におけるLED表示制御(I_LED_OUT )を示すフローチャートである。
第3実施形態における復帰不可能エラー処理2(S_ERROR_STOP)を示すフローチャートである。
第3実施形態における比率表示準備処理(S_DSP_READY )を示すフローチャートである。
第3実施形態における点滅要求フラグ生成処理(S_LED_FLASH )を示すフローチャートである。
第3実施形態における点滅/非該当項目判定値テーブル(TBL_SEG_FLASH )を示す図である。
第3実施形態における比率表示タイマ更新処理(S_RATE_TIME )を示すフローチャートである。
第3実施形態における比率表示処理(S_LED_OUT )を示すフローチャートである。
第3実施形態における点滅ビット検査回数テーブル(TBL_FLASH_CHK )を示すフローチャートである。
第3実施形態の変形例における復帰不可能エラー処理2(S_ERROR_STOP)を示すフローチャートである。
第3実施形態の変形例における出力ポート2~5から出力される信号を示す図である。
第3実施形態の変形例におけるLED表示カウンタ1(_CT_LED_DSP1)と出力ポート3及び6から出力される信号との関係を示す図である。
第4実施形態における割込み処理を実行するためのタイマ回路等を示すブロック図である。
第4実施形態における割込み禁止や割込み許可を説明するプログラム例を示し、(A)及び(B)はメイン処理のプログラムを示し、(C)は割込み処理のプログラムを示す。
第4実施形態におけるプログラム開始(M_PRG_START )を示すフローチャートである。
第4実施形態における電源復帰処理(M_POWER_ON)を示すフローチャートである。
第4実施形態における初期化処理(M_INI_SET )を示すフローチャートである。
第4実施形態における割込み処理(I_INTR)を示すフローチャートである。
第4実施形態における8ビットカウンタと割込み処理との関係を示すタイムチャートであり、メイン処理で割込み禁止期間を有さない例を示す。
第4実施形態における8ビットカウンタと割込み処理との関係を示すタイムチャートであり、メイン処理で割込み禁止期間を有する例を示す。
第4実施形態における8ビットカウンタと割込み処理との関係において、8ビットカウンタが複数回タイムアウトした例(例1)を示すタイムチャートである。
第4実施形態における8ビットカウンタと割込み処理との関係において、8ビットカウンタが複数回タイムアウトした例(例2)を示すタイムチャートである。
第4実施形態において、メイン処理での割込み禁止期間を有さない場合の割込み周期を示すタイムチャートである。
第4実施形態において、割込み処理1と割込み処理2との間に、メイン処理での割込み禁止期間が設定された例を示す図である。
第4実施形態において、割込み処理が実行される予定のタイミングが割込み禁止期間である例(例1)を示すタイムチャートである。
第4実施形態において、割込み処理が実行される予定のタイミングが割込み禁止期間である例(例2)を示すタイムチャートである。
第4実施形態において、込み処理が実行される予定のタイミングが割込み禁止期間である例(例3)を示すタイムチャートである。
第5実施形態において、リールの回転と、エラーの検知及び報知との関係(例1)を示すタイムチャートである。
図76(例1)の経過を含むエラー履歴画面を示す図である。
第5実施形態において、リールの回転中にエラーを検知した後、設定変更をした場合を示すタイムチャート(例2)である。
図78(例2)の経過を含むエラー履歴画面を示す図である。
第5実施形態において、設定確認中に複数のエラーが検知された場合(例3)を示すタイムチャートである。
図80(例3)の経過を含むエラー履歴画面を示す図である。
第5実施形態において、遊技待機中(全リール31の停止後、スタートスイッチが操作される(遊技開始)前)に第1エラー及び第2エラーを検知した場合(例4)を示すタイムチャートである。
図82(例4)の経過を含むエラー履歴画面を示す図である。
第6実施形態において、メイン制御基板と、ソケットと、ソケットに未装着のメインチップとを示す外観斜視図である。
ソケットに装着されたメインチップをより詳細に示す平面図(上方から鉛直下方に見た図)である。
図85中、Z1方向から見た矢視図(正面図)である。
図85中、Z2方向から見た矢視図(側面図)である。
(A)は、製品名及び社名を拡大して示す図であり、(B)は、(A)中、Z3-Z3の矢視断面図である。
3種類の段差部の関係を示す断面図である。
第7実施形態における基板と所定の電子部品との位置関係(例1)を示す図であり、(A)は平面図を示し、(B)は正面図を示す。
(A)は、図90(A)中、Z4方向から見た矢視図であり、(B)は、図90(B)中、Z5方向(コネクタの底面側)から見た矢視図である。
第7実施形態における基板と所定の電子部品との位置関係(例2)を示す図であり、(A)は平面図を示し、(B)は側面図(拡大図)を示す。
第7実施形態における基板と所定の電子部品との位置関係(例3)を示す図であり、(A)は表面(所定の電子部品の実装面)図を示し、(B)は側面図を示し、(C)は裏面図を示す。
図93の例3の変形例を示す図であり、(A)は表面(所定の電子部品の実装面)図を示し、(B)は側面図を示し、(C)は裏面図を示す。
第8実施形態における1チップマイクロプロセッサを示す図である。
第8実施形態において、図95中、内蔵ROM内のメモリマップをより詳細に示す図である。
第8実施形態において、図95中、内蔵RWM内のメモリマップをより詳細に示す図である。
第8実施形態において、割込み初期設定アドレスを説明する図であり、(A)は割込み初期設定アドレスのデータ詳細を示す図であり、(B)は割込み優先順位と割込み優先順位設定値との関係を示す図である。
第8実施形態において、ベクタアドレス値と、ベクタアドレスに記憶されているデータ値とを説明する図であり、(A)はベクタアドレス値を示し、(B)は割込み要因と自動割当て値との関係を示し、(C)はベクタアドレスのデータ値の例を示す。
第8実施形態において、電源がオンされた後、ユーザモードに移行するまでの過程を示す図である。
【発明を実施するための形態】
【0008】
本明細書において、用語の意味は、以下の通りである。
「ベット」とは、遊技を行うためにメダル(遊技媒体)を賭けることをいう。メダルをベットするには、メダル投入口47から実際のメダルを手入れ投入するか、又はクレジット(貯留)されているメダルをベットするためにベットスイッチ40を操作する。
一方、「クレジット(「貯留」ともいう。)」とは、上記「ベット」とは異なり、スロットマシン10内部にメダルを貯留することをいう。本明細書では、「クレジット」というときは、「ベット」を含まない意味で使用する。
さらに、「投入」とは、メダルをベット又はクレジットすることをいう。
また、「規定数」とは、当該遊技で遊技を開始(実行)可能なベット数をいう。たとえば、規定数「2」又は「3」である遊技では、ベット数「2」又は「3」のいずれかで遊技を開始可能であり、ベット数「1」で遊技を行うことはできない。
なお、説明の便宜上、「規定数」を「ベット数」と称する場合もある。
一方、「ベット数」というときは、「規定数」以外を指す場合もある。たとえば規定数「2」又は「3」の遊技において、1枚のメダルが投入された時点(遊技開始前)では、ベット数は「1」(その時点でベットされている数)である。
【0009】
「手入れ」とは、遊技者が、メダル投入口47(後述)からメダルを投入することをいう。
「手入れベット」とは、遊技者が、メダル投入口47からメダルを手入れすることにより、メダルをベットすることをいう。
「手入れクレジット」とは、遊技者が、メダル投入口47からメダルを手入れすることにより、メダルをクレジットすること(クレジットを加算する)ことをいう。
【0010】
「ベットメダル」とは、ベットされているメダルをいう。
「貯留メダル」とは、クレジット(貯留)されているメダルをいう。
「貯留ベット」とは、遊技者がベットスイッチ40(後述)を操作することにより、当該遊技でベット可能な範囲内において、クレジットされているメダルの一部又は全部を、遊技を行うためにベットすることをいう。
「自動ベット」とは、リプレイが入賞したときに、スロットマシン10の制御処理により、前回遊技でベットされていた数のメダルを自動でベットすることをいう。
ここで、小役に対応する図柄組合せが停止表示(有効ラインに停止したことを意味する。以下同じ。)したことを「小役の入賞」と称する。
一方、「遊技機の認定及び型式の検定等に関する規則(以下、単に「規則」という。)」では、リプレイに対応する図柄組合せが停止表示したときは、再遊技に係る条件装置の作動であって「入賞」ではないと解釈されている。
しかし、本願(本明細書等)では、リプレイについても役の1つとして扱い(再遊技役)、リプレイに対応する図柄組合せが停止表示したことを「リプレイの入賞」と称する場合がある。
「精算」とは、ベットメダル及び/又は貯留メダルを遊技者に対して払い出すことをいう。本実施形態では、精算スイッチ43(後述)が操作されたときに精算処理を実行する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

サミー株式会社
遊技機
18日前
サミー株式会社
遊技機
7日前
サミー株式会社
遊技機
7日前
サミー株式会社
遊技機
7日前
サミー株式会社
遊技機
7日前
サミー株式会社
遊技機
7日前
サミー株式会社
遊技機
7日前
サミー株式会社
遊技機
7日前
サミー株式会社
遊技機
7日前
サミー株式会社
遊技機
7日前
サミー株式会社
遊技機
7日前
サミー株式会社
遊技機
7日前
サミー株式会社
遊技機
7日前
サミー株式会社
遊技機
7日前
サミー株式会社
遊技機
7日前
サミー株式会社
遊技機
7日前
サミー株式会社
遊技機
7日前
サミー株式会社
遊技機
7日前
サミー株式会社
遊技機
7日前
サミー株式会社
遊技機
7日前
サミー株式会社
遊技機
7日前
サミー株式会社
遊技機
13日前
サミー株式会社
遊技機
13日前
サミー株式会社
遊技機
13日前
サミー株式会社
遊技機
13日前
サミー株式会社
遊技機
7日前
サミー株式会社
遊技機
7日前
サミー株式会社
遊技機
7日前
サミー株式会社
雀球遊技機
7日前
サミー株式会社
雀球遊技機
7日前
サミー株式会社
雀球遊技機
7日前
サミー株式会社
雀球遊技機
7日前
サミー株式会社
雀球遊技機
7日前
サミー株式会社
雀球遊技機
7日前
サミー株式会社
雀球遊技機
7日前
サミー株式会社
雀球遊技機
7日前
続きを見る