TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024069038
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-21
出願番号2022179806
出願日2022-11-09
発明の名称食品飲料排水の脱色方法
出願人水ing株式会社
代理人アクシス国際弁理士法人
主分類C02F 1/56 20230101AFI20240514BHJP(水,廃水,下水または汚泥の処理)
要約【課題】色度の高い食品飲料排水を脱色するに際し、凝集汚泥の生成量を抑制しながらも高水準の色度低減効果を得ることが可能な脱色方法を提供する。
【解決手段】生物処理を受けた後の色度が450以上の食品飲料排水に、カチオン性置換基を有するタンニン誘導体を添加し、前記排水を撹拌する工程1と、工程1を実施後の前記排水にアニオン性高分子凝集剤を添加し、前記排水を撹拌する工程2と、工程2を実施後の前記排水から着色成分を固液分離し、色度が低下した処理水を得る工程3と、を実施することを含む食品飲料排水の脱色方法。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
生物処理を受けた後の色度が450以上の食品飲料排水に、カチオン性置換基を有するタンニン誘導体を添加し、前記排水を撹拌する工程1と、
工程1を実施後の前記排水にアニオン性高分子凝集剤を添加し、前記排水を撹拌する工程2と、
工程2を実施後の前記排水から着色成分を固液分離し、色度が低下した処理水を得る工程3と、
を実施することを含む食品飲料排水の脱色方法。
続きを表示(約 710 文字)【請求項2】
工程1において、カチオン性置換基を有するタンニン誘導体は、前記排水に対して固形物換算で50~300mg/Lとなるように添加する請求項1に記載の脱色方法。
【請求項3】
カチオン性置換基を有するタンニン誘導体には、トリメチルアンモニウムクロリド基を有するタンニン誘導体が含まれる請求項1に記載の脱色方法。
【請求項4】
工程2において、アニオン性高分子凝集剤は、前記排水に対して固形物換算で0.01~10mg/Lとなるように添加する請求項1に記載の脱色方法。
【請求項5】
工程1において、カチオン性置換基を有するタンニン誘導体が添加される前の前記排水のpHが5~9である請求項1に記載の脱色方法。
【請求項6】
工程1、工程2、及び工程3をそれぞれ別の槽内で実施する請求項1に記載の脱色方法。
【請求項7】
工程2を実施前に、工程1を実施後の前記排水にアニオン性高分子凝集剤以外の有機凝結剤及び/又は無機凝集剤を添加して撹拌する工程1’を実施することを含む請求項1に記載の脱色方法。
【請求項8】
工程1’において、有機凝結剤は、前記排水に対して固形物換算で5~200mg/Lとなるように添加する請求項7に記載の脱色方法。
【請求項9】
工程1’において、無機凝集剤は、前記排水に対して固形物換算で50~500mg/Lとなるように添加する請求項7に記載の脱色方法。
【請求項10】
工程1、工程2、工程3、及び工程1’をそれぞれ別の槽内で実施する請求項7に記載の脱色方法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、食品飲料排水の脱色方法に関する。
続きを表示(約 1,500 文字)【背景技術】
【0002】
醤油、コーヒー飲料、麦茶飲料等の製造の際に生じる排水は非常に濃く着色しており、これらの排水(以下、「着色排水」という)の浄化処理においては脱色処理が施されるのが一般的である。脱色処理の技術としては、従来、凝集沈殿処理、生物学的処理(生物処理)、オゾン(O
3
)等の酸化剤を用いた酸化処理等が知られているが、生物学的処理では着色排水に対する色度低減効果が不十分であり、また酸化処理では十分な色度低減効果を得るためにイニシャルコスト及びランニングコストが増大してしまうという問題がある。
【0003】
一方、凝集沈殿処理の場合は、生物学的処理に比べて色度低減効果が高く、また酸化処理のようなコスト面の問題もないため、着色排水の脱色に適していると言える。凝集沈殿処理としては、排水に無機凝集剤を添加して凝集汚泥と処理水とに分離する方法が知られているが、色度低減効果の更なる向上を図るべく、無機凝集剤の代わりに凝結剤又は有機高分子凝集剤を用いる方法や、これらを組み合わせて用いる方法も提案されている(特開平6-226265号公報、特開2001-162285号公報)。
【0004】
特開2001-79309号公報には、水よりコロイド状物質を除くための植物性凝固/凝集剤として、第四級アンモニウムタンニン酸塩が記載されている。
【0005】
特開2001-79563号公報には、ピロカテキンタンニン、Acacia mearnsii樹皮の水性抽出液であり、カチオン特性を有する植物起源の有機凝固/凝集剤が記載されている。
【0006】
特開昭61-97362号公報には、赤キャベツを酸性の水、又はアルコール水に浸漬して得た色素抽出液にタンニン及び又はタンニン酸を添加し、共存する蛋白質その他の夾雑物を共沈させ、上澄部を採取することを特徴とする赤キャベツ色素の製造法が記載されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0007】
特開平6-226265号公報
特開2001-162285号公報
特開2001-79309号公報
特開2001-79563号公報
特開昭61-97362号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0008】
しかしながら、凝集沈殿処理による上記従来の脱色方法にあっては、例えば、着色排水の色度を十分に低減するために非常に多くの無機凝集剤や有機凝結剤を添加する必要があり、その結果、多量の汚泥が発生してしまう。また、上記の特許文献に記載されているように、第四級アンモニウムタンニン酸塩等のタンニン誘導体が凝集剤として知られているが、着色排水に対する脱色効果には改善の余地が残されている。
【0009】
本発明は上記事情に鑑みて創作されたものであり、一側面において、色度の高い食品飲料排水を脱色するに際し、凝集汚泥の生成量を抑制しながらも高水準の色度低減効果を得ることが可能な脱色方法を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0010】
本発明者は上記課題を解決すべく鋭意検討したところ、カチオン性置換基を有するタンニン誘導体及びアニオン性高分子凝集剤を用いて所定の手順に従って食品飲料排水から着色成分を固液分離することが有利であることを見出した。本発明は当該知見に基づき完成したものであり、以下に例示される。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

水ing株式会社
脱水システムの運転制御方法および脱水システム
10日前
水ing株式会社
排水処理方法及び排水処理装置
25日前
個人
遠隔水質計測方法
1か月前
株式会社オメガ
水質浄化装置
13日前
株式会社オメガ
排水処理装置
1か月前
栗田工業株式会社
純水製造装置
23日前
株式会社環境機器
磁気処理装置
16日前
三浦工業株式会社
水処理システム
27日前
トヨタ自動車株式会社
海藻資源化システム
23日前
株式会社富士計器
金属イオン水生成器
1か月前
株式会社OKAMURA
防汚装置及び防汚方法
26日前
株式会社エクセルシア
処理剤
1か月前
日亜化学工業株式会社
流体紫外光処理装置
1か月前
株式会社環境機器
磁気処理装置の取付方法
16日前
栗田工業株式会社
水回収装置及び水回収方法
18日前
東芝ライテック株式会社
液体処理装置
11日前
水ing株式会社
薬剤添加装置および薬剤添加方法
27日前
水道機工株式会社
マイクロプラスチックの処理方法
25日前
個人
無給水無放流循環式水洗トイレシステム
1か月前
大成建設株式会社
循環式濾過システム
3日前
キョーラク株式会社
水質浄化システム
6日前
ベルテクス株式会社
過流式放流装置
1か月前
ベルテクス株式会社
過流式放流装置
1か月前
水ing株式会社
食品飲料排水の脱色方法
26日前
テクニカ合同株式会社
粉末状固着防止剤、及び固着防止方法
1か月前
株式会社テックコーポレーション
電解水生成装置
24日前
水ing株式会社
有機性排水の色度除去方法および色度除去装置
1か月前
アクアス株式会社
リン含有排水の処理方法
6日前
株式会社村上開明堂
油処理担体及び油処理方法
25日前
水ing株式会社
脱水システムの運転制御方法および脱水システム
10日前
水ing株式会社
BOD供給剤及びBOD供給剤の添加方法
1か月前
株式会社ササクラ
アンモニア含有油水の処理装置及び処理方法
1か月前
野村マイクロ・サイエンス株式会社
純水製造方法、純水製造装置及び超純水製造システム
1か月前
メタウォーター株式会社
添加システム及び処理システム
17日前
太平洋セメント株式会社
有機汚泥処理装置の制御方法
24日前
西日本高速道路エンジニアリング関西株式会社
スカム除去装置
3日前
続きを見る