TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024096094
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-07-11
出願番号2023222798
出願日2023-12-28
発明の名称マッピング及びアブレーションのための分布された組織接触のためのフラクタル円筒形ケージシステム及び方法
出願人バイオセンス・ウエブスター・(イスラエル)・リミテッド,Biosense Webster (Israel), Ltd.
代理人個人,個人
主分類A61B 18/14 20060101AFI20240704BHJP(医学または獣医学;衛生学)
要約【課題】医療用プローブを提供すること。
【解決手段】本開示の技術は、実質的円筒形構造体を形成する複数のスパイン部材を備える医療用プローブを含む。各スパインは、平坦な原料の連続片から打ち抜かれ、長手方向軸に沿って第1の端部から第1の屈曲部まで延在する、第1のセクションと、第1のセクションから長手方向軸に対して曲線状に延在し、かつ分岐点を含む、第2のセクションと、長手方向軸に沿って第2の屈曲部から第2の端部まで延在する第3のセクションであって、第3のセクションの近位部分が、第1のセクションに略平行である、第3のセクションと、を含む構成に熱処理される。第2のセクションは、連続脚部と、不連続脚部と、を備える。連続脚部は、第1のセクションと分岐点との間に延在する。不連続脚部は、第1のセクションに向かって延在し、かつ分岐点と第1の端部との間の終端点で終端する。
【選択図】図2A
特許請求の範囲【請求項1】
医療用プローブにおいて使用するためのスパイン部材であって、前記スパイン部材が、
長手方向軸に沿って第1の端部から第1の屈曲部まで延在する、第1のセクションと、
前記第1のセクションから前記長手方向軸に対して曲線状に延在し、かつ分岐点を含む、第2のセクションと、
第3のセクションであって、前記第3のセクションの近位部分が、前記第1のセクションに略平行であるように、前記長手方向軸に沿って第2の屈曲部から第2の端部まで延在する、第3のセクションと、を備える、スパイン部材。
続きを表示(約 1,100 文字)【請求項2】
前記第2のセクションが、
前記第1のセクションと前記分岐点との間に延在する連続脚部と、
前記第1のセクションに向かって延在し、かつ前記分岐点と前記第1の端部との間の終端点で終端する、不連続脚部と、を備える、請求項1に記載のスパイン部材。
【請求項3】
前記第2のセクションが、
前記分岐点と前記第2の屈曲部との間に延在する遠位部分を備える、請求項1に記載のスパイン部材。
【請求項4】
実質的円筒形構造体を形成するために、4つ又は5つ以上のスパイン部材と、それらのそれぞれの構成において整列するように構成されている、請求項1に記載のスパイン部材。
【請求項5】
前記4つ又は5つ以上のスパイン部材の前記第3のセクションは、各スパイン部材の前記第2の屈曲部が前記実質的円筒形構造体の遠位先端部を形成するように整列する、請求項4に記載のスパイン部材。
【請求項6】
医療用プローブであって、
複数の別個のスパイン部材を備える実質的円筒形構造体であって、前記複数の別個のスパイン部材が、
遠位屈曲部と、
中間部分と、
第1のスパイン端部と、を備える、実質的円筒形構造体を備え、
前記複数の別個のスパイン部材が、各それぞれの遠位屈曲部においては、前記実質的円筒形構造体の遠位端部に、及び各それぞれの第1のスパイン端部においては、前記実質的円筒形構造体の近位端部に、一緒に配設されており、
各それぞれの中間部分が、長手方向軸から軸方向に湾曲して、前記実質的円筒形構造体の外側表面を形成する、医療用プローブ。
【請求項7】
前記別個のスパイン部材が、前記それぞれの別個のスパイン部材の前記遠位屈曲部と第2のスパイン端部との間に直線部分を更に備え、前記直線部分が、前記実質的円筒形構造体内に位置決めされている、請求項6に記載の医療用プローブ。
【請求項8】
各スパイン部材の前記第1のスパイン端部が、前記実質的円筒形構造体が拡張構成にあるときに、前記スパイン部材の前記第2のスパイン端部と接触する、請求項7に記載の医療用プローブ。
【請求項9】
前記複数の別個のスパイン部材から形成された前記実質的円筒形構造体が、それぞれのスパイン部材の各直線部分を、隣接するスパイン部材の前記直線部分に近接して整列させる、請求項7に記載の医療用プローブ。
【請求項10】
前記別個のスパイン部材が、前記第1のスパイン端部と前記第2のスパイン端部との間に分岐部分を更に備える、請求項7に記載の医療用プローブ。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
(関連出願の相互参照)
本出願は、その内容全体が、本明細書に完全に記載された場合のように参照により本明細書に組み込まれる、2022年12月29日に出願された先願の米国仮特許出願第63/477,800号の米国特許法第119条に基づく優先権の利益を主張する。
続きを表示(約 3,100 文字)【0002】
(発明の分野)
本発明は、概して、医療用デバイスに関し、特に電極を有するカテーテルに関し、更に、マッピング、アブレーション、又は心臓組織及び肺静脈の不可逆的エレクトロポレーション(irreversible electroporation、IRE)を誘導するために使用するのに好適なカテーテルに関するが、これらに限定されるものではない。
【背景技術】
【0003】
電気生理学カテーテルは、概して、心臓の電気的活動をマッピングするため、又は心臓組織の領域にアブレーションを誘導して、心臓のある部分から別の部分への望ましくない電気信号の伝播を停止又は修正するために使用される。多くの電気生理学カテーテルは、バスケット形状の電極アレイを有する。特に、バスケット形状の電極アレイを有するカテーテルは公知であり、例えば、米国特許第5,772,590号、同第6,748,255号、及び同第6,973,340号に記載されており、これらの各々は、参照により本明細書に組み込まれ、米国優先権出願第63/477,800号の付録に添付されている。いくつかのアブレーションアプローチは、非熱アブレーション法を使用して心臓組織をアブレーションするために不可逆的エレクトロポレーションを使用する。IREは、高電圧の短パルスを組織に送達し、細胞膜の回復不能な透過化を生じさせる。多電極カテーテルを使用してアブレーション又は不可逆的エレクトロポレーション(IRE)エネルギーを組織に送達することは、特許文献において以前に提案された。IREアブレーションのために構成されたシステム及びデバイスの例は、米国特許出願公開第2021/0169550(A1)号(現米国特許第11,660,135号)、同第2021/0169567(A1)号、同第2021/0169568(A1)号、同第2021/0161592(A1)号(現米国特許第11,540,877号)、同第2021/0196372(A1)号、同第2021/0177503(A1)号、同第2021/0186604(A1)号(現米国特許第11,707,320号)に提示されており、これらの各々は、参照により本明細書に組み込まれ、米国優先権出願第63/477,800号の付録に添付されている。
【0004】
心臓組織の領域は、異常な電気信号を識別するためにカテーテルによってマッピングすることができる。同じ又は異なるカテーテルを使用してアブレーションを実行することができる。いくつかの例示的なカテーテルは、その上に電極が位置決めされた多数のスパインを含む。電極は、一般に、スパインに取り付けられ、はんだ付け、溶接、又は接着剤を使用することによって定位置に固定される。更に、複数の線形スパインは、概して、線形スパインの両端部をチューブ状シャフト(例えば、プッシャチューブ)に取り付けて球形バスケットを形成することによって、一緒に組み立てられる。球状バスケットアセンブリは、左心房又は右心房の電気的機能を検出することができる。しかしながら、肺静脈は、典型的には、断面が完全に円形ではなく、より楕円形であるため、電極の平面状アレイを有する実質的に円筒形のアセンブリは、肺静脈又はその付近の心臓組織の電気的機能のより均一な検出を提供し得る。しかしながら、スパイン及び電極の小さいサイズに起因して、電極をスパインに接着し、次いで、複数の線形スパインから球形バスケットを形成することは、困難な作業であり、製造時間及びコスト、並びに不適切な結合又は不整合に起因して電極が故障する可能性を増加させ得る。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
したがって、必要とされるものは、代替カテーテル幾何形状全般を製造するために必要とされる時間を低減することに役立ち得る、改善された医療用プローブを形成するデバイス及び方法である。
【課題を解決するための手段】
【0006】
医療用プローブ及び関連する方法の種々の実施形態を説明し、図示する。本開示は、医療用プローブのための構造ユニットであって、長手方向軸に沿って第1の端部から第1の屈曲部まで延在する第1のセクションと、第1のセクションから長手方向軸に対して曲線状に延在する第2のセクションと、第3のセクションであって、第3のセクションの近位部分が、第1のセクションに略平行であるように、長手方向軸に沿って第2の屈曲部から第2の端部まで延在する、第3のセクションと、を有する、スパイン部材を備える、医療用プローブのための構造ユニットを含む。第2のセクションは、分岐点を含むことができる。
【0007】
医療用プローブは、長手方向軸の周りに配置された複数のスパイン部材と複数の電極とから形成された実質的円筒形構造体を含み得る。複数のスパイン部材の各々は、長手方向軸に沿って第1の端部から第1の屈曲部まで延在する第1のセクションと、第1のセクションから長手方向軸に対して曲線状に延在する第2のセクションと、第3のセクションであって、第3のセクションの近位部分が、第1のセクションに略平行であるように、長手方向軸に沿って第2の屈曲部から第2の端部まで延在する、第3のセクションと、を含むことができる。第2のセクションは、分岐点を含むことができる。複数の電極は、複数のスパイン部材の各々に結合され得る。
【0008】
本開示は、実質的円筒形構造体を含み得る医療用プローブを含む。実質的円筒形構造体は、複数の別個のスパイン部材を含むことができる。各スパイン部材は、遠位屈曲部、中間部分、及び第1のスパイン端部を含むことができる。複数のスパイン部材は、各それぞれの遠位屈曲部においては、実質的円筒形構造体の遠位端部に一緒に配設され得る。複数のスパイン部材はまた、各それぞれの第1のスパイン端部においては、実質的円筒形構造体の近位端部に配設され得る。各それぞれの中間部分は、長手方向軸から軸方向に湾曲して、実質的円筒形構造体の外側表面を形成することができる。
【0009】
本開示は、医療用プローブを構築する方法を含む。本方法は、平坦な原料の連続片から複数のスパイン部材を打ち抜くことと、各スパイン部材が構成を形成するように、複数のスパイン部材を熱処理することと、少なくとも4つのスパイン部材の遠位屈曲部を整列させて、実質的円筒形構造体を画定することと、を含むことができる。複数のスパイン部材の各々は、長手方向軸に沿って第1の端部から第1の屈曲部まで延在する第1のセクションと、第1のセクションから長手方向軸に対して曲線状に延在する第2のセクションと、第3のセクションであって、第3のセクションの近位部分が、第1のセクションに略平行であるように、長手方向軸に沿って第2の屈曲部から第2の端部まで延在する、第3のセクションと、を含むことができる。第2のセクションは、分岐点を含むことができる。
【0010】
本開示は、医療用プローブを構築する方法を含む。本方法は、膜上に1つ又は2つ以上の電気トレースを製作することと、1つ又は2つ以上の電気トレース内に1つ又は2つ以上の電極を整列させることと、実質的円筒形構造体を形成するように成形された複数の別個のスパイン部材の上に膜を位置決めすることと、を含むことができる。
【図面の簡単な説明】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
穿刺補助具
20日前
個人
男性用下着
12日前
個人
段差昇降装置
4か月前
個人
入れ歯
2か月前
個人
聴診器
2か月前
個人
逆流防止用具
4か月前
個人
蓋付きしびん
2か月前
個人
エアリフター
5か月前
個人
介護浴槽
2か月前
個人
シミ皮膚改善剤
5か月前
個人
入浴介護補助装置
2か月前
個人
排便漏れ予防装具
14日前
個人
鼻腔拡張具
4か月前
個人
マウスピース
22日前
株式会社コーセー
組成物
4か月前
個人
電動式孫の手
4か月前
個人
透析装置の洗浄方法
4か月前
株式会社東亜産業
温熱具
4か月前
個人
スプレー式目薬容器
2か月前
個人
座椅子脱着式車椅子
2か月前
株式会社ニデック
検眼装置
4か月前
個人
圧排器具
15日前
株式会社ダリヤ
酸性染毛料
5か月前
個人
医療用チューブ保護具
6か月前
個人
根管治療用のファイル
3か月前
個人
弾性材一体コルセット
3か月前
株式会社コロナ
サウナ装置
6か月前
個人
光脱毛器
5か月前
オンキヨー株式会社
聴診器
4か月前
株式会社いうら
介助リフト
3か月前
個人
マッサージガン保持具
3か月前
株式会社ニデック
眼科装置
1か月前
株式会社コーセー
油性化粧料
4か月前
オンキヨー株式会社
電子機器
4か月前
株式会社ニデック
OCT装置
4日前
株式会社コーセー
水系化粧料
14日前
続きを見る