TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024080549
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-06-13
出願番号2022193856
出願日2022-12-03
発明の名称多重無線通信方法
出願人個人
代理人
主分類H04L 27/26 20060101AFI20240606BHJP(電気通信技術)
要約【課題】低速データと高速データがデータ多重してから無線通信すると電波伝搬環境が劣化したとき低速データと高速データともに通信が阻害される。
【解決手段】無線送信器は低速データがCMI符号化してから周波数変調されかつ高速データが搬送波1本あたりQPSK一次変調するOFDM二次変調されてこれら変調波を合成し無線通信して無線受信器は各変調波を分離して各復調し各転送データを復元することで電波伝搬環境が劣化したときOFDM復調波による復元が限界となっても周波数復調波による復元はなされる。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
無線送信器は低速データがCMI符号化してから周波数変調されかつ高速データが搬送波1本あたりQPSK一次変調するOFDM二次変調されてこれら変調波を合成し無線通信して無線受信器は各変調波を分離して各復調し各転送データを復元する無線通信方法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、低速データと高速データを多重して通信する無線通信方法に関するものである。
続きを表示(約 1,200 文字)【背景技術】
【0002】
無線送信側が低速データを変調してかつ高速データを変調してから変調波を合成することで多重して通信し、無線受信側が到達電波を低速データの変調波と高速データの変調波を分離してから各々復調してデータを復元する無線通信方法により通信方式を簡略化するとともにデータ通信の信頼性を向上させる技術である。
【0003】
低速データと高速データがデータを多重してから無線通信する方法がある。
【0004】
低速データと高速データがデータ多重してから無線通信すると電波伝搬環境が劣化したとき低速データと高速データともに通信が阻害される問題があった。
【0005】
この改善策として、低速データと高速データが別の変調方式で変調してから変調波を合成して電波を放射する方法がある。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0006】
特許登録第3588403号
【非特許文献】
【0007】
HomePlug Green Phy standard (ISO15118-3)
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0008】
解決しようとする問題点は、無線通信すると電波伝搬環境が劣化したとき低速データと高速データとがともに通信が阻害されることなく少なくとも低速データ通信は阻害されない点である。
【課題を解決するための手段】
【0009】
本発明は、ビット転送速度が75、110、300、1200、2400、4800、9600、19200、38400、57600そして115200ビット毎秒やSPI(Serial Peripheral Interface)方式に代表される低速データを1と0の比率が1:1となるCMI符号(Code Mark Inversion code)方式でコード化してから例えば76MHzの周波数変調し、かつ、Ethernet方式に体表される高速データを例えば2MHzから30MHzの周波数を使用するOFDM(Orthogonal Frequency-Division Multiplexing:直交周波数分割多重変調)で二次変調し千本強の搬送波のうち搬送波1本あたりQPSK(QuadraPhase-Shift Keying:4位相偏移変調)で一次変調し、これら変調波を合成して電波を放射すること事を最も主要な特徴とする。
【発明の効果】
【0010】
本発明は、移動体に適用すると移動体が収集するデータを高速データにて転送中に電波伝搬環境が劣化して高速データが遮断しはじめても低速データの通信が遮断されず移動体を制御することを可能にする。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
多重無線通信方法
1か月前
ブラザー工業株式会社
複合機
5日前
オンキヨー株式会社
電子機器
6日前
日本精機株式会社
プロジェクタ
1か月前
キヤノン株式会社
撮像装置
19日前
キヤノン株式会社
通信装置
1か月前
キヤノン株式会社
操作機器
11日前
株式会社三井光機製作所
暗視装置
14日前
キヤノン株式会社
撮像装置
18日前
キヤノン電子株式会社
画像読取装置
25日前
キヤノン電子株式会社
画像読取装置
25日前
個人
ヘッドホンの簡単な側圧調整器
1か月前
個人
コメント荒らし判別プログラム
3日前
キヤノン電子株式会社
画像読取装置
1か月前
キヤノン電子株式会社
画像読取システム
12日前
キヤノン株式会社
撮像装置
27日前
キヤノン電子株式会社
画像読取システム
1か月前
個人
電子透かしの埋め込み及び抽出方法
13日前
池上通信機株式会社
撮像処理装置
1か月前
日本放送協会
LDM送信システム
25日前
シャープ株式会社
表示装置
18日前
株式会社日立国際電気
通信システム
13日前
アイホン株式会社
インターホン機器
27日前
アイホン株式会社
インターホン機器
27日前
アイホン株式会社
インターホン機器
27日前
アイホン株式会社
インターホン機器
1か月前
株式会社JVCケンウッド
撮像装置
12日前
株式会社CT
顧客開発推進システム
11日前
コニカミノルタ株式会社
原稿読取装置
1か月前
アイコム株式会社
通信システム
21日前
アルプスアルパイン株式会社
スピーカ
1か月前
日本放送協会
情報提示システム
1か月前
株式会社豊田自動織機
撮像装置
1か月前
太平洋工業株式会社
災害監視装置
19日前
キヤノン株式会社
撮像装置及び撮像方法
12日前
富士通株式会社
光信号パワー利得
1か月前
続きを見る