TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024080397
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-06-13
出願番号2022193560
出願日2022-12-02
発明の名称自動販売機
出願人富士電機株式会社
代理人個人
主分類G07F 9/00 20060101AFI20240606BHJP(チェック装置)
要約【課題】多機能化を図ることが可能であるとともに、自動販売機の電源を入れてから販売を開始するまでの時間が長くなることを抑制することが可能な自動販売機を提供する。
【解決手段】この自動販売機100は、第1オペレーティングシステム21により動作部1を制御する第1制御部2と、第1オペレーティングシステム21よりも起動時間が短いとともに制御周期が短い第2オペレーティングシステム31により動作部1を制御する第2制御部3と、を備え、第2制御部3は、第2オペレーティングシステム31により起動時に動作部1を制御するように構成され、第1制御部2は、起動時以外において、第1オペレーティングシステム21により動作部1を制御するように構成されている。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
商品を搬出するための商品搬出部と、金銭を識別するとともに金銭を管理するための金銭管理部と、決済のために用いられるカード読取部と、庫内温度を調節するための温度調節部と、情報が表示される表示部と、商品の選択を受け付けるための選択部と、自動販売機の設定を入力するための操作用リモコンとのうち少なくとも一つを含む、動作部と、
第1オペレーティングシステムにより前記動作部を制御する第1制御部と、
前記第1オペレーティングシステムよりも起動時間が短いとともに制御周期が短い第2オペレーティングシステムにより前記動作部を制御する第2制御部と、を備え、
前記第2制御部は、前記第2オペレーティングシステムにより起動時に前記動作部を制御するように構成され、
前記第1制御部は、起動時以外において、前記第1オペレーティングシステムにより前記動作部を制御するように構成されている、自動販売機。
続きを表示(約 1,000 文字)【請求項2】
前記第2制御部により、起動時に前記動作部を制御した後、前記第2制御部によって制御された前記動作部の制御主体を前記第1制御部に切り替える制御を行うように構成されている、請求項1に記載の自動販売機。
【請求項3】
前記第2制御部と前記第1制御部との通信に基づいて、前記第2制御部によって制御された前記動作部の制御主体を前記第1制御部に切り替える制御を行うように構成されている、請求項2に記載の自動販売機。
【請求項4】
前記第2制御部から前記第1制御部に通知が行われたことに基づいて、前記第2制御部によって制御された前記動作部の制御主体を前記第1制御部に切り替える制御を行うように構成されている、請求項3に記載の自動販売機。
【請求項5】
前記第2制御部により前記動作部を制御した後、所定時間の経過後に、前記第2制御部と前記第1制御部との通信に基づいて、前記第2制御部によって制御された前記動作部の制御主体を前記第1制御部に切り替える制御を行うように構成されている、請求項3に記載の自動販売機。
【請求項6】
前記第2制御部により、動作試験時に前記第2オペレーティングシステムによって前記動作部を制御した後、前記第2制御部から前記第1制御部に制御主体を切り替える制御を行うように構成されている、請求項2に記載の自動販売機。
【請求項7】
前記動作部の制御主体の一部を前記第2制御部から前記第1制御部に切り替える制御を行うとともに、前記動作部の制御主体の残りの部分は、前記第2制御部により制御するように構成されている、請求項2に記載の自動販売機。
【請求項8】
前記第1制御部が前記動作部を制御する際に、制御対象の前記動作部に応じて、前記第1制御部は、前記第2制御部を介して前記動作部を制御するとともに、前記第2制御部は、前記第2オペレーティングシステムによって前記第1制御部と前記動作部とを中継して信号の変換を行うように構成されている、請求項6に記載の自動販売機。
【請求項9】
映像または音声による情報の出力と、映像と音声と操作とのうち少なくとも一つによる情報の取得とのうち少なくとも一方を行うためのマルチメディア部をさらに備え、
前記第1制御部は、起動時以外において、前記第1オペレーティングシステムにより前記マルチメディア部を制御するように構成されている、請求項1に記載の自動販売機。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
この発明は、自動販売機に関し、特に、オペレーティングシステムにより制御する自動販売機に関する。
続きを表示(約 1,900 文字)【背景技術】
【0002】
従来、オペレーティングシステムにより制御する自動販売機が知られている(たとえば、特許文献1参照)。
【0003】
上記特許文献1には、硬貨検出部と、モニタと、制御部とを備え、制御部がオペレーティングシステムによりハードウェアと共同して各種機能を実行するように構成されている自動販売機が開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2021-179713号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
上記特許文献1に開示されていないが、商品の販売を含む自動販売機の基本的な機能に加えて、付加的な機能を付けることにより自動販売機の多機能化を図る場合がある。この場合、多機能化を図るために複雑な制御が可能なオペレーティングシステムが実装される場合がある。しかしながら、複雑な制御が可能なオペレーティングシステムは、一般的に起動時間が長くなる傾向にある。そのため、自動販売機の電源を入れてから販売を開始するまでの時間が、従来よりも長くなるという問題点がある。
【0006】
この発明は、上記のような課題を解決するためになされたものであり、この発明の1つの目的は、多機能化を図ることが可能であるとともに、自動販売機の電源を入れてから販売を開始するまでの時間が長くなるのを抑制することが可能な自動販売機を提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0007】
上記目的を達成するために、この発明の一の局面による自動販売機は、商品を搬出するための商品搬出部と、金銭を識別するとともに金銭を管理するための金銭管理部と、決済のために用いられるカード読取部と、庫内温度を調節するための温度調節部と、情報が表示される表示部と、商品の選択を受け付けるための選択部と、自動販売機の設定を入力するための操作用リモコンとのうち少なくとも一つを含む、動作部と、第1オペレーティングシステムにより動作部を制御する第1制御部と、第1オペレーティングシステムよりも起動時間が短いとともに制御周期が短い第2オペレーティングシステムにより動作部を制御する第2制御部と、を備え、第2制御部は、第2オペレーティングシステムにより起動時に動作部を制御するように構成され、第1制御部は、起動時以外において、第1オペレーティングシステムにより動作部を制御するように構成されている。
【0008】
この発明の一の局面による自動販売機では、上記のように、第2制御部は、第1オペレーティングシステムよりも起動時間が短い第2オペレーティングシステムにより起動時に動作部を制御するように構成され、第1制御部は、起動時以外において、第1オペレーティングシステムにより動作部を制御するように構成されている。これにより、起動時は、起動時間が短いとともに制御周期が短い第2オペレーティングシステムにより、商品搬出部、温度調節部、またはカード読取部とのうち少なくとも一つを含む動作部が制御されるため、自動販売機の電源を入れてから販売を開始するまでの時間が長くなることを抑制することができる。また、起動時間が短いとともに制御周期が短い第2オペレーティングシステムが実装されているため、第1オペレーティングシステムとして、起動時間が長くかかるとしても、多機能化を図るための複雑な制御が可能なオペレーティングシステムを実装することができる。この結果、多機能化を図ることができるとともに、自動販売機の電源を入れてから販売を開始するまでの時間が長くなることを抑制することができる。
【0009】
上記一の局面による自動販売機において、好ましくは、第2制御部により、起動時に動作部を制御した後、第2制御部によって制御された動作部の制御主体を第1制御部に切り替える制御を行うように構成されている。このように構成すれば、第1オペレーティングシステムによりまとめて動作部の制御を行うことができるため、動作部毎に制御部を切り替える場合と比べて、制御が複雑になることを抑制することができる。
【0010】
この場合、好ましくは、第2制御部と第1制御部との通信に基づいて、第2制御部によって制御された動作部の制御主体を第1制御部に切り替える制御を行うように構成されている。このように構成すれば、第2制御部と第1制御部との通信により自動的に制御主体が切り替わるため、ユーザ(作業者)が制御主体を切り替える操作を行う必要がなくなる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

富士電機株式会社
エンコーダ
13日前
富士電機株式会社
自動販売機
1か月前
富士電機株式会社
半導体装置
27日前
富士電機株式会社
半導体装置
23日前
富士電機株式会社
半導体装置
23日前
富士電機株式会社
半導体装置
23日前
富士電機株式会社
半導体装置
7日前
富士電機株式会社
半導体装置
8日前
富士電機株式会社
発電システム
今日
富士電機株式会社
商品収納装置
21日前
富士電機株式会社
冷却システム
20日前
富士電機株式会社
水質分析装置
15日前
富士電機株式会社
壁体の補強構造
15日前
富士電機株式会社
電力変換システム
27日前
富士電機株式会社
開閉装置用操作器
20日前
富士電機株式会社
ガス絶縁開閉装置
16日前
富士電機株式会社
半導体モジュール
7日前
富士電機株式会社
炭化珪素半導体装置
7日前
富士電機株式会社
炭化珪素半導体装置
27日前
富士電機株式会社
冷凍機および熱交換器
23日前
富士電機株式会社
集積回路、及び電源回路
29日前
富士電機株式会社
ヒートポンプ式蒸気生成装置
27日前
富士電機株式会社
ヒートポンプ式蒸気生成装置
27日前
富士電機株式会社
クランプオン式超音波流量計
13日前
富士電機株式会社
クランプオン式超音波流量計
13日前
富士電機株式会社
クランプオン式超音波流量計
13日前
富士電機株式会社
電子装置及び電子装置の製造方法
7日前
富士電機株式会社
診断システム、電気駆動ユニット
27日前
富士電機株式会社
ポップアウト型ロックハンドル装置
8日前
富士電機株式会社
ポップアウト型ロックハンドル装置
8日前
富士電機株式会社
情報処理システムおよび情報処理方法
20日前
富士電機株式会社
制御装置、制御方法及び制御プログラム
14日前
富士電機株式会社
地熱流体流量の測定方法及び測定システム
13日前
富士電機株式会社
ブッシング及び電界緩和シールドの製造方法
29日前
富士電機株式会社
セキュリティツールを評価する装置および方法
15日前
富士電機株式会社
診断装置、診断システム、診断方法、プログラム
7日前
続きを見る