TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024078755
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-06-11
出願番号2022191279
出願日2022-11-30
発明の名称コネクタ
出願人矢崎総業株式会社
代理人個人,個人,個人,個人
主分類H01R 13/52 20060101AFI20240604BHJP(基本的電気素子)
要約【課題】シール性を向上でき、組付性を向上することができるコネクタを提供する。
【解決手段】ハウジング3と、ハウジング3に収容されるバスバ5と、バスバ5に組付けられてハウジング3に収容され、ハウジング3とバスバ5との間をシールするシール部材7と、バスバ5が挿通されてハウジング3に組付けられ、ハウジング3に対して、シール部材7を保持するホルダ9とを備えたコネクタ1において、バスバ5を、ホルダ9に対して固定した。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
ハウジングと、
前記ハウジングに収容されるバスバと、
前記バスバに組付けられて前記ハウジングに収容され、前記ハウジングとバスバとの間をシールするシール部材と、
前記バスバが挿通されて前記ハウジングに組付けられ、前記ハウジングに対して、前記シール部材を保持するホルダと、
を備え、
前記バスバは、前記ホルダに対して固定されているコネクタ。
続きを表示(約 350 文字)【請求項2】
前記ホルダには、前記ホルダに対して、前記バスバを固定する固定部が設けられている請求項1に記載のコネクタ。
【請求項3】
前記固定部は、前記ホルダに対して、前記バスバを圧入させる突起である請求項2に記載のコネクタ。
【請求項4】
前記固定部は、前記ホルダに対する前記バスバの挿通方向に沿って連続して形成されている請求項3に記載のコネクタ。
【請求項5】
前記固定部は、前記バスバの厚さ方向の一側のみに設けられている請求項3又は4に記載のコネクタ。
【請求項6】
前記バスバは、複数設けられ、
複数の前記バスバは、1つの前記シール部材と1つの前記ホルダに組付けられている請求項1から4のいずれか1項に記載のコネクタ。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、コネクタに関する。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
従来、コネクタとしては、ハウジングとしての端子台と、端子台に収容されるバスバとを備えたものが知られている(特許文献1参照)。このコネクタは、インバータとモータとの間に配置されている。バスバの一端側は、インバータに電気的に接続され、バスバの他端側は、モータに電気的に接続されている。このため、インバータとモータとは、コネクタを介して電気的に接続され、電源からの電力がインバータで交流に変換され、モータに供給される。このようなコネクタでは、バスバが、ハウジングに対して、圧入することによって固定されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2020-78971号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
ところで、上記特許文献1のようなコネクタでは、ハウジングとバスバとの間が、シールされておらず、ハウジングとバスバとの間の防水性が低下している。このため、バスバにシール部材を組付け、シール部材をハウジングに収容することにより、ハウジングとバスバとの間をシールすることが考えられる。ハウジングにシール部材を収容する構造では、ハウジングからのシール部材の脱落を防止するために、バスバが挿通されたホルダを、ハウジングに組付ける必要がある。
【0005】
シール部材とホルダとは、バスバをハウジングに収容される前の状態で、予めバスバに組付けられる。シール部材とホルダとが組付けられたバスバは、ハウジングに圧入され、ハウジングに固定される。このとき、シール部材は、ハウジングに収縮されながら収容され、ハウジングの内面に密着する。
【0006】
ところで、ハウジングに対するバスバの圧入では、バスバが圧入時に受ける圧力が、バスバの外面の周方向で均一にならないことがある。このため、シール部材の収縮が周方向で均一に行われず、過剰な収縮によって損傷が生じる可能性があり、シール性が低下する可能性があった。加えて、シール部材の不均一な収縮によって、バスバの圧入に加えて、挿入力が増大し、組付性が低下する可能性があった。
【0007】
本発明は、このような従来技術が有する課題に鑑みてなされたものである。そして本発明の目的は、シール性を向上でき、組付性を向上することができるコネクタを提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本実施形態に係るコネクタは、ハウジングと、前記ハウジングに収容されるバスバと、前記バスバに組付けられて前記ハウジングに収容され、前記ハウジングとバスバとの間をシールするシール部材と、前記バスバが挿通されて前記ハウジングに組付けられ、前記ハウジングに対して、前記シール部材を保持するホルダとを備え、前記ホルダには、前記ホルダに対して、前記バスバを固定する固定部が設けられている。
【発明の効果】
【0009】
本発明によれば、シール性を向上でき、組付性を向上することができるコネクタを提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
本実施形態に係るコネクタの斜視図である。
本実施形態に係るコネクタの断面図である。
図2の要部拡大図である。
本実施形態に係るコネクタのバスバとシール部材とホルダとを組付けたときの斜視図である。
本実施形態に係るコネクタのホルダの上面図である。
図5の要部拡大図である。
本実施形態に係るコネクタのホルダの断面図である。
図7の要部拡大図である。
【発明を実施するための形態】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社GSユアサ
蓄電装置
20日前
日星電気株式会社
電線被覆材
5日前
アルモテック株式会社
反射鏡
5日前
株式会社PFA
異物除去具
18日前
ローム株式会社
半導体装置
18日前
HOYA株式会社
光源装置
5日前
株式会社魁半導体
プラズマ処理装置
21日前
沖電気工業株式会社
発光装置
7日前
株式会社ダイヘン
碍子
12日前
マクセル株式会社
電池
13日前
日本航空電子工業株式会社
押釦
25日前
京セラ株式会社
積層型電子部品
11日前
トヨタ自動車株式会社
搬送装置
11日前
株式会社ヨコオ
変換回路
18日前
オムロン株式会社
電源切替装置
5日前
オムロン株式会社
電源切替装置
5日前
トヨタ自動車株式会社
積層型電池
6日前
三洲電線株式会社
撚線導体
21日前
東レエンジニアリング株式会社
転写方法
25日前
住友電装株式会社
コネクタ
14日前
住友電装株式会社
コネクタ
13日前
株式会社東京精密
ワーク加工方法
6日前
株式会社東京精密
ワーク加工方法
6日前
東レエンジニアリング株式会社
転写装置
11日前
株式会社はくぶん
電池ボックス装置
14日前
三菱電機株式会社
半導体装置
11日前
日本航空電子工業株式会社
コネクタ
18日前
オムロン株式会社
電磁石装置
18日前
オムロン株式会社
電磁石装置
18日前
三菱電機株式会社
半導体装置
19日前
住友電装株式会社
雌端子金具
19日前
LWJ株式会社
可変ハンドスイッチ
7日前
日本圧着端子製造株式会社
コネクタ
14日前
富士電機株式会社
半導体装置
6日前
旭化成株式会社
紫外線発光装置
18日前
日亜化学工業株式会社
発光装置
7日前
続きを見る