TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024078134
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-06-10
出願番号2022190518
出願日2022-11-29
発明の名称窒化ガリウムの製造方法
出願人太平洋セメント株式会社
代理人弁理士法人アルガ特許事務所
主分類C01B 21/06 20060101AFI20240603BHJP(無機化学)
要約【課題】未反応の金属ガリウムが残存し難い窒化ガリウムの製造方法を提供すること。
【解決手段】液体金属ガリウム中にアンモニア含有ガスをバブリングしながら、1000~1200℃にて3時間以上加熱して反応させる工程を含む、窒化ガリウムの製造方法。
【選択図】なし
特許請求の範囲【請求項1】
液体金属ガリウム中にアンモニア含有ガスをバブリングしながら、1000~1200℃にて3時間以上加熱して反応させる工程を含む、窒化ガリウムの製造方法。
続きを表示(約 240 文字)【請求項2】
液体金属ガリウムと、アンモニア含有ガス中のアンモニアとのモル比(NH
3
/Ga)が5~60である、請求項1記載の窒化ガリウムの製造方法。
【請求項3】
液体金属ガリウムの使用量が、反応容器内の加熱帯域容積に対して5体積%以下である、請求項1記載の窒化ガリウムの製造方法。
【請求項4】
アンモニア含有ガスのバブルの大きさが5mm以下である、請求項1~3のいずれか1項に記載の窒化ガリウムの製造方法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、窒化ガリウムの製造方法に関する。
続きを表示(約 2,100 文字)【背景技術】
【0002】
窒化ガリウム(GaN)は、パワー半導体材料として注目されている。従来、窒化ガリウムの製造方法としては、例えば、金属ガリウムの表面に、700℃以上1200℃以下の温度にてアンモニアガス等の窒素源ガスを一定以上の供給量と速度で接触させる方法が知られている(特許文献1、2)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2006-83055号公報
特開2011-251910号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかし、上記した従来の方法により窒化ガリウムを製造すると、未反応の金属ガリウムが残存しやすい。
本発明の課題は、未反応の金属ガリウムが残存し難い窒化ガリウムの製造方法を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本発明者らは、未反応の金属ガリウムが残存する要因について詳細に検討した。その結果、金属ガリウムの融点が29℃と低く、上記した高温では金属ガリウムが液体になるため、表面積が小さくなり、アンモニアガスとの接触効率が悪いこと、金属ガリウムは窒化反応の途中で膨張し大塊状になる特性があるため、金属ガリウムの窒化反応が十分に進行していないと、その一部が未反応のまま塊状化しやすいことが要因として確認された。そこで、本発明者らは、反応容器内の液体金属ガリウム中にアンモニアガスをバブリングしながら供給することで、液体金属ガリウムとアンモニアガスとの接触面が増加し、液体金属ガリウムとアンモニアガスとの接触効率を略均一化することができるため、金属ガリウムの窒化反応が促進され、未反応の金属ガリウムが残存し難くなることを見出した。
【0006】
すなわち、本発明は、次の〔1〕~〔4〕を提供するものである。
〔1〕液体金属ガリウム中にアンモニア含有ガスをバブリングしながら、1000~1200℃にて3時間以上加熱して反応させる工程を含む、窒化ガリウムの製造方法。
〔2〕液体金属ガリウムと、アンモニア含有ガス中のアンモニアとのモル比(NH
3
/Ga)が5~60である、前記〔1〕記載の窒化ガリウムの製造方法。
〔3〕液体金属ガリウムの使用量が、反応容器内の加熱帯域容積に対して5体積%以下である、前記〔1〕又は〔2〕記載の窒化ガリウムの製造方法。
〔4〕アンモニア含有ガスのバブルの大きさが5mm以下である、前記〔1〕~〔3〕のいずれか一に記載の窒化ガリウムの製造方法。
【発明の効果】
【0007】
本発明によれば、金属ガリウムの窒化反応が促進されるため、金属ガリウムが未反応のまま塊状化することを抑制することができる。したがって、本発明は、未反応の金属ガリウムが残存し難い窒化ガリウムの製造方法として有用である。
【図面の簡単な説明】
【0008】
本発明の製造方法に適用可能なアンモニア含有ガスのバブリング方法の一例を示す模式図である。
本発明の製造方法に適用可能なアンモニア含有ガスのバブリング方法の他の例を示す模式図である。
本発明の製造方法に適用可能なアンモニア含有ガスのバブリング方法の他の例を示す模式図である。
本発明の製造方法に適用可能なアンモニア含有ガスのバブリング方法の他の例を示す模式図である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下、本発明について詳細に説明する。
本発明の窒化ガリウムの製造方法は、液体金属ガリウム中にアンモニア含有ガスをバブリングしながら、1000~1200℃にて3時間以上加熱して反応させる工程を含むことを特徴とするものである。
【0010】
(反応装置)
先ず、反応装置の反応容器に金属ガリウムを充填する。金属ガリウムの秤量及び反応容器への充填は、酸素非含有雰囲気で行うことが好ましい。例えば、酸素非含有雰囲気のグローブボックス内で金属ガリウムの秤量及び反応容器への充填を行うことができる。
酸素非含有雰囲気としては、例えば、不活性ガス雰囲気を挙げることができる。不活性ガスとしては、例えば、窒素ガス、ヘリウムガス、アルゴンガスが挙げられる。
反応装置は、アンモニア含有ガスを供給可能であり、かつ1000℃程度の熱に耐えられるものであれば特に限定されない。例えば、管状炉、電気炉、バッチ式キルン、ロータリーキルンを挙げることができる。
反応容器としては、アンモニア含有ガスの吹き込みが可能で、かつセラミックス製のものであれば、特に限定されない。セラミックとしては、例えば、アルミナ、炭化ケイ素、窒化ケイ素を挙げることができる。
反応容器の形状は、例えば、筒状、矩形状等の適宜の形状を採り得る。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
金属イオン生成方法
13日前
大和ハウス工業株式会社
生成物製造装置
1か月前
フタムラ化学株式会社
活性炭及び活性炭フィルター体
1か月前
住友化学株式会社
アルミナ粉末および樹脂組成物
7日前
株式会社燃焼合成
窒化物の製造方法
8日前
キヤノン株式会社
水素発生装置
15日前
オルガノ株式会社
SnS2の製造方法及び利用方法
1か月前
株式会社ケミコート
硫化リチウムの製造方法
15日前
キヤノン株式会社
水素発生装置
15日前
キヤノン株式会社
水素発生装置
15日前
キヤノン株式会社
水素発生装置
15日前
戸田工業株式会社
非晶質アルミノケイ酸塩粒子粉末及びその製造方法
28日前
フタムラ化学株式会社
活性炭及び浄水用フィルター並びに浄水器
1か月前
株式会社豊田中央研究所
ケミカルルーピング燃焼システム
27日前
木村化工機株式会社
水酸化ナトリウム水溶液の蒸発濃縮装置
9日前
株式会社レゾナック
チタン酸カルシウム粉末
7日前
住友化学株式会社
アルミナ粒子およびそれを用いた樹脂組成物
1か月前
住友化学株式会社
アルミナ粒子およびそれを用いた樹脂組成物
1か月前
住友化学株式会社
アルミナ粒子およびそれを用いた樹脂組成物
1か月前
住友化学株式会社
アルミナ粒子およびそれを用いた樹脂組成物
1か月前
日揮触媒化成株式会社
粒子、及び該粒子の製造方法
9日前
キヤノン株式会社
水素発生装置及び反応ケース
15日前
住友化学株式会社
アルミナ粒子およびそれを用いた樹脂組成物
1か月前
個人
環境応答性を有する極小細孔磁性コロイド本体及びその調製方法
9日前
三菱ケミカル株式会社
金属酸化物、酸素透過膜及び酸素分離装置
8日前
株式会社荏原製作所
ガス生成装置
14日前
株式会社荏原製作所
ガス生成装置
14日前
株式会社レゾナック
ジルコン酸化合物粉末及びその製造方法
7日前
南海化学株式会社
ホウ素含有塩基性塩化アルミニウム
14日前
株式会社レゾナック
ジルコン酸化合物粉末及びその製造方法
7日前
東海カーボン株式会社
黒鉛材料及び黒鉛材料の製造方法
13日前
個人
アルミニウム金属による窒化アルミニウム粉体を製造する方法
13日前
国立大学法人東京工業大学
4元系酸カルコゲン化物および電子素子
12日前
東ソー株式会社
疎水性ゼオライト、及びその製造方法
19日前
森田化学工業株式会社
コア/シェル型粒子およびその製造方法ならびに中空粒子の製造方法
1か月前
日揮触媒化成株式会社
結晶性ベーマイトスラリーおよびその製造方法
8日前
続きを見る