TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024077277
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-06-07
出願番号2022189269
出願日2022-11-28
発明の名称画像読取装置及び画像形成装置
出願人株式会社リコー
代理人個人
主分類H04N 1/04 20060101AFI20240531BHJP(電気通信技術)
要約【課題】凸形状部と凹形状部とが嵌り合う箇所にはみ出して載置される原稿が凸形状部により受けるダメージを軽減しつつ、スキュー画像の発生も抑制する。
【解決手段】自動原稿送り装置20によって搬送される原稿を、自動原稿送り装置が回動動作によって開閉可能に取り付けられる画像読取装置本体4の画像読取部で読み取る画像読取装置5であって、自動原稿送り装置が閉じたときに自動原稿送り装置と画像読取装置本体のうちの一方に設けられる凸形状部42F,42Rが他方に設けられる凹形状部43F,43Rに嵌り込むことで自動原稿送り装置と画像読取装置本体との位置合わせを行う位置合わせ手段を有し、前記位置合わせ手段は、凸形状部と凹形状部との組を少なくとも2組備え、前記少なくとも2組の凸形状部は、進退自在に保持されて突出方向へ付勢された可動式凸形状部42Fと、進退不能な固定式凸形状部42Rとを含む。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
自動原稿送り装置によって搬送される原稿を、該自動原稿送り装置が回動動作によって開閉可能に取り付けられる画像読取装置本体の画像読取部で読み取る画像読取装置であって、
前記自動原稿送り装置が閉じたときに該自動原稿送り装置と前記画像読取装置本体のうちの一方に設けられる凸形状部が他方に設けられる凹形状部に嵌り込むことで、該自動原稿送り装置と該画像読取装置本体との位置合わせを行う位置合わせ手段を有し、
前記位置合わせ手段は、前記凸形状部と前記凹形状部との組を少なくとも2組備え、
前記少なくとも2組の前記凸形状部は、進退自在に保持されて突出方向へ付勢された可動式凸形状部と、進退不能な固定式凸形状部とを含むことを特徴とする画像読取装置。
続きを表示(約 790 文字)【請求項2】
請求項1に記載の画像読取装置において、
前記固定式凸形状部は、前記可動式凸形状部よりも前記自動原稿送り装置の回動軸に近い位置に配置されていることを特徴とする画像読取装置。
【請求項3】
請求項1又は2に記載の画像読取装置において、
前記可動式凸形状部は、前記自動原稿送り装置の回動軸とは反対側の端部近傍に配置されていることを特徴とする画像読取装置。
【請求項4】
請求項1又は2に記載の画像読取装置において、
前記可動式凸形状部及び前記固定式凸形状部は、前記自動原稿送り装置側に設けられていることを特徴とする画像読取装置。
【請求項5】
請求項1又は2に記載の画像読取装置において、
前記可動式凸形状部及び前記固定式凸形状部が凹形状部に嵌り込む箇所は、前記画像読取部の原稿幅方向両外側に位置することを特徴とする画像読取装置。
【請求項6】
請求項1又は2に記載の画像読取装置において、
前記位置合わせ手段は、前記凸形状部と前記凹形状部との組を2組だけ備えることを特徴とする画像読取装置。
【請求項7】
請求項1又は2に記載の画像読取装置において、
前記位置合わせ手段による前記位置合わせが正常に行われているかどうかを検知する検知手段を有することを特徴とする画像読取装置。
【請求項8】
請求項1又は2に記載の画像読取装置において、
前記固定式凸形状部が嵌り込む凹形状部の周囲に、突起形状部を備えることを特徴とする画像読取装置。
【請求項9】
画像読取装置を備えた画像形成装置であって、
前記画像読取装置として、請求項1又は2に記載の画像読取装置を用いることを特徴とする画像形成装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、画像読取装置及び画像形成装置に関するものである。
続きを表示(約 2,100 文字)【背景技術】
【0002】
従来、自動原稿送り装置によって搬送される原稿を、該自動原稿送り装置が回動動作によって開閉可能に取り付けられる画像読取装置本体の画像読取部で読み取る画像読取装置が知られている。
【0003】
例えば、特許文献1には、スキャナ筐体(画像読取装置本体)のコンタクトガラスの画像読取位置を通過するように原稿を搬送する原稿搬送装置(自動原稿送り装置)がスキャナ筐体に対して開閉可能に取り付けられた画像読取装置が開示されている。この画像読取装置では、スキャナ筐体上の画像読取位置を通過する原稿が所定の原稿搬送方向に対して傾いて搬送されることによるスキュー画像の発生を抑制するための位置決め手段が設けられている。この位置決め手段は、スキャナ筐体の2つの位置決め係合部(凹形状部)に原稿搬送装置の2つの被係合部(凸形状部)がそれぞれ係合することで、閉じた状態における原稿搬送装置のスキャナ筐体に対する位置決めを行う。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
ところが、従来の画像読取装置では、画像読取装置本体のコンタクトガラス上に載置した原稿を読み取る場合、原稿を押さえるために自動原稿送り装置を閉じる。このとき、原稿が凸形状部と凹形状部とが嵌り合う箇所にはみ出して載置されると、凸形状部が原稿に接触して原稿にダメージを与えることがあった。
【課題を解決するための手段】
【0005】
上述した課題を解決するために、本発明は、自動原稿送り装置によって搬送される原稿を、該自動原稿送り装置が回動動作によって開閉可能に取り付けられる画像読取装置本体の画像読取部で読み取る画像読取装置であって、前記自動原稿送り装置が閉じたときに該自動原稿送り装置と前記画像読取装置本体のうちの一方に設けられる凸形状部が他方に設けられる凹形状部に嵌り込むことで、該自動原稿送り装置と該画像読取装置本体との位置合わせを行う位置合わせ手段を有し、前記位置合わせ手段は、前記凸形状部と前記凹形状部との組を少なくとも2組備え、前記少なくとも2組の前記凸形状部は、進退自在に保持されて突出方向へ付勢された可動式凸形状部と、進退不能な固定式凸形状部とを含むことを特徴とする。
【発明の効果】
【0006】
本発明によれば、凸形状部と凹形状部とが嵌り合う箇所にはみ出して載置される原稿に凸形状部が接触して与えるダメージを軽減しつつ、スキュー画像の発生も抑制することができる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
実施形態の画像形成装置を示す斜視図。
同画像読取装置に設けられる画像読取装置の要部構成を示す拡大構成図。
実施形態において、コンタクトガラスの面方向におけるADFとスキャナ部との位置合わせを行う位置合わせ手段の構成を示す斜視図。
(a)は可動式凸形状部が進出位置(突出位置)にあるときの斜視図。(b)は進出位置(突出位置)にあるときの可動式凸形状部の進退機構を示す断面図。
(a)は可動式凸形状部が後退位置(非突出位置)にあるときの斜視図。(b)は後退位置(非突出位置)にあるときの可動式凸形状部の進退機構を示す断面図。
(a)は凸形状部が嵌り込む凹形状部を示す斜視図。(b)は同凹形状部の断面図。
凸形状部が凹形状部に嵌り込む様子を示す断面図。
(a)は固定式凸形状部が嵌り込む凹形状部の周囲に突起形状部を設けた例を示す斜視図。(b)は同凹形状部の断面図。
固定式凸形状部が凹形状部の周囲の突起形状部に乗り上げた様子を示す断面図。
【発明を実施するための形態】
【0008】
以下、本発明を、画像読取装置を備えた画像形成装置に適用した実施形態について説明する。
図1は、本実施形態の画像形成装置1を示す斜視図である。
図1に示す画像形成装置1は、複写機、プリンタ、ファクシミリ装置、スキャナ等の機能を併有しており、読取画像データ等の入力データを基にフルカラー画像やモノクロ画像を記録紙に記録出力したり所定のデータ形式で出力したりすることができる。
【0009】
画像形成装置1は、給紙部、スキャナ部4および画像形成部15の上方側に、自動原稿送り装置であるADF20を備えている。スキャナ部4は画像読取装置本体を構成し、ADF20とともに画像読取装置5を構成する。
【0010】
画像形成部15の給紙部は、例えばそれぞれカット状の記録紙を収納する複数段の給紙カセットと、それらのうち任意の給紙カセットから記録紙をピックアップして給紙する複数組の給紙ローラとを備える。また、給紙部は、給紙ローラのいずれかから給紙された記録紙を画像形成部15の所定の画像形成位置まで搬送する各種ローラ等を含む給紙経路を有している。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイートを見る
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
メガホン
2か月前
個人
多重無線通信方法
1か月前
オンキヨー株式会社
電子機器
2か月前
ブラザー工業株式会社
複合機
8日前
オンキヨー株式会社
電子機器
9日前
日本精機株式会社
プロジェクタ
1か月前
シャープ株式会社
調理器
2か月前
日本精機株式会社
赤外線撮影装置
2か月前
株式会社三井光機製作所
暗視装置
17日前
キヤノン株式会社
撮像装置
21日前
キヤノン株式会社
操作機器
14日前
キヤノン株式会社
撮像装置
22日前
キヤノン株式会社
通信装置
1か月前
船井電機株式会社
表示装置
2か月前
個人
携帯端末用カバー
2か月前
キヤノン電子株式会社
画像読取装置
2か月前
個人
コメント荒らし判別プログラム
6日前
キヤノン電子株式会社
画像読取装置
2か月前
個人
ヘッドホンの簡単な側圧調整器
1か月前
キヤノン電子株式会社
画像読取装置
2か月前
キヤノン電子株式会社
画像読取装置
1か月前
キヤノン電子株式会社
画像読取装置
28日前
キヤノン電子株式会社
画像読取装置
28日前
キヤノン株式会社
撮像装置
1か月前
八重洲無線株式会社
無線受信装置
1か月前
キヤノン株式会社
撮像装置
1か月前
日本放送協会
LDM送信システム
28日前
シャープ株式会社
表示装置
21日前
キヤノン電子株式会社
画像読取システム
15日前
キヤノン電子株式会社
画像読取システム
1か月前
池上通信機株式会社
撮像処理装置
1か月前
シャープ株式会社
撮像装置
2か月前
個人
電子透かしの埋め込み及び抽出方法
16日前
株式会社日立国際電気
通信システム
16日前
個人
携帯端末機器用スタンド
2か月前
沖電気工業株式会社
受光回路
2か月前
続きを見る