TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024077079
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-06-07
出願番号2022188906
出願日2022-11-28
発明の名称画像形成装置
出願人キヤノン株式会社
代理人個人,個人,個人,個人,個人
主分類G03G 21/16 20060101AFI20240531BHJP(写真;映画;光波以外の波を使用する類似技術;電子写真;ホログラフイ)
要約【課題】 装置本体からユニットを取り出すときに1アクションで取り出せながらも、ユニット交換後のカバーの色むらを防止する画像形成装置を提供する
【解決手段】 装置本体の上面カバーの一部が移動可能になっており、ユニットが装置本体に取り付けられている時は移動可能な部分はユニットの上面の一部を覆い、ユニットを装置本体の上部から取り出す時に移動可能な部分はユニットに押されることで開く。
【選択図】 図4
特許請求の範囲【請求項1】
装置本体と、
記録媒体に画像を形成する画像形成部と、
前記装置本体に対して着脱可能なユニットと、を有する画像形成装置において、
前記装置本体の上面カバーの一部が移動可能になっており、
前記ユニットが前記装置本体に取り付けられている時は前記移動可能な部分は前記ユニットの上面の一部を覆い、
前記ユニットを前記装置本体の上部から取り出す時に前記移動可能な部分は前記ユニットに押されることで開くことを特徴とする画像形成装置。
続きを表示(約 770 文字)【請求項2】
前記移動可能な部分は記録媒体が画像形成装置から排紙されて載置される排紙トレイの一部となっていることを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項3】
前記ユニットが前記装置本体へ装着される時に前記ユニットの移動に連動して前記移動可能な部分が閉じられることを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項4】
前記ユニットは、前記ユニットの前記上面と交差する側面方向に突出する突出部を有し、
前記突出部は前記ユニットの側面から突出する方向に付勢されており、
前記移動可能な部分は回動中心を中心に回動可能であり、
前記移動可能な部分が開いた状態で前記ユニットを前記装置本体へ装着する時、前記突出部が前記移動可能な部分の回動中心を超えたところで、前記移動可能な部分の裏側を押すことで前記移動可能な部分が閉じられることを特徴とする請求項3に記載の画像形成装置。
【請求項5】
前記ユニットを前記装置本体から取り出す時、前記移動可能な部分の裏面が前記ユニットを取り出す時のガイドになっていることを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項6】
前記ユニットを前記装置本体へ装着する時、前記移動可能な部分の裏面が前記ユニットを装着する時のガイドになっていることを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項7】
前記ユニットは前記画像形成部で形成された画像を記録媒体に定着する定着器であることを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項8】
前記ユニットは記録媒体に転写されるトナーを前記画像形成装置に供給するトナーカートリッジであることを特徴とする請求項1に記載の画像形成装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、画像形成装置に関するものであり、特に、電子写真方式の画像形成装置に適用して好適なものである。
続きを表示(約 1,500 文字)【背景技術】
【0002】
従来、電子写真方式の画像形成装置は、装置本体内部の定着器やトナー容器などのユニットを装置本体から取り出す場合、図15のように装置本体に設けられた装置カバーを開いてユニットを外部に露出させたうえで、各ユニットを取り出すようになっていた。
【0003】
そこで、先行文献1のように、外装カバーをユニットに取り付けることで、取り出しを1アクションとすることが考えられる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2020-38342号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
特許文献1の構成では、ユニットを交換するとユニットに取りついているカバーも同時に交換することになり、ユニット交換後に装置本体側のカバーとユニットのカバーの劣化具合が変わってしまい、色むらが目立つ懸念があった。
【0006】
本発明の目的は、装置本体100からユニットを取り出すときに1アクションで取り出せながらも、ユニット交換後のカバーの色むらを防止する画像形成装置を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0007】
上記課題を解決するため、本出願に係る発明は、
装置本体と、記録媒体に画像を形成する画像形成部と、前記装置本体に対して着脱可能なユニットと、を有する画像形成装置において、前記装置本体の上面カバーの一部が移動可能になっており、前記ユニットが前記装置本体に取り付けられている時は前記移動可能な部分は前記ユニットの上面の一部を覆い、前記ユニットを前記装置本体の上部から取り出す時に前記移動可能な部分は前記ユニットに押されることで開くことを特徴とする。
【発明の効果】
【0008】
本発明によれば、装置本体からユニットを取り出すときに1アクションで取り出せながらも、ユニット交換後のカバーの色むらを防止する画像形成装置を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
実施例1の画像形成装置の内部構成を示す側面断面図
実施例1の画像形成装置および定着器の外観を示す斜視図
実施例1の拡大断面図
実施例1における定着器が取り出されるときの動作説明図
実施例1における定着器が装着されるときの動作説明図
実施例1における定着器を装置本体前面方向に移動する動作説明図
実施例2の画像形成装置の外観を示す本体斜視図
実施例2の画像形成装置の内部構造を示す側面断面図
実施例2のサブカバーの外観を示す斜視図
実施例2のトナーカートリッジの外観を示す斜視図
実施例2の拡大断面図
実施例2におけるトナーカートリッジの把手を取り出す時の動作説明図
実施例2におけるトナーカートリッジを取り出した後のサブカバー周辺図
実施例2におけるトナーカートリッジが装着されるときの動作説明図
従来の画像形成装置の定着器が取り出されるときの動作説明図
特許文献1における画像形成装置の定着器が取り出されるときの動作説明斜視図
【発明を実施するための形態】
【0010】
以下に、本発明に係る実施例を図面に基づいて説明する。ただし、この実施例に記載されている構成部品の形状、その相対配置などは、特定的な記載がないかぎりは、この発明の範囲をそれらのみに限定する趣旨のものではない。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

キヤノン株式会社
トナー
12日前
キヤノン株式会社
トナー
18日前
キヤノン株式会社
トナー
12日前
キヤノン株式会社
トナー
6日前
キヤノン株式会社
トナー
6日前
キヤノン株式会社
トナー
6日前
キヤノン株式会社
トナー
6日前
キヤノン株式会社
トナー
12日前
キヤノン株式会社
撮像装置
6日前
キヤノン株式会社
定着装置
6日前
キヤノン株式会社
定着装置
11日前
キヤノン株式会社
電子機器
14日前
キヤノン株式会社
発光素子
11日前
キヤノン株式会社
操作機器
11日前
キヤノン株式会社
記録装置
6日前
キヤノン株式会社
撮像装置
18日前
キヤノン株式会社
電子機器
14日前
キヤノン株式会社
記録装置
18日前
キヤノン株式会社
記録装置
13日前
キヤノン株式会社
撮像装置
6日前
キヤノン株式会社
記録装置
13日前
キヤノン株式会社
清掃装置
7日前
キヤノン株式会社
記録装置
13日前
キヤノン株式会社
記録装置
6日前
キヤノン株式会社
被補給装置
13日前
キヤノン株式会社
レンズ装置
12日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
6日前
キヤノン株式会社
視線検出装置
7日前
キヤノン株式会社
水素発生装置
13日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
11日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
14日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
6日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
11日前
キヤノン株式会社
画像形成装置
11日前
キヤノン株式会社
視線検出装置
7日前
キヤノン株式会社
水素発生装置
13日前
続きを見る