TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024076996
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-06-06
出願番号2023197340
出願日2023-11-21
発明の名称物品数量を検出する装置と方法及び電子機器
出願人富士通株式会社
代理人個人,個人
主分類G06T 7/60 20170101AFI20240530BHJP(計算;計数)
要約【課題】本発明は、物品数量を検出する装置と方法及び電子機器を提供する。
【解決手段】物品数量を検出する装置は、買い物容器内物品の画像に基づいて前記買い物容器内物品の数量を検出する検出装置;分類器を用いて前記買い物容器内物品の画像を分類し、分類結果に対応する分類重みを取得する分類装置;及び、前記検出装置により検出された前記買い物容器内物品の数量、及び前記分類重みに基づいて、前記買い物容器内物品の数量の予測値を計算する計算装置を含む。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
物品数量を検出する装置であって、
買い物容器内物品の画像に基づいて前記買い物容器内物品の数量を検出する検出装置;
分類器を用いて前記買い物容器内物品の画像を分類し、分類結果に対応する分類重みを取得する分類装置;及び
前記検出装置により検出された前記買い物容器内物品の数量と、前記分類重みとに基づいて、前記買い物容器内物品の数量の予測値を計算する計算装置を含む、装置。
続きを表示(約 910 文字)【請求項2】
請求項1に記載の装置であって、
前記予測値とスキャン値との差分を確定する判断装置をさらに含み、
前記スキャン値はスキャン機器が前記買い物容器内物品をスキャンして得た物品の数量である、装置。
【請求項3】
請求項2に記載の装置であって、
前記判断装置はさらに、前記差分と閾値との比較を行い、前記差分が前記閾値以上であるときに、アラーム情報を生成する、装置。
【請求項4】
請求項3に記載の装置であって、
前記閾値は前記予測値の所在する区間(range)に基づいて設定される、装置。
【請求項5】
請求項4に記載の装置であって、
前記予測値が大きいほど、前記閾値が大きくなる、装置。
【請求項6】
請求項1に記載の装置であって、
前記分類装置は、画像において買い物容器底部が物品により覆われる度合いに基づいて、前記分類結果を少なくとも2つのカテゴリに分類する、装置。
【請求項7】
請求項1に記載の装置であって、
前記計算装置は、検出された前記買い物容器内物品の数量と前記分類重みとの積を計算して前記買い物容器内物品の数量の予測値を取得する、装置。
【請求項8】
請求項1乃至7のうちの何れか1項に記載の装置を含む、電子機器。
【請求項9】
物品数量を検出する方法であって、
買い物容器内物品の画像に基づいて前記買い物容器内物品の数量を検出し;
分類器を用いて前記買い物容器内物品の画像を分類し、分類結果に対応する分類重みを取得し;及び
検出された前記買い物容器内物品の数量と、前記分類重みとに基づいて、前記買い物容器内物品の数量の予測値を計算することを含む、方法。
【請求項10】
請求項9に記載の方法であって、
前記予測値とスキャン値との差分を確定することをさらに含み、
前記スキャン値はスキャン機器が前記買い物容器内物品をスキャンして得た物品の数量である、方法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、画像検出の技術分野に関する。
続きを表示(約 1,500 文字)【背景技術】
【0002】
顧客の専用レジカウンターでのセルフレジは非常に便利であり、また、従業員削減や運営コスト削減にもつながる。
【0003】
セルフレジにおける商品数量の計算ミスを避けるために、商品数量を確認するための技術が幾つか登場している。例えば、幾つかの技術において、検出機器により、商品に設けられるRFID(Radio Frequency Identification)タグの情報を読み取って商品の数量や価格などの情報を検出でき、また、例えば、他の幾つかの技術において、コンピュータビジョン処理装置により、買い物かごが空か商品でいっぱいかを確定し、商品数量の計算ミスの可能性を評価できる。
【0004】
なお、上述の背景技術についての紹介は、本発明の技術案を明確かつ完全に説明し、また、当業者がそれを理解しやすいためのものである。これらの技術案は、本発明の背景技術に記述されているため、当業者にとって周知であると解釈してはならない。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
商品数量を確認するための上述の技術には幾つかの制限が存在する。例えば、RFIDタグにおける情報に基づいて商品数量を検出する場合に、商品毎にRFIDタグを設ける必要があるため、コストが高く、かつ労力がかかり、また、コンピュータビジョン処理装置を用いた技術の場合に、買い物かごが空か商品でいっぱいかのみを判断でき、買い物かごの中の商品の数量を正確に検出できない。
【0006】
上述の技術問題のうちの少なくとも1つに鑑み、本発明の実施例は、比較的低いコストで買い物容器内の物品の数量を正確に検出し得る物品数量検出装置と方法及び電子機器の提供を課題とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明の実施例の1つの側面によれば、物品数量を検出する装置が提供され、前記物品数量を検出する装置は、
買い物容器内物品の画像に基づいて前記買い物容器内物品の数量を検出する検出装置;
分類器を用いて前記買い物容器内物品の画像を分類し、分類結果に対応する分類重みを取得する分類装置;及び
前記検出装置により検出された前記買い物容器内物品の数量、及び前記分類重みに基づいて、前記買い物容器内物品の数量の予測値を計算する計算装置を含む。
【0008】
本発明の実施例のもう1つの側面によれば、物品数量を検出する方法が提供され、前記物品数量を検出する方法は、
買い物容器内物品の画像に基づいて前記買い物容器内物品の数量を検出し;
分類器を用いて前記買い物容器内物品の画像を分類し、分類結果に対応する分類重みを取得し;及び
検出された前記買い物容器内物品の数量、及び前記分類重みに基づいて、前記買い物容器内物品の数量の予測値を計算することを含む。
【0009】
本発明の実施例のまたもう1つの側面によれば、記憶器及び処理器を含む電子機器が提供され、前記記憶器にはコンピュータプログラムが記憶されており、前記処理器は前記コンピュータプログラムを実行することで物品数量を検出するための前述の方法を実現するように構成される。
【発明の効果】
【0010】
本発明の実施例の有利な効果は少なくとも次のとおりである。即ち、画像に基づいて検出された物品数量及び分類重みを使用して買い物容器内物品の数量を計算することにより、比較的低いコストで買い物容器の中の物品数量を正確に検出することができる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

富士通株式会社
光通信装置および伝送制御方法
8日前
富士通株式会社
類似度判定方法および類似度判定プログラム
8日前
富士通株式会社
情報処理プログラム、情報処理方法および情報処理装置
今日
富士通株式会社
取引処理プログラム、取引処理方法および情報処理装置
7日前
富士通株式会社
機械学習プログラム、機械学習方法、及び、情報処理装置
7日前
富士通株式会社
広告管理プログラム、広告管理方法、および情報処理装置
8日前
富士通株式会社
モデル生成方法、画像分類方法及び補助分類モデル訓練装置
6日前
富士通株式会社
ニューロモルフィックコンピューティング回路、及び、制御方法
7日前
富士通株式会社
対訳コーパス生成プログラム、対訳コーパス生成方法および情報処理装置
7日前
富士通株式会社
制御装置、中継装置、無線システム、基地局装置及びアンテナ方向決定方法
今日
富士通株式会社
信号の送信及び受信の方法及び装置
今日
富士通株式会社
テンソルネットワーク縮約制御プログラム,テンソルネットワーク縮約制御方法及び情報処理装置
8日前
個人
情報検索装置
7日前
個人
ノートPC寝台
9日前
個人
ドットパターン
6日前
個人
環境情報処理装置
27日前
個人
外食予約システム
27日前
個人
求人支援システム
1か月前
個人
電子文書の閲覧用電子機器
13日前
ニデック株式会社
冷却装置
21日前
個人
海外在住支援システム
27日前
個人
サービス提供システム
20日前
キヤノン電子株式会社
携帯情報端末
8日前
シャープ株式会社
情報出力装置
1か月前
株式会社ワコム
電子ペン
1か月前
個人
施術スタッフ育成システム
14日前
東洋電装株式会社
操作装置
1か月前
大和製衡株式会社
組合せ計数装置
9日前
東洋電装株式会社
操作装置
1か月前
東洋電装株式会社
操作装置
1か月前
株式会社SUBARU
操作制御装置
20日前
日本信号株式会社
料金精算システム
1か月前
株式会社広島銀行
本人確認システム
8日前
株式会社ゼロワン
ケア支援システム
8日前
株式会社ゼロワン
ケア支援システム
8日前
株式会社カロニマ
情報発信システム
1か月前
続きを見る