TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024076617
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-06-06
出願番号2022188267
出願日2022-11-25
発明の名称開閉体ロック装置
出願人株式会社ニフコ
代理人個人,個人
主分類E05B 83/30 20140101AFI20240530BHJP(錠;鍵;窓または戸の付属品;金庫)
要約【課題】円滑なロッドの移動によって操作性を向上可能にした開閉体ロック装置を提供する。
【解決手段】1つのロッド21の差し込みに応じて他のロッド21が差し込まれるように下方に移動し、かつ1つのロッド21の抜き出しに応じて他のロッド21が抜き出されるように上方に移動するように、1つのロッド21に他のロッド21を連結するコイルばね31を備える開閉体ロック装置であって、2つのロッド21の少なくとも一方は、ロッド21の差し込みによってコイルばね31を押圧して下方にコイルばね31を移動させる押圧部25を備える。
【選択図】図5
特許請求の範囲【請求項1】
2つのロッドが延在方向に差し込みかつ抜き出し可能に取り付けられるハウジングと、
前記延在方向に相互に近づいて開閉体のロックを解除する前記2つのロッドと、
前記各ロッドの接続部に接続された状態で前記ハウジングに収容される連結部材であって、1つの前記ロッドの差し込みに応じて他の前記ロッドが差し込まれるように引込方向に移動し、かつ1つの前記ロッドの抜き出しに応じて他の前記ロッドが抜き出されるように前記引込方向とは反対方向である押出方向に移動するように、1つの前記ロッドに他の前記ロッドを連結する前記連結部材と、
を備える開閉体ロック装置であって、
前記2つのロッドの少なくとも一方は、当該ロッドの差し込みによって前記連結部材を押圧して前記引込方向に前記連結部材を移動させる押圧部を備える
ことを特徴とする開閉体ロック装置。
続きを表示(約 1,100 文字)【請求項2】
前記各ロッドは、それぞれ前記押圧部を備え、
前記連結部材は、前記引込方向と直交する方向に延びる部分を備え、
前記各押圧部は、前記連結部材の延在方向に並び、かつ前記連結部材のなかで前記部分を押圧する
請求項1に記載の開閉体ロック装置。
【請求項3】
前記押圧部は、前記引込方向に突き出る曲面を備え、前記ロッドと共に前記曲面を差し込みながら前記曲面によって前記引込方向に前記連結部材を押圧するように前記連結部材に前記曲面を摺接させる
請求項1に記載の開閉体ロック装置。
【請求項4】
前記ロッドは、前記ロッドの前記延在方向に延びるロッド本体部と、前記ロッド本体部と一体である前記押圧部とを備える
請求項1から3のいずれか一項に記載の開閉体ロック装置。
【請求項5】
前記ロッドの前記延在方向は、前記引込方向に直交する
請求項1から3のいずれか一項に記載の開閉体ロック装置。
【請求項6】
前記連結部材は、前記2つのロッドを前記ハウジングから抜き出される方向に付勢するコイルばねである
請求項1から3のいずれか一項に記載の開閉体ロック装置。
【請求項7】
前記ハウジングは、前記引込方向と前記押出方向とに前記連結部材の移動を規制する規制部を備える
請求項1から3のいずれか一項に記載の開閉体ロック装置。
【請求項8】
前記連結部材は、前記各ロッドに接続されるアームと、前記アームに接続される中空のコイル部と、を備えたコイルばねであり、
前記各ロッドは、それぞれ前記押圧部を備え、
前記コイル部の軸線は、前記引込方向と直交する方向に延び、
前記各押圧部は、前記コイル部の軸線に沿って並び、かつ前記コイル部の外周面を押圧する
請求項1に記載の開閉体ロック装置。
【請求項9】
前記ロッドの前記延在方向は、前記引込方向と直交し、
前記連結部材は、前記各ロッドに接続されるアームと、前記アームに接続される中空のコイル部と、を備え、前記2つのロッドを前記ハウジングから抜き出すように付勢するコイルばねであり、
前記押圧部は、前記引込方向に突き出る曲面を備え、前記コイル部の外周面に前記曲面を摺接させることによって前記連結部材を押圧し、
前記曲面は、前記ロッドと共に前記曲面が差し込まれるほど前記コイル部に摺接する部位の前記引込方向への変位量を小さくする形状を有する
請求項1に記載の開閉体ロック装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、グローブボックスが備えるリッドなどの開閉体に閉じた状態を保持させる開閉体ロック装置に関する。
続きを表示(約 2,100 文字)【背景技術】
【0002】
乗用車が備えるインストルメントパネルのうち、乗用車の前後方向において助手席と対向する位置には、グローブボックスが取り付けられている。グローブボックスは、グローブボックスのリッドが閉じた状態を保持するための開閉体ロック装置を備える。リッドを開くためのノブが乗員によって押されると、開閉体ロック装置による保持が解除されてリッドが開く。
【0003】
開閉体ロック装置の一例は、ハウジング、2つのロッド、コイルばね、および支柱を備える。ハウジングは、ハウジングに差し込み、かつ抜き出し可能に2つのロッドを支持する。ハウジングは、ロッドの延在方向に各ロッドを相互に近づける差し込みと、各ロッドを相互に遠ざける抜き出しとを2つのロッドに案内する。
【0004】
コイルばねのコイル部は支柱に外装される。コイル部の軸方向における一端は、1つのアームを介して1つのロッドに接続される。コイル部の軸方向における他端は、他のアームを介して他のロッドに接続される。コイルばねのコイル部は、抜き出し方向に2つのロッドを付勢する。そして、一方のロッドがコイルばねの付勢に抗して差し込まれるとき、ハウジングが差し込み方向に直交する引込方向に支柱を案内する。これに伴って、他方のロッドがハウジングに差し込まれる。ロッドを差し込む作動力が一方のロッドから取り除かれるとき、2つのロッドはコイルばねの付勢力に従って抜き出し方向に移動する。この際、ハウジングが引込方向とは反対の押出方向に支柱を案内する(例えば、特許文献1を参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
中国実用新案第206681536号明細書
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
上述した開閉体ロック装置は、ハウジングにロッドを差し込む作動力を、ロッドに接続されたアームからコイル部の一端に入力する。支柱に外装されているコイル部は、コイル部の一端のみに作動力を入力されるとしても、コイル部の軸線に波形やらせん形のねじりを生じにくい。一方、コイル部を外装された支柱そのものは、支柱の一端のみに作動力を入力されるため、支柱の両端における入力の相違によって支柱の軸線を少なからず傾ける。こうした支柱の傾きは、引込方向や押出方向に移動する支柱に引っかかりを生じさせると共に、差し込み方向や抜き出し方向に移動するロッドに引っかかりを生じさせる。このため、上述した開閉体ロック装置には、円滑なロッドの移動による操作性の向上が望まれている。
【課題を解決するための手段】
【0007】
上記課題を解決するための開閉体ロック装置は、2つのロッドが延在方向に差し込みかつ抜き出し可能に取り付けるハウジングと、前記延在方向に相互に近づいて開閉体のロックを解除する前記2つのロッドと、前記各ロッドの接続部に接続された状態で前記ハウジングに収容される連結部材であって、1つの前記ロッドの差し込みに応じて他の前記ロッドが差し込まれるように引込方向に移動し、かつ1つの前記ロッドの抜き出しに応じて他の前記ロッドが抜き出されるように前記引込方向とは反対方向である押出方向に移動するように、1つの前記ロッドに他の前記ロッドを連結する前記連結部材と、を備える開閉体ロック装置であって、前記2つのロッドの少なくとも一方は、当該ロッドの差し込みによって前記連結部材を押圧して前記引込方向に前記連結部材を移動させる押圧部を備える。
【0008】
上記構成によれば、ロッドの押圧部が当該ロッドの差し込みによって引込方向に連結部材を押圧する。このため、1つのロッドの差し込みが他のロッドの差し込みに変換されるように、連結部材が引込方向に円滑に移動する。結果として、連結部材の移動が妨げられることによるロッドの移動負荷が軽減されると共に、延在方向にロッドを円滑に移動することが可能になる。
【0009】
上記開閉体ロック装置において、前記各ロッドは、それぞれ前記押圧部を備え、前記連結部材は、前記引込方向と直交する方向に延びる部分を備え、前記各押圧部は、前記連結部材の延在方向に並び、かつ前記連結部材のなかで前記部分を押圧してもよい。
【0010】
上記構成によれば、1つのロッドの押圧部が当該ロッドの差し込みによって引込方向に連結部材を押圧すると共に、他のロッドの押圧部が当該ロッドの差し込みによって引込方向に連結部材を押圧する。この際、各ロッドの押圧部が連結部材の延在方向に並ぶため、2つロッドの押圧部による連結部材の押圧が、連結部材の延在方向における2つの位置から連結部材に作用する。これにより、押圧部による連結部材の押圧が連結部材の延在方向を傾かせにくいため、引込方向に連結部材をさらに円滑に移動することが可能になる。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社ニフコ
留め具
1か月前
株式会社ニフコ
開閉体ロック装置
1か月前
株式会社ニフコ
留め具及び取付構造
1か月前
株式会社ニフコ
位置決め装置及び位置決め方法
1か月前
ヤマハ発動機株式会社
鞍乗型車両
9日前
ヤマハ発動機株式会社
鞍乗型車両の収納ボックス
9日前
個人
盗難防止用アンカー
15日前
美和ロック株式会社
錠装置
1か月前
美和ロック株式会社
錠装置
1か月前
株式会社ビットキー
操作装置
1か月前
三協立山株式会社
開口部装置
1か月前
株式会社マーナ
ドアストッパー
1か月前
株式会社ユキテック
扉機構
24日前
スガツネ工業株式会社
蝶番
2か月前
近畿車輌株式会社
下降窓固定構造
22日前
近畿車輌株式会社
下降窓固定構造
22日前
株式会社WEST inx
ドアノブ
1か月前
株式会社ビットキー
錠装置及び収容器
1か月前
株式会社WEST inx
施解錠装置
1か月前
株式会社アスタリスク
ドア装置
1か月前
株式会社LIXIL
箱錠
1か月前
大阪金具株式会社
クレセント錠
2か月前
株式会社アイシン
ドア制御装置
9日前
株式会社アイシン
車両用ドア装置
1か月前
スガツネ工業株式会社
引込み装置
10日前
株式会社ユーシン
ドアラッチ装置
3か月前
フクシマガリレイ株式会社
ロッカー装置
14日前
株式会社アイシン
車両用ドア装置
14日前
ニホンエスティ精工株式会社
折戸用丁番
24日前
株式会社ユーシン
ドアラッチ装置
3か月前
トヨタ自動車株式会社
移動環境システム
2か月前
株式会社アイシン
開閉体駆動装置
2か月前
株式会社ユーシン
開閉体制御装置
3か月前
株式会社ニフコ
開閉体ロック装置
1か月前
株式会社ユーシン
車両用ドアハンドル装置
1か月前
株式会社田窪工業所
シャッターの施錠装置
23日前
続きを見る