TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024076410
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-06-06
出願番号2022187882
出願日2022-11-25
発明の名称構造物の製造方法
出願人株式会社リコー
代理人個人
主分類C09J 5/00 20060101AFI20240530BHJP(染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用)
要約【課題】固定部材に被固定部材を接着する構造物を精度よく製造すること。
【解決手段】本発明に係る構造物の製造方法は、硬化特性が異なる2種以上の接着性組成物を用いて固定部材上に接着層を形成する工程と、2種以上の接着性組成物のうち、少なくとも1つの接着性組成物の硬化を進めて接着層を仮硬化状態とする工程と、仮硬化状態の接着層の表面に被固定部材を配置する工程と、被固定部材を配置した後、仮硬化状態の接着層を完全硬化させる工程と、を有することを特徴とする。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
硬化特性が異なる2種以上の接着性組成物を用いて固定部材上に接着層を形成する工程と、
前記2種以上の接着性組成物のうち、少なくとも1つの接着性組成物の硬化を進めて前記接着層を仮硬化状態とする工程と、
仮硬化状態の前記接着層の表面に被固定部材を配置する工程と、
前記被固定部材を配置した後、仮硬化状態の前記接着層を完全硬化させる工程と、
を有する構造物の製造方法。
続きを表示(約 770 文字)【請求項2】
前記接着層は、前記2種以上の接着性組成物を別々の手段で付与して形成することを特徴とする請求項1に記載の構造物の製造方法。
【請求項3】
前記接着層は、前記2種以上の接着性組成物による所定のパターンが形成されるように、該接着性組成物を付与して形成することを特徴とする請求項1に記載の構造物の製造方法。
【請求項4】
前記2種以上の接着性組成物は硬化速度が異なる2種以上の接着性組成物であることを特徴とする請求項1に記載の構造物の製造方法。
【請求項5】
前記2種以上の接着性組成物は非相溶性の液体組成物であることを特徴とする請求項1に記載の構造物の製造方法。
【請求項6】
前記接着性組成物の25℃における粘度が200mPa・s以下であることを特徴とする請求項1に記載の構造物の製造方法。
【請求項7】
前記2種以上の接着性組成物は熱硬化型の接着性組成物、光硬化型の接着性組成物、および熱・光硬化型の接着性組成物からなる群から選択される2種以上であることを特徴とする請求項1に記載構造物の製造方法。
【請求項8】
仮硬化状態の前記接着層は硬化が進んだ部分とそうでない部分が共存した海島構造を有することを特徴とする請求項1に記載の構造物の製造方法。
【請求項9】
前記接着層を形成する工程と、前記接着層を仮硬化状態とする工程と、を複数回繰り返して複数層からなる仮硬化状態の接着層を形成した後、被固定部材を配置することを特徴とする請求項1に記載の構造物の製造方法。
【請求項10】
被固定部材が半導体チップであることを特徴とする請求項1に記載の構造物の製造方法。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、構造物の製造方法に関する。
続きを表示(約 1,500 文字)【背景技術】
【0002】
特許文献1では、インクジェット装置を用いて、光硬化性及び熱硬化性を有しかつ液状である硬化性組成物を塗布する塗布工程と、前記塗布工程後に、第1の光照射部から前記硬化性組成物に光を照射して、前記硬化性組成物の硬化を進行させて、予備硬化物膜を形成する第1の光照射工程と、前記第1の光照射工程後の前記予備硬化物膜上にて、前記塗布工程と前記第1の光照射工程とを行い、前記予備硬化物膜上に他の予備硬化物膜を形成することにより、多層の予備硬化物膜を形成する多層化工程と、前記多層化工程後に、前記多層の予備硬化物膜を加熱して前記多層の予備硬化物膜を硬化させて、硬化物膜を形成する加熱工程とを備え、前記インクジェット装置が、前記硬化性組成物が貯留されるインクタンクと、前記インクタンクと接続されておりかつ前記硬化性組成物が吐出される吐出部と、一端が前記吐出部に接続されており、他端が前記インクタンク部に接続されており、かつ内部を前記硬化性組成物が流れる循環流路部とを有し、前記塗布工程において、前記インクジェット装置内で、前記硬化性組成物を前記インクタンクから前記吐出部に移動させた後に、前記吐出部から吐出されなかった前記硬化性組成物を、前記循環流路部内を流して前記インクタンクに移動させることにより、前記硬化性組成物を循環させながら、塗布する、硬化物膜の製造方法が開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
5756841号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
固定部材に被固定部材を接着する構造物を精度よく製造することを課題とする。
【課題を解決するための手段】
【0005】
本発明に係る構造物の製造方法は、硬化特性が異なる2種以上の接着性組成物を用いて固定部材上に接着層を形成する工程と、2種以上の接着性組成物のうち、少なくとも1つの接着性組成物の硬化を進めて接着層を仮硬化状態とする工程と、仮硬化状態の接着層の表面に被固定部材を配置する工程と、被固定部材を配置した後、仮硬化状態の接着層を完全硬化させる工程と、を有することを特徴とする。
【発明の効果】
【0006】
本発明は、固定部材に被固定部材を接着する構造物を精度よく製造することができる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
本実施形態の製造方法をフローチャートである。
本実施形態の製造方法を説明する図である。
本実施形態により形成された接着層(断面)を説明する図である。
本実施形態により形成された接着層(平面)を説明する図である。
本実施形態の一例であるパターンを示す図である。
本実施形態と比較例を比較した図である。
【発明を実施するための形態】
【0008】
以下、図面を参照しながら、発明を実施するための形態を説明する。なお、図面の説明において同一要素には同一符号を付し、重複する説明は省略する。
【0009】
(実施の形態)
【0010】
<製造方法の概要>
以下では、本実施形態として、熱硬化型接着性組成物と光硬化型接着性組成物を用いた場合を例に説明する。図1は、本実施形態の接着層を用いた素子の製造方法について説明する図である。図に沿った形で、本願接着層を用いた素子の製造方法について説明する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社リコー
液体吐出装置
9日前
株式会社リコー
カラー画像形成装置
15日前
株式会社リコー
着床能増強胚の作製方法
7日前
株式会社リコー
定着装置及び画像形成装置
7日前
株式会社リコー
画像記録方法及び印刷方法
8日前
株式会社リコー
配薬装置及び服薬支援装置
13日前
株式会社リコー
塗装システムおよび塗装方法
9日前
株式会社リコー
画像読取装置及び画像形成装置
7日前
株式会社リコー
駆動伝達装置及び画像形成装置
9日前
株式会社リコー
液体供給装置および液体塗布装置
7日前
株式会社リコー
粉体搬送装置、及び、画像形成装置
14日前
株式会社リコー
表示端末、表示方法、及びプログラム
7日前
株式会社リコー
液体吐出装置および異常ノズル検出方法
9日前
株式会社リコー
液体吐出ヘッド及び液体を吐出する装置
8日前
株式会社リコー
ノード、データ共有方法、及びプログラム
7日前
株式会社リコー
イオン化装置、イオン検出装置及び気体分析装置
13日前
株式会社リコー
証憑登録システム、証憑登録方法及び証憑登録プログラム
13日前
株式会社リコー
ファクス送信システム、ファクス送信方法、及びプログラム
13日前
株式会社リコー
画像形成装置、情報処理システム、情報処理方法、及びプログラム
13日前
株式会社リコー
布帛用乾燥装置及び布帛用画像形成装置及び布帛用画像形成システム
13日前
株式会社リコー
記録媒体処理システム、記録媒体処理方法、及び、記録媒体処理プログラム
9日前
株式会社リコー
仲介サーバ、遠隔制御システム、仲介方法、及びプログラム
今日
株式会社リコー
コミュニケーション支援システム、コミュニケーション支援装置、コミュニケーション支援方法、及びプログラム
8日前
株式会社リコー
画像処理システム、情報処理システム、画像処理方法、プログラム
12日前
株式会社リコー
情報処理装置、プログラム、Webアプリケーション管理方法及び情報処理システム
19日前
株式会社リコー
非晶性ポリエステル樹脂、水分散体、水分散体の製造方法、樹脂粒子、樹脂粒子の製造方法、トナー用樹脂粒子、トナー、トナーの製造方法、現像剤、トナー収容ユニット、及び、画像形成装置
9日前
ベック株式会社
水性被覆材
1か月前
ベック株式会社
水性被覆材
2か月前
日本化薬株式会社
着色分散液
1か月前
ぺんてる株式会社
焼成鉛筆芯
3か月前
日榮新化株式会社
粘着シート
2か月前
関西ペイント株式会社
塗料組成物
2か月前
東邦化学工業株式会社
粘性調整剤
1か月前
株式会社日本触媒
水性白色インク
3か月前
シヤチハタ株式会社
絵画の作製方法
8日前
株式会社日本触媒
酸化チタン分散体
3か月前
続きを見る