TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
公開番号2024076070
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-06-05
出願番号2022187436
出願日2022-11-24
発明の名称粉体の製造方法、及び粉体
出願人株式会社タカギ,トヨタ自動車株式会社,国立大学法人信州大学
代理人個人,個人,個人,個人
主分類C01B 32/198 20170101AFI20240529BHJP(無機化学)
要約【課題】グラフェンオキサイドの凝集体を含む粉体であって、水の最大吸着量の大きな粉体を提供すること。
【解決手段】本開示の一側面は、複数のグラフェンオキサイドの凝集物を含む粉体の製造方法であって、グラフェンオキサイドを含む分散液から分散媒を低減して、複数のグラフェンオキサイドの凝集物を含む粉体を調製する工程を有し、上記工程が、上記分散液の紫外可視吸収スペクトルにおいて、波長297~303nmの波長域にある最大ピークの強度をI300とし、波長227~233nmの波長域にある最大ピークの強度をI230としたときに、ピーク強度比I230/I300の値が3.0以上となる状態で行われる、粉体の製造方法を提供する。
【選択図】なし
特許請求の範囲【請求項1】
複数のグラフェンオキサイドの凝集物を含む粉体の製造方法であって、
グラフェンオキサイドを含む分散液から分散媒を低減して、複数のグラフェンオキサイドの凝集物を含む粉体を調製する工程を有し、
前記工程が、前記分散液の紫外可視吸収スペクトルにおいて、波長297~303nmの波長域にある最大ピークの強度をI
300
とし、波長227~233nmの波長域にある最大ピークの強度をI
230
としたときに、ピーク強度比I
230
/I
300
の値が3.0以上となる状態で行われる、粉体の製造方法。
続きを表示(約 640 文字)【請求項2】
前記工程が、前記分散液の紫外可視吸収スペクトルにおいて、波長297~303nmの波長域にある最大ピークをガウス関数でフィッティングして求めたピーク面積をS
300
とし、波長227~233nmの波長域にある最大ピークをガウス関数でフィッティングして求めたピーク面積をS
230
としたときに、ピーク面積比S
230
/S
300
の値が7.5より大きい状態で行われる、請求項1に記載の製造方法。
【請求項3】
凍結乾燥によって前記分散液から分散媒を低減する、請求項1又は2に記載の製造方法。
【請求項4】
グラフェン構造を分子内に有する炭素材料、無機酸、及び過マンガン酸カリウムを含む混合水溶液を35℃超の温度で加熱処理し、前記炭素材料を酸化させることで、前記分散液を調製する工程を更に有する、請求項1又は2に記載の製造方法。
【請求項5】
前記炭素材料は、グラファイト、カーボンブラック、グラフェンナノリボン、フラーレン、カーボンナノチューブ、及びカーボンナノホーンからなる群より選択される少なくとも一種を含む、請求項4に記載の製造方法。
【請求項6】
複数のグラフェンオキサイドの凝集物を含み、
熱重量分析によって得られる熱減量曲線において、100~200℃における曲線の微分値が30μg/g・分以上である、粉体。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、粉体の製造方法、及び粉体に関し、より具体的には、除湿材等に好適な粉体を提供する技術に関する。
続きを表示(約 2,000 文字)【背景技術】
【0002】
水分を吸脱着する吸着材としては、例えば、活性炭、シリカゲル、及びゼオライトなどが用いられている。これらの材料は、容易に入手が可能であることから広く使用されているが、吸着材の単位量あたりの水の吸着量が小さい(例えば、活性炭1gあたりの水の吸着量は多いものであっても0.9g程度)。そのため、上述の材料を除湿材等に使用しようとすると、使用量を多くする、又は吸着材の交換頻度を多くするなどの必要がある。
【0003】
より多くの水を吸着可能な材料の検討が行われている。例えば、特許文献1には、多孔質シリカを、温度が20~80℃で、かつ、相対湿度が40~90%の雰囲気下において、1~10時間加湿処理することを特徴とする吸着材の製造方法が記載されている。当該製造方法によって得られた多孔質シリカからなる吸着材の単位量あたりの水の吸着量も0.7g程度であることが示されている。
【0004】
水を吸着する性能を有する材料としてはまた、グラフェンオキサイドも知られている。例えば、特許文献2には、互いに重なり合う複数の層状グラフェンオキサイドと、上記複数の層状グラフェンオキサイド間に介在する層間物質と、上記複数の層状グラフェンオキサイドと上記層間物質とで構成される細孔と、を有する、グラフェンオキサイド吸着材が開示されている。当該吸着材であっても、吸着材の単位量あたりの水の吸着量も0.6g程度であることが示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開2003-181282号公報
国際公開2020/040218号
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
除湿材等の用途への利用を考えた場合には、吸着材の単位量あたりの水の吸着量を更に向上させることが望ましい。
【0007】
本開示は、グラフェンオキサイドの凝集体を含む粉体であって、水の最大吸着量の大きな粉体、及びその製造方法を提供することを目的とする。本開示は、上述のような新規粉体を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明者らがグラフェンオキサイドの製造方法について鋭意検討したところ、分散媒を除去する過程における分散液の色味によって、得られる粉体の水の最大吸着量に違いが見られることを発見し、さらに、分散液に対する紫外可視吸収スペクトルにおける特定のピーク強度比が所定の範囲内となるように調整することによって、得らえる粉体に対する水の最大吸着量を従来に比べて飛躍的に向上できることを見出した。本開示は上述の知見に基づくものである。
【0009】
本開示の一側面は、複数のグラフェンオキサイドの凝集物を含む粉体の製造方法であって、グラフェンオキサイドを含む分散液から分散媒を低減して、複数のグラフェンオキサイドの凝集物を含む粉体を調製する工程を有し、上記工程が、上記分散液の紫外可視吸収スペクトルにおいて、波長297~303nmの波長域にある最大ピークの強度をI
300
とし、波長227~233nmの波長域にある最大ピークの強度をI
230
としたときに、ピーク強度比I
230
/I
300
の値が3.0以上となる状態で行われる、粉体の製造方法を提供する。
【0010】
上記粉体の製造方法は、分散液が、紫外可視吸収スペクトルにおいて所定のピーク強度比を呈する状態で、分散媒の含有量を低減して粉体を調製する工程を有する。このような工程を有することで、得られる粉体は、従来の製法で得られるグラフェンオキサイドの吸着材に比べて、水の最大吸着量が飛躍的に増加したものとなり得る。波長297~303nmの波長域にある最大ピークの強度は、炭素と酸素との二重結合(C=O)の振動に対応し、波長227~233nmの波長域にある最大ピークの強度は、グラフェン構造のグラフェン面内の炭素二重結合(C=C)の振動に対応するところ、酸化による、グラフェンの表面への官能基導入に伴って上記炭素二重結合の振動が減ることから、上述のピーク強度比は、グラフェンオキサイドに対する官能基の導入割合を評価する指標として使用できる。上述のような効果が得られる理由は必ずしも明らかではないが、上述のピーク強度比に基づいて、グラフェンオキサイドの酸化の程度を調整することで、ここのグラフェンオキサイド自体の吸水性能を向上させると共に、複数のグラフェンオキサイドで構成される凝集物同士の間にも水を保持できるようになっているためと、本発明者らは推定する。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社タカギ
下着
6日前
株式会社タカギ
水栓取付装置
12日前
株式会社タカギ
水素の製造方法、及び、重水素低減水の製造方法
6日前
個人
金属イオン生成方法
10日前
株式会社燃焼合成
窒化物の製造方法
5日前
住友化学株式会社
アルミナ粉末および樹脂組成物
4日前
株式会社ケミコート
硫化リチウムの製造方法
12日前
キヤノン株式会社
水素発生装置
12日前
キヤノン株式会社
水素発生装置
12日前
キヤノン株式会社
水素発生装置
12日前
キヤノン株式会社
水素発生装置
12日前
戸田工業株式会社
非晶質アルミノケイ酸塩粒子粉末及びその製造方法
25日前
株式会社豊田中央研究所
ケミカルルーピング燃焼システム
24日前
株式会社レゾナック
チタン酸カルシウム粉末
4日前
木村化工機株式会社
水酸化ナトリウム水溶液の蒸発濃縮装置
6日前
キヤノン株式会社
水素発生装置及び反応ケース
12日前
日揮触媒化成株式会社
粒子、及び該粒子の製造方法
6日前
個人
環境応答性を有する極小細孔磁性コロイド本体及びその調製方法
6日前
三菱ケミカル株式会社
金属酸化物、酸素透過膜及び酸素分離装置
5日前
株式会社荏原製作所
ガス生成装置
11日前
株式会社荏原製作所
ガス生成装置
11日前
株式会社レゾナック
ジルコン酸化合物粉末及びその製造方法
4日前
株式会社レゾナック
ジルコン酸化合物粉末及びその製造方法
4日前
南海化学株式会社
ホウ素含有塩基性塩化アルミニウム
11日前
東海カーボン株式会社
黒鉛材料及び黒鉛材料の製造方法
10日前
個人
アルミニウム金属による窒化アルミニウム粉体を製造する方法
10日前
国立大学法人東京工業大学
4元系酸カルコゲン化物および電子素子
9日前
東ソー株式会社
疎水性ゼオライト、及びその製造方法
16日前
日揮触媒化成株式会社
結晶性ベーマイトスラリーおよびその製造方法
5日前
大阪ガスケミカル株式会社
分子篩炭素及びその製造方法、並びにガス分離装置
6日前
タキロンシーアイ株式会社
表面改質酸化チタン、表面改質酸化チタンの製造方法、分散液、組成物、化粧料
6日前
日本イットリウム株式会社
希土類酸化物粉末
5日前
株式会社イノアック技術研究所
エアロゲル及びエアロゲル複合体の製造方法並びに該製造時における廃液の再生方法
12日前
バイオテク,インコーポレーテッド
水素発生システム
23日前
古河機械金属株式会社
窒化リチウム製造装置および窒化リチウムの製造方法
23日前
株式会社荏原製作所
ガス生成装置
11日前
続きを見る