TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024074926
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-31
出願番号2024060757,2018113432
出願日2024-04-04,2018-06-14
発明の名称光電センサ及び表示方法。
出願人オムロン株式会社
代理人個人,個人,個人
主分類G01J 1/42 20060101AFI20240524BHJP(測定;試験)
要約【課題】設定項目及び設定内容のどちらを選択中であるかを認識しやすい光電センサ及び表示方法を提供する。
【解決手段】光電センサ100は、矩形状を有するディスプレイ83と、ディスプレイ83に表示させる情報を制御する表示操作制御部60と、を備え、表示操作制御部60は、複数の設定項目のうちの一つを選択させる間、ディスプレイ83の長手方向及び短手方向の一方に延びる第1インジケータIN1をディスプレイ83に表示させ、複数の設定内容のうちの一つを選択させる間、ディスプレイ83の長手方向及び短手方向の他方に延びる第2インジケータをディスプレイ83に表示させる。
【選択図】図6
特許請求の範囲【請求項1】
矩形状を有する表示部と、
前記表示部に表示させる情報を制御する表示制御部と、を備え、
前記表示制御部は、
複数の設定項目のうちの一つを選択させる間、前記表示部の長手方向及び短手方向の一方に延びる第1インジケータを前記表示部に表示させ、
複数の設定内容のうちの一つを選択させる間、前記表示部の長手方向及び短手方向の他方に延びる第2インジケータを前記表示部に表示させる、
光電センサ。
続きを表示(約 1,400 文字)【請求項2】
前記設定内容が数値であるときに、前記第2インジケータは、前記複数の設定内容における上限値及び下限値に対して選択中の前記設定内容の数値の相対的位置を示すバーを含む、
請求項1に記載の光電センサ。
【請求項3】
前記設定内容が数値以外であるときに、前記第2インジケータは、前記複数の設定内容の数に応じた複数の記号を含む、
請求項1又は2に記載の光電センサ。
【請求項4】
前記表示制御部は、
選択中の前記設定項目を前記複数の設定内容のうちの一の前記設定内容から他の前記設定内容に変更する際に、該他の設定内容をアニメーションで前記表示部に表示させる、
請求項3に記載の光電センサ。
【請求項5】
前記第1インジケータは、前記複数の設定項目の数に応じた長さを有するバーを含む、
請求項1から4のいずれか一項に記載の光電センサ。
【請求項6】
前記表示部は、前記設定項目を表示するための第1領域と、前記設定内容を表示するための第2領域と、を含み、
前記表示制御部は、
前記複数の設定項目のうちの一つを選択させる間、選択中の前記設定項目の現在の前記設定内容を前記第2領域に表示させるとともに、選択中の前記設定項目を前記第1領域に反転表示させ、
前記複数の設定内容のうちの一つを選択させる間、選択された前記設定項目を前記第1領域に表示させるとともに、選択中の前記設定内容を前記第2領域に反転表示させる、
請求項1から5のいずれか一項に記載の光電センサ。
【請求項7】
前記表示部は、前記設定項目を表示するための第1領域と、前記設定内容を表示するための第2領域と、を含み、
前記表示制御部は、
前記複数の設定項目のうちの一つを選択させる間、選択中の前記設定項目の現在の前記設定内容を前記第2領域に表示させるとともに、選択中の前記設定項目を前記第1領域に点滅表示又は下線表示させ、
前記複数の設定内容のうちの一つを選択させる間、選択された前記設定項目を前記第1領域に表示させるとともに、選択中の前記設定内容を前記第2領域に点滅表示又は下線表示させる、
請求項1から5のいずれか一項に記載の光電センサ。
【請求項8】
前記設定項目及び前記設定内容を選択させるための2つのボタンをさらに備える、
請求項1から7のいずれか一項に記載の光電センサ。
【請求項9】
矩形状を有する表示部を備える光電センサの表示方法であって、
複数の設定項目のうちの一つを選択させる間、前記表示部の長手方向及び短手方向の一方に延びる第1インジケータを前記表示部に表示制御部が表示させる第1ステップと、
複数の設定内容のうちの一つを選択させる間、前記表示部の長手方向及び短手方向の他方に延びる第2インジケータを前記表示部に前記表示制御部が表示させる第2ステップと、を含む
表示方法。
【請求項10】
前記設定内容が数値であるときに、前記第2インジケータは、前記複数の設定内容における上限値及び下限値に対して選択中の前記設定内容の数値の相対的位置を示すバーを含む、
請求項9に記載の表示方法。
(【請求項11】以降は省略されています)

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、光電センサ及び表示方法に関する。
続きを表示(約 1,600 文字)【背景技術】
【0002】
従来、光電センサとして、しきい値を調整するためにダウンボタンを短押しすると、ダウンボタンの操作を認識したことを明示するためにダウンキャラクタが点滅するものが知られている(特許文献1参照)。この光電センサは、スイッチ操作が光電センサに反映されていることを目で確認できるようにしている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2015-82775号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
ところで、光電センサにおいて設定を変更する場合、複数の設定項目の中から所望の設定項目を選択した上で、その設定項目で設定可能な複数の設定内容の中から所望の設定内容を選択していた。
【0005】
一方、光電センサは一層の小型化が求められており、設定項目及び設定内容を表示する表示部の設置領域は限られている。そのため、利用者は、表示範囲の限られた表示部に表示された情報から、設定項目及び設定内容のどちらを選択中であるかを認識するのが困難であった。その結果、利用者は、設定項目及び設定内容のどちらを選択中であるかを理解するために、取扱説明書やマニュアル等を参照する必要があった。
【0006】
そこで、本発明は、設定項目及び設定内容のどちらを選択中であるかを認識しやすい光電センサ及び表示方法を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明の一態様に係る光電センサは、矩形状を有する表示部と、表示部に表示させる情報を制御する表示制御部と、を備え、表示制御部は、複数の設定項目のうちの一つを選択させる間、表示部の長手方向及び短手方向の一方に延びる第1インジケータを表示部に表示させ、複数の設定内容のうちの一つを選択させる間、表示部の長手方向及び短手方向の他方に延びる第2インジケータを表示部に表示させる。
【0008】
この態様によれば、複数の設定項目のうちの一つを選択させる間、表示部の長手方向及び短手方向の一方に延びる第1インジケータが表示部に表示され、複数の設定内容のうちの一つを選択させる間、表示部の長手方向及び短手方向の他方に延びる第2インジケータが表示部に表示される。ここで、光電センサの取扱説明書等には、設定項目を選択する際に表示部の短手方向、例えば縦(上下)方向に画面が遷移し、設定内容を選択する際に表示部の長手方向、例えば横(左右)方向に画面が遷移することが記載されている。そのため、利用者はこの画面遷移のマトリックス構造を直感的に理解可能であると考えられる。設定項目の選択中に表示部の短手方向に延びる第1インジケータを表示させ、設定内容の選択中に表示部の長手方向に延びる第2インジケータを表示させることにより、第1インジケータが延びる方向と設定項目の画面遷移の方向とが一致し、第2インジケータが延びる方向と設定内容の画面遷移の方向とが一致するので、設定項目及び設定内容のどちらを選択中であるかを利用者が認識しやすくなる。
【0009】
前述した態様において、設定内容が数値であるときに、第2インジケータは、複数の設定内容における上限値及び下限値に対して選択中の設定内容の数値の相対的位置を示すバーを含んでもよい。
【0010】
この態様によれば、第2インジケータが、複数の設定内容における上限値及び下限値に対して選択中の設定内容の数値の相対的位置を示すバーを含む。これにより、選択中の設定内容の数値から上限値及び下限値までの差がおおよそどの程度であるかを、利用者に視覚的に伝えることができる。
(【0011】以降は省略されています)

特許ウォッチbot のツイートを見る
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

オムロン株式会社
ドライバ
4日前
オムロン株式会社
ドライバ
4日前
オムロン株式会社
電源切替装置
4日前
オムロン株式会社
電源切替装置
4日前
オムロン株式会社
搬送システムおよび搬送方法
5日前
オムロン株式会社
スイッチング電源装置及び制御装置
4日前
オムロン株式会社
インバータ、インバータの制御方法及びプログラム
5日前
オムロン株式会社
施設管理システム、施設管理方法、及び施設管理プログラム
10日前
オムロン株式会社
作業支援システム、作業支援方法、及び作業支援プログラム
10日前
オムロン株式会社
有益意見抽出装置、有益意見抽出方法、有益意見抽出プログラム
11日前
オムロン株式会社
電気設備劣化推定装置、電気設備劣化推定方法および電気設備劣化推定プログラム
6日前
オムロン株式会社
操作装置、制御ユニット及び制御方法
2日前
オムロン株式会社
予測方法、表示方法、プログラム、予測システム、表示システム、及び学習済みモデル
5日前
オムロン株式会社
鉄道駅設置ロボット、鉄道駅設置ロボットシステム、鉄道駅設置ロボットの制御方法および制御プログラム
5日前
オムロン株式会社
鉄道駅設置ロボット、鉄道駅設置ロボットシステム、鉄道駅設置ロボットの制御方法および制御プログラム
5日前
オムロン株式会社
プログラム作成支援装置、プログラム作成支援装置の制御方法、およびプログラム作成支援装置の制御プログラム
10日前
オムロン株式会社
自律走行装置、自律走行システム、自律走行方法、及び自律走行プログラム
9日前
日東精工株式会社
検査装置
10日前
オンキヨー株式会社
システム
26日前
横河電機株式会社
光学プローブ
26日前
大和製衡株式会社
組合せ秤
6日前
個人
回転動作検出システム
12日前
大和製衡株式会社
組合せ秤
10日前
エイブリック株式会社
温度センサ
6日前
テクノス株式会社
反射装置
5日前
個人
交差点形状表現アルゴリズム
2日前
株式会社D.O.N
人感装置
6日前
エイブリック株式会社
半導体装置。
6日前
アズビル株式会社
流量センサ
11日前
月島食品工業株式会社
分析方法
5日前
株式会社ヨコオ
接続装置
11日前
株式会社東芝
センサ
18日前
株式会社テイエルブイ
流量推定システム
12日前
個人
氷河融雪水流出量の推定方法
25日前
日本電気株式会社
LiDAR装置
10日前
株式会社大林組
風速再現装置
6日前
続きを見る