TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024074558
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-31
出願番号2022185803
出願日2022-11-21
発明の名称超音波発生装置
出願人株式会社デンソー,トヨタ自動車株式会社,株式会社ミライズテクノロジーズ
代理人弁理士法人ゆうあい特許事務所
主分類H04R 1/26 20060101AFI20240524BHJP(電気通信技術)
要約【課題】ハイパーソニック効果を得られやすくする超音波発生装置を提供する。
【解決手段】超音波発生装置の超音波用スピーカ40は、第1共振周波数f1を有する第1振動部71と、第2共振周波数f2を有する第2振動部72とを含み、第1共振周波数および第2共振周波数を含む信号が第1振動部71および第2振動部72に入力されると、第1振動部71および第2振動部72は、超音波を発生させ、発生した超音波をヒトに照射し、第1振動部71および第2振動部72の振動により、第1共振周波数f1と第2共振周波数f2との差の絶対値で表される差音周波数fd=|f1-f2|の差音波が発生し、差音周波数fdは、可聴音の周波数とされており、第1振動部71の第1中心軸O1から第2振動部72の第2中心軸O2までの距離Lpは、音速を差音周波数fdで除算した値λpよりも大きくなっている。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
超音波発生装置であって、
可聴音をヒトに照射する可聴音照射部(30)と、
第1共振周波数(f1)を有する第1振動部(71)と、第2共振周波数(f2)を有する第2振動部(72)とを含む超音波照射部(40、401)と、
前記第1共振周波数および前記第2共振周波数を含む信号を前記第1振動部および前記第2振動部に出力する信号部(38)と、
を備え、
前記第1共振周波数および前記第2共振周波数を含む信号が前記第1振動部および前記第2振動部に入力されると、前記第1振動部および前記第2振動部は、振動をすることで、超音波を発生させ、発生した超音波を前記ヒトに照射し、
前記第1振動部および前記第2振動部の振動により、前記第1共振周波数と前記第2共振周波数との差の絶対値で表される差音周波数(fd)の差音波が発生し、
前記差音周波数は、可聴音の周波数とされており、
前記第1振動部の中心(O1)から前記第2振動部の中心(O2)までの距離(Lp)は、音速(c)を前記差音周波数で除算した値(λp)よりも大きくなっている超音波発生装置。
続きを表示(約 2,600 文字)【請求項2】
前記第1共振周波数および前記第2共振周波数を含む信号が前記第1振動部および前記第2振動部に入力されると、
前記第1振動部は、前記第1共振周波数の音圧をピーク値とする振動をし、
前記第2振動部は、前記第2共振周波数の音圧をピーク値とする振動をし、
前記第1共振周波数の音圧および前記第2共振周波数の音圧の平均値に関する値が105dBSPL以上、115dBSPL以下とされている請求項1に記載の超音波発生装置。
【請求項3】
前記超音波照射部は、第3共振周波数(f3)を有する第3振動部(74、75、76)を含み、
前記信号部は、前記第1共振周波数、前記第2共振周波数および前記第3共振周波数を含む信号を前記第1振動部、前記第2振動部および前記第3振動部に出力し、
前記第1共振周波数、前記第2共振周波数および前記第3共振周波数を含む信号が前記第1振動部、前記第2振動部および前記第3振動部に入力されると、前記第1振動部、前記第2振動部および前記第3振動部は、振動をすることで、超音波を発生させ、発生した超音波を前記ヒトに照射し、
前記第1振動部および前記第3振動部による差音波の周波数は、可聴音の周波数範囲外とされており、
前記第2振動部および前記第3振動部による差音波の周波数は、可聴音の周波数範囲外とされており、
前記第3振動部は、前記第1振動部および前記第2振動部の間に配置されている請求項1または2に記載の超音波発生装置。
【請求項4】
超音波発生装置であって、
可聴音をヒトに照射する可聴音照射部(30)と、
第1共振周波数を有する第1振動部と、第2共振周波数を有する第2振動部と、前記第1振動部および前記第2振動部が配置されている第1基板(461)とを含む第1超音波照射部(401)と、
第3共振周波数を有する第3振動部と、第4共振周波数を有する第4振動部と、前記第3振動部および前記第4振動部が配置されている第2基板(462)とを含む第2超音波照射部(402)と、
前記第1共振周波数および前記第2共振周波数を含む信号を前記第1振動部および前記第2振動部に出力するとともに、前記第3共振周波数および前記第4共振周波数を含む信号を前記第3振動部および前記第4振動部に出力する信号部(38)と、
を備え、
前記第1共振周波数および前記第2共振周波数を含む信号が前記第1振動部および前記第2振動部に入力されると、前記第1振動部および前記第2振動部は、振動をすることで、超音波を発生させ、発生した超音波を前記ヒトに照射し、
前記第1振動部および前記第2振動部による差音波の周波数は、可聴音の周波数範囲外とされており、
前記第3共振周波数および前記第4共振周波数を含む信号が前記第3振動部および前記第4振動部に入力されると、前記第3振動部および前記第4振動部は、振動をすることで、超音波を発生させ、発生した超音波を前記ヒトに照射し、
前記第3振動部および前記第4振動部による差音波の周波数は、可聴音の周波数範囲外とされており、
前記第1振動部および前記第2振動部と、前記第3振動部および前記第4振動部との間で発生する差音波の周波数には、可聴音の周波数が含まれており、
前記第1基板および前記第2基板は、一方向(D1)に並んでおり、
前記一方向における前記第1基板の端から前記第2基板の端までの距離(Lsb)は、音速を、可聴音の周波数範囲内であって、前記第1基板に配置されている前記第1振動部および前記第2振動部と、前記第2基板に配置されている前記第3振動部および前記第4振動部との間で発生する差音波の周波数のうちの最小値(N)で除算した値よりも大きくなっている超音波発生装置。
【請求項5】
超音波発生装置であって、
可聴音をヒトに照射する可聴音照射部(30)と、
第1共振周波数を有する第1振動部と、第2共振周波数を有する第2振動部と、前記第1振動部および前記第2振動部が配置されている第1基板(461)とを含む第1超音波照射部(401)と、
第3共振周波数を有する第3振動部と、第4共振周波数を有する第4振動部と、前記第3振動部および前記第4振動部が配置されている第2基板(462)とを含む第2超音波照射部(402)と、
前記第1共振周波数および前記第2共振周波数を含む信号を前記第1振動部および前記第2振動部に出力するとともに、前記第3共振周波数および前記第4共振周波数を含む信号を前記第3振動部および前記第4振動部に出力する信号部(38)と、
を備え、
前記第1共振周波数および前記第2共振周波数を含む信号が前記第1振動部および前記第2振動部に入力されると、前記第1振動部および前記第2振動部は、振動をすることで、超音波を発生させ、発生した超音波を前記ヒトに照射し、
前記第1振動部および前記第2振動部による差音波の周波数は、可聴音の周波数範囲外とされており、
前記第3共振周波数および前記第4共振周波数を含む信号が前記第3振動部および前記第4振動部に入力されると、前記第3振動部および前記第4振動部は、振動をすることで、超音波を発生させ、発生した超音波を前記ヒトに照射し、
前記第3振動部および前記第4振動部による差音波の周波数は、可聴音の周波数範囲外とされており、
前記第1振動部および前記第2振動部と、前記第3振動部および前記第4振動部との間で発生する差音波の周波数には、可聴音の周波数が含まれており、
前記第1基板および前記第2基板は、一方向(D1)に並んでおり、
前記一方向における前記第1基板の端から前記第2基板の端までの距離(Lsb)は、音速を、可聴音の周波数範囲内であって、前記第1基板に配置されている前記第1振動部および前記第2振動部と、前記第2基板に配置されている前記第3振動部および前記第4振動部との間で発生する差音波の周波数のうちの最大値(N)で除算した値よりも大きくなっている超音波発生装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、超音波発生装置に関するものである。
続きを表示(約 3,100 文字)【背景技術】
【0002】
従来、特許文献1に記載されているように、第1共振周波数を有する第1共振型単位アクチュエータと第2共振周波数を有する第2共振型単位アクチュエータとを備える多共振超音波トランスデューサが知られている。この多共振超音波トランスデューサでは、2つの超音波が発生するとともに、パラメトリック効果により、周波数が第1共振周波数と第2共振周波数の差である差音波が生成される。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2008-20429号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
ここで、可聴音とともに超音波がヒトに照射されると、ヒトの脳機能を高めるハイパーソニック効果が得られる。ハイパーソニック効果を得るための超音波照射用に特許文献1に記載された多共振超音波トランスデューサを用いる場合、差音波の周波数が可聴音の周波数であると、照射される可聴音に加えて差音波による音がヒトに聞こえる。このとき、差音波による音がヒトにとってノイズ音となる。このため、ヒトが不快となることから、ハイパーソニック効果が得られにくい。
【0005】
本開示は、ハイパーソニック効果を得られやすくする超音波発生装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
請求項1に記載の発明は、超音波発生装置であって、可聴音をヒトに照射する可聴音照射部(30)と、第1共振周波数(f1)を有する第1振動部(71)と、第2共振周波数(f2)を有する第2振動部(72)とを含む超音波照射部(40、401)と、第1共振周波数および第2共振周波数を含む信号を第1振動部および第2振動部に出力する信号部(38)と、を備え、第1共振周波数および第2共振周波数を含む信号が第1振動部および第2振動部に入力されると、第1振動部および第2振動部は、振動をすることで、超音波を発生させ、発生した超音波をヒトに照射し、第1振動部および第2振動部の振動により、第1共振周波数と第2共振周波数との差の絶対値で表される差音周波数(fd)の差音波が発生し、差音周波数は、可聴音の周波数とされており、第1振動部の中心(O1)から第2振動部の中心(O2)までの距離(Lp)は、音速(c)を差音周波数で除算した値(λp)よりも大きくなっている超音波発生装置である。
【0007】
また、請求項4に記載の発明は、超音波発生装置であって、可聴音をヒトに照射する可聴音照射部(30)と、第1共振周波数を有する第1振動部と、第2共振周波数を有する第2振動部と、第1振動部および第2振動部が配置されている第1基板(461)とを含む第1超音波照射部(401)と、第3共振周波数を有する第3振動部と、第4共振周波数を有する第4振動部と、第3振動部および第4振動部が配置されている第2基板(462)とを含む第2超音波照射部(402)と、第1共振周波数および第2共振周波数を含む信号を第1振動部および第2振動部に出力するとともに、第3共振周波数および第4共振周波数を含む信号を第3振動部および第4振動部に出力する信号部(38)と、を備え、第1共振周波数および第2共振周波数を含む信号が第1振動部および第2振動部に入力されると、第1振動部および第2振動部は、振動をすることで、超音波を発生させ、発生した超音波をヒトに照射し、第1振動部および第2振動部による差音波の周波数は、可聴音の周波数範囲外とされており、第3共振周波数および第4共振周波数を含む信号が第3振動部および第4振動部に入力されると、第3振動部および第4振動部は、振動をすることで、超音波を発生させ、発生した超音波をヒトに照射し、第3振動部および第4振動部による差音波の周波数は、可聴音の周波数範囲外とされており、 第1振動部および第2振動部と、第3振動部および第4振動部との間で発生する差音波の周波数には、可聴音の周波数が含まれており、第1基板および第2基板は、一方向(D1)に並んでおり、一方向における第1基板の端から第2基板の端までの距離(Lsb)は、音速を、可聴音の周波数範囲内であって、第1基板に配置されている第1振動部および第2振動部と、第2基板に配置されている第3振動部および第4振動部との間で発生する差音波の周波数のうちの最小値(N)で除算した値よりも大きくなっている超音波発生装置である。
【0008】
さらに、請求項5に記載の発明は、超音波発生装置であって、可聴音をヒトに照射する可聴音照射部(30)と、第1共振周波数を有する第1振動部と、第2共振周波数を有する第2振動部と、第1振動部および第2振動部が配置されている第1基板(461)とを含む第1超音波照射部(401)と、第3共振周波数を有する第3振動部と、第4共振周波数を有する第4振動部と、第3振動部および第4振動部が配置されている第2基板(462)とを含む第2超音波照射部(402)と、第1共振周波数および第2共振周波数を含む信号を第1振動部および第2振動部に出力するとともに、第3共振周波数および第4共振周波数を含む信号を第3振動部および第4振動部に出力する信号部(38)と、を備え、第1共振周波数および第2共振周波数を含む信号が第1振動部および第2振動部に入力されると、第1振動部および第2振動部は、振動をすることで、超音波を発生させ、発生した超音波をヒトに照射し、第1振動部および第2振動部による差音波の周波数は、可聴音の周波数範囲外とされており、第3共振周波数および第4共振周波数を含む信号が第3振動部および第4振動部に入力されると、第3振動部および第4振動部は、振動をすることで、超音波を発生させ、発生した超音波をヒトに照射し、第3振動部および第4振動部による差音波の周波数は、可聴音の周波数範囲外とされており、第1振動部および第2振動部と、第3振動部および第4振動部との間で発生する差音波の周波数には、可聴音の周波数が含まれており、第1基板および第2基板は、一方向(D1)に並んでおり、一方向における第1基板の端から第2基板の端までの距離(Lsb)は、音速を、可聴音の周波数範囲内であって、第1基板に配置されている第1振動部および第2振動部と、第2基板に配置されている第3振動部および第4振動部との間で発生する差音波の周波数のうちの最大値(N)で除算した値よりも大きくなっている超音波発生装置である。
【0009】
これにより、可聴音の周波数を有する差音波を発生させる振動部同士が比較的大きく離れるため、可聴音の周波数を有する差音波を発生させる超音波の位相差が生じやすくなる。このため、可聴音の周波数を有する差音波を発生させる超音波が互いに弱め合いやすくなる。したがって、可聴音の周波数を有する差音波の音圧が低下しやすい。よって、差音波による音がヒトにとってノイズ音となることが抑制されることから、ヒトが不快になることが抑制される。これにより、ハイパーソニック効果が得られやすくなる。
【0010】
なお、各構成要素等に付された括弧付きの参照符号は、その構成要素等と後述する実施形態に記載の具体的な構成要素等との対応関係の一例を示すものである。
【図面の簡単な説明】
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社デンソー
制御装置
14日前
株式会社デンソーウェーブ
決済装置
14日前
株式会社デンソーウェーブ
携帯端末
8日前
株式会社デンソー
光学部材
10日前
株式会社デンソー
電気ヒータ
14日前
株式会社デンソー
流体制御弁
8日前
株式会社デンソー
流体制御弁
8日前
株式会社デンソー
流体制御弁
8日前
株式会社デンソー
流体制御弁
8日前
株式会社デンソー
流体制御弁
8日前
株式会社デンソー
電流センサ
14日前
株式会社デンソー
搬送システム
14日前
株式会社デンソーテン
充電制御装置
14日前
株式会社デンソーテン
アンテナ装置
8日前
株式会社デンソー
水素製造装置
9日前
株式会社デンソー
電力変換装置
9日前
株式会社デンソー
動揺病抑制装置
10日前
株式会社デンソー
電気音響変換器
14日前
株式会社デンソー
データ収集システム
8日前
株式会社デンソー
ロボット制御システム
14日前
株式会社デンソーウェーブ
検査情報記録システム
10日前
株式会社デンソー
電気化学セルスタック
14日前
株式会社デンソーテン
表示方法及び表示装置
8日前
株式会社デンソーウェーブ
検査情報記録システム
10日前
株式会社デンソーテン
制御装置および制御方法
10日前
株式会社デンソーウェーブ
工程状態可視化システム
10日前
株式会社デンソーウェーブ
生産状況可視化システム
10日前
株式会社デンソー
半導体装置とその製造方法
9日前
株式会社デンソー
炭化珪素ウェハの製造装置
9日前
株式会社デンソー
半導体装置とその製造方法
9日前
株式会社デンソーワイパシステムズ
ワイパブレード、及びクリップ
14日前
株式会社デンソー
レーザ発光装置および光測距装置
9日前
株式会社デンソーテン
通信制御装置および通信システム
9日前
株式会社デンソーテン
情報処理装置および情報処理方法
8日前
株式会社デンソーテン
電源制御装置および電源制御方法
8日前
株式会社デンソーウェーブ
生産設備のロス状況可視化システム
14日前
続きを見る