TOP特許意匠商標
特許ウォッチ Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2024073138
公報種別公開特許公報(A)
公開日2024-05-29
出願番号2022184180
出願日2022-11-17
発明の名称評価装置、評価方法、音響システムおよび評価用信号生成方法
出願人株式会社デンソーテン
代理人弁理士法人酒井国際特許事務所
主分類G10K 15/00 20060101AFI20240522BHJP(楽器;音響)
要約【課題】対象音を高精度に評価することができる評価装置、評価方法、音響システムおよび評価用信号生成方法を提供すること。
【解決手段】実施形態に係る評価装置は、評価対象音の聴感評価を行う評価装置であって、コントローラを備える。コントローラは、評価対象音が人の耳に到達すると推定される信号である両耳信号を生成し、両耳信号に対して人の聴覚特性を再現する聴覚処理を施して、人が脳で認識する音声信号である認識信号を生成し、認識信号に基づいて評価対象音の評価を行う。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
評価対象音の聴感評価を行う評価装置であって、コントローラを有し、
前記コントローラは、
評価対象音が人の耳に到達すると推定される信号である両耳信号を生成し、前記両耳信号に対して人の聴覚特性を再現する聴覚処理を施して、人が脳で認識する音声信号である認識信号を生成し、前記認識信号に基づいて前記評価対象音の評価を行う
評価装置。
続きを表示(約 1,500 文字)【請求項2】
前記評価対象音は、
音源からの音源信号に線形信号処理と非線形信号処理を施した加工音響信号であって、
前記コントローラは、
前記加工音響信号における線形信号処理による線形処理信号の非定常ラウドネスと、前記加工音響信号における非線形信号処理による非線形処理信号の非定常ラウドネスとの差分であるラウドネス差分を算出し、前記ラウドネス差分に基づいて前記評価対象音の評価を行う
請求項1に記載の評価装置。
【請求項3】
前記コントローラは、
混入するノイズを模したノイズ信号を取得し、
前記ノイズ信号の非定常ラウドネスを計算し、
前記線形処理信号の非定常ラウドネスから前記ノイズ信号の非定常ラウドネスを除算した値と、前記非線形処理信号の非定常ラウドネスから前記ノイズ信号の非定常ラウドネスを除算した値との差分を前記ラウドネス差分として算出する
請求項2に記載の評価装置。
【請求項4】
前記コントローラは、
前記ラウドネス差分を時間領域に展開し、時間領域における各時間帯の前記両耳信号のピーク値に基づいて前記時間帯毎に聴感を評価する
請求項2または3に記載の評価装置。
【請求項5】
評価対象音が人の耳に到達すると推定される信号である両耳信号を生成する工程と、
前記両耳信号に対して人の聴覚特性を再現する聴覚処理を施して、人が脳で認識する音声信号である認識信号を生成する工程と、
前記認識信号に基づいて前記評価対象音の評価を行う工程と、
を含む、コントローラが実行する評価方法。
【請求項6】
音源装置と、
前記音源装置から入力される音源信号に対して信号処理を施した加工音響信号を出力する音響装置と、
前記音響装置から出力される前記加工音響信号を評価対象音として聴感を評価し、評価結果に基づいて前記音響装置の信号処理を調整する評価装置と、
を備え、
前記評価装置は、
評価対象音が人の耳に到達すると推定される信号である両耳信号を生成し、前記両耳信号に対して人の聴覚特性を再現する聴覚処理を施して、人が脳で認識する音声信号である認識信号を生成し、前記認識信号に基づいて、前記評価対象音の評価を行う
音響システム。
【請求項7】
音源からの音源信号に線形信号処理と非線形信号処理を施した加工音響信号から評価用信号を生成する評価用信号生成方法であって、
前記加工音響信号における線形信号処理による線形処理信号の非定常ラウドネスを計算する第1計算工程と、
前記加工音響信号における非線形信号処理による非線形処理信号の非定常ラウドネスを計算する第2計算工程と、
評価用信号生成として、前記第1計算工程で計算した前記非定常ラウドネスと前記第2計算工程で計算した前記非定常ラウドネスとの差分であるラウドネス差分を計算する工程と、
を含む、コントローラが実行する評価用信号生成方法。
【請求項8】
混入するノイズを模したノイズ信号を取得する工程と、
前記ノイズ信号の非定常ラウドネスを計算する工程と、
をさらに含み、
前記第1計算工程は、
前記線形処理信号の非定常ラウドネスから前記ノイズ信号の非定常ラウドネスを除算した非定常ラウドネスを計算し、
前記非線形処理信号の非定常ラウドネスから前記ノイズ信号の非定常ラウドネスを除算した非定常ラウドネスを計算する
請求項7に記載の評価用信号生成方法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、評価装置、評価方法、音響システムおよび評価用信号生成方法に関する。
続きを表示(約 1,400 文字)【背景技術】
【0002】
従来、例えば、3次元音響等におけるサラウンド音の評価指標として、音響システムや音場におけるインパルス応答を用いた技術がある(例えば、特許文献1参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開平07-336800号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、従来技術では、サラウンド音等の評価対象となる評価対象音をより精度良く評価する点でさらなる改善の余地があった。
【0005】
本発明は、上記に鑑みてなされたものであって、評価対象音を高精度に評価することができる評価装置、評価方法、音響システムおよび評価用信号生成方法を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
上述した課題を解決し、目的を達成するために、本発明に係る評価装置は、評価対象音の聴感評価を行う評価装置であって、コントローラを備える。前記コントローラは、評価対象音が人の耳に到達すると推定される信号である両耳信号を生成し、前記両耳信号に対して人の聴覚特性を再現する聴覚処理を施して、人が脳で認識する音声信号である認識信号を生成し、前記認識信号に基づいて前記評価対象音の評価を行う。
【発明の効果】
【0007】
本発明によれば、人が知覚すると推定される評価対象音に基づき評価対象音の評価、つまり原音に対する音響処理等の評価が行われることになるので、音響再生環境や聴取者特性等に左右され難い適切な評価を行うことが期待できる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
図1は、実施形態に係る音響システムの構成例を示す図である。
図2は、実施形態に係る音響装置の構成例を示す機能ブロック図である。
図3は、音響パラメータの一例を示す図である。
図4は、実施形態に係る評価装置の構成例を示す機能ブロック図である。
図5は、聴覚モデルの一例を示す図である。
図6は、聴感モデルの一例を示す図である。
図7は、サラウンド処理が施された音響再生音の評価時における信号処理および信号の流れを示す図である。
図8は、聴感モデルを用いた聴感評価方法を示す図である。
図9は、聴感モデルによる聴感評価の他の例を示す図である。
図10は、実施形態に係る評価装置が実行する処理の処理手順を示すフローチャートである。
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下、添付図面を参照して、本願の開示する評価装置、評価方法、音響システムおよび評価用信号生成方法の実施形態を詳細に説明する。なお、以下に示す実施形態により本発明が限定されるものではない。
【0010】
まず、図1を用いて、実施形態に係る評価方法の概要について説明する。図1は、実施形態に係る音響システムSの構成例を示す図である。図1に示すように、音響システムSは、評価装置1と、音響装置50と、音源装置100と、スピーカ200とを含む。この音響システムSは、例えば、車両に搭載される。
(【0011】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

個人
三味線の部品
8日前
株式会社大貴
吸音材の施工方法
7日前
株式会社エフノート
電子ドラム
6日前
株式会社エフノート
電子打楽器
6日前
アルス株式会社
ペダル式入力装置
1か月前
株式会社小泉製作所
ベル装置
10日前
エイドス セラピューティクス,インコーポレイティド
AG10を使用するTTRアミロイドーシスの治療方法
10日前
ヤマハ株式会社
楽器用ナット
10日前
株式会社総合車両製作所
吸音パネル
6日前
ヤマハ株式会社
プログラム
3日前
清水建設株式会社
音低減・増幅装置
29日前
株式会社第一興商
カラオケ端末
13日前
カシオ計算機株式会社
鍵盤楽器
27日前
住友理工株式会社
防音放熱カバー
27日前
株式会社イノアックコーポレーション
防音材及び車両構造
3日前
岐阜プラスチック工業株式会社
遮音パネル及び遮音壁用ユニット
1か月前
シナプティクス インコーポレイテッド
半適応性ビームフォーマ
29日前
カシオ計算機株式会社
鍵盤装置及び鍵盤楽器
27日前
株式会社第一興商
カラオケ装置、カラオケシステム
3日前
ローランド株式会社
鍵盤装置および駆動装置の冷却方法
13日前
沖電気工業株式会社
音声処理装置、音声処理プログラム及び音声処理方法
7日前
ブラザー工業株式会社
カラオケ装置、カラオケ再生方法及びカラオケ用プログラム
23日前
株式会社スクウェア・エニックス
音声生成プログラム及び音声生成システム
23日前
日産自動車株式会社
車両の情報提示方法及び情報提示装置
27日前
株式会社竹中工務店
情報処理装置及び情報処理プログラム
今日
学校法人立命館
叫び声検知システム、音声分類方法、及び、音声分類モデルの生成方法
7日前
キヤノン株式会社
情報処理装置、情報処理方法、及びプログラム
17日前
日本放送協会
音声認識モデルに用いる学習データを作成する学習データ作成装置及びプログラム
10日前
鹿島建設株式会社
室内空間音響特性評価装置、室内空間音響特性評価方法及びプログラム
28日前
日本毛織株式会社
複合吸音材
29日前
日本毛織株式会社
積層吸音材
29日前
日本電信電話株式会社
対話システム、発話生成方法、およびプログラム
21日前
株式会社デンソーテン
評価装置、評価方法、音響システムおよび評価用信号生成方法
15日前
株式会社日立ビルシステム
昇降機の保守作業結果入力システム及び昇降機の保守作業結果入力方法
今日
岐阜プラスチック工業株式会社
吸音構造体及びその製造方法
2日前
カシオ計算機株式会社
信号処理装置、方法、及びプログラム、電子楽器
2日前
続きを見る